callimin さん プロフィール

  •  
calliminさん: callimin日記
ハンドル名callimin さん
ブログタイトルcallimin日記
ブログURLhttp://callimin.hamazo.tv/
サイト紹介文カリグラフィーとキャンドルと縁起文字をこよなく愛する日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2006/01/09 17:34

callimin さんのブログ記事

  • 11月9日の記事
  • 第1回『冬を楽しむ』アートカリグラフィー展開催日:12月1日(土)〜25日(火) 10:00〜19:30    初日は14:00会場    6日(木)は午前のみ 会 場:d-labo静岡    静岡市葵区呉服町2-1-5     ANNEX静岡伊勢丹3F静岡県内でカリグラフィーを学ぶ生徒さん達が集う展示会です。丁寧に書かれた文字の美しい表現力、温かさと力強い個性を感じていただき、カリグラフィーの面白さ、奥深さにも触れてみてください。今回は、 [続きを読む]
  • Enjoy Calligraphyarts!
  • ♪気軽にチャレンジ(^^♪『1dayレッスン』のご案内です。大人女子にぴったりなカリグラフィーワークショップをご紹介します。1dayレッスンで新しい自分に出会ってみませんか? 最初の一回だけの参加でもOKですし、新しい世界へ一歩踏み出すきっかけにしてください。気軽に受講できるお試し型講座です! [続きを読む]
  • 菊川の茶カフェ
  • 先日、サングラムさんにWork shop開催の打合せにお邪魔しました。広々としたガーデンスペースがとても気持ちいい、素敵なカフェで、カリグラフィーについて、いろいろとお話をさせていただきました。またカリグラフィー講座の詳細が決まりましたら、お知らせします。(ぜひ、美味しいお茶とカリグラフィーを味わってください。)お忙しい中、お時間をいただきありがとうございました [続きを読む]
  • 紅葉
  • 葉が赤や黄色に染まると・・・秋を感じます。今回のカードの作り方①筆に水を含ませて、葉っぱを描きます。②水で描いた葉の中に、インクを入れます。 黄色→赤(薄い色から注していきます。)③描いた葉っぱが乾いたら、カリグラフィーを書きます。 文字と葉っぱの重なりがあった方が一体感が生まれます。試してみてください。 [続きを読む]
  • 体験講座の準備中!
  • 9月以降、いろいろな体験講座を開催します。ご興味のある方は、ぜひ遊びに来てください。詳しい日程が決まりましたら、お知らせいたします。【ハロウィーンについて】ハロウィン、あるいはハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事。ケルト人の1年の終わりは10月31日 [続きを読む]
  • 芸術の秋
  • 9月、涼しくなって過ごしやすい季節。 日本ではよく「食欲の秋」「芸術の秋」などといわれます。涼しい季節になって感受性や繊細さが高まり、物事に熱中するのに適した季節だからなのかもしれません。秋は 絵画を鑑賞したり描いたりするよいきっかけとなります。?文字の周りを植物などイラストで装飾するのもアートカリグラフィーの表現の一つです。秋の受講生募集中です! [続きを読む]
  • 残暑お見舞い申し上げます!
  • 残暑お見舞い申し上げます。朝夕には秋風が感じられるようになってまいりました。皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。そろそろ夏のおつかれが出る時節と存じます。何卒お身体にご留意くださいませ。生徒さん募集!紅葉の頃にヨーロッパ各地の歴史と文化が息づく「アートカリグラフィーを始めよう!」お問合せをお待ちしています。 [続きを読む]
  • オリジナルインクボトル(^^♪
  •   日本カリグラフィーアート協会の会員様へ!当協会オリジナルインクボトルが完成しました。このボトルは、佐藤秀子先生にお願いして作っていただきました。スワロフスキーのラインストーンがきらきら?と輝いて・・・カリグラフィーレッスンも今まで以上に楽しくなりますよ〜(^^♪お楽しみに〜!★日本カリグラフィーアート協会では、随時会員募集しています。 [続きを読む]
  • リボン&リース
  • リボンの描き方①リボンの中心を決めて右の上の部分を描きます。②の中心から左の上の部分を描きやすいように、紙を動かします。③下に伸びるリボンを描きます。(右・左) この時も描きやすくするために、紙を回してみてください。*ペン先を45度に保ち、細い→太い→細いの繰り返しで描くようにしましょう(^^♪ [続きを読む]
  • 色が持つ効果(補色)
