かねまき さん プロフィール

  •  
かねまきさん: 犬と猫と住まいと
ハンドル名かねまき さん
ブログタイトル犬と猫と住まいと
ブログURLhttp://qla.cocolog-nifty.com/life/
サイト紹介文犬と猫との健康な住まいを提案している一級建築士、家庭動物住環境研究家です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2005/11/19 21:29

かねまき さんのブログ記事

  • 猫と暮らす住まいのつくり方
  • 監修した「猫と暮らす住まいのつくり方」が、ナツメ社さんより発行されました。猫と人が快適に過ごせる住まいを模索する飼い主さんのために、さまざまなライフスタイルに応じた住まいの事例を紹介されています。今回は、図説多めにして、各事例毎の「猫から見た猫の動線」についても触れてみました。 「寸法より大事なこと」をプッシュしてみたつもりです。 「リフォームなんてハードル高いし」「賃貸だし」 とお考えの方にも、で [続きを読む]
  • 女性建築技術者向けに「犬と猫との住まい」の講演をいたします
  • 女性建築技術者の会にて、「犬と猫の住まいの講習会」が開かれる予定で、金巻を講師としてお呼びくださいました。先輩建築家の前で、なんともおこがましいと思いつつも、若手建築家も多いからと説得されまして、頑張らせていただくことにしました。会員以外でも参加できるそうで、私の大学の学部生も申し込んだとのことでした。犬や猫の福祉を考える建築技術者が増えることは、私にはライバルが増えて厳しいことではありますが、世 [続きを読む]
  • 猫の環境アメニティを考える〜安全対策とは
  • 「犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。今回のテーマは、前回に続き、『猫の環境アメニティを考える』での「安全対策とは」です。「猫アスレチック」は、猫の健康づくりに必要な運動を組み込む事ができるのでおすすめですが、猫ステップの段差を考えるときは、大人猫のサイズで計画します。 大人猫とは、1才以上で、大体10才程度まででしょうか。もちろん、10才を越えても青年期と変わらないぐらい活発な猫さんも多 [続きを読む]
  • ペットのストレスについて一般向けのシンポジウムでお話します
  • 5月27日の動物愛護社会化推進協会の春のシンポジウムに参加いたします。春の会場は、東京大学農学部の弥生講堂です。 「忖度」に続いて、「ストレス」という難しいお題を頂きました。 パネリストには、家庭動物の行動学で著名な、武内ゆかり先生、藤井仁美先生のお二人もご登壇されます。金巻は、一般人代表として日々の設計業務の中で感じていること、気をつけていることを、報告してみようかなと思います。 どうぞ、皆さんのお役 [続きを読む]
  • 「猫と本棚」プランの解説ツアーします
  • 建材メーカーのTOTO・DAIKEN・YKK APの3社さんのコラボレーション【TDYリモデルコレクション2018】に、コレクションパートナーとして「かねまき・こくぼ空間工房」も参加します。「アコガレのリモデル」空間の「ペットと暮らす」スペースにて、金巻が「ねこアスレチック空間」の解説ツアーを行います。今回の空間は、「猫と本棚」がテーマですよ。[TDYリモデルコレクション2018]https://re-model.jp/fair/2018場所:幕張メッセ1〜3 [続きを読む]
  • プライベートドッグラン付き貸別荘をコーディネート
  • 那須高原の、愛犬同伴型別荘のNEWスタイル『DOG LOVER’S Villa Leaf』が4月18日に無事オープンいたしました。愛犬との底抜けに楽しい生活をサポートする専門家集団 "伏半" の第5弾としてです。静かな森に囲まれた700坪の専用ドッグラン付き。犬と誰に気兼ねなくノビノビと遊び、ユラユラしながら休日を過ごせるように建築デザインしております。犬のリラックスは、飼い主のリラックスが重要ということで、人の「隠れ家」に力を入 [続きを読む]
  • 猫の環境アメニティを考える〜効率的な運動について
  • 「犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。今回のテーマは、シリーズ化してしまった『猫の環境アメニティを考える』で、「効率的な運動とは」です。完全室内飼育の猫達には、室内で楽しく暮らせると共に心身の健康のために「しっかり」運動をさせたい、という金巻の課題がずっとあります。現在、私がお勧めしているのは、色々な体の使い方をさせられるように、通路を工夫してみましょう、というものです。猫ステップを [続きを読む]
  • ちよだ猫祭りでの「ねことりびんぐ」予定
