tomosang さん プロフィール

  •  
tomosangさん: -XEROism- R32 SKYLINE
ハンドル名tomosang さん
ブログタイトル-XEROism- R32 SKYLINE
ブログURLhttp://tomosang.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文R32スカイラインを愛する男、tomosangのウェブログ。ドライブや写真についても。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2005/12/13 18:46

tomosang さんのブログ記事

  • G.W. 香港 2018 - 24「石龍拱からの夜景」
  • 荃灣から元荃古道 (Yuen Tsuen Ancient Trail)を歩くこと約1.5時間。『石龍拱 (Shek Lung Kung)』から香港夜景を眺める。山頂到着時、雲が増えて光は弱くなっていたものの、それなりに見渡せていた。しかし、次第に怪しげなガスが迫ってくる、、、続きを読む [続きを読む]
  • G.W. 香港 2018 - 23「元荃古道を歩く」
  • 『元荃古道 (Yuen Tsuen Ancient Trail)』の一部を歩いてきた。目的が山からの夜景なのはもう書かなくてもおわかりでしょう。山頂からは眼下に荃灣・青衣・馬灣、そして香港島まで見渡せていました。元荃古道とは、荃灣 (Tsuen Wan)と元朗 (Yuen Long)を結ぶ、大欖郊野公園 (Tai Lam Country Park)のトレイルコース。目的としてた展望ポイントが荃湾寄りでしたので、スタートは荃湾です。続きを読む [続きを読む]
  • G.W. 香港 2018 - 22「荃湾:賽馬会徳華公園」
  • 5月1日朝から雨。今日も山へは行けそうにない。とりあえず朝食を求め部屋を出る。付近を歩き回っていたら、「雨はすぐに止む。午後から行ける!」と神の声が聞こえた。実際、食事を済ませて外へ出てきたら晴れ上がり青空が見えている。部屋へ戻り、今回一発目の山登りへ向けて出発。続きを読む [続きを読む]
  • G.W. 香港 2018 - 18「閉店前に蓮香楼を撮る」
  • 今夜の目的地は『永和號』からは目と鼻の先。飲茶の老舗『蓮香樓 (Lin Heung Tea House)』へ。お店の入るビルオーナーが変わり、建て替えが決まったのに伴い、年内で閉店ということで。移転の情報をどこかで目にしたので、食事そのものは、今後も新しい店舗で可能だと思います。どのような店舗になるのかわかりません。この場所での光景、そしてこのネオン看板を撮影しておこうとやって来た。食事ではなく撮影。個人的に一人飲茶は [続きを読む]
  • G.W. 香港 2018 - 17「歴史的建造物:永和號」
  • 結志街 (Gage Street)から威靈頓街 (Wellington Street)へ下り、目的地を目指す。地図にピンが立っているので確認すると良い雰囲気の建物。一級歴史建築『永和號』1880年ごろに建てられた3階建ての唐楼で、去年、第一級歴史建築に指定された。映画「重慶森林(邦題:恋する惑星)」にも登場した。と、どこかの文章ほぼコピペ。続きを読む [続きを読む]
  • G.W. 香港 2018 - 16「#香港慎吾アート」
  • MTRで上環へ移動して中環へ。「香港アートマンス」プロジェクトの一環で登場した、香取慎吾による新たな壁画「香港慎吾アート」を見に行く。中環駅からでなく上環から向かったのは、これがメインの目的ではなかったから。これを目的に行くのであれば、中環駅から半山自動扶梯 (Mid-Levels escalator)を利用して上って行くほうが楽だろう。荷李活道 (Hollywood Road)と些利街 (Shelley Street)が交差する場所に描かれている。詳しい場 [続きを読む]
  • G.W. 香港 2018 - 13「香檳大廈を探検」
  • 『星座冰室 (Star Cafe)』でのランチを終えてもTINY開店まではもう少し時間あり。お店の入る「香檳大廈 (Champagne Court)」の建物探検をすることにした。前にも書いた「エロい日本人がピクピク反応するビル」。どういういことか。日本人が香港で風俗遊びするとなると、このビルらしい。"香港141"で検索すると情報が出てくる。私はそういう目的で香港へ飛んでるのではないし、これ系は裏社会と繋がっていそうで、興味本位で見に行 [続きを読む]
  • G.W. 香港 2018 - 12「トマトラーメンの星座冰室」
  • 4月30日「TINY 微影」に模型を物色しに向かうも12時開店でまだ開いておらず。香港のお店は朝が遅い…出直すのも面倒なので食事をして時間調整する。向かったのはTINYの入る「美麗華廣場 (Mira Place)」向かいにある「香檳大廈 (Champagne Court)」。エロい日本人がピクピク反応するビル。その話題は後に触れるとして目指すは地下にあるレストラン『星座冰室 (Star Cafe)』随分前にチェック入れたまま未訪問の、一部マニアの [続きを読む]