Melocoton さん プロフィール

  •  
Melocotonさん: ハギスはお好き?
ハンドル名Melocoton さん
ブログタイトルハギスはお好き?
ブログURLhttps://melocoton1.exblog.jp
サイト紹介文ロンドン発の食いしん坊日記です。ハギスは夫の出身地、スコットランドの名物。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2006/01/23 20:31

Melocoton さんのブログ記事

  • 21年ぶりのポルト7:お土産編
  • ポルト便り、長々とお付き合いいただいてありがとうございます。旅行先では滅多にお買い物しないのですが、なんかポルトにやられてしまいました。アズレージョのタイルを使ったコースター。アズレージョ模様のデミタスカップ。これは夫がどうしても欲しかったみたい(espressoあまり飲まないのに)。イワシの形をしたおつまみ小皿。 尻尾の部分がオリーヴの種を入れるのにちょうどいいのに、この写真のオリーヴは種無し 笑。次の旅 [続きを読む]
  • 21年ぶりのポルト6:最終日のバカリャウ料理
  • ポルト最終日は夕方の飛行機で帰英予定だったので、もう一回ランチが食べられる!っとmelo夫の鼻息が荒い。ああ、ポルト名残惜しいです。お目当のバカリャウ(塩干し鱈)レストランはドウロ川沿い。 こんな素敵な窓?渡り廊下?のある建物を見つけました。地元の人にも観光客にも人気のお店だというし、週末のお昼だし、張り切って12時に行って1時の予約を入れようとしたら、予約は受け付けないとのこと。しばらくお散歩してから1時 [続きを読む]
  • リハビリ料理!
  • 数日前にやっとギブスが外れてリハビリ開始。でもレントゲンで見るとプレートを止めたピンのうち二本が動いてしまったようで、CTを撮ってもし関節に影響が出そうなら、その二本のピンを取り除く再手術の可能性が浮上してしまいました。できれば再手術したくないですが、心配してもしょうがないので、とりあえずリハビリ頑張ってます。最初の二日ぐらいは痛みがひどくあまり手を使えなかったのですが、だいぶ楽になって来ました。セ [続きを読む]
  • 21年ぶりのポルト5:おつまみ屋さん
  • シーフード三昧の後はまたポルト市内に戻りました。こんな景色(昔のポルトワインの郵送船)を眺めながら。。。美味しいドウロ渓谷の赤ワインでまったり。一応観光もしました。Lapa教会。ポルトの教会、カトリック教会にしては地味目なところが多く私好み。アズレージョが美しい建物。 旅先ではお買い物しない派なのですが今回は重いのにアズレージョ物をいくつか買いました。 その話はまた後日。さて昼間ありえない量のシーフード [続きを読む]
  • ローストチキン地獄からの脱出
  • 手首の骨折、手術後二週間目の検診に行って来ましたがまだギブスは取れず。 結構ひどい骨折だったらしくプレートで固定したのでまだ腫れも引かずしょうがないのですが。新しい軽めのギブスに代えて貰ったので前より楽になりましたが片手生活はまだまだ続きそう。melo夫作、ローストチキンレッグ。ご存知の通り、夫は食いしん坊なので自分の食べたいものはなんとかしてしまう人ですが、それを私も食べたいか、と言ったらそうじゃな [続きを読む]
  • 北ロンドンでチーズ作り その2
  • チーズ教室で作って自宅の冷蔵庫で熟成していたチーズ、完成しました。ブリのような白カビチーズ。これはちょっと水分の管理が悪かったのか硬めの仕上がり。常温でしばらく置いてみます。一番美味しく出来たのはこのセミハードの白チーズ。クリーミーランカシャーに似たとても旨味のある美味しいチーズになりました。ブルーチーズもなかなか美味しく出来ました!かなりマイルド系のブルー。ふふふ、しばらくは自家製チーズ祭り。赤 [続きを読む]
  • 21年ぶりのポルト4:海辺の街でシーフード三昧
  • ブログ投稿が調子に乗ってきたと思ったら朝のランニング中に歩道で躓いて手首を骨折してしまいました。手術も終わりあとは六週間のギブス生活を我慢するだけだけどお料理できないので夫の雑な料理でなんとか生き延びています。。。それよりびっくりなのは夫が髪の毛を結べない事! 顔洗ったりの時に適当にゴムで結んでって頼んだらできないんですよ! ふぅ。。。さて、ポルト3日目は晴れました!こんな景色を眺めながらコーヒー [続きを読む]
  • シラチャ手羽でお庭ランチ
