uk_alien さん プロフィール

  •  
uk_alienさん: No Man's Land
ハンドル名uk_alien さん
ブログタイトルNo Man's Land
ブログURLhttps://legalalien.exblog.jp/
サイト紹介文中年ピアノ初心者3年生。頑張って練習中です。
自由文1999年に日本からイギリスに移住、その後帰化。タイトルのNo Man's Landは私のような移民者にとっも、とても暮らしやすいこの国際都市ロンドンを指していま。最近は趣味の写真を放ったらかしにしてピアノの練習に夢中になっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2006/01/24 21:21

uk_alien さんのブログ記事

  • 地道に練習
  • ピアノの先生から受けた注意事項や練習のアドバイスは本当に興味深い。耳のよさと経験に裏打ちされた意外なアドバイスは発音矯正を専門にする音声学のコーチを思わせる。「ああ、そう言われると思っていた」ということもあるけれど、「ええ、そうなのか!」と驚かされることもしばしば。しかしこの「興味深い」段階で終わらず、「実際に言われたことをできるようになる」ことに意義があるのだろうな。はい。(自分に言い聞かせてい [続きを読む]
  • ちょっと撃沈
  • 「ピアノを弾く=音楽を奏でる」ことは「なんとなく綺麗に弾けること」とは一致しない。そう頭では理解できても、やはりそこは初心者の性。何となく弾けただけで結構有頂天になってしまう。そうしてレッスンに行くと案の定撃沈される。Dario Marianelli - Dawn最初と最後は全く無視して早いアルペジオセクションに集中して時間をかけること。最初から弾くこと、通しで弾くことは心を鬼にして避けること。ペダルは間違いも上手に隠 [続きを読む]
  • 夏休み終了
  • うーん、長いようで短かった私の夏休みは終わった。ちょっと不安だったけれど自分だけでどうしたらいいか一生懸命考えて練習するのは結構楽しかった。宿題、頑張ったけど先生の前で成果を見せられるだろうか。以前の記事で触れたけれど、やけにならずにきちんとパフォーマンスとして弾こうと思う。今日MarianelliのDawnのスピードアップを少し練習して通しで弾こうとしたら後半に入ってガタガタになってしまい最後まで弾き通せなか [続きを読む]
  • 夏休みの宿題④ Liszt Romance
  • 残り一週間を切った夏休み。やばい。LisztのRomance、全然手をつけていない。気持ちだけはなんとしてでも仕上げたいんだけど、やっぱり仕上げには程遠い(号泣)。練習もしないで放ったらかしていた自分が悪い。もう一度左手を復習したほうがいいんだろうな。左右のボリュームのバランスが悪くメロディーも綺麗に現されていない。マイクロダイナミクスもどこかにいってしまっている。弾く前には「よし、こんな感じで弾こう」「ここ [続きを読む]
  • 夏らしい胡瓜のスープ
  • 日本の胡瓜はイギリスの胡瓜と比べると水っぽくなく身がしまっていてとても美味しい。昨年日本から持ってきた種で育てたこの胡瓜は暑い気候を好むのか今年はとても豊作。サラダや浅漬けでは食べ切れないのでスープを作ってみることにした。材料:胡瓜3〜4本エシャロット一個、なければ白玉ねぎ半分くらいレモン汁大さじ3ヨーグルト350〜400mlくらいオリーブオイル大さじ2杯くらいにんにく1かけ(なくても良いし増やしても良い) [続きを読む]
  • A Brief Respite
  • 久しぶりに少し涼しくなったので今日は長めの散歩に出かけた。久しぶりにカメラを持参して写真を数枚撮ったらバッテリーが切れてしまった。電池が切れたカメラは文字通り重荷。12歳になったウォルターは難聴が酷くなり、アレルギー性の喘息を患ってステロイド漬けになっているが、それ以外は元気。あはあ言いながらも15,000歩ちゃんとついてきた。よしよし。 [続きを読む]
  • Heller Op.47 No.1 スピードを上げる練習
  • 「スピードを上げるのは難しい」と、ピアノを習う限り一生ぼやき続けるに違いない。新しい曲を習うたびに「ゆっくり楽譜をみながら弾けるようになったが、さて、これからどうしよう」と立ち止まってしまう。これまでに自分の経験や先生から学んだこと、他のビデオ等を観て学んだことはレコーディングをきく=ゴールテンポでのイメージ作りがしやすいメンタルマップを作りそれに思考の流れを添わせる(集中する)個々のパーツをゆっ [続きを読む]
  • 犬には飼い主、猫にはスタッフ
  • 我家の猫ヘンリーは20歳を超える。耳が遠くなって久しい。それと並行して以前は蚊の鳴くような愛らしい鳴き声だったのが、今は異様に大きなだみ声で鳴くようになった。難聴な猫の利点:掃除機でグルーミングが可能↓(ちなみにバックグラウンドに聞こえる鳴き声は勿論ヘンリー。携帯上のビデオを観ながら演奏する私に「つまらない」と言っている。別撮りのオーディオと映像をiMovie上で合わせるのを一度やってみたいと思ってていた [続きを読む]
