tenjin95 さん プロフィール

  •  
tenjin95さん: つらつら日暮らし
ハンドル名tenjin95 さん
ブログタイトルつらつら日暮らし
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tenjin95
サイト紹介文つらつらなるままに日暮らし……するとちょっと大変かもしれません。現役僧侶が書く四方山話です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1041回 / 365日(平均20.0回/週) - 参加 2005/11/29 17:14

tenjin95 さんのブログ記事

  • 病を慎む(益軒先生の「養生だけが人生さ」10)
  • さて、今日から巻を進めて、「巻第六 病を慎む」を見ていきたいと思います。本章の冒頭には、「病は生死のかかる所、人身の大事也。聖人の慎給ふ事、むべなるかな」(岩波文庫本、116頁)とあって、人々の身体にとって、病気とは一大事ですけれども、聖人はよく身を慎んでいたので、病にならなかった、という風に言いたいようです。冒頭は、こんな文章から始まります。 古い言葉に、「病のことを想像する」とある。この意味とは [続きを読む]
  • 俳優・左とん平さんが死去 80歳
  • 左とん平さん死去 80歳「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などで名脇役(スポニチアネックス)―Yahoo!ニュース1970年代の大ヒットドラマ「時間ですよ」や「寺内貫太郎一家」で人気を博し、時代劇など広く演じた俳優の左とん平(本名:肥田木通弘)さんが24日午後3時、心不全のため都内の病院で死去しました。80歳でした。東京都出身の左さんは、世田谷学園高校卒業後、実家の寿司屋で働いているところを友人に誘われ、 [続きを読む]
  • 面山瑞方禅師の伝記から探る曹洞宗の僧侶教育について
  • 昨年から、ここ数ヶ月の間、曹洞宗に於ける「戒」の問題を扱っているけれども、今月に入ってからの関心は、曹洞宗の「沙弥教育」に重きを置いている。無論、その有無の検討から始まって広範囲に考えているのだが、今回は江戸時代の僧侶教育を探る一環として、詳細な年譜が残されている面山瑞方禅師のことを見ていきたいと思う。なお、年譜は『永福面山和尚広録』巻26に収録されたものを用いる。熊本流長院遼雲和尚に至り、得度式を [続きを読む]
  • 『コロコロコミック』がモンゴルに怒られる
  • モンゴル抗議、小学館が謝罪 英雄チンギスハンの顔に落書き(共同通信)在日モンゴル大使館は23日、小学館の漫画誌「月刊コロコロコミック」3月号に、モンゴルの英雄チンギスハンの肖像画に落書きをした描写があるとして、日本外務省に抗議を申し入れました。小学館側は23日夕、モンゴルのバッチジャルガル臨時代理大使と面会し、謝罪したようです。あの松濤の大使館まで行ったのでしょうか?なお、問題を指摘されたのは、漫画「 [続きを読む]
  • 「富士山」を語る禅僧(6)
  • 今日は2月23日である。この日は語呂合わせで「富士山の日」とされる。よって、富士山の日に因んで、富士山を讃えた禅僧の言葉を学んでみたい。  富士山を詠ず 上みは有頂下もは阿鼻に至る、深くて高い箇の富士、 什と為てか秀巒千万の尋さ、吾が寸眸の裡に入り来たる。    『永福面山和尚広録』巻15これは、曹洞宗の江戸時代の学僧・面山瑞方禅師の偈頌である。意味はこのようなものになるだろうか、富士山の山頂は有頂天 [続きを読む]
  • 褒められる落書きと褒められない落書き
  • 旧人も絵を描いた?高い知性も 6万年以上前、欧州の洞窟(共同通信)これまで現生人類のホモ・サピエンス(新人)が描いたと考えられてきたスペインの洞窟内にある壁画が、実は旧人のネアンデルタール人の手によるものだったと報じられています。これは、約4万年前とされてきた年代を、新たな測定で6万年以上前に改めたもので、壁画発見後の1913年の論文では、動物やはしごのような抽象的な記号が模写されていました。このように [続きを読む]
  • 愛媛で有名な日本一危険な滑り台撤去へ
