tenjin95 さん プロフィール

  •  
tenjin95さん: つらつら日暮らし
ハンドル名tenjin95 さん
ブログタイトルつらつら日暮らし
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tenjin95
サイト紹介文つらつらなるままに日暮らし……するとちょっと大変かもしれません。現役僧侶が書く四方山話です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1076回 / 365日(平均20.6回/週) - 参加 2005/11/29 17:14

tenjin95 さんのブログ記事

  • 江戸時代の学僧による禅戒復古の認識について(6)
  • 拙僧つらつら鑑みるに、江戸時代の学僧にとって、やはり禅戒復古といえば、月舟宗胡禅師に始まるという認識は、かなり一般的であったように思う。この不定期連載の記事は、その辺を論じるものである。今日は、以前【洞門禅戒復古への願いについて】で採り上げたのと同じ文献ではあるが、別の文脈を見ておきたい。洞門の戒儀も八枚切紙と名けて、血脈袋、参禅の箱に伝へ、もちたるばかりなりしに、元和より以降た、今百年治教久明に [続きを読む]
  • 世界オセロ大会で日本の小学生11歳男児が優勝
  • 世界オセロ大会、11歳の日本人が優勝 最年少記録更新(朝日新聞デジタル)―Yahoo!ニュースチェコの首都プラハで10月9〜12日の日程で開催された第42回世界オセロ選手権で、横浜市の小学5年、福地啓介さんが初出場で初優勝を果たしました。なお、福地さんは優勝時に11歳128日で、成人も参加する同大会で36年ぶりに最年少優勝記録を更新する快挙も達成しました。福地さんは準決勝で、優勝候補だった日本人選手を破 [続きを読む]
  • <NPB2018CS>巨人・菅野がCS初のノーヒットノーラン達成
  • G菅野がCS初の無安打無得点、ファイナル進出(YomiuriOnline)プロ野球・読売巨人軍の菅野智之投手(29)が14日、神宮球場で行われたセントラル・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦の東京ヤクルトスワローズ戦で無安打無得点試合(ノーヒットノーラン)を達成しました。7回に四球で1人の走者を許しただけでした。なお、CS、日本シリーズでのノーヒットノーラン達成は史上初めてとなりま [続きを読む]
  • そもそも「戒名」という用語はいつから使われたのか?(3)
  • これまでの記事については、【(2)】をご覧いただきたい。そこで、拙僧の関心の対象は、我々は仏弟子となったときの名前をどう総称していたかについてなのだが、どうも「法名・法諱・法号」などが古く、「戒名」というのは江戸時代の元禄期以降であるとの結果が見えてきた。それに因んで、今日も古い用例の1つかもしれないということで、以下の一節を紹介したい。 ■戒名 去る寺へ死人を送り行き、葬り終って帰るに臨み、納所 [続きを読む]
  • 愛知県小牧市で隕石が落下し民家の屋根壊す
  • 隕石が住宅の屋根を壊す 愛知・小牧市(日テレNEWS24)―livedoorニュース愛知県小牧市で9月26日午後10時頃、愛知県小牧市の住宅の屋根に隕石が当たり、翌日、屋根の一部にえぐられたような跡を確認、隕石は庭などで見つかったそうです。なお、隕石が落ちた家の住人は「周りが黒く焦げていて、今までに見たことのない石だったので、なんかこれは違うなと思った」と感じたそうで、大小1つずつ見つかった石を国立科学博物館が [続きを読む]
  • 日蓮聖人が使う「戒壇」の語について
  • 日蓮正宗系の或るブログを見ていると、日蓮聖人が用いたという「戒壇」の語について、喧々諤々の議論(言い合い?)が行われていた。拙僧自身、その言い合いには興味がないのだが、そこまでこだわられる「戒壇」について興味を持った。無論、同宗派の研究者による専門的な論文もあるから、詳しいことはそれらをご覧いただければ良いのだが、このブログでは拙僧なりの視点で日蓮聖人の文章を読み解いてみたい。まず、インドに於ける [続きを読む]