  • Dario Marianelli - Dawn 最終セクションまで 両手練習
  • とりあえず最後までなんとかゆっくりと両手で弾けるようになったMarianelliのDawn。このDからのセクションがちょっときつい。ここに練習時間のウェイトを置かないと。先日また映画Pride and Prejudiceを見てしまった。原作のイメージとは大分違うけど、映像と音楽がとても綺麗で好きだなあ。この曲Dawnが流れてくる映画の最初のシーン。イギリスのカントリーサイドの朝の雰囲気がそのまま映像になっていて美しい↓ [続きを読む]
  • Heller Op.47 No.1 最終セクション
  • 夏休み課題の一つ、Heller Op.47 No.1が「とりあえず楽譜を読みながらセクションごとに最後まで両手でゆっくり弾けるレベル」まで到達した。最後のセクションのナメクジ両手練習↓楽譜に記載されている最終スピードはAllegretto 。今ターゲットスピードを考えているところ。このビデオの軽快に進む演奏が曲の作りによくあっていて好きだなあ。↓やっぱりペダルが入るといい感じだけど、とりあえずはペダルなしでレガートに気をつけ [続きを読む]
  • Dario Marianelli - Dawn セクションC&D両手練習
  • Dario MarianelliのDawn、セクションC&Dの両手練習。最終のスピードを考えるとちょっと気が重いけど、頑張る。さて、週末は義兄夫婦が泊りがけで遊びに来てくれた。とても気さくないい人たちで昨夜は美味しいお酒と旦那の手料理を皆で楽しく味わった。と、今朝になって旦那がピアノでこのMarianelliのDawnを弾いてよとリクエストしてくる。義兄夫婦も知っている曲だからというのもあるのだろう。練習中だから人前で弾くレベルじゃ [続きを読む]
  • Heller Op.47 No.1 - セクションB 両手練習
  • 夏休みの課題としてこのHeller Op.47 No.1の準備を進めている...のだが、勿論思うようになんて進まない。セクションBに移り、ただでさえ錆切っている私の脳味噌は猛暑(目下の日本に比べたら申し訳の立たない摂氏30度程度)が重なって思考を拒否している 涙。そんな時は潔く別のことをすればいいのだけれど、何かはじめるとそっちに夢中になってしまい宿題が放ったらかしになるのでここは心を鬼にしてピアノの前に居座る。「Three t [続きを読む]
  • 夏休みの課題③ Heller Op.47 No.1
  • 夏休みの三つ目の課題はHellerのOp.47 No.1の予習。やばい、いい加減に始めないとまずい、と焦りを覚え昨日から手をつけ始めた。「ホリデー後に始めるから準備しておくように。音符の長さと休符に注意を払って、きっちりしたタイミングでキーボードから離れるように。特に左手の練習にみっちり時間を費やすこと」とだけ言い残される。楽譜に目を通し、セクション分けをして運指を決める(絶対後で直されるけど)。最初のセクションを [続きを読む]
  • Dario Marianelli - Dawn セクションB 両手練習
  • 他の曲も練習しなければいけないのに、まず好きなことから手をつける「キリギリス」精神。でもこの曲が好きで、練習しているだけで幸せな気分になる。このセクションBは曲の中では比較的容易。 次のセクションからは速い両手のアルペジオがまっている。どうやって練習しようかちょっと戸惑う。 [続きを読む]
  • 夏休みの課題② Dario Marianelli - Dawn
  • 「...を弾きたい、と思ったのがきっかけでピアノを習い始める」というはよくある話で、私の場合はBachのGoldberg Veriationsと映画Pride and Prejudice(2005)のDawnがそう。エチュードやソナタではなく映画のサウンドトラックが弾きたくて、というのはちょっと格好悪いかもしれないが曲を聴いた途端に恋に落ちてしまった。そうしてはたと思い立って手習いを始め、とりあえず3年以上続いているのだからよしとしよう。Goldberg Varia [続きを読む]
  • 夏休みの課題① Burgmüller Op.100 No.10の仕上げ
  • 夏休みの課題の一つはフレージング練習がテーマのBurgmüller Op.100 No.10を仕上げること。曲として全体的にまとまりが感じられるように演奏したいパルスが感じられる演奏がしたいコントラストをしっかりつけたいサビに重みをつけたいpをチャーミングに弾きたい左手のダイナミクスを有効に活かしたい三連音符の箇所を自然に弾きたいと思っているのだけれど言うは易し。この演奏じゃあセクションの区切りで時間を取りすぎてると言 [続きを読む]
  • ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード5試験結果
  • 二週間の休暇を終え久しぶりにレッスンに出向くと、6月に受けた音楽理論の試験結果が出ていた。合格。With distinction。98%。どこを間違えたんだろう?という疑問がふと頭をかすめるが、とりあえずはお祝い。わーい。これから先生の休暇のため一ヶ月のお休みになる。でも宿題で新しい曲の課題をもらったからしっかり練習しないと。今年の夏は高温・晴天が続き、虫の数が例年に比べとても多く、庭に植えてあるイングリッシュラベ [続きを読む]
  • 長〜い夏
  • 幸福は上空のジェット気流の位置により大きく左右される。今年は大当たり。イングランド南東部は珍しく夏らしい天気が続き毎日嘘のようにカラッと青空。洗濯物が乾く、乾く。3日間かけてペンキを塗り直した古いサマーハウスで冷やしたサイダーをすする。Life is beautiful (for now). [続きを読む]
  • フレージング - Burgmüller Op.100 No.10
  • 先日から始めたStamaty Op.37 No.1。「早いスピードじゃないし、これはとっとと終わらせたいからそのつもりで」と先生に言い渡される。「やたらめったらに繰り返してスピードを上げる練習をするのではなく、ピースの構成をしっかり頭で理解して正確にゆっくり練習して基礎ブロックが確実になった段階でスピードを上げていけば目標のスピードへの到達も早い」のだそうだ。とっとと終わらせたい野望とそんなに早く仕上げられるかと [続きを読む]
  • ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード5試験終了!
  • 6月16日の土曜日はABRSMの音楽理論5級の試験だった。最寄りの試験センターは地元の中学校。早めに出向いて受付を済ませ、待合室のライブラリーで待つ。小さな子からローティーンまで21世紀をしっかり生き抜く世代に混じってぽっちり鎮座する中年のオリエンタルな私。偉いもんですこの歳で、と自分を褒める。と、彼らのお母さんくらいの年齢の女性が「あなたも理論の5級を受けるの?」と話しかけてきた。お嬢さんがピアノを習い始 [続きを読む]
  • テンポ・ルバートの長い道のり - Liszt Romance
  • Wikipediaによると、テンポ・ルバートとは下記の通り。テンポ・ルバート(伊: tempo rubato)は、訳せば「盗まれた時間」という意味であり、本来的には音符の音価の一部を奪い、他の音符に付与することを意味していた。したがって全体のテンポは変化しなかった。19世紀以降ではこの概念は退化して、柔軟にテンポを変えるという意味で用いられるようにもなった。テンポ・ルバートの記譜された実例は14世紀に遡る。テュルクの『クラ [続きを読む]
  • Lady Macbeth of Mtsensk
  • コベントガーデンでShostakovichの因縁付きオペラ、Lady Macbeth of Mtsenskが上演されるというのでチケットをとっておいた。Lady Macbeth of Mtsensk/Pappano指揮というだけでめくら予約してあったのだが、今回は大当たり。ストーリー、リブレット(サータイトルの限りで)、音楽、オーケストラ、歌手(Eva-Maria Westbrook主演)、舞台プロダクションと、どれをとってもエンターテイニング。オペラ自体は同タイトルの原作を元に1934 [続きを読む]
  • 楽語を覚える - ABRSM(英国王立音楽検定)音楽理論グレード5
  • や、落語じゃなく...(笑)。音楽理論の試験まではまだ時間があると高を括っていたらあっという間に月日は過ぎ、真剣に試験勉強しなければならない状況になってきた。ラッキーなのは今年からの変更で8小節のメロディーの作曲問題がなくなってくれたこと。苦手で気が重かったのでほっとしている。ABRSMのサイトでは変更後の問題サンプルと模範解答がダウンロード出来るようになっている。また、同じABRSMのサイトでグレードごとの [続きを読む]
  • ばいばいBertini
  • ファーストビートに集中してたらセカンドビートの後が遅れる、緊張はまだとりきれない...が、今日やっと先生の「ま、よしとしましょう」がもらえた。うう、嬉しい。頑張ったのでとても嬉しい。ばいばい、Bertini。これでLisztのRomanceの左手スピードアップに集中できる。目標両手?=70、なので片手で?=100まで上げようとしているのだが...これもまた容易ではない。涙今週末はイースター休暇で長いお休み。私たちはWalesに住む義 [続きを読む]