  • 日本一危険な滑り台撤去へ、愛媛 「安全確保が困難」と今治市(共同通信)愛媛県今治市は2月22日、「日本一危険な滑り台」としてテレビやインターネットで話題となった「朝倉緑のふるさと公園」の滑り台について、安全確保が難しいなどとして撤去する方針を明らかにしました。それで、2018年度当初予算案に撤去費と代替遊具の設置費計1180万円を計上したそうです。まぁ、代替遊具のことを思うと、これくらいはかかるのでしょうね [続きを読む]
  • 今日は「猫の日」(平成30年度版)
  • 今日は、2月22日。猫の鳴き声の語呂合わせで、「猫の日」となっている。拙僧も、『ねこ禅』(KADOKAWA)という本を監修させて貰ったこともあるので、もちろん、犬と猫とを比べたら、明らかに猫派なのだが、とはいえ「一切衆生悉有仏性」、どのような生き物もみな仏であって欲しいものである。そのような中、禅宗には猫好きの人に悪名高き、「南泉斬猫話」がある。具体的には、以下のような公案として伝わっている。 南泉一日、東 [続きを読む]
  • 俳優・大杉漣さんが急死 66歳
  • 昨日の夜、第一報が来て、本当に驚きました。俳優の大杉漣さん、急性心不全のため死去 66歳 映画「ソナチネ」などに出演(サンケイスポーツ)俳優・大杉漣さんが21日午前3時53分、急性心不全のため死去しました。66歳でした。昭和26年に生まれた大杉さんは、映画「ソナチネ」「HANA−BI」などに出演し、最初は強面のイメージでしたが、様々な作品にも出演し、最近ではバラエティ番組にも進出するなど活躍してい [続きを読む]
  • 瑩山禅師『出家授戒略作法』に於ける三衣授与について
  • さて、先日【瑩山禅師に於ける「沙弥戒」授与の意義】をアップした際に、この点についても考察するべきだと思ったので、今日簡単に取り上げておきたい。そもそも、道元禅師の『出家略作法』に於いて授与される袈裟は、具体的な内容が不明であった。しかし、もし、中国禅宗の『禅苑清規』巻9「沙弥授戒法」の影響を受けていたとすれば、「五条の縵衣」であった可能性が残るわけである。そこで、瑩山禅師の『出家授戒略作法』につい [続きを読む]
  • 俳人・金子兜太さんが死去 98歳
  • 俳人の金子兜太さん死去、前衛俳句運動を牽引(YomiuriOnline)戦後の前衛俳句運動を牽引した文化功労者の金子兜太さんが20日、急性呼吸促迫症候群のため死去しました。98歳でした。告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定だそうです。金子さんは埼玉県生まれで、東京帝大在学中から加藤楸邨に師事し、戦争中に同大を繰り上げて卒業し、日本銀行に就職した後すぐに、海軍主計中尉としてトラック諸島(現、ミクロネシ [続きを読む]
  • 劇団四季の俳優・田中彰孝さんが殴られて重傷
  • 劇団四季シンバ役田中彰孝重傷、あご殴られ骨折(日刊スポーツ)劇団四季の俳優・田中彰孝さん(35)が電車内で介抱した男に殴られ、重傷を負っていたと報じられています。田中さんは1月6日午前0時40分ごろ、東急田園都市線宮崎台−梶が谷間を走行中の車内で泥酔した男を介抱しようとしたところ、あごを殴られ、あごの骨を折る全治1カ月半の重傷を負ったそうです。なお、神奈川県警は今月19日、防犯カメラの映像などから [続きを読む]
  • 禅宗に於ける沙弥及び比丘教育に関する試論
  • 少しく議論を整理しておきたい。まず、現在の曹洞宗に於いては、「沙弥」という段階が実質的に存在しない(まれに、正式な出家前の子供に、法戦式の「弁事」などをさせる場合に「○○沙弥」と呼称することがあるが、正式な『宗制』や『行持軌範』にない)ことと、『行持軌範』に於ける「出家得度式」の作法から、「沙弥戒(沙弥十戒)」の授与が行われていないことなどがあるため、沙弥についての議論はほとんど意味をなさない。そ [続きを読む]
  • <平昌五輪2018>カーリング女子が強敵スウェーデンを撃破
  • カーリング女子2位に浮上…スウェーデンに勝利(YomiuriOnline)平昌五輪第11日の19日、カーリング女子1次リーグの日本代表(LS北見、世界ランク6位)はスウェーデン(世界ランク5位)と対戦し、5―4で競り勝ちました。この日午前には、カナダに敗れていたが、これで通算5勝2敗として、スウェーデンと並ぶ2位に浮上しています。スウェーデン戦は、序盤から互いに複数得点を取れない我慢の展開となり、日本は1点を [続きを読む]
