Melocoton さん プロフィール

  •  
Melocotonさん: ハギスはお好き?
ハンドル名Melocoton さん
ブログタイトルハギスはお好き?
ブログURLhttp://melocoton1.exblog.jp
サイト紹介文ロンドン発の食いしん坊日記です。ハギスは夫の出身地、スコットランドの名物。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2006/01/23 20:31

Melocoton さんのブログ記事

  • 近場の南の島で:メノルカ島4 Maó再び。
  • Ciutadellaからバスで戻った夜はお腹いっぱいだったので、バル巡りをしながら軽いおつまみで済ませました。ウニのグラタンとかスペイン語でウニはerizo de mar(海のハリネズミ)と言います、はい。最後に調子に乗って飲んだシェリーブランデー。すっごく美味しかったけど、次の日後悔。。。汗。観光地だからか、イギリス領だった歴史があるからか、メノルカではいわゆるスペインのバル、みたいなみんな立ち食いでタパスがカウンター [続きを読む]
  • 近場の南の島で:メノルカ島3 Ciutadella
  • 前回は現在の首都で島の東側にある、Mahónをご紹介しましたが、翌日はバスで島の西側にあるCiutadella(シウタデージャ)へ向かいました。レンタカーするつもりで免許証も持ってきたのですが、ハイウェイ一本しかなくて、端から端まで45kmなのと、まあ、どちらかがランチワイン飲めないのって厳しいのでバスで。バス快適。Mahónが新首都でCiutadellaが旧首都です。お馬さんじゃなくてこちらは羊さん。Mahónより大きな旧市街は素敵 [続きを読む]
  • 近場の南の島で:メノルカ島2 Maó(Mahón マオー/マオン)
  • 一夜明けて。まずはホテルのテラスで朝ごはん。九月の終わりでも外でお食事のできる気候。いいな。とりあえずホテルから、旧市街を抜けて港へ向かう階段を降りて行きます。私も夫も海より山派ですが、水辺ってなんか癒されますね。港まで降りる前に寄り道。前回の2枚目の夜景に写っているカルメ教会。ローマ時代の遺跡を元に建てられたそうで、カトリック教会にしてはあまりゴテゴテしてないですね。教会前にあるTre Cavalli (3頭 [続きを読む]
  • 近場の南の島で:メノルカ島1 
  • ドイツレポートが進まないまま、次の旅行から帰ってきてしまいました。うちは子供がいないので、学校が夏休み中の暑くて混んでいる時期にはあまり旅行しません。9月から11月にどんどんイギリスで日が短くなりちょっと気が滅入ってきた時に2ー3泊で太陽の降り注ぐ南ヨーロッパに行くのが好き。今回はなんと初めてのメノルカ島(Menorca)へ。(サンタ・マリア教会)夕方着いたのですが、ホテルにチェックインしたら、もう外は夜。スペ [続きを読む]
  • 夫のお料理
  • 特に忙しいわけではないのですが、色々バタバタしておりまして。。。ドイツレポートがまとまらない。そんな中、夫のパンがどんどん進化しています。サワー種のパン、四種。プロ並みの出来上がりだと思いませんか?ただ、うちは二人家族だ、と言うのを考慮して焼いて欲しい。結局お隣さんと私の会社の同僚におすそ分けしました。ちょっと足が淫らな(笑)ローストチキン。これも夫作。食いしん坊な人なので、自分で食べたいものは自 [続きを読む]
  • ハノーファーとブレーメン1
  • 8月の終わりの三連休を利用して久しぶりにドイツに行ってきました。イギリス人に”ドイツに行く”って言うと、”なんで?”って聞かれることが多いです。休暇=陽に当たりに行くってコンセプトの人が多いからかしら。今回は今まで行ったことのないHannover(ハノーファー)とBremen(ブレーメン)へ。ハノーファーのオペラ座。ハノーファーは第二次大戦中に一番空襲被害がひどかった場所らしく、あまり旧市街は残っていません。その代 [続きを読む]
  • 8月の週末。
  • 毎年言ってますが、ロンドンの八月は秋です。一番お天気のいいのは6月の夏至を過ぎたあたりから三週間ほど。 イングランドでは日本の学校のように7月20日ぐらいから夏休みに入るのですが、もうお天気が崩れていて、子供達がかわいそう。スコットランドのように6月の終わりから学校を休みにすればいいのに、といつも思います。6ー7月と雨が降らずお天気のいい日が続きましたが、8月は雨雨雨。先週の日曜日、久しぶりにいいお天気だ [続きを読む]
  • サイリウムでわらび餅
  • 断然辛党ですが、実はみつまめとかくずきりとかわらび餅とか、和風のプルプル系は大好き。あ、プリンやクレム・ブリュレも好きだから、単にプルプル好きなのかもしれません。寒天は日本からたくさん持ってきていますが、最近になってサイリアムわらび餅なるものをネットで知って早速作ってみました。サイリウムはオオバコの粉だと思います。グルテンフリーのパン作りなどで粘り気をプラスするために使ったり、スムージーに足す方も [続きを読む]
