mimikara さん プロフィール

  •  
mimikaraさん: プロも、研究機関も知らないスポーツ科学の真相
ハンドル名mimikara さん
ブログタイトルプロも、研究機関も知らないスポーツ科学の真相
ブログURLhttps://ameblo.jp/mimikara562
サイト紹介文真実のスポーツ科学って知ってます?
自由文今の日本はプロでも「スポーツ偏差値」が低い人間ばかりです。
これで強くなるはずがありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2005/12/08 21:17

mimikara さんのブログ記事

  • 日本のゴルフ力の停滞度、その理由
  • 試打マシンでボールを打ったデータが人間の役にたっていない。専門家(?)は「そんなところがクラブの微妙なところだ」と馬鹿を通り越した無頓着さで飄々とほざいている。真実は、機械である試打マシンは「軸回転」でしか設置クラブを振ることが出来ない。機械なので当然の常識的事実だ。しかし、人間は「軸無し」でもクラブを振ることが出来てしまう。三半規管という人間の「機能」があるので軸だと勘違いしてクラブが振れてしま [続きを読む]
  • 真実のゴルフスイングは歪なクラブで変形されていく。
  • 真実のゴルフスイングは、三半規管がベースでは無く「軸確定」した回転運動によって成り立っている。「軸確定」した回転運動だからこそ遠心力が発生してくれる。三半規管で強烈なスイングしても遠心力は発生しない。遠心力というものは現象上先端付近は「成り行き」になる。この点がとても重要なのだが、シャフトスパイン異常したクラブは「成り行きに暴れる?」ということになる。「慣性の法則」の現象発生ということにもなるの [続きを読む]
  • 真実のゴルフスイングは歪なクラブで変形されていく!
  • 真実のゴルフスイングは、三半規管がベースでは無く「軸確定」した回転運動によって成り立っている。「軸確定」した回転運動だからこそ遠心力が発生してくれる。三半規管で強烈なスイングしても遠心力は発生しない。遠心力というものは現象上先端付近は「成り行き」になる。この点がとても重要なのだが、シャフトスパイン異常したクラブは「成り行きに暴れる?」ということになる。「慣性の法則」の現象発生ということにもなるの [続きを読む]
  • 日本のサッカーにはほとんど興味が無くなった
  • 日本のサッカーって、ゴルフの「手打ち」のように「足蹴り」しかしていないのでゴルフのレベルと同様に「三半規管を酷使しているだけ」で世界に対して戦えるものではないのだ。私が指導者ならば、ボディターンの蹴り、ボディターンの走りを一年かけて習得させて育成していくだろう。ゴルフの「シャフトスパイン異常」が分かるような動態にするだけだ。あとは、誰が監督をしようがどんな戦略だろうが世界のトップ10にはランクイン [続きを読む]
  • 知識が無いと宣伝コピーに踊らされる。
  • アッタスの宣伝コピー「芯を食うシャフト」はシャフトスパイン正常が保証されないと達成出来ない。「アッタス」のロゴシールに隠されていることにも寄るがシャフトスパイン位置が何処にあるのか判断もつかない。現在の販売システムではそれが判らなくても誰も困らないようになっているのが可笑しくてたまらない。もし「芯を食わない」なら『自分には合わないんだ。』とまた違うシャフトを選択することになってしまう。そんな無知 [続きを読む]
  • ゴルフにみる「日本的体育練習時間の長さ」
  • 「練習は嘘をつかない」と日本人の精神論を表現するのに充分な意味を現している言葉である。「再現性のあるスイング」実現の為に練習時間を多くすることが常識になっている。これはプロゴルファーでさえ理解していない「シャフトスパイン異常」の現実がそんな精神論を完全破壊していることを自覚する必要がある。まるで「整備不良の自動車」を人間の技術だけで安定した運転をさせるようなものだ。いくら運転の練習時間を増やした [続きを読む]
  • 「ゴルフは奥が深い」わけ無いんだよ?
  • 「ゴルフは奥が深い?」という言い方をよく目にする。実は人間の勝手な考え方で、そのようにしてしまっている。「背骨が軸だ?」と断定しているけど、それを厳守すると手を器用に動かさなければボールを打てないのだ。いつの間にか「三半規管」の機能を発揮させていることに気が付かない。「機能発生」は意思では無いので自分でやっているつもりもない。そんな整合性が取れないことをしてしまっているので、途中で勝手な解釈の「 [続きを読む]
  • プロゴルファーにアドバイスしたら…
  • Facebookに自身のゴルフスイング動画をアップしていたので、「振り切っているだけのスイングですね?軸確定していないでしょ??」とコメントしたら、「軸なんて考えていないですよ?」とあたかもそんな物理使わなくても感覚で振っていることがテクニックだ?みたいな返答をしていた。物理で「軸確定」しないと30000時間練習したっていつまで経ってもスイングプレーンはブレ続けるのだ。そのブレがシャフトフレックスの硬軟の具合 [続きを読む]
