花咲爺 さん プロフィール

  •  
花咲爺さん: 中乃上
ハンドル名花咲爺 さん
ブログタイトル中乃上
ブログURLhttps://overmiddle.blogspot.jp/
サイト紹介文小さなことからコツコツと。目指すは、粋爺!
自由文「真の粋爺になって、最期はカッコよく散りたい!」と願って已まない、浅学菲才のケチな野郎です。持病は高血圧と金欠病。どうぞ宜しくお頼申します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2006/01/11 17:43

花咲爺 さんのブログ記事

  • Windows の大型アップデートは「夜中」にすべし!
  • 今朝8時前にPCの前に座ると、モニターに「Windows 10 Update」の文字が。多少時間が掛かると、注意書きに載ってはいたが、セキュリティ上「No」は有り得ないし、本日午前中は特に急ぎの用件も無かったので、少しも躊躇わずに「再起動」を したところ、何と完了したのは、ほぼ11時。もしかすると、小生のPCのスペックが低いから、3時間近く掛かったのかも知れないし、今さら悔やんでも仕方ないことではあるけれど、やはりタ [続きを読む]
  • ミケルソンに競技者の資格なし!
  • 決勝進出者のみが戦うゴルフの3日目は、選手たちが予選落ちを気にせず、勇猛果敢に只管上を目指してプレイできるので、結構波乱が起きたりする。往々にして大きく順位変動する「ムーヴィング・サタデー」は、高校野球のベスト8に匹敵する、観る側にとって凄く面白い日なのだ。初日6打差46位から2日目は9打差28位と、首位との差は広がったものの、順位を上げた松山。しかも日本人で唯一決勝に残ってくれた訳だし、昨年2位の実績もあ [続きを読む]
  • 明日は思う存分「和菓子」を頬張るべし!
  • 大牟田名物・草木饅頭(江口栄商店)明日6月16日は、「和菓子の日」。全国和菓子協会によると、和菓子を売らんがための語呂合わせでは無く、今から1170年前、即ち西暦848(承和15)年の夏、仁明天皇が御神託に基づき、6月16日に16の数に因んだ菓子や餅などを神前に供え、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元した、との古例に由来するのだそう。なので、医者から糖分控えめ生活を指示されておられる方も、明日は存分に(但 [続きを読む]
  • ビタミンの摂り過ぎは体にNG
  • ヒトの生存・成長に欠かせない栄養素のうち、炭水化物・蛋白質・脂質以外の有機化合物のことを何と言うか、諸兄はご存じであろうか?答えは、そう「ビタミン」(「ミネラル」は無機物)。小生が「ビタミン」と聞いて思い出すのは、昭和40年代の初め、確かビタミンAとDが、くる病や鳥目の予防に効くと謳っていた「肝油ゼリー」。学研の科学や学習、或いは愛のひとしずく運動の鉛筆同様、学校(担任の先生)が注文の窓口となっていた [続きを読む]
  • 松山が全米OPに勝てば、多分「ヒデキ感激!」と…
  • 男子ゴルフ・メジャー第2戦「U.S.Open 2018」がいよいよ、今週木曜日に開幕する。第118回目となる今年の大会は、ニューヨーク州ロングアイランドのサウサンプトンにある、シネコックヒルズという第2回大会が開催された由緒あるゴルフ場で、今回は04年以来14年ぶり、通算5回目の開催となる。因みに、シネコックとはインディアンの部族の名。現在ゴルフ場となっている土地は元々彼らのもので、「その昔、白人に騙されて取り上げられ [続きを読む]