  • 今年も、千代田区役所で開催される、「ちよだ猫祭り2018」に、金巻も 「ねことりびんぐ」としてチャリティー参加します。「猫リノベ」と、「訪問による住まいのアドバイス」の申込書の配布と、小さい相談会を行います。出店名 : ねことりびんぐ 日 時 : 2018年2月17日(土曜日)・18日(日曜日)参加内容 : 猫とのリノベ、セルフリノベの紹介。金巻の小さい相談会は、新しく猫を迎えられる方を優先して、「まずは何を準 [続きを読む]
  • 猫の環境アメニティ〜猫に必要な高さとは
  • 「犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。今回のテーマは、前回の『猫の環境アメニティを考える』の「動線計画」に引き続き「猫に必要な高さとは」についてです。猫はよく高いところに上りたがりますね。あれは遊んでいるということもありますが、怖いものや不審なものから離れて観察するいう意味もあるのです。そこで、家の中で観察する、しかも「楽しむために」猫が観察する対象とは何かな、と考えますと、「家族」 [続きを読む]
  • 猫に人との住まいを楽しんでもらう工夫のポイント
  • 「犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。今回のテーマは『猫の環境アメニティを考える』住まい×猫 の情報は「建築知識」さんの猫特集でかなり広範囲に広まったかと思います。しかし、キャットウォークをつくれば、何でも猫は喜ぶわけではありません。おもしろくなければ有効活用してくれません。そして、猫が活用しているように見えても、それが恐怖心や興奮といったものであったなら、それはあまりいいことではあ [続きを読む]
  • HAPPシンポジウム「猫は忖度する動物か?」に参加します。
  • 動物愛護社会化推進協会(HAPP)さんの秋の公開シンポジウムは、10月14日(土)14時より、大阪ペピイ動物看護学校 で開催します。「猫は忖度する動物か?」というお題に、金巻も飛び入り参加することになりました。 動物行動学がご専門の皆さんの中に、素人代表と発表して参ります。 住まい創りとは、そこの暮らす家族の気持ちをくみ取って形にする作業です。 それで住まいにも心理学が駆使されているわけで、私の場合は、人だけ [続きを読む]
  • 犬・猫の気持ちで住まいを考えるトークショー
  •   引き続き、建築専門誌、建築知識さんのイベントにご協力いたします。10月7日の盛岡の「さわや書店ORIORI店」さん、10月9日は大阪の「スタンダードブックストア 心斎橋店」です。『建築知識1月号 猫のための家づくり』の書籍化と、第二弾となる『犬のための家づくり』の同時発売記念のトークイベントですが、各書店さんでは、出たばかりの弊著「ねこと暮らす家づくり」と「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」をコーナーに並べて [続きを読む]
  • 猫と暮らす住まい創りの本、出しました。
  • ワニブックスさんより、 「ねこと暮らす家づくり」 という、ねことの暮らしを120%楽しみたい方への住まいの提案書を出すことになりました。 ねこも人も快適に暮らすコツを解説します。戸建の新築はもちろん、マンションでも、賃貸でも応用できるアイデアをご紹介しています。「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」の "猫だけ版” みたいな感じです。弊著は、図説が多くて写真が少ない、というお声を頂戴しておりますが、それは金巻 [続きを読む]
  • ゴミ箱は犬猫には宝箱
  • 「犬家猫館」さんの「住まいの知識」が更新されました。今回のテーマは『ゴミ箱は開けられない工夫を』犬や猫にお留守番を頼んで、帰ってきたらひっくり返されていた、中に入ってくつろいでいた!  なんて経験はありませんか?ゴミ箱は箱という時点で、猫は入りたがり、犬は中身を見たがりますね。そして中にはガサゴソいう刺激的なものや、おいしそうな匂いのついたオヤツの空き袋が入っていたりします。そんなゴミ箱を無視する [続きを読む]
  • 婦人之友に記事協力しました
  • 婦人之友2017年8月号の記事「犬も猫も人も夏をカイテキに」に協力しています。日本の夏の暑さは、都会暮らしの犬や猫達にはちょっと厳しい。停電対策の事も少し触れてみましたよ。こちらから、雑誌詳細をごらんら下さい。 [続きを読む]
  • 求められる犬や猫との住まいを話し合うシンポジウム
  • 猫友建築家の いしまるあきこ先生のお誘いで、シンポジウムで専門建築家として報告させていただきます。猫と犬が暮らすさまざまな住まいから、まだまだ発展途上の猫と犬の住まいを省みつつ、人間の抱える問題も見つめながら、いま、求められ、生み出すべき「猫や犬との住まい」を考えたい。第87回すまいろんシンポジウム『猫と犬との住まい』日時:2017年4月4日(火)17:00〜20:00場所:AGC studio講演:講演:奥野卓司氏(関西 [続きを読む]