  • 新しいおもちゃでロースト名人
  • ご無沙汰しています。別にどこか行ってたわけでもないのですが、比較的お天気がいい今年の夏、家でゆっくりブログ書く気分になかなかならなかったのかも。お料理は相変わらず楽しくやってます。最近のハマりものはsous vide(水温制御クッカー)。要するに、低温に調節したお湯に真空パックにしたお肉などを入れて長時間放置する料理法。ちゃんとしたブランド物のsous videの調理器具を買うと高いのですが、スロークッカー様も真空 [続きを読む]
  • 鱈のベーコン巻き
  • 何度も言ってますが、島国なのに、あまり色んなお魚を食べない印象のイギリス。普段食卓に登るお魚といえば、サーモンと鱈、鱈の仲間のハドックぐらいだと思います。鯖、鰯も美味しいものが獲れますが家でお料理する人少なそう。貝類もムール貝、アサリ系、コック貝、マテ貝と色々あるけど、多分家で食べる人は少ないはず。一番人気の鱈もなんか淡白すぎて、自分で塩で締めないと焼いて食べるにはイマイチ。でこんなお料理にしてみ [続きを読む]
  • 猛暑キターッ。
  • 20℃超えたら夏、のロンドン、なんと先週は連日30℃超えました。最近は地下鉄の一部は冷房がついていますが、駅のほとんど、そして地下鉄のほとんどは冷房ないので、体温より高い気温が高くなります。そして、一般家庭は全くエアコンないので、眠れない夜ー。夏はスイカ(枕草子風にw)スイカ、フェタチーズ、ミントのサラダ。ドレッシングはなくてもいいですが、レモン汁とオリーヴオイルをかけています。フェタ食べる人人口の高い [続きを読む]
  • イギリス的夏日の食卓
  • 五月は暑かったり、寒かったり。暑い、と言っても20°C半ばぐらいですが、イギリス的には夏日なんです。暑くなると食べたくなるモッツァレラとトマトのサラダ。 今回はバジルでジェノヴェーゼを作ってトリコローレ(3色)に。ちょっとでもお天気いいと、お庭で無理やりドリンク。この時、まだお庭はジャングル状態。夏野菜の揚げ浸しを冷たいお蕎麦に乗っけていただきます。これもmelo家の夏定番メニュー。暑くなるとキュウリも食 [続きを読む]
  • 思い出の 街、ボローニャ。
  • 先週、melo夫婦、21回目の結婚記念日でした。ボローニャの象徴、Due Torri (二つの塔)三連休でもあったこの週末、土曜日の朝にブリティッシュエアウェイズのシステムがダウンし、全便、欠航という一大事が起きたのですが、私たちのフライトは朝一だったせいか、無事飛びました。ボローニャは30℃超え。私が20代半ばに一年間大学院に通った思い出も街。街中にあるポルティコのおかげで涼しく過ごせますが。今回は初めてAirbnbで民 [続きを読む]
  • 漫画レシピとおうちでできるもん。
  • kindleで日本の漫画が読めるようになってから、子供の頃はあまり読まなかった漫画を結構読んでいます。日本の漫画って大人向けのものも充実しているけど、下手すると40巻ぐらいまであるので、ついつい散財してしまいますね。もちろん深夜食堂など、食べ物がらみの漫画は大好き。最近はまっているのはきのう何食べた?シリーズ。ゲイカップルの日常の食卓を中心に淡々とした感じでとてもいい漫画です。毎回の食事は簡単な作り方が書 [続きを読む]
  • 旬!
  • 今年は3月の方が5月より暖かかったイギリス。まだ朝晩は一桁の日があるので、油断できません。それでも日照時間が長いからか、イギリス産のお野菜が出始めました。Jersey Royals(ジャージーロイヤルポテト)。ブランド新ジャガ。ジャージー出身の者はジャガイモにしても乳製品にしても味が濃い。普段はジャガイモに愛のない私ですが、これは大好き。茹でてバターだけで、絶品です。イングリッシュアスパラガス。まだちょっと細身。 [続きを読む]
  • 久しぶりにGreen Lanesでトルコ料理?
  • 前回の投稿から1ヶ月以上経ってしまいました。四月の初めに二週間ぐらい日本に帰省していたのですが、帰ってきてからブログの神が降りてこなくて。アップしたい写真はたくさんあるんですけどね。更新のないときでもTwitterやInstagramで同じ名前でつぶやいているので、覗いでみてくださいね。イギリスで3連休だった先週末、久しぶりにロンドンのトルコ、とも言えるGreen Lanesにトルコ料理を食べに行きました。トルコ料理はしょっ [続きを読む]
  • 春なのか、夏なのか?
  • 今週はいきなり気温が20℃以上まで上がり、夏? っと大騒ぎしていたロンドンです。(20℃超えたら、ロンドンでは立派に夏なのです!)我が家の通りは寒桜がたくさんあるのですが、それはとっくに散り始め、道は遠山の金さん状態。こちらは近所でほころび始めた桜風のお花。  プラム? もも? 詳しい方、教えてください。春といえば白アスパラ。イギリスは緑のしか作っていないようなので、輸入物です。イタリア産。 まだちょ [続きを読む]
  • 枝豆のフムス風?