  • パンジー、ビオラ後の花壇には「日々草」を検討されたし
  • 去年の秋(9月頃)、庭に突然芽吹いたピンクの日々草。初めは引き抜こうかとも思ったのだが、光沢のある葉っぱが雑草のそれとは明らかに違っていたので、暫く様子を見ていたところ、ご覧のような綺麗な花が何と年末まで、およそ2か月半も繰り返し咲き続けたという訳。種がどのようにして運ばれてきたのか、理由はよく分からないのだけれども、兎に角凄く得した気分。「よし、来年は苗を買って植えよう」と、花の役目が終わった時、 [続きを読む]
  • 何れが菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)
  • 「何れが菖蒲か杜若」はご承知の通り、どちらも優れていて選択に迷うことの例え。どちらもよく似た美しい花で、区別が非常に困難という前提に立った、凄く言い得て妙な諺である。尤も、孫のカンタロー(4)に「どっちがキレイ?」と尋ねれば、答えは「どっちも」に決まっているし、加齢とともに些末なことには大事なCPUを使いたくない、との思いが最近、日に日に増している小生に言わせれば、いま咲いている花がアヤメだろうがカキ [続きを読む]
  • リハビリより先ずは日頃の節制
  • 脳にダメージを受けたり、大腿部を骨折した場合などに、在宅復帰を目指して行なうのが回復期リハビリ。我が国では2000年に新設された、回復期リハビリテーション病棟というものがあって、リハビリ医や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など、所謂専門家チームの支援により、集中的に訓練に取り組む体制が取られているので、貴兄がもし脳卒中や脳梗塞で倒れるなどした場合、急性期を過ぎた時点で、そうした所に厄介になることにな [続きを読む]
  • 田舎侍(政治家)の生きる道
  • カツカツの予算で苦労している田舎の県知事と言えば、普通お上の遣ることに対し、一々目くじらを立てたりはしない。長いものには巻かれていた方が何かと都合が良いからだ。ところが、コイツはどうだ?日本の浮沈は偏に、この人の活躍如何に懸かっていると、我々が信じて已まない安倍ちゃんに喧嘩を売って、一歩も退かないどころか、総理の椅子から引きずり下ろしたいとさえ思っているようにも見える。しかも、我が県のくまモンと違 [続きを読む]
  • 「隹」って何て読む?
  • 寺島進突然だが、「隹」という文字を誰かに伝えたい時、貴兄は一体どのように説明されるであろうか?進むのしんにょう以外の部分?それとも、集まると云う漢字の上の方?ま、人を見て法を説けと言うので、誰にでも分かるよう無難に説明するのは親切心の表れ、大人として十分アリなのかも知れない。しかし、相手次第では、「コイツ、知能低すぎ」と舐められてしまう恐れも。であれば、取り敢えず一発目は「ふるとり」と、正解を言っ [続きを読む]
  • デンジャラスな色。これって芋虫?それとも毛虫?
  • オレンジと黒の所謂デンジャラス・カラーを身に纏っていて、誰が見ても危険生物のように見える、この虫。草臥れたパンジーやビオラなど、スミレ科の花をうっかり片付け損なったタイミングで、ほぼ毎年必ず現れる。「爺ちゃん、これ何ね?」「そらぁ毛虫たい。刺されたら腫るるけん、決して触んなよ!」保育園児の孫にきつく注意して、上から毛虫用の薬剤をピュッピュッと3、4回スプレーするのだが、2cm位の小さな幼虫は割と直ぐに [続きを読む]
  • 同じ罪を何度も繰り返す者はこの際、死刑にすべし!
