ghmmm372 さん プロフィール

  •  
ghmmm372さん: 旅の途中
ハンドル名ghmmm372 さん
ブログタイトル旅の途中
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ghmmm372
サイト紹介文人生と旅の思い出を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2006/01/14 11:59

ghmmm372 さんのブログ記事

  • 神の存在
  •  旅の途中が繁華街なんかを歩いていると、「あなたは神を信じますか?」といって尋ねてくる外人が居る。 それに、今回東京都江東区で発生した宮司殺人事件の容疑者が富岡八幡宮の氏子に「私の要求が実行されなかった時は、私は死後に於(お)いてもこの世(富岡八幡宮)に残り、怨霊(おんりょう)となり、要求に異議を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟(たた)り続けます。」という書状を送りつけたとう。 さらに、旅の途中 [続きを読む]
  • 今日の空は、青かった。
  •   久しぶりに普通の休日を送っている。昨日は、実家の不用品の後片付けだった。この仕事を始めて1年8か月が過ぎようとしている三分の二が片付いた程度だろう。 それでも、残り三分の一が残っている。 朝起きると、天気は快晴で空の色は青かった。考えてみると、同じ空を見ても青く感じる日とそうでない日がある。 やはりそれは心の持ち方なのかもしれない。旅の途中は、会社生活を終えた後に真っ青な青色の空を見上げること [続きを読む]
  • 旅の途中のこの頃・・・講演会等々
  •  昨日、会社で「元ヤクルトスワローズ 古田敦也捕手」の講演会を聴講した。彼の経歴を聞くうちにあの様なエリート選手ですら紆余曲折というか挫折を味わったという話を聞いた時には「目からウロコ。」だった。 古田氏は、立命館大学野球部で活躍し大学時代に全日本メンバーに選抜されたが大学卒業時のドラフトではドラフト会議にもかからなかったと言う。 プロのドラフト会議にかからなかったので、社会人野球をトヨタ自動車で [続きを読む]
  • 旅の途中の戯言・・・遅きに失した国の税制改正
  •  以前から、何度も旅の途中のブログに記載してきた累進課税の強化。やっと、国は重い腰を上げた。それにしても、「遅きに失した!」と思わざるを得ない。 この税制改正を10年以上前からやっていたら、消費税を上げなくても済んだかもしれない。 大体、消費税は弱いものいじめな税金だと思っている。昔(かなり昔の話)は、贅沢税というのがあってそれが車や宝石、高価な時計に掛かっていたという?。 今は、富裕層が徳をし、 [続きを読む]
  • 【愛知・春日井】愛岐トンネル群・廃線跡を行く<その2>
  •   愛岐トンネル群。(HPのSL写真から転載) 前回の記事でも記載したが、旅の途中が幼い頃、祖母に連れられ、祖母の実家に行く時はいつもこのトンネルを通って祖母の実家のある釜戸まで汽車に揺られて行ったものである。  さてさて、前回の続きです。トンネルを出るとこんな遊歩道が続きます。  次に竹藪が現れます。竹藪と紅葉のコラボが素晴らしい。 家族連れが昼食を食べています。 橋を渡ります。 倒木があります [続きを読む]
  • 【愛知・春日井】愛岐トンネル群・廃線跡を行く<その2>
  •   愛岐トンネル群。(HPのSL写真から転載) 前回の記事でも記載したが、旅の途中が幼い頃、祖母に連れられ、祖母の実家に行く時はいつもこのトンネルを通って祖母の実家のある釜戸まで汽車に揺られて行ったものである。   さてさて、前回の続きです。トンネルを出るとこんな遊歩道が続きます。  次に竹藪が現れます。竹藪と紅葉のコラボが素晴らしい。 家族連れが昼食を食べています。 橋を渡ります。 倒木がありま [続きを読む]
  • 【山口・萩】旅の途中、維新胎動の地へ<その2>
  •  写真は、日本最大の木造校舎である旧明倫小学校。 明倫小学校の教室。 江戸時代、萩藩の藩校である明倫館の一部。旅の途中家の実家の守り神と同じ神棚が置かれていた。   江戸時代の風情が残る萩の白壁。萩の街の中には飲食する食堂とかがほとんどなかった。そこで市役所まで戻り、カツカレーを食べた。確か、800円か、900円ぐらいだった。 萩は、今から150年前の幕末維新の重要な舞台だった。特に、長州藩は攘夷 [続きを読む]
  • 旅の途中、「はしだのりひこ」さん死去に思う
