サリー さん プロフィール

  •  
サリーさん: お気楽英語子育てブログ(☆)
ハンドル名サリー さん
ブログタイトルお気楽英語子育てブログ(☆)
ブログURLhttp://subdiary.okiraku-eigo.com/
サイト紹介文0歳〜英語子育て。10歳〜インター。14歳〜日本の学校。現在高3♪英検1級。TOEIC満点。
自由文日本での英語子育て後、家庭の事情で非英語圏へ。せっかくなので嬉しがってインターへ編入してみると、そこはいろんな人種やバックグラウンドの子供たちの異文化交流の場でした。親子英語10年、インター英語4年。そして現在帰国し日本で高校3年生青春真っ只中♪
[お気楽英語子育て]http://okiraku-eigo.com/
読み聞かせ絵本、ワークブック、TOEIC体験記、5級から1級の英検体験記♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2006/01/20 12:24

サリー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 体験談はやっぱり参考になる!
  • 現在、プチーが久々にまた「合否のあること」に挑戦中です。サリーも、ちょっとでも役に立ちたくてネットでそれについての体験談を読み漁っています。 サリーはプチーの初動が遅かったように感じていますがネットに公開されている体験談を読むと準備期間は、人によって本当にさまざまだとわかります。 最初に提出する作文については「自分は時間なかったんで、二日で書きました」なんていう人もいれば「三カ月かけました。しっかり [続きを読む]
  • プチー、大学一年生
  • プチーの大学生活が始まりました。と言っても先日までは、イベントばかりでした。 大学へ行く度に応援団とか、グリークラブとか色々な人が駆けつけて、とっても盛大に新入生を歓迎してくれます。 毎日が文化祭みたいで、大層にぎやかだったそうです。 そしていよいよ、授業も始まりました。ちなみに、授業は好きな教科ばかり。プチー曰く、「ありえへん」なレベルで夢のような時間割です。 しかも、プチーはAO入試で偶然ひょっこり [続きを読む]
  • プチー、高校を卒業しました
  • 卒業式が終わりました。 プチーの高校は、先生方があり得ないくらい熱心でプチーはこれまた、あり得ないくらい、この先生方に支えていただいていました。 そのためなんだか、半端ない喪失感です。 担任の先生も、プチーたちのことが大好きだったから春休みの間に3キロくらい痩せてしまうんじゃないか、と心配です。 プチーもいよいよ、春から大学生。 プチーが通う予定の大学では、一定の点数を超えるTOEFLスコアを所持していると [続きを読む]
  • 第一志望に合格しました
  • おかげさまで、プチーが第一志望の大学に合格しました。見守っていてくださった皆々様どうもありがとうございました♪ プチーは、学びたい分野を早々に絞り込んでいてしかも、その分野を学べる大学の選択肢が少なくやきもきした時期もありました。 外国の大学なら選択肢も多かったのですが経済的な理由から、どうしても心から応援することができず・・・。 結局、海外大学は、出願すらしませんでした。 国内大学に絞ったものの、得 [続きを読む]
  • ムーミンはいなかったけれど、センター終了
  • プチーのセンター試験が終了し、一安心。 プチーは大学付属校に通っているのでまわりにはセンターを受ける人がいません。 おかげで同級生にも後輩にも、「ムーミンでた?」と珍しがって聞かれ続けたそうですが、プチーは地理は受けていないのでした♪ ところで、センター試験というと、とても大きな教室に緊張した面持ちで座る受験生たち、というイメージがあります。 試験会場での緊張はできるだけ減らしたいのでネットで色々調 [続きを読む]
  • 小論文、無事通過♪
  • いよいよ2018年。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 早速ですが、プチーの大学AO入試の小論文、まさかの合格でした♪(まだ最終選考があります) 小論文に関しては、素人なりにも、がむしゃらに対策しました。ひたすら書いて、親子で添削ごっこを繰り返すだけという、なんとも心もとない準備しかできませんでしたが、結局、無事通過することができうれしいし、驚いています☆(小論文対策の様子については、こちらに書いてい [続きを読む]
  • AO入試の面接に求められるもの
  • 大学AO入試の選考方法は、大学によりいろいろで小論文に加えもう一つよくあるのが、面接です。 プチーは先日、一次書類審査を通過し二次面接を受けていた、とある国立大学になんとか合格しました。(第一志望ではないんだけれど、嬉しいです) その大学の面接は、「どう答えても言い返される」と言ってもいいくらい、突っ込まれまくりの手強い面接だったそうです。 ふるいにかけられているのがわかるから厚かましいくらいに、終始 [続きを読む]
  • 本命から滑り止めまで
  • 大学受験の話の続きです。 出願する大学を選ぶ時、随分迷いました。 もともと、学びたいことがニッチな分野でどの大学にでもあるメジャーな学部ではありません。そのため、選択肢は限られていました。 それでもそこから更に絞り込むため、条件を吟味し何度も話をしました。その後、一つ一つ丁寧に願書を提出しいま、二次試験など、受けています。 もう既に、色々な大学へ試験を受けに行きました。第一志望にも行ったし、滑り止めに [続きを読む]
  • いきなり落ちてへこみましたが、立ち直りました
  • 大学受験体験記の続きです。 大学受験第一弾、国立大学AO入試の一次「作文」審査に、プチー見事不合格。相当へこみましたが、その後、別の私学の一次にはなんとか合格。 この落ちちゃった国立大学は高いレベルの文武両道を求めています。入学後もみっちりスポーツと勉強をさせてくれる予定でした。(でも、一次試験であっさり不合格) 一方、一次をなんとか通過した私立大学は偏差値は前述国立大学よりも高いのですがいわゆる遊ぶ [続きを読む]