  • ハンムラビ法典に登場する、「目には目、歯には歯」が小生のモットー。つまり、故意であろうと無かろうと、また、犯人が精神に異常を来していようと、いまいとも。何の落ち度も無い人を1人でも殺したら基本、自らの命を以て償うべしと云うこと。被害者が仮に女性や子ども、心身に障害を持つ人など、所謂社会的弱者であれば尚更だ。Today's BGM六月の雨(小椋佳)会いたい(沢田知可子)東京(マイペース)例えば、幼気(いたいけ) [続きを読む]
  • 「気違いに刃物」は、撃たれて当然かと
  • ご承知の通り熊本市東区で先日、通報により駆け付けた警官の「撃つぞ!」の声に全く怯まないどころか、武術の心得がある筈の警官(40)を、どこぞのアメフト部の危険タックルみたいにして押し倒し、さらに馬乗りになった上、刃渡り15cmの刃物で顔を3度も切りつけるという、正気の沙汰とは思えない行動を取った男(36)が警官の反撃に遭い、死亡した。命に危険を感じた警官が放った銃弾は全5発で、うち4発が男に命中。1発が右腕で、 [続きを読む]
  • もうシャンクとは多分オサラバかと…
  • 小生の今年のスコアは、恥ずかしながら、103、97、101、103、103、107、101で、平均102.14。良ければ80台前半、悪くても92、3で回っていた頃や、ハーフ30台も偶に出ていた頃が、「えっ、嘘だろ」と言われそうな極めて惨憺たる状況で、自分でも「最早ゴルフから足を洗うべきか?」と、本気で悩んでしまう、今日この頃。スコアを崩す原因は幾つか考えられる。Today's BGM終恋(イルカ)駅(中西保志)星影の小径(ちあきなおみ)加齢 [続きを読む]
  • 万一に備え、緊急ダイヤルをセットすべし!
  • 満62歳を迎えた、昨日午前のこと。小生が顧客企業を訪問している時に突然、ケータイが鳴った。得意先D社の副社長からだった。「社長が倒れ、緊急搬送されました。可能なら、ちょっと病院まで来て欲しいとのことです」「どんな様子ですか?」「どうやら心筋梗塞みたいなんです。Mさん(小生のこと)も以前、同じ病気を患ったでしょう?だから、参考までに話を聞きたいのでは無いかと。因みに、社長の意識は今しがたまでありました」 [続きを読む]
  • 「メリケントキンソウ」という超厄介な雑草
  • 天草市のHPを覗いていた時に先週、偶然見つけたのが、外来生物「メリケントキンソウ」にご注意ください!。実は、この雑草、小生が今年の草むしりで一番手を焼いている草なのだ。何故厄介なのかと云うと、芽吹いて直ぐ(3月頃)のパセリみたいな時は然程でも無いのだが、一旦しっかり根を張られてしまうと、丸ごとキレイに抜き去るのは極めて困難。しかも、繁殖力がとても強く、結実後は例え軍手をしていても、摘まんだ指の位置・ [続きを読む]
  • ハチの巣は、早め早めに対応すべし!
  • 玄関前の柘植の木辺りで最近、スズメバチを日に何度も見かけていたので、以前と同じように、またアシナガバチの子を襲って喰っているのかと思いきや、小学2年生の孫娘が下から覗き込んで、「爺ちゃん、何か巣みたいな丸い形をしたとがあるよ」。小生がへっぴり腰で恐る恐る覗き見ると、確かに孫の言う通り、そこには徳利型、テニスボール大の茶色い塊りがぶら下がっているでは無いか。そう、これは一つ間違えば命を落とす危険すら [続きを読む]
  • 三桁が続けば、やはり初心に帰るべし!
  • 私事で恐縮だが、小生は今年ゴルフが絶不調。先週まで4回ラウンドして、103、97、101、103の平均100.75。しかも悪いのは小生だけでなく、一緒に回った全員がスコアを乱すという、何かに憑(とりつ)かれでもしたかのような変な有様で、昨日(5/10)も先週(5/4)と同じ気象条件、即ち風は若干強かった(7~8m/s)ものの晴天でポカポカ、間違いなく絶好のゴルフ日和ながら、先週は鳴りを潜めていたシャンクが6回も出て、スコアは全く [続きを読む]
  • 大谷の捻挫は、ある意味「自業自得」だったのでは?