  •   若い人は、ほとんどこのミュージシャンを知らないだろう。代表曲に「花嫁」がある。 つい最近だと、坂本冬美が自身のCD「Love songs」の中でカバーしている。その昔の花嫁が、夜汽車に乗って嫁いでいく様を歌い上げているが・・・。 現代では、日本国中ほとんどの場所で日帰りできるので、夜汽車自身もなくなりこの曲の様なことはもうない。 また、はしだのりひこ(端田宜彦)とシューベルツでは「風」という曲 [続きを読む]
  • 旅の途中が、「岐阜でブラタモリ」を見て
  •  岐阜城 長良川 岐阜でブラタモリを見て・・・。 クリス・グレンさんも出ていましたね。彼は、地元では有名なZIP−FMのDJです。(多くの人は、何やあの外人と思っているかと・・・。) 岐阜は、ブリヂストンやダンロップと言った高級ブランドタイヤが激安で購入できる店があるので・・・。数年に1回行きます。 「タイヤMARUZEN、タイヤMARUZEN・・・。」ではないです。  [続きを読む]
  • 【愛知・春日井】愛岐トンネル群
  •  舌の根の乾かぬ内にという諺があるが、山口ディスティネーションの写真も整理できない内に今度は中央西線愛岐トンネル群の特別公開に行ってきた。  下車する駅は、ここ定光寺です。 200mぐらい多治見方向へ歩いて階段を登ります。 D51がお出迎えしてくれます。 次に続く。 [続きを読む]
  • 旅の途中、嘗てSLが走行した廃線を行く。
  • TOPの写真は、中央西線廃線跡愛岐トンネル群の写真です。旅の途中が、幼少の頃、祖母の実家までSLに揺られて行った時通ったこの鉄路。もう、50年以上前の事。その旅の途中も、来年で定年。にしても、今日は天気が良かった!最高だった! ◆愛知県の知多半島の付け根の大府市に住み、写真と旅行を趣味にしています。 今までの旅行で撮り貯めた写真と日々考えていることを、備亡録として残しています。インターネットという [続きを読む]
  • 【山口・萩】旅の途中、維新胎動の地へ
  •   現在の日本の体たらくぶりを、幕末の志士たちが現世に生きていたらどう思うのだろうか。なんて、考えながら、この街を歩いた。 まず以って行きたかったのは、松下村塾である。といっても、今から44年前に一度訪ねているものの、やはり昔とまったく変わらなかった。 確か、今から44年前は松下村塾開学100年前後だったがあれから半世紀その佇まいはまったく変化はなかった。 人一倍、国を思い国の事を考えている旅の途 [続きを読む]
  • 日馬富士引退なら、貴乃花も理事を辞任すべき!
  •  今回の日馬富士の暴行事件、背景にあるのは相撲協会の内部抗争と人権問題と思えてならない。 日馬富士が貴乃岩に暴行した事件、先輩力士の話をスマホを見ていたので礼儀がなっていないということで暴行したということは決して良いことではないがどうだろうか引退すべきことなのだろうか? それよりも、貴乃花親方、あれでは駄目だ。根回しがまったくできていない。彼こそ、相撲協会の理事と巡業部長を辞任すべきと思う。 もし [続きを読む]
  • 【山口・萩】44年ぶり、山口ディスティネーション
  •  44年ぶりの山口ディスティネーション。山口は、仕事で44年間数度訪れたがカメラを持参した撮影旅行としては44年ぶりになる。 思い起こせば、今から44年前、山陽本線小郡駅(現新山口駅)で山口線のD51を見たが自分がその山口線へSLを撮影しに来るとはゆめゆめ思わなかった。  44年後に山口線を走行することになったのは、45年前に中央西線中津川機関区所属のD51200だった。この機関車が、中央西線の中 [続きを読む]
  • 【山口線・津和野−船平山】SLやまぐち重連
  •  津和野からの返しのSL山口重連を撮影する前に、SL茶屋を取材したかったが断念。SLのために人が集うところは魅力的だと思ったが、あまりにも人が多くそんなところで油を売っていると碌なことは無い。 二兎を追うもの一兎をも得ずになりかねず断念である。 今回、目の前で撮影を逃したものは3つある。 SL茶屋、帰りの新幹線から見えた小郡電車区のD51・C57・C56、それに岡山駅で見たドクターイエロー。 無念 [続きを読む]
  • 【山口線・津和野】SLやまぐち
  •     SLやまぐち、初参戦の旅の途中。今回は、すべて俯瞰写真で撮影。山口線のD51は、44年ぶりに撮影した。44年前は、中学の修学旅行で撮影した小郡駅ホームで撮影したD51(後でその写真をお見せします)。あれから、44年ぶりに撮影か・・・。感慨深い。 何が、感慨深いかってか? そりゃもう、44年前にSLマニアをやっていた中学の同級生はもうSLに興味が無くなってしまって、皆去って行ってしまったこと [続きを読む]
  • 44年ぶりの山口。旅の途中、SLやまぐち初参戦!
