oss102 さん プロフィール

  •  
oss102さん: いとしの花といとしのネコ
ハンドル名oss102 さん
ブログタイトルいとしの花といとしのネコ
ブログURLhttps://oss102.exblog.jp/
サイト紹介文70路が綴る、土地ゼロの極小庭園とねこ2匹との下町生活と、日々のエッセーなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2005/12/08 14:46

oss102 さんのブログ記事

  • 大根サラダ
  •   大根サラダがおいしい・・とよそのブログで見た・読んだ。日曜日、ネネが買ってきて作ったオデンの大根が超美味しかった。TVで見たように、真っすぐに育った大根を選んだ・・と。まぁ、今どきの大根は美味しいのだ。そのおいしい大根がまだ残っている。大根サラダを作ろう。一応検索すると・・なんてことはない。いつも我が家で作る酢入りの漬物には、必ずゴマ油とポン酢をかける。大根サラダは、千切りしてサッと水にさらし [続きを読む]
  • マンション花壇の花じまい
  •  シマッタ!!、引っこ抜いた花たちの山の写真を撮るんだった。整理に夢中になって写真を忘れていた。いくら雪が遅いといっても、最高気温が10度の予報。88才さんはヒマワリとペチュニアだから、早々と片づけていた。私は、ようやく咲いてきたハツユキソウなので、今までガマン。もりもりと咲き続けるマリーゴールド・暑くても寒くてもへこたれないエライ花。「エラカッタネ、頑張ったネ・・でももうすぐ雪が降るからね・・」 [続きを読む]
  • 指導の仕方
  •  スポーツ会のボスが、さんざんワイドショーを騒がせてきたが、昨夜はよいテレビを見た。世界一受けたい授業の中で、ラグビーの監督の話。帝京大学のラグビーの監督になった。従来の根性指導を激しくやったが、成果が上がらない。10年経って、これまでの指導ではいけない。体を鍛えるマシーンでも、最初から150キロ揚げを目的とせずに、全員の中の7割が達成すればいい、とした。 その中から選手を選ぼう。150キロでは最初から諦めて [続きを読む]
  • 鍋かジンギシカンか・・・
  •  ネネは、隔週の土曜日には、札幌へチェロをかついで習いに行く。しかし一応休日なので食事当番である。 私はのんびりマージャンに出かける。 帰りはとっぷりと暮れている。女同志は食事にも思いやりがあって、また、鍋でいいよ・・とか焼き肉でいいよという。白菜鍋の〆にインスタントラーメン。応えられないおいしさ。 いつもは1人前の3分の2の炭水化物・・と云っているのに、鍋は特別、1人前を平らげて、翌日残ったス [続きを読む]
  • 今が一番しあわせかもしれない
  •   読売新聞の投稿欄プラザに載った女性85才。息子も娘も夫も逝って一人。 頼りにしていた弟が逝き、上と下の弟も脳梗塞に・・妹は足が不自由。 でも一人で生まれたのだから一人で逝くのは当然と覚悟している。 思えば戦争・敗戦・引き揚げ・結婚・子供の死・離婚・再婚・夫の死と、ドラマのような人生だった。 そして今は筋無力症になり不自由な身である。若いころは十指に余る趣味があった。だが、今は手が動かず、全部ダメ [続きを読む]
  • 語りのあとで・・
  •  杜のひろばの語りのリーダーは、月2回の例会の後、必ず仲間と食事に行く。なんとなくメンバーが決まってきた。 大抵5〜7人くらいにはなる。大変魅力的なオシャベリの場になる。 皇居・旅行・子育て・結婚・夫婦・性教育の現場・明治の女・与謝野晶子や白蓮など、TVの知識が今日の話のネタになった。みんな千円前後のメニューのレストラン・コーヒーお代わり自由のところ。うるさいので大抵はこあがりにしてふすまを閉め切って [続きを読む]
  • スカートの下と3才児の腹巻に
  •  さだまさしの子供向けの本に、まさしのおばあちゃんの話が載っている。ロシアで砂金を掘って溜めていたが、金持ちは馬賊に襲われる・・となって逃げだす。港までは20日以上もかかる逃避行で、馬賊に襲われた。砂金を一袋渡し、馬も取り上げられた。沢山の砂金の袋はスカートの中にかくしている。 昔のスカートはウエストから傘の様にふくらんでいた。そこでロシア語ペラペラの若き日のおばあちゃんは、砂金を渡したら命はたす [続きを読む]
  • 市場の魚
  •  なにかと品揃えが1度ですむので、スーパーで買い物をすることが多い。ネネは肉派だし、ボリュウムに欠けていて、骨の処理という面倒な魚にはつい手が出ない。それに安い輸入肉で我慢している我が家には、それと比べて魚は高い。だが、今日は市場の魚に手を出した。安い魚があった。私の好きなイナダが2本で300円。ひと目で刺身にできると分かった。 私が越してきた3年前は、この市場は、こんな安い魚はさばいてくれなかっ [続きを読む]