  • 今や飛ぶ鳥を落とす勢いのエンゼルス・大谷翔平。4/28(日本時間)に本拠地で行なわれたヤンキース戦では、5番指名打者として先発出場し、第1打席で4号ソロを放ち、第2打席ではバットをへし折られセカンドゴロ。それでも一塁を全力で駆け抜けようとする、如何にも野球大好き少年らしい直向きな姿には小生、心より拍手を送りたいと存ずるが、ご承知の通りベースの真ん中に突っ立っていた一塁手に気を取られ、足元への注意が全く疎か [続きを読む]
  • 「ミッキーの耳」改め、「うさぎの耳」
  • 白いフワフワの短い刺に覆われている、見た目が凄くオサレなサボテン。ポン友・N君の奥方から2年ほど前に貰ったもので、初夏に新しく生えてくる胴体(茎?)は確かに彼女の言う通り、「ミッキーマウスの耳」みたいな形をしている。故にネットでも、「ミッキーの耳、サボテン」で検索すると、容易に当該品種に行き着くのだが、weblio の植物図鑑に依れば、最大60cmの高さに達する此の団扇サボテンは、メキシコ北中部原産「金烏帽子 [続きを読む]
  • カナブンとコガネムシ
  • 「一寸の虫にも五分の魂」とは言うものの、人体や作物、草花、住居等々にまで危害を及ぼす蠅や蚊、毛虫、雀蜂、毒蛇、毒蜘蛛、白蟻などの所謂「害虫」だけは、その限りに非ず。ま、当の害虫どもにとっては、あの手この手を使って自身のみならず、彼らの子々孫々までも根絶やしにしようとする人間こそ、害人以外の何者でも無いのだろうけど。さて、花開くこの季節を待って現れる、諸兄もよくご存じの緑の甲虫。キラキラ輝いていてパ [続きを読む]
  • ちゃんとしたゴム印の作り方
  • 人間、年は取りたくないものだ。何故ならば、人は年を取ると次第に耄碌してしまうから。今朝のこと。半世紀も前から付き合いのある、馴染みのはんこ屋より電話が入った。前日に頼んでおいたゴム印が出来上がったとの知らせ。それにしても、やけに早いと云うか、早過ぎる。いつもなら最低3〜4日は掛かる所をAmazon 以上の猛スピード。はんこ屋のオヤジは、確か死んだ(小生の)親父と大して変わらない世代だから、少なくとも83〜4位 [続きを読む]
  • I君とM君の命日
  • 先日お伝えしたI君の件で、少し訂正。骨髄移植手術をてっきり熊大で行なったと思っていたら、熊大ではやれないらしく、3/6に熊大から国立病院(熊本市二の丸)に転院。3/15に移植を受けたのだそう。因みに、移植は点滴みたいなもので、親切なドナーさんにとっては命懸けの荒業なんだろうけど、受ける本人に全く苦痛は無く、術後はずっとケロッとしていたとのこと(姉上談)。実際、何も知らずにかけた小生の電話(確か3/19)に出た [続きを読む]
  • 嗚呼、無常!
  • またしても、大がっかり。40年以上付き合ってきた親友がまた一人、この世を去った。しかも或る日、突然にだ。クリーニング屋の倅として生を受けた真面目な元市役所職員で、定年の数年前に早期退職し、故郷・二江に程近い五和山中の某福祉施設において、元気に事務方スタッフとして働いていた同級生のI君(61)。年長者からも年下からも、親しみを込めて「マコちゃん」と呼ばれていたのは、無論パッと見、やすきよのやっさんと、俳 [続きを読む]
  • この番号は現在使われていません
  • 先月の24日、今年2度目のゴルフに行く途中、思い切って東京に住むM君のケータイに電話を掛けてみた。安否確認を依頼したK君から前日、こんなメールが届いたからだ。「中野の自宅に電話したところ、KDDIより"現在移転手続き中"となる。因って安否は未だ確認出来ていない」"電話(回線)を移転"ということは、まさか当局による差し押さえでは無いだろうから、それまで住んでいた借家を引き払って家賃が安い、或いはセキュリティがし [続きを読む]