  • イギリスは今日から夏時間。春が来たっと実感が湧いてくる日ですが、1時間週末が短いのはちょっと不満。でも今週末はお天気も春らしくなりました。20年ぶりぐらいに会ったお友達と夫と三人でPear Liangで飲茶をした後(超おすすめ)、リトルヴェニスと呼ばれるあたりの運河沿いをおさんぽ。なんかのどかな雰囲気でしょ?そろそろ煮込み系のお料理にさよならして、春夏モードの食べ物を、ということで、日曜日はこんなものを作ってみ [続きを読む]
  • ジョイントお誕生日旅行@リスボン2 極上市場飯。
  • 珍しく雨に降られなかった旅行でしたリスボンのメイン広場、Praça do Comércio (コメルシオ広場)。Dom José I (ジョゼ一世)の像。ポルトガルの歴史、あまり詳しくないけど、日本語のウィキを読む限りはそんな立派な国王じゃなかったようですが(笑)広場の前はこんな感じ。前回の訪問からずっと海だと思ってたのですが、Tejo(テジョ)という名前の川だそうです。この景色を見ながら、朝のコーヒータイムでまったり。あー、幸せ。2 [続きを読む]
  • マンネリ化脱出のブロッコリーとステーキ。
  • お料理好きだけど、調理法がマンネリ化しがちです。ブロッコリーはついつい茹でて、マヨネーズで食べてしまう。マンネリ化脱出のため、シンプルなナムル風にしました。ブロッコリーは小房に切り分け、塩茹でに。沸騰したお湯に入れ、再沸騰したら、ザルにあげて余熱で火を通すといい感じに茹であがります。味付けはお醤油とおろしニンニク、ごま油、いりごま、のみ。さっぱりしているので、後を引く。いつもなら塩胡椒で焼くだけの [続きを読む]
  • ジョイントお誕生日旅行@リスボン1 念願のビアホール飯
  • 私は一月、夫は二月生まれなので、ジョイントお誕生日旅行でリスボンに行ってきました。南に2時間ちょっと下っただけで、こんなにも空が青い!そして、18℃!地元の方々はダウン着てますが、うちのスコットランド人はもちろん半袖!こんなかわいい建物の隣のカフェでまずは一服。中心地からちょっと離れているので、ビールは500mlで2ユーロ、エスプレッソは90セント。ロンドンの三分の一。 ポルトガル相変わらず物価安い。ちょう [続きを読む]
  • 地元の人に混じって: グラナダ旅行記3
  • グラナダ三日目はまず地元の方々と一緒にバルで朝ごはん。ソブレサーダ(ペースト状のチョリソみたいなもの。 イタリアのndujaに似ています)のトースト。朝からボリュームたっぷり。朝ごはんを食べるお客さんでごった返すカフェ・バルは地元の雰囲気が味わえていいですね。さて、腹ごなしにお散歩。お土産を買いに立ち寄った小さなスーパー。本当にハモン命、の方々です。地元の人たちで賑わう市場でもこんな感じのハム屋さんがい [続きを読む]
  • 2016から2017へ。その2 東京でクリスマス。
  • 今更ですが(滝汗)、去年のクリスマスの記録を。クリスマスディナーはいつもお世話になっているTさん宅で。イギリスからの密輸品のおつまみプレート。上から灰のクラッカー(左)サンドライド、トマト(右)黒トリュフチーズ(左)ブラックボンバー: ウェールズの美味しいチェダー系チーズ(右)ハモン・イベリコTさんが用意してくださったお刺身。 絶品です。夫のために穴子まで。お刺身は泡醤油でいただきます!やわらかい塩味でお魚のお [続きを読む]
  • イギリスの冬ごはん。
  • 日本だと冬ごはんの代表はお鍋類でしょうか。イギリスでも寒くなるとスープやシチュー系のものが増えますが、これもまた冬の食べ物な気がします。生牡蠣。一般的にRの付いた月(SeptemberからApril)にしか食べるな、と言われますが、やはり海水の温度が上がるとあたりやすくなるらしい。ニューイングランド時代に何回かあたって怖くて何年も食べなかったのですが、なんか昨秋からまた生牡蠣熱が発熱中 笑。こちらは老舗のBentley's [続きを読む]
  • ズボラさんの飴色玉ねぎ。
  • 2016年は旅行ブログみたいになっていたので、ちょっと年初から旅行と外食以外の記事をアップしていますが、年末年始の日本のお話とかゆっくりアップしますね。さて、私がスロークッカー教の教祖なのはご存知の方も多いはず。普段宅配スーパーを愛用しているのですが、この頃家にいる夫が玉ねぎを買ってきたのを知らずに安売りの玉ねぎがたくさん配達されてきました。じゃあ、本日の実験、行ってみましょう。テニスボールぐらいの玉 [続きを読む]