zou さん プロフィール

  •  
zouさん: 日々のできごと。生物準備室より
ハンドル名zou さん
ブログタイトル日々のできごと。生物準備室より
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/cu-cu-cu
サイト紹介文中等教育理科におけるアレコレを更新しています。 今年度は高校生物を担当しています。
自由文実験助手や中学校理科担当を経験後、2010年より高等学校にて理科を担当しています。最近、興味が教材開発ではなく、教育方法や教育評価に偏っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2005/11/20 19:28

zou さんのブログ記事

  • ゲノム編集の倫理
  • 今日はこの講演を聞いてきました。ゲノム編集の説明は、ほんとにさらっと、切ってはるぐらいの感じ。「倫理」がメインだからそんなものですかね。ヒトの多様性の重要性を考えたら、ゲノム編集によって「クリーニングされた社会」になることは、どうなのか?そん... [続きを読む]
  • 対話型授業検討会
  • 対話型授業検討会をテーマとした研究協議会を見学させていただきました。 昨年、共に学んだ学卒院生の皆さんが企画に携わる会で、東京都高等学校国語研究会の主催です。授業公開はもちろん、協議会のなかで行われる模擬授業もオール国語の授業。余計なことは考えられ... [続きを読む]
  • 教育の哲学×教師の哲学
  • 問い続ける教師―教育の哲学×教師の哲学クリエーター情報なし学事出版どう読むか、だなぁ、というのがいちばん最初に浮かんだ感想です。 「ノウハウ本」として読むと、 言っていることは分かるけど、状況が違うからなぁ、で終わる気がし... [続きを読む]
  • 中心体の役割
  • 国立遺伝学研究所の公開講演会に行ってきました。講演お1人目は、中心体生物学研究部門の北川大輝教授。中心体って細胞小器官の中でも特に注目した記憶はありませんでした。「動物細胞では紡錘体の起点となる」ぐらいで。正常な細胞では中心体に異常があると、... [続きを読む]
  • 授乳にロマンを感じる時。
  • とうの昔に授乳は終えましたが、この本を読んでいたらもっと授乳時間を肯定的に、誇りを持って過ごせたかもしれません。「おっぱい」色々な角度から、ホモサピに至るまでの道筋をたどります。愛情、とか絆とか、強調されないおっぱいの本です。進化の単元で... [続きを読む]
  • 学びの相似構造
  • ワールド・カフェを基盤としているラウンドスタディを通した教師の学びが勧められています。子どもの学びと教師の学びは相似構造、だよなぁと納得するところも数多くあるけれど、全体として物足りない感が残りました。やはり小中学校の事例だから感じたことだと... [続きを読む]
  • やり抜く力 GRIT
  • やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につけるクリエーター情報なしダイヤモンド社<読み終わって頭に残ったこと>遺伝子検査で「才能遺伝子」を調べるか否か(授業配布資料として使えそう)・・・生命倫理の視点を除いても、調べる意味は?内側からグリットを伸ばす ①興味 ②練習 ③同じ目的につながる目標を生かす・・・究極の目標は変わらない。ビジョンを思い浮かべることが [続きを読む]
  • 相手に伝わる文章を書くために
  • ナチュラルで伝わる文章を書くためのコツを、経験や感性ではなく、システマティックに法則を適応することで習得するための本。英文法の前に、日本語で説明されているので、応用は英作文に限りません。理科系のための英文作法―文章をなめらかにつなぐ四... [続きを読む]