  • 今年のロンドン、5月からお天気がいいです!夏至直後の今は夜も9時ぐらいまで昼間のように明るい。お天気のいい日はお庭でランチ、がお約束。この日のメニューはシラチャ手羽ジャジキババガヌーシュトマトとローストアーモンド、自家栽培の青シソサラダ天気がいいと天気のいい国の食べ物が食べたくなるのは何故なのかしら。シラチャ手羽は適当に作ったので、美味しくできちゃったので、覚書を。手羽先 500gバター 大さじ2ぐらい [続きを読む]
  • 21年ぶりのポルト3:大雨の日のディナー
  • フランチェジーニャを食べ終わっても雨は止まず。もうこの日はのんびりワインでも飲みながら午後を過ごし美味しい夕食を食べることに集中することに(いつものことじゃない、というツッコミは禁止 笑)。町中いたるところにちょっとしたバルやカフェがあるので、一杯ずつ飲んで移動なんて危険なこともできます。 やはり教会を改造したバーが多いみたいですね。さて、夕食はグルメなお友達オススメのお店へ。とにかく、ここのモツ煮 [続きを読む]
  • 長崎は今日も晴れだった♪3:茶碗蒸しと二十六聖人と御飯
  • 長崎2日目。朝はのんびり起きてホテルから出島ワーフあたりまでお散歩。今日の最初のメインイベントはちょっと早めのランチ 笑!1866年創業の吉宗本店。早めに行ってよかった。 お座敷にテーブルを並べているところがちょっとびっくりでしたが、畳に座れない私たちには嬉しい。(日本慣れしていない私は思いっきり素足ですごーく恥ずかしかったですが。。。)。私は↑のお昼の日替わりセット。春巻きと角煮と長崎出身の方々のソウ [続きを読む]
  • 北ロンドンでチーズ作り その1
  • 2-3月が寒くてお花が咲くが遅れたロンドンですが、5月に入ってから20度を超えるイギリス的夏日が続いて一気に満開です。何にも手入れしなくても(水もやらない 笑)毎年咲いてくれるmelo家のバラたち。この時点でまだ咲いていない種類が3つぐらいありました。さて、そんなイギリス的夏日の金曜日に北ロンドンにある小さなチーズ製造場でチーズ作り教室に参加してきました。参加者は私を含めて9名。女性4名に男性5名。 年齢も出身 [続きを読む]
  • 21年ぶりのポルト2:大雨とフランチェジーニャ
  • ポルト二日めは大雨まあ、想定内と言えば想定内だけど、歩くのも困難なぐらいの大雨。でも、せっかくだから、ずぶ濡れになりながらも歩きます。大雨でも美しいのだ!(←ヤケクソ)。この右側のカルメル会教会(Igreja do Carmo)はポルトで一番大きな教会だそうです。アズレージョ(青が基調のタイル)が美しいですよね。雨なら、室内観光、というのは誰もが考えるので、有名なCafe MajesticというカフェやLivraria Lelloという美しい本 [続きを読む]
  • 長崎は今日も晴れだった♪ 2:復活祭とスコットランド人とあら
  • 1日で色々まわりすぎてしまう悪い癖があります。この日はイースターサンデーだったので、カトリックの私としてはやはり大浦天守堂へ。夫はアンチカトリックなので、" meloちゃんミサとかやってたらそのまま座りこまないでね"とか言いながらかなりイヤイヤモード。驚いたことに日中はごミサはなかったようで、当日に開館したばかりの博物館を見学し、シスター方にクッキー頂いて帰って来ました。その後、てくてくと歩いて近くにあ [続きを読む]
  • 21年ぶりのポルト1: トレンディーなレストランでディナー
  • 日本レポはちょっとお休み。先週末はイギリスで連休だったので、夫となんと21年ぶりにポルトガルのポルトに行って来ました。(恒例の空港のラウンジで乾杯 笑)そう、あのポートワインで有名な町。前回は1997年とかだったので、まだみんながインターネットなんて使ってなかった頃。初めて携帯電話を買った年だったような気がします。ポルトも(いい意味で)寂れた感じの小さな町から、観光地に変身してました。夕方ポルトに着いたら [続きを読む]
  • 長崎は今日も晴れだった♪
  • 5月に入ってやっとブログのやる気が戻ってきたのですが、実は5月2日付で自宅のネット環境をファイヴァーの早いブロードバンドにアップグレードしたら、全く繋がらなくなり、エンジニアが自宅まで来ても治らず。。。結局プロヴァイダーを変えてやっと22日(昨日)繋がるようになりました。安かろう、悪かろうなオファーに引っかかった私も悪いけど、#イギリスあるある です。さて、3-4月の帰省では、夫と長崎に行って来ました [続きを読む]
  • 春爛漫な連休のランチ。
  • 今日はイギリス、祭日です(early May bank holiday)。五月は最初の週末と最後の週末が三連休になるのですが毎年その連休に限ってお天気は最悪、というのがパターン。今年はめちゃくちゃお天気良いです!初日はあまりにもお天気がいいので歩いて北ロンドンの我が家からもうちょっと北にあるトルコ料理屋さんにランチを食べに。北ロンドンはトルコ系、クルド系の移民の方々が多いので、トルコ料理店は激戦地。まずはメゼ(前菜の小皿 [続きを読む]