  • 墓地で遊んでいた園児が倒れた墓石の下敷きになり重体
  • 墓石倒れ、園児重体=長野(時事通信)―Yahoo!ニュース注意喚起の目的で記事にしておきます。2月19日午前10時半ごろ、長野県高森町上市田の墓地で、町立みつば保育園の男児(4)が倒れた墓石の下敷きになったそうです。この男児は病院に搬送されたが、意識不明の重体だそうです。心からお見舞い申し上げます。なお、事故に遭った園児を含めた46人は当時、保育士4人に引率され墓地に隣接する広場で遊んでいたそうです。しかし、ど [続きを読む]
  • 瑩山禅師に於ける「沙弥戒」授与の意義
  • 【道元禅師に於ける「沙弥戒」授与の意義】に続いて、瑩山禅師に於ける「沙弥戒」授与の意義について検討したい。まず、瑩山禅師が著したとされる『出家授戒略作法』を見ると、「沙弥戒」について以下のように指摘されている。汝、已に五戒を受くれば、次に沙弥十戒を受くべし。此の戒を受けた後、大僧と利養を同じくす、共に応法沙弥と名づけ、此に勤策と称す。    『出家授戒略作法』このように、在家五戒を受けてから、沙弥 [続きを読む]
  • <平昌五輪2018>小平奈緒選手がスピードスケート500mで金メダル
  • 小平、500メートル「金」 スピード女子初の快挙、平昌五輪(共同通信)平昌冬季五輪第10日の18日、スピードスケート女子500メートルで小平奈緒選手(31、相沢病院)が初優勝しました。今回の金メダルは、日本スピード勢女子初の快挙となり、1998年長野五輪男子500メートルの清水宏保と合わせ2つ目となりました。小平選手は、今大会の1000メートルで銀メダルを獲得しており、3度目の表彰台となりました。なお、小平選手ですが、前 [続きを読む]
  • 東京・神奈川で一時的に電圧が低下 重大事故は無し
  • 東京、神奈川で電圧低下 大きな混乱なし(時事通信)2月18日午後3時50分ごろ、送配電事業会社「東京電力パワーグリッド」が東京都や神奈川県に電力を供給する一部の送電設備で、電圧が瞬間的に低下するトラブルがあったそうです。その影響で、空の便や鉄道に若干の遅れが出たようですが、航空管制や離着陸に問題はなく、大きな混乱はなかったと報じられています。東電では、送電設備にビニール片などが引っ掛かった可能性があると [続きを読む]
  • 道元禅師に於ける「沙弥戒」授与の意義
  • 現在の曹洞宗は、「出家得度式」の作法に於いて、「沙弥戒」を授与していないため、この辺は余り議論されないものではある。しかし、今後の曹洞宗の戒体系を考える上では、「沙弥戒」の位置付けは避けては通れない。よって、この記事では道元禅師に於いて「沙弥戒」がどの位置付けであったのかを探るものである。まず、「沙弥戒」は、道元禅師の『出家略作法』に於いて以下のように位置付けられている。 次に戒の作法を授く。 次 [続きを読む]
  • 羽生君が勝って羽生さんが負けた日
  • 羽生結弦、66年ぶり2連覇 宇野も銀メダル、平昌五輪(共同通信)平昌冬季五輪第9日は17日、フィギュアスケートの男子フリーが行われ、前日のショートプログラム(SP)首位の羽生結弦選手(23)がフリーでも圧巻の演技を披露し、男子で1948年サンモリッツ、52年オスロ大会のリチャード・バットン選手(米国)以来、66年ぶりの2連覇を達成しました。なお、フリーではSP17位と出遅れたアメリカのネーサン・チェン選手が、完璧な演技 [続きを読む]
  • 身体に貼れるディスプレーが開発される
  • 体に貼るディスプレー開発 ファッション、医療に応用(共同通信)薄く伸び縮みして体にぴったりと貼り付けられる発光ダイオード(LED)ディスプレーを、東京大の染谷隆夫教授(電子工学)らのチームが17日までに開発したと報じられています。報道では、ファッションや医療関係の応用を目指しているとはいいますが、様々なイタズラにも使えそう・・・また、同じく体に貼り付けるセンサーと組み合わせて、心電図の波形を表示するシ [続きを読む]