  •  TOPの写真は、SLやまぐちの写真です。今回、初参戦になります。SLは、ウォーリーを探せシリーズですべて俯瞰写真になります。 定年間際のじじいが、カメラを持ってほっつき歩きして風景を撮影して楽しんでおります。44年ぶりの山口。この写真は、その中でSLやまぐちの写真です。 ◆愛知県の知多半島の付け根の大府市に住み、写真と旅行を趣味にしています。 今までの旅行で撮り貯めた写真と日々考えていることを、 [続きを読む]
  • 旅の途中の戯言
  •  高額所得者の基礎控除が縮小される。特に、2500万円以上の高収入の基礎控除はゼロとする方向だそうだ。 これは、非常に良いことだと思う。というのも、やはり国の繁栄には収入が安定した分厚い中流層が必要だ。そのために、これまでブログで累進課税の税率を引き上げるべきと何度も記入してきた。 やっと、国も気が付いたか・・・・。という感じである。 ◆ 2018年度税制改正で焦点となっている所得税の控除の見直し [続きを読む]
  • 明日から、旅の途中も、山口ディスティネーション参戦
  •   旅の途中はここのところ忙しい。先週の月曜日に岡山出張、水・木曜日に富山出張、そして金曜日は愛知県内に出張。今週は、月・火曜日と新潟出張だった。 そして、明日からSLやまぐち号撮影も含めて山口ディスティネーションに参戦である。 ところで、今週火曜日、新潟で仕入先から新潟駅までTAXIに乗車した時のことである。 その時のTAXIの運ちゃんとの会話・・・。 旅の途中が「新潟、錆びれていますね。(新潟の人には失 [続きを読む]
  • 忙しい日々を過ごしている旅の途中
  •  このところ、プライベートでは忙しい日々を送っている。そのため、ブログの更新が遅れている。 ところで、先日ニュースを見ていたら、加計学園の獣医学部が認可されたというニュースをやっていた。やはり、この国は腐っている。こんなことに俺の税金を使わないで欲しい。何でこんな国になってしまったのか。 もう、何年かしたらノーベル賞をとれる人材は間違い無く居なくなってしまうだろう。 日産自動車・スバル・神戸製鋼と [続きを読む]
  • 本日で、定年まで333日!
  •  旅の途中は11月1日で定年まで333日になった。考えてみれば、”花の”東京の大手電機メーカーなんかに就職せずにこの地に留まったことが良かったのかもしれない。 就職してからは、トヨタバブルで給料は、倍々ゲームで上昇した。 就職した当時は確か、30歳で360万円程度しかもらえなかった三河の大企業が今や、東洋経済社の調査で今やBEST30ぐらいに位置するぐらい給料が良くなった。 単に時流に乗っただけなのに [続きを読む]
  • 晴れた日には・・・
  •    10月26日、久しぶりにこの地方が晴れた。ということで、有休を取得して木曽の方面に出掛けた。 この日は、雲一つない素晴らしい天気だった。 途中、栗きんとんで有名な恵那 川上屋へ立ち寄った。恵那川上屋は、観光バスが横付けするはするはで多くのお客さんでごった返していた。 旅の途中はきんとんシューを注文し、写真にパチリ。 多くのお客さんは、インスタ映えする栗一筋を注文して写真撮影していた。その中に [続きを読む]