  • 英語以外ダメな子のAO入試とセンター試験
  • いよいよ、高3プチーにとっての正念場♪ 8月頃から大学のAO入試出願など始まっていて9月下旬にはセンター試験の申し込みもあります。 とっても受験生らしい日々がやってきました。 といっても内部推薦があるので、プチーは希望すれば基本的には上へあがれます。ただ、とりあえず「できることはやってみよう」という感じで受験の準備をしています。 プチーは英語は得意ですが、古文と社会が致命的。そのため受験科目に社会がある [続きを読む]
  • IELTS、意外と神経質な採点基準
  • IELTSが返ってきました♪プチーのスコアは総合得点8.0(9.0点満点で0.5点刻み)でした。 読む、聞く、書く、話すの一つずつに点数がつき総合得点は平均点のような感じで決まります。 ちなみにタイトルの「神経質」はもちろん負け惜しみです☆ただ、「アカデミック」な試験というだけあり「アカデミック」な英語力を発揮しないと容赦なく減点される、手厳しい試験という印象です。油断して残念な点数になってしまいました。 とり [続きを読む]
  • IELTSを受けてきました
  • プチーのIELTSが無事終了しました。他の試験との違いなどだけ簡単にまとめておこうと思います。 朝は7時前に張り切って出かけて行きましたがTOEFLとは違い「早く行っても退屈なだけだった…」ということです。 試験は一斉に始まるし、席も決まっているので早く行くメリットはありません☆(でも道に迷ったら嫌なので念のため早めに出しました) そして、リスニングでまさかの不具合。こんなのは英検、TOEIC、TOEFL含めて初 [続きを読む]
  • IELTSを受ける理由
  • プチーが念のため、IELTSを受けることになりました。 その恐ろしすぎる理由は、イギリスの大学を滑り止めにしなければならないかもしれないからです・・・。(サリーにとって恐ろしいだけだけれど) IELTSはイギリス版TOEFLみたいな試験で、イギリス留学をする人はこれが必要です。 日本の大学に全部落ちちゃった時のためにSATとIELTSを受けておいた方がいい、と学校の先生に勧められ、「いまさら〜!?」という感じですが7月に受 [続きを読む]
  • TOEFLもなんとか110突破
  • プチーのTOEFLがやっと110点を越えました。予定より遅くなってしまいましたが高校のうちにとれてよかった♪ 去年悪かったスピーキングが上がり去年良かったライティングが下がり高得点は難しいと思われたリーディングがスコアを引き上げてくれ、結局の110越えです。 TOEFL iBTもとりあえず、ひと段落つきました。 110あったら大抵の応募は大丈夫なので、このスコアで色々申込むことになります。 TOEFLのスピーキングとライティング [続きを読む]
  • 文科省のいう「未来の創り手」
  • 2020年から小学校で、英語が「教科」のひとつになるということで、なんとなく気になるので少し調べてみました。 文科省の学習指導要綱の改善に関する資料をみると ・未来の創り手となる子供達を応援・職種に関わらず意思疎通が可能な語学力育成・生きる力も育成・更に世界の子供達の学びも後押し! なんだか壮大な計画で、20年先を見据えています。 でも、文科省の資料は、サリーのブログと同じレベルで抽象的で口ばっかり。具体 [続きを読む]
  • 英検1級でもセンター試験を受けること
  • プチーはこの春、高校3年生。いよいよ大学受験が迫ってきました。 プチーのまわりには、もう何年も前に既に英検1級を取得済みの子が何人かいます。帰国子女もいれば、そうでない子もいます。 一人は推薦で上へあがりますが、それ以外の子は全てセンター試験を受験する予定です。実際一つ上の現高3生は先日センターを終了しました。 サリーは英検1級には3度落ちています。だから「英検1級=ものすごい」というイメージを持っていま [続きを読む]
  • TOEIC卒業しました
  • TOEIC990点満点を取りました。もちろんプチーです。サリーではありません♪ TOEIC受験とも、やっとこれでおさらば。満点を取ったらもう受けなくていい、と約束していました。 英検とおさらばしてから随分経ちます。こんなにかかるとは思いませんでした。 970点を超えてからが長かった…。 次はIELTSかTOEFLです♪ 今回はサリーとプチーと一緒に受験しました。席はサリーが前でプチーが後ろ。 会場についたらプチーが「あ。 [続きを読む]
  • 英語が出来ても英語を使わない人生
  • 英語プラスもう一言語できるということで(3つ目の言語は以前住んでいた地域の現地語)プチーは今まで色々得してきました。 英語力を生かして、行きたい学校にも入学してきたし英語や現地語を生かして、その言語でしか参加できないキャンプや講義にも参加してきました。 でも大学入学は、そう簡単にはいかないことがわかってきました。というのも、進路と英語とがうまく重なりません。 日本の大学の場合、英語力が求められる学部は [続きを読む]
  • TOEIC受けてきました(サリーの話)
  • 7月にTOEIC受けてきました!(サリーの話) TOEICは2016年5月から新TOEICに生まれ変わり前半のちょっと簡単な問題が減って、後半のちょっと難しい問題が増えたみたいに聞いていましたが難易度はそれまでと、ほぼ変わりませんでした。 ・・・最後の最後のPart7、トリプルパッセージまでは。 サリーの英語力は決して高くはありませんがそれでもTOEICレベルの英文を読んでちんぷんかんぷん、というほど英語ができないわけでもありま [続きを読む]
  • 過去の記事 …