  • 韓国が実施した国際観艦式で反日旗を掲揚
  • 韓国、秀吉と戦った将軍旗掲揚=日本政府「極めて残念」 海上自衛隊 護衛艦(共同通信)10月11日の韓国・済州島での国際観艦式で、韓国海軍の艦艇が、豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った「抗日の英雄」である李舜臣将軍を象徴する旗、反日旗というべき旗をわざと掲げたそうです。日本政府は、12日に抗議しました。韓国は今回、参加国に自国と韓国の国旗のみを掲げるよう要請していましたが、政府は「韓国が自ら決めた方針に自ら反 [続きを読む]
  • ニューアカデミー文学賞にマリーズ・コンデ氏
  • カリブ海出身の作家に代替賞=ノーベル文学賞見送りで(時事通信)選考担当者に多くの問題が発覚した関係で、今年のノーベル文学賞の発表は見送られました。そのため、10月12日、スウェーデンのジャーナリストらでつくる団体は、代替賞「ニューアカデミー文学賞」を、カリブ海に浮かぶフランス海外県グアドループ出身で、歴史小説「セグー」などの作品で知られる女性作家マリーズ・コンデ氏に授与すると発表しました。同団体で [続きを読む]
  • 浄土宗の出家作法について
  • 色々と見てくると、法然上人を開祖と仰ぐ日本の浄土宗の戒学と、我々曹洞宗のそれとは、様々な部分で良く似ていると思う。その探究の一端として、今日は浄土宗の出家作法について、その概略を指摘しておきたい。参照したのは拙僧の手元にある元禄11年刊の『浄土諸回向宝鑑』巻2「出家剃髪法式」である。まずは、式次第について簡単に項目を挙げておきたい。・準備・受者礼拝(俗服のまま氏神・父母などへ礼拝、終わって僧服へ着替 [続きを読む]
  • 拙ブログ 開設5,000日
  • 拙ブログですが、2018年10月11日(昨日)で開設5,000日だったようです。これが、昨日のブログ編集画面となっておりますので、5,000日が経っていることがお分かりいただけると思います。たまたまなのですが、今年は数字的に節目となるものが多いですね。ということで、これからも頑張ります。目標は5,001日目ですが、今日がそれなので、5,002日目にしておきます。この記事を評価して下さった方は、を1日1回押していただければ幸い [続きを読む]
  • 日本もアメリカも株価が急落
  • 世界株安、東証終値915円安 一時1000円下げ(共同通信)11日の東京株式市場の日経平均株価は前日の米国市場に続いて急落し、下げ幅が一時1000円を超えました。これは、米国や中国の経済減速への懸念が強まり、アジア株も下落して世界同時株安の様相を呈した格好です。特に10日の米ダウ工業株30種平均が大幅に値下がりした流れを引き継ぎ、東京市場は朝方から全面安の展開が続いたものです。米中貿易摩擦の激化が警戒され、上海な [続きを読む]
  • なんとなく五比丘の話
  • ここでいう「五比丘」とは、釈尊の初転法輪に於いて導かれた者達を指し、いわゆる仏教教団に於ける最初の比丘達である。仏、太子為りし時、出家求道す。浄飯王父、釈種五人を遣わし随逐給侍せしむ。    『仏祖統記』巻2以上のようにあって、五比丘達は釈尊の父である浄飯王が釈尊が出家した際に遣わしたものであるとしているのである。それで、そんな話を学生にしていたところ、ふと、そういえば五比丘って誰々だっけ?という [続きを読む]
  • 靖国神社の小堀邦夫宮司が不穏当の発言で退任
  • 靖国神社宮司が退任へ 会議で「不穏当」発言(共同通信)靖国神社は10日、小堀邦夫宮司(68)が退任する意向を示していることを明らかにしました。同神社では「小堀宮司による会議での極めて不穏当な言葉遣いの録音内容が(一部週刊誌に)漏えいした」と説明したようです。靖国神社によると、小堀宮司は直接宮内庁を訪れ陳謝し、退任の意向を伝えたようで、後任は10月26日の総代会で正式決定されるようです。なお、小堀宮司を巡っ [続きを読む]
  • <NPB2018>マリーンズは序盤の点差を逆転できずに敗戦
