楽子 さん プロフィール

  •  
楽子さん: 楽子の小さなことが楽しい毎日
ハンドル名楽子 さん
ブログタイトル楽子の小さなことが楽しい毎日
ブログURLhttp://rakuko.exblog.jp/
サイト紹介文関西、名古屋を巡り、やっと東京に戻ってきた転勤族です。美味しいもの大好き♪
自由文料理が好きで、おいしいものや珍しいものには目がない主婦。
関東から奈良へ、そして今度は名古屋へ住むことになり、それぞれの場所の特徴ある食べ物を楽しんだり、観光客気分であちこち出歩いたりしています。
その他、好きな本や、大好きな南の島への旅行情報などを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2006/02/19 17:08

楽子 さんのブログ記事

  • 2017年9月に読んだ本
  • 本をあまり読めなくなった原因の一つは、スマホかなぁと思う今日この頃。あとは老眼?そんなぼちぼち状態で、9月は2冊。「楽園のカンヴァス」 原田マハ続けて読んだ原田マハさん。前作の「風のマジム」とはまったく違う印象を受けました。今回の「楽園のカンヴァス」は、アンリー・ルソーの「夢」および「夢を見た」を巡るミステリー。バーゼルのルソー収集家の下に呼ばれたNYのティム・ブラウンと倉敷の早川織江。ルソーの絵画を [続きを読む]
  • 無花果のお料理
  • 無花果が好きです♪子供の頃には、家のお庭に無花果があるお宅もあったりして、今ほどに無花果は高級品ではなかったような気がしますが、そんな子供の頃には特に好きな食材でもなかったのですけどね。割と最近になって大好きになった食材の一つです。もう、旬も終わりになってしまったけれど、今年もいっぱい食べましたよー。無花果と生ハム。無花果に普通に生ハムを添えるだけでもおいしいですが、このときは、生ハムを細切りにし [続きを読む]
  • 自力でがんばってました、金継ぎ♪
  • えーっと、ブログ記事を遡ってみると、「金継ぎ」と言うカテゴリーを作ったものの、今年の2月以来ほぼ8ヶ月ぶりとなる金継ぎの記事です…昨年は、西麻布の「R」にて堀道広先生の金継ぎのワークショップに2クール参加し、基本の金継ぎのやり方を覚えた(ホントに覚えられたかは自信がないけど)つもりの私。今年は、是非自分の力でがんばってみようと年始に誓いを立てていました。…が、はじめたのは3月まぁね、あんまり寒い時期は漆 [続きを読む]
  • 2017年 梅干し出来ました♪
  • もー、今頃「梅干し出来ました♪」だなんて、相変わらず楽子はブログアップが遅いんだから〜〜〜、と思うなかれ!ホントに今年はつい最近梅干しが干しあがったのですよ〜この夏、梅雨の間は大して降らなかったくせに、梅雨明けしてからは雨ばっかり降っていたでしょ。週末にお天気が続く日どころか、平日だって雨が降らない予報の日が2日以上続くことがなかったんですよ。それでもいくらなんでも8月中には干せるでしょうと思ってい [続きを読む]
  • 2017GW 沖縄伊是名島 3
  • 今年のGWの伊是名島は雨から始まりました。那覇に着いたときからあやしい天気でしたが、島に一泊し翌朝起きてみると大雨…こんