御堂 さん プロフィール

  •  
御堂さん: 歴史〜とはずがたり〜
ハンドル名御堂 さん
ブログタイトル歴史〜とはずがたり〜
ブログURLhttp://sans-culotte.seesaa.net/
サイト紹介文日々の話題から興味を感じた事を歴史に照らして語り尽くします。
自由文歴史って、やり方によっては色々なアプローチの仕方があるんですよ。美術の歴史を知りたいのなら美術史を、音楽の歴史を知りたいのなら音楽史を、など様々なアプローチで多種多様な興味が生まれてくるのです。そうした興味を持たれた方々を導けるブログサイトにしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2005/11/08 21:55

御堂 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 朱雀第三小が初優勝!―第32回京都市小学校「大文字駅伝」大会
  • 京都市内の小学生が健脚を競う京都市小学校「大文字駅伝」大会が2月11日に催されました。「大文字駅伝」は、京都市北区の衣笠小校前を午前10時45分にスタートし、8区間12・385kmのコース(男女各4名ずつの混合編成で、男子は1・3・4・6区、女子は2・5・7・8区を走る)で催され、左京区の岡崎公園野球場にゴールします。8区間(12・385km)第1区(1881m)=衣笠小学校前〜佛教大学前第2区(18 [続きを読む]
  • (書斎の窓)『大坂の陣 豊臣方人物事典』
  •  宮帯出版社から刊行された『大坂の陣 豊臣方人物事典』は、大坂冬の陣・夏の陣で大坂城に群集した家臣、古参・新参の諸士、女房たち1113人を史料に基づき収録した、豊臣方では初の人物事典で、北川央・大阪城天守閣館長の監修の下、史料に基づき一人ひとりの人物が詳述されています。 ◎『大坂の陣 豊臣方人物事典』以下、目次を掲載―秀吉没後の豊臣家と大坂の陣(北川央)大坂城中の五人衆→真田信繁、後藤又兵衛、毛利 [続きを読む]
  • 温泉マーク発祥地は安中・磯部温泉 江戸初期、幕府公文書に描写
  • 道後、草津、別府、etc…全国でも名だたる有名温泉地は年間1000万人以上の観光客で賑わっています。その中でも、群馬県といえば自他共に認める“温泉王国”ですよね―そうした温泉地を訪れる客を出迎えてくれるのが、“温泉マーク”ですよね。地図記号や絵文字でお馴染みの“温泉マーク”ですが、実は群馬県安中(あんなか)市の磯部温泉が発祥の地ではないか、と云われています。同市の南西部に位置し、天明3年(1783) [続きを読む]
  • NHK水曜時代劇「武蔵坊弁慶」完全版DVD−BOX
  • NHK水曜時代劇「武蔵坊弁慶」は、昭和59年(1984)から同61年(1986)までの期間で当時、NHK大河ドラマが近代三部作(「山河燃ゆ」「春の波濤」「いのち」)が放映されたいた際、水曜時代劇枠で放映されていたのが「宮本武蔵」「真田太平記」と同様、“裏大河”と呼ばれた作品で、武蔵坊弁慶が比叡山を追放されて書写山円教寺に入ると頃から、奥州衣川で生涯を閉じるところまでを描いています。弁慶を演じられた [続きを読む]
  • NHK大河ドラマ「勝海舟」総集編DVD
  • 昭和49年(1974)1月から12月までの期間中、全52回で放映されたNHK大河ドラマの第12作目「勝海舟」―― ◇ ◇ ◇ ―現存する映像としては、総集編と単発で第38話「竜馬遭難」・第39話「慟哭」・第44話「竜馬死す」の回のみ(→これらについては、各都道府県のNHK番組公開ライブラリー及びNHKオンデマンドで視聴可能)だったのですが、新たに、 第25回「寒月」、 第26回「攘夷」、 第27回 [続きを読む]
  • リオ・パラリンピック
  • メダルラッシュとなったリオデジャネイロ・オリンピックも閉幕し、いよいよ9月7日から9月18日までの12日間にわたり、第15回夏季パラリンピック競技会 リオデジャネイロ大会(Rio 2016 Paralympic Games 以下、リオ・パラリンピック)が開催されましたね。パラリンピック(Paralympic)とは、4年に1度、オリンピック終了後にオリンピック開催都市で行われている「もう1つの」(Parallel)+オリンピック(Olympic)」 [続きを読む]
  • 槇島(眞木嶋)氏ノート(その1)―槇島(眞木嶋)昭光(2)
  • わが街・宇治―この地域は古代から中世にかけての時期、古畿内(山城・大和・河内)の分岐点であり、緩衝地帯というべき地域でした。源平争乱の発端となった治承期(橋合戦)、源氏同士の主導権争いとなった寿永期(河合戦)、鎌倉幕府の軍勢による京都侵攻を許した承久期の三度にわたる宇治川の合戦や、南北朝期に南朝方の楠木正成による焼き討ち、応仁・文明の争乱を経て戦国の争乱へと展開されていくなか、畠山政長・義就による [続きを読む]
  • 過去の記事 …