  • 補色とは色相環上で対角にある、向かい合う位置の色を“補色”といいます。補色は反対色とも呼ばれ、暖色と寒色など、反対のイメージを持っているので、補色の配色は特定の色を際立たせるのに有効です。例えば、青い空に黄色いひまわりが映えます。補色の効果をうまく使って、素敵なカード(作品)を!また、補色関係の色は、混色すると無彩色になります。これを利用して、陰影部分に補色を少量使うと、深みのある自然な陰影が出来 [続きを読む]
  • 下地作り・・・時間をかけて!
  • 暑中お見舞い申し上げます!梅雨も明け、猛暑に見舞われる日々が続きますが、くれぐれも体調を崩さないようご自愛下さい。作品を慌てて仕上げると・・・このように文字がにじんでしまいます。(紙がしっかり乾くまで待ちましょう!)【使用した画材】・水彩紙(薄手)・インク、平筆(下地)・水彩色鉛筆、カリグラフィーマーカー(イラスト)・ペン(C3)・耐水性ペン(日本文字) [続きを読む]
  • タイ語 ขอบคุณ ค่ะ
  • タイにずっと住んでいた友達に教えてもらって書いたカードが出てきました。ありがとう!コープクン・カー(?????? ???)お花はクイリングで・・・タイでは曜日ごとに色が変わり、カードの色のような赤(タイ・レッド)は日曜日の街角に溢れる色。国旗の赤は仏教への熱い信仰心と国民の生命を表す色だそうです。 [続きを読む]
  • 文字の形の変化
  • ペンの形はいろいろで、道具によってさまざまな文字が書けます。カリグラフィーは主に平らなペン先を使って文字を書いていますが・・・先の分かれたペン(スクロールペン)を使って書いてみると、いつもとちょっと違う文字になります。先の細いペンを輪ゴムなどで固定して書いてみてもいいと思います。普段気づかない自分の癖や書き方が現れます。例えば・・・45度のペン先が常に一定になっていないと、きれいなラインが出ないなど [続きを読む]
  • 二人の星物語は・・・
  • 短冊に願い事を手習い事の上達を願いましょう!笹竹をマーカーで書いてみました。(七夕カード)①真っすぐに線を引くだけ(ペンの角度を0度で、竹の節を)②その時に、少しスペースを残します。③笹の葉は、真ん中が少し長くなるようにします。サークルの笹の葉は、ペンの角度を45度にして、竹の節に斜めに入れてみてください。(文字はハーフアンシャル体です。)いろいろとアレンジして、遊んでみると楽しいと思います。今宵二 [続きを読む]
  • 水彩紙選びの大切なポイント
  • どんな水彩紙を使おうかと思っているみなさんへ。【スケッチブックタイプ&ブロックタイプ】についてスケッチブックのようなタイプは、バラして1枚ずつで使いやすく持ち運びにも便利ですが、用途や技法によっては、使用しづらくなることもあります。ブロックタイプとは、10枚〜20枚程度の水彩紙の四方をロウ付けもしくは糊付けし、ブロック状にしてあるものです。ある程度の水を含んでも紙がよれにくいので、水張りをしなくても作 [続きを読む]
  • 健康野菜ランチ
  • 今年の3月にアートシュガーアカデミーの佐藤先生からお誘いいただき、シュガーアート??カリグラフィー作品展!その時にお手伝いしてくれた皆さんとランチ会♪落ち着いた雰囲気のお店でワイワイ♪お手伝いいただいた皆さま!ありがとうございました [続きを読む]
  • 雨の日を楽しもう?
  • 雨の日が楽しみに!オリジナル傘をカリグラフィーで!さっそく雨の日にさして出かけてみましょう♪ ペンを使って名前を書いてみました。(イタリック体)筆を使って書いても面白いです。使用する絵の具は、必ずアクリル絵の具を使いましょう!水彩絵の具を使ってしまうと・・・雨に濡れて、溶け出してしまいますよ〜!(昔・・・やっちゃいましたそれも、東京の銀座で・・・恥ずかしかったぁー!) [続きを読む]
  • 文字花を書いてみよう!
  • カリグラフィー専用ペン&インクで文字花に挑戦してみましょう!ペン先に薄い色を入れて、濃い色を付けながら書いていきます。今回は、黄色に青を付けて・・・緑は使っていません。丸いラインを薄く書いて、その周りにお花をイメージして、Summer!紙をぐるぐる回して、自分に向かって文字を書きます。最後に・・・ペンを立てて細いライン(茎)を引きます。(ペンに青を付けました。)前回書いた直線的な花の描き方を使って、葉っ [続きを読む]
  • お花を描いてみよう!
  • 簡単なお花の描き方です。試してみてください。①花びらが4枚のお花です。 十の真ん中を中心にして、右のペン先の角を合わせます。②紙を回して、①と同じようにペンを手前に引きます。 この繰り返しを4回行います。③4枚の花びらができました。 次は6枚の花びらを描いてみましょう!①3本の線を図のように交差させます。②同じように中心から手前にペンを引けば・・・6枚の花びらが描けます。③色を変えれば、葉っぱの出来上が [続きを読む]