  • Sous videでしっとり角煮
  • 3月の終わりから夫と一緒に日本に二週間ほど行っていました。今回は長崎に小旅行をしたのですが、そのお話はまた後日。長崎は美味しいものがたくさんありましたが、その中で夫婦揃って気に入ったのが、角煮まんじゅう。長崎のお料理はわからん(和華蘭)と呼ばれるほど、出島などの影響で外国の影響を受けているので、角煮まんじゅうが名物というのも納得です。で帰英してからも、「角煮! ふんっ!」とうるさい人が約1名いるので [続きを読む]
  • 忘れないうちに日本の美味しいものたち その2
  • 相変わらず心に余裕が無く、1ヶ月ぶりの更新になってしまいましたいやー、年取るに連れて一年がどんどん短くなりますよね。もう3月も終わり。今朝2時に冬時間も終わり、実は夫と今夜の飛行機でまた日本に向かいます。その前に12月の帰省で出会った美味しいものをアップしておこうと思います。夫の熱い希望でトンカツ和幸さん。ご飯が炊きたてで美味しい。メンチカツもグー(笑)。麻布十番のめちゃくちゃ怪しい雑居ビルの一角のお [続きを読む]
  • ローストビーフでお誕生日ディナー♪
  • 毎年唐揚げとか作っている気がしますが、今年の夫のお誕生日はなぜかビーフに気分だったそうです。悠々自適の生活な夫は自分で近くの高級肉屋さんにお買い物に。夫の買い物、とっても危険。欲しいものをなんの躊躇もなく、すべて買ってしまうので。今回もやってくれました。骨つきとはいえ、1kgのCôte de Boeuf(英語ではRib of Beef。リブアイの部分)。塩麹をスリスリしてから真空パックに入れて冷蔵庫にしばらく放置。その後sous [続きを読む]
  • スモークハドックで献立二種。
  • なんか心に余裕がなくてブログをなかなか更新できません。旅行ブログみたいになって来たので、ここらで最近のおうちごはんをアップ。この頃週末以外はロクな物作ってないんですが、スモークハドック(タラ系のお魚の燻製)は簡単にお料理できるので重宝しています。冷燻なので、お水とミルク半々に黒胡椒とベイリーフなどを入れた物で沸騰するまで日にかけそのまま20分ほど、フライパンに蓋をして置いておくだけ。そのまま目玉焼き乗 [続きを読む]
  • 忘れないうちに日本の美味しいものたち その1
  • もう一月が終わってしまいそうですね。年々一年があっという間になる。これが年を取るってことなのね、とちょっとしょんぼりです 笑。忘れないうちに年末年始帰省の美味しいものたちを一挙アップ!日本に到着した日に夫のリクエストで母が用意してくれていたお刺身と母作、鶏の唐揚げ。うちの夫はブレない人です 笑。恒例のTさん御家族と自由が丘川目さん。のどぐろの塩焼きとか、穴子の天ぷらとか、あん肝とか。安定の美味しさ [続きを読む]
  • 自家製ヴァニラエッセンスとシトラス氷
  • 2017年の八月までさかのぼって旅行記が溜まっていますが(^^;;ヴァニラの鞘を買ってかなりの年月が経ってしまい、カラカラに乾いたものが戸棚から発見されました。これはそのままお砂糖を入れた瓶なんかに突っ込んでも、お砂糖がヴァニラの香りになってオススメですが、うちはお砂糖ってあまり使わないので、ヴァニラのエッセンスを作ってみました。’作る’っていうほど大袈裟なプロセスじゃないです 笑。ヴァニラの鞘を瓶に入れ [続きを読む]
  • 2018年もどうぞよろしく。
  • ぼーっとしていたら、もう1月7日。12月は1週目に仕事で日本、一度帰英してからまた15日からプライヴェートで帰省していたので、全くブログを更新する暇がありませんでした。2005年の12月に始めたブログ、なんだかんだ言って細々と続いているので、たまには覗きに来てくださいね。仕事で日本に行った際に日曜日の一番席でお友達と六本木のウニ専門店に行って来ました。ふふふ、楽しいおしゃべりとうにざんまい。美味しかったですが [続きを読む]
  • 南仏の太陽を浴びに:ニース便り1
  • 10月の終わりに冬時間に変わると日照時間がグーンと減るイギリス。その上私は出張で北欧ばっかり行ってる毎日なのでお天道様を拝んだのはいつ?って感じになって来ます。私は有給を全て消化する派(というかイギリスではそれが普通)なので、ちょっとだけ残っている有給を使ってニースにひとっ飛びして来ました。二月のリスボンの時も思ったけど、二時間ちょっと南下しただけで、こうも違うんですよねー。ちなみにリスボンと同じで [続きを読む]