  • ポツンと1軒家という番組
  •   なんとなく見だしてもう一月以上にはなる。衛星写真で撮った山の中の1軒家を探して取材する番組。たいていは夫婦二人の暮らしだったり、空き家にして里近くの持ち家から、畑にジイチャンが通ったり。劇的なシーンはなんにもないが、惹きつけるものがある。お盆正月には巣立った子供夫婦・親世代のキョウダイ一族まで集うという。便利な都会のレストランで食事などとは考えない。ここで遠い学校に助け合って通学した兄弟・姉 [続きを読む]
  • 花じまい
  •  このところよき秋日和。 あさってあたりからまた崩れるらしい。ネネが「おかあさん、あの歯医者の屋上の鉢がみんな無くなっていたよ・・」という。バスから見える屋上には、L字型にビッシリ花鉢が何列にも並んでいる。 ははぁ・・ドンドン増えてくんだよねぇ・・会ったこともない歯医者のお母さんの様子が伝わってくる。 もう始末したか・・私も今日こそとベランダに出た。水遣りをしないで乾かしていた鉢も数鉢。風が強い!  [続きを読む]
  • OSSのファッションショー
  •  ボケボケの私は時間を間違えて、このファッションショーは見損ないました。でも先日動画アップしたからと案内があり、昨日しみじみと眺めました。まぁ、素敵なこと!! こんなご婦人と紳士があふれている会なんですよ。どうかみなさんも、少しだけでも見てください。いつも1週間くらいで消してしまうようですから・・もう3日経ってますのでお急ぎください。冒頭の笑顔の素敵なお二人は、ながくフラダンスの会に入っていてもう [続きを読む]
  • 新式トイレ
  •  大型スーパーに行っても、関心のないところは見向きもしない私。だから食品だって新しいものにはトライしない。ましてやショールームやトイレの展示などは素通り。電気製品も、壊れたらその時に行くだけ。昨夜はチャンネルを変えようとしたらこんな場面に遭遇した。このアンガールスって云ったかな・・トイレの掃除は夫の役目といわれていると。まぁ、今どきのトイレって凄いのね・・と見てた。水タンクがない。便器脇のモニタ [続きを読む]
  • 足指のばし
  •  先日の世界一受けたい授業で・・こんな授業をやっていた。へぇ・・と感心してたら、今度は新聞の広告に載った。本の広告だった。TVでは、若いタレント女性に足指をのばさせて、先生がこの写真のように乗ってみせた。何にもしないで乗ったときは、まるきりダメだったのに。ほんとにこんなちょっとの指導で、大の男を乗せられられるなんてビックリ!!外国の先進国の人たちは、寝るときだけ靴を脱ぐんですよね。家にいるときは [続きを読む]
  • 図書館長の講話
  •  杜のひろば主催で、図書館長の講話がありました。氷雨降る冷た〜い日に30名以上は集まったと思います。北海道の開拓の歴史と小樽がテーマでした。過去の動画を編集したものを数編・解説つきで見せてくれました。動画は昭和4年あたりから始まって・・関東大震災で家を失った人たちを救済する施策として、国は北海道開拓に力を入れ、開墾した土地は自分のものになる・・ということで続々と青函海峡を渡った人たち。 私たちの [続きを読む]
  • フリーマーケットへ
  •  今日は中野植物園の紅葉ウオークの予定だった。天気は怪しい・・がGO!の電話が入った。足もいまいちだから、みんなと離れてバスで行くつもりだったが、やっぱり止めた。そして杜のひろばのフリマへ・・・10時半頃行ったらもうムンムンの人だかり。これからはオーバーズボンの着用が多くなるので、その下にジャージのトレパンがお目当て。あった!! でも両脇にブットイ赤ラインが・・派手すぎ!!!ザンネン100円だっ [続きを読む]
  • 手帳
  •  新しい手帳を買った。今度は薄いベージュ。2018年のクロ猫シールは、もうネネの手持ちはないそうで、とりあえず古いクロ猫とフェルトの飛び出し白猫。今年は年号が代わるそうだけど、私には興味がない。もっぱら西暦で数えている。昭和ヒトケタとか・平成生まれ!・・ワカ〜〜イと云っていたけど、もうそれもどんどん流れていく。この手帳とカレンダーへの書き込みダブルでも、忘れたり勘違いしてミスしてた赤手帳の1年。こ [続きを読む]
  • メシつくらねば・・・
  •  いま老後の記事は多い。読売新聞でもさかんに特集が組まれる。 何日まえだったか探せないのだが、小さなコラムに・・夫が亡くなって老妻が遺された。40才の息子が一人暮らししている。周囲は「息子と一緒に暮らせばいい・・」という。老母は「めしつくらねばなんねぇべ、ひとりでいる」女は生涯めし炊きからのがれられない・・と記事にはあった。 料理は・・というか料理もうまくない私は、今夜なにを作ろうかと・・主婦 [続きを読む]
  • 整骨院の大ネコ
  •  アオバトの会の帰りに整骨院に行った。4時近くで先客が一人だけだった。カーテンを張りめぐらせたベットにうつぶせになって、左腰を中心に電気を入れる。先生が、「○○さん、猫は大丈夫ですか?」と声がかかった。「ハイ!大丈夫です!!」と元気に答えた。 ぶっとい足・胴体・頭・シッポがカーテンの中へ現れた。「よしよし、ご挨拶にきたのね・・いいこいいこ・・」と撫でまわす。と・・もっと小さい足も見えた。??カーテ [続きを読む]
  • 杜のひろば 語り 3回目の発表会
  •   全部は写ってませんが、リーダーを含めて総勢13名です。 お客様は14名。ホッ!・・私はマイクの影になってます。(^◇^) 私は3回目の使用になる100均の赤いリボンをみなさんに付ける役をやりました。まぁ、なんとか無事終了して、打ち上げのランチへ。男性2名と私だけ小ビールで乾杯。そこで身重で嵐の海へ身投げするセリフの人が、リーダーに何回もダメ出しをされていて・・入居されている施設の裏の林の中で、・・「オカ [続きを読む]
  • OSS仮装パーティ
  •  昨日はOSSの仮装パーテイがありました。これは楽しそう!と真っ先に申し込んだのですが・・ここまできたか認知症。11時〜の時間を1時半〜と勘違いして大遅刻。仮装大会はもう終わっていました。( ノД`)シクシク…これは送っていただいた写真の1部です。何とか雰囲気だけでも・・・でもそのままの姿の方も多く、みなさん変身願望が強いらしく楽しんでいましたよ。総勢50名余の参加者で大盛況でした。この話を聞いたとき、私もなんと [続きを読む]
  • アラ! コリウスが・・・
  •   何度挿し木してもダメだったペチュニアたちですが、コリウスだけはすぐに着いてくれました。ベランダのプランターの寄せ植えも、コリウスばかりがのさばっています。何度かカットしたのですが・・マンションの花壇の挿し木したコリウスも元気で大きくなってました。それが、小さい園芸用のショベルの跡も生々しく、掘られてなくなっていました。これからは寒くなるばかりだから、もういいだろう・・とでも思ったのかしら?何考 [続きを読む]
  • 決めた! 整骨院
  •  今日も快晴。イイ日だ! ウオークの日だが、バスを降りて現地に行くまで上り坂・・イチバン遅いグループでたらたら歩いて、図書館に寄って、ストレートにバス停まで歩いても帰宅までには9千歩にはなる。 この状態ではやはりムリ・・と知人から教えてもらった整骨院まで行くことにした。わが家からバスでは3つと少し、ちょうど私の足にはよい距離だ。ここは、スポーツで故障した生徒の整体でけっこう有名なところと聞いた [続きを読む]
  • ネネのコンサート
  • 春と秋のネネのコンサート。もう何回になるかな? 「札響からもバイオリンのソリストがくるから、早めに来た方がいいよ。」とネネは出かけて行った。開場より30分も早く着いて・・シマッタ!本を忘れた。2階のロビーの椅子の男は、高い山なんて私の好きそうな本を読んでいる。いいなぁ〜覗くわけにもいかないし・・・いつも必ず来てくれる語りの仲間といつもの前の席に。この人はピアノもならっているから、コンサートも大好 [続きを読む]
  • 100均の化粧品コーナーで
  •  もう何十年使っているか分からないまゆ墨のペンがすっかりなくなった。眉は生来薄くて70才を過ぎたあたりで、眉毛タトウを知り合いにすすめられてしたことがあった。顏を洗っても落ちないしよかったのだが、10年も過ぎるとさすが痕跡もなくなる。それまで使っていた古い100均のまゆ墨で補修したりしていた。先日眉のペンを買おうと100均へ行った。メイク売り場は広くて探すのに苦労した。ようやくそれらしいのを見つけて買っ [続きを読む]
  • 日当たり求めて
  •  朝、私たちは動き回るから、寒さは感じないのだが、老体のショウマは寒い。悲し気に細くながく訴える。 犬のように洋服着せてやりたいねぇ・・でも猫は何か着せると固まって動かなくなる。 体舐めるし・・ 可哀そう。日が射してきた。ショウマはベランダの敷居の上に乗って寝そべってみる。レールのデコボコの上にそっとアゴを乗せている。 可哀そうになって、なにか台はと探し・・ちょうどよい台を見つけた。オフシーズ [続きを読む]