  • 小平智プロの勝因は、やっぱり!
  • 米ツアー初優勝の原因、要因はやっぱり!真実のボディターンスイングと「リストロック」と最適クラブだった。私が薦める「ボディターン」によって初めて「軸確定」が達成され、「シャフトスパイン異常」の歪なクラブが特定される。ボールが曲がるのはスイングにも原因があるしクラブにも原因があることを同時に理解しないと世界で戦えない?マスターズの時小平プロは「あることが分かった?」と断言していたことはやっぱりそのこ [続きを読む]
  • ゴルフスイングに多くの理論が生まれ続ける理由
  • ゴルフスイングには何でこんなにも多く「理論」が出現してくるのだろう?こんな非科学的現実にひとつの答えが出た。『都合の良い時だけ「物理」を使い、都合が悪くなると「物理」を無いものにする?』「シャフトスパイン異常」もマシンでクラブを機械的に打たせてデータを出しても、いざプロゴルファーやアマチュアにクラブを打たせるとデータ通りの結果が出なくなる。その結果ほとんどのクラブフィッターやクラフトマンは「だか [続きを読む]
  • 内閣府に提出しました!
  • 内閣府に、日本のプロゴルファーが教えているゴルフスイングに多大な「瑕疵」があることを様々な「立証事実」を添えて提出しました。日本人プロゴルファーがオリンピックやマスターズ始めとするメジャー大会で「無頓着」に10ストローク20ストロークも離されて撃沈する不可思議さに20数年納得出来ませんでした。「精神論」「ハングリー」は聞き飽きるし証明が絶対に出来ない事項です。証明出来ていない事項で納得している日本人に [続きを読む]
  • Facebookの中の鈍感なゴルファーたちへ
  • Facebookのゴルフコミュニティのゴルファーたちが、「シャフトスパイン」くらい違ったってスコアにそんな違いがない?と「シャフトスパインを実感したことが無い人間」に言われることくらい腹立つことはない。マッサージ機の例をあげると、「それは複数回転するから振動が発生するんだ」と経験則に無い事例を平気で吐露する。残念ながら、スイングの1回転するだけで「シャフトスパイン異常」のクラブは振動発生する?松山英樹プ [続きを読む]
  • ゴルフスイング、練習を重ねてもダメな理由
  • 「練習は嘘をつかない?」と言われているけれど、「再現性のあるスイングを目指して?」で長時間練習するけれど、それがほとんど無駄だということを科学的に解析してしまった。物理として、回転運動や振幅運動には、軸を確定させないとその運動「弧」は永久にブレ続ける?ということ。これはもう地球上の原理原則だ。でも精神論が大好き日本人は、そんな科学を「根性」とかで打開しようとしているのではないだろうか??「軸確定 [続きを読む]
  • 提案?
  • ゴルフスイングに対して「手打ち?」と言って批判するのは止めて「三半規管を軸にするのは止めよう??」と言いましょう。そうすれば日本のプロゴルファーにも通用するアドバイスになります。 [続きを読む]
  • 日本人プロゴルファーの低レベル故のゴルフ力
  • 全英オープンの開催コース「ロイヤルトルーン」8番パー3 「ポステージスタンプ(郵便切手)」と呼ばれるグリーンが小さく難しいバンカーが周りをガードしている超難関ホール。全英オープンがテレビ中継され日本人プロゴルファーが数多くこのホールでダブルパー以上叩き簡単に敗れ去っていった。その時解説の丸山茂樹プロは「日本にもこのような難関ホールを数多く造るべきだ?」とほざいていた。難しいホールならば兵庫県のゴールデ [続きを読む]
  • 日本人プロゴルファーのスイングが世界に通用しない理由
  • 「背骨が軸」だと強く言及しておきながら、その証拠を示さないで素通りしている。現実は「背骨が軸」では無く「三半規管が軸」だという認識が無いまま「三半規管が軸」を強行してしまっている。三半規管を軸だと勘違いしていると、軸を特定していない現実を確定してしまう。だって三半規管はバランスを体内全体を網羅させながら随時移動させてしまっているから軸が特定出来ていない。軸特定出来ない物体の回転体はその弧が永遠に [続きを読む]
  • ゴルフスイングを単に「機械工学的」にみてみる。
  • ステップアップツアー参戦に挑戦している女子プロゴルファーと交流させてもらい、そのスイング動画を拝見させて頂いているが、言い古された「再現性の高いスイング」ではあるものの、その体内での「重心配分」がどのようになっているのかが重要問題なのだ。機械工学的にみて「軸設定」しない回転運動や振幅運動は常時「円弧」はブレるのである。「再現性が高いスイング」であっても「円弧」が常時ブレていたのではボールは左右に [続きを読む]
  • ゴルフって結局
  • ゴルフって結局クラブという物体とボールという物体の衝突という物理の結果でしかない。昔MLBの投手が投げている「重いボール」の物理を「煙に巻く」しかなかった日本人が「重いゴルフボール」を打つ欧米人プロゴルファーや韓国女子プロゴルファーの「重いボール」が繰り出すその結果を精神論で打開しようとしか考えない結果を招いてしまった。 [続きを読む]