  • 札幌ドームで行われた日ハム戦。マリーンズは山本大貴投手が初先発。しかし、4回までに5失点と試合を作れませんでした。打線も4点までは取りましたが、そのまま4-5で敗戦しております。この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。 [続きを読む]
  • 今日は「眼睛」巻に学ぶ(平成30年度版)
  • 今日10月10日は、「目の愛護デー」である。それは、以下の様子から知られる。一 一〇 〇このように漢数字で10月10日を表現すると、眉毛と目になるというので、今日がその日となったとされる。そこで、拙僧は毎年この日、『正法眼蔵』「眼睛」巻を学ぶようにしている。理由は、これもまた「目」の話であるからだ。拙僧からすると、「眼睛」巻全体が、とても好きな内容である。それは、道元禅師の仏道や仏法への独特な道得が、よく [続きを読む]
  • 拙ブログ 650万ipを達成
  • 謹啓 拙ブログ読者諸賢の皆さまいつもお世話になっております。さて、拙ブログですが、一昨日(10月7日・開設4,997日目)に通算650万ipを達成してしまっていたようです。気付くのが2日ほど遅れてしまいましたが、本日、ご報告申し上げます。この数字は、いうまでもなくご覧いただく皆さまのおかげでございます。心から御礼申し上げます。また、今後も日本の仏教に関するキュレーション的な記事を中心に、様々な記事を挙げていきた [続きを読む]
  • 曹洞宗寺院に関する2つの事件報道について
  • 前住職と女性を書類送検、名古屋 横領容疑、信長父の菩提寺(共同通信)一時期、メディアでも騒がれていたこの一件、片が付くようです。織田信長の父信秀の菩提寺として知られる「桃巌寺」(名古屋市千種区)の所有地を、2億円余りで無断売却し、一部を着服したとして、愛知県警が業務上横領の疑いで前住職の男性(94)と、寺の預金通帳などを管理していた同居女性(71)を書類送検したそうです。2人の書類送検容疑は2013年3〜6月 [続きを読む]
  • 経団連が就活ルールの撤廃を決定 2020年入社世代まで適用
  • 経団連、就活指針廃止を正式決定 20年入社世代が最後(共同通信)日本経済団体連合会(経団連)は10月9日、会長・副会長会議を開き、大手企業の採用面接などの解禁日を定めた指針を、2021年春入社の学生から廃止することを正式に決定しました。つまり、経団連の現行の指針は現在の大学3年生が該当する20年入社が最後の世代となるようです。就職活動のルールは1953年に政府と大学、産業界が選考日程を申し合わせた「就職協定」が結 [続きを読む]
  • 『大乗無生方便門』に見る授戒作法について
  • 『大乗無生方便門』とは、中国禅宗の北宗禅で作成されたと評価される綱要書であり、また、授戒作法という観点からも評価される文献である。いわゆる「敦煌文献」の1つとして、これまで宇井伯寿先生や鈴木大拙師などの先行研究が存在している。それで、同文献についても何度か見ておきたいと思っているのだが、まずは授戒作法について概略でも見ておきたい。なお、用いるのは『大正蔵』巻85所収の原文なのだが、これについては評判 [続きを読む]
  • 奈良興福寺の中金堂が301年ぶりに再建される
  • 興福寺の中金堂が301年ぶり再建、落慶法要(読売新聞)―Yahoo!ニュース奈良市の世界遺産・興福寺の中金堂が301年ぶりに再建され、7日、完成を祝う落慶法要が営まれました。この法要は11日まで続き、20日から一般公開されるそうです。元々、藤原鎌足の病気治癒を祈願して建てられた山階寺を前身とする興福寺は、710年に藤原不比等によって改めて、奈良に興福寺として創建されました。中でも、伽藍の中心にある中金堂 [続きを読む]
  • 今日は体育の日(平成30年度版)
  • 今日は体育の日である。1964年の第18回夏季五輪が東京で開催されたことを受けて、その開会式の日が10月10日であったことから、この日を「体育の日」とした。ところで、「体育」という用語は、明治時代に入り近代教育が確立されてくる中で、教育に於ける区分を検討する中で、体育・心育という2区分が示され、更に心育が知育・徳育に区分され、一般的には体育・知育・徳育という3区分が示されたのである。しかし、現状の科目を見て [続きを読む]