郎女 さん プロフィール

  •  
郎女さん: 郎女迷々日録 幕末東西
ハンドル名郎女 さん
ブログタイトル郎女迷々日録 幕末東西
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/onaraonara/
サイト紹介文幕末史中心。幕府とフランス、薩長とイギリスなどなど。人物、政治、文化、紀行と幅広く取り上げています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2006/01/01 21:57

郎女 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「桐野利秋とは何者か!?」vol1
  •   一応、大河『西郷どん』☆あまりに珍な物語 Vol.2の続きです。 去年の9月です。 山本氏からお電話で、「桐野作人氏が桐野利秋の本を出されるみたいですよ。中村さんにも伝えて差し上げてください」と言われました。 お聞きしたところでは、「密偵としての桐野」という新しい視点で書かれた、ということでして、なんとなく、嫌な予感がありました。 といいますのも、30年ほど前、大河で「跳ぶが如く」が放映されましたと [続きを読む]
  • 大河『西郷どん』☆あまりに珍な物語 Vol.2
  • ID:2hao61 大河『西郷どん』☆あまりに珍な物語 Vol.1の続きです。岩波近代日本の美術〈1〉イメージのなかの戦争―日清・日露から冷戦まで丹尾 安典,河田 明久岩波書店 wikiの上野の西郷像の記述は、大方、上の「岩波近代日本の美術〈1〉イメージのなかの戦争―日清・日露から冷戦まで」を参考に書かれたようです。 この本、全体的な論調には小首をかしげるようなことが多いのですが、事実関係はよくまとめられています。以下、 [続きを読む]
  • 大河『西郷どん』☆あまりに珍な物語 Vol.1
  •  あけましておめでとうございます。 旧年中に書くつもりでいたのですが、遅れに遅れ、年が明けてしまいました。 遅くなりましたが、大河『西郷どん』☆「琉球出兵」と「薬売の越中さん」後編の続きです。 バイクでこけて腕を折り、手術入院、退院リハビリと、いろいろありまして、なにも書けないでいるうちに、大河『西郷どん』は終わりました。 そもそも、かなり見る気が失せていたのですが、えーと、突然、レオン・ロッシ [続きを読む]
  • 大河『西郷どん』☆「琉球出兵」と「薬売の越中さん」後編
  •  大河『西郷どん』☆「琉球出兵」と「薬売の越中さん」前編の続きです。島津斉彬 (シリーズ・実像に迫る11)松尾千歳戎光祥出版  上の「島津斉彬」は、尚古集成館館長 ・松尾千歳氏の著作です。 こちらも、とてもわかりやすくまとめられていますので、前回ご紹介いたしました芳即正氏の「島津斉彬」とともに、参考にさせていただきながら、話を進めたいと思います。島津斉彬 (人物叢書)クリエーター情報なし吉川弘文館 まず、な [続きを読む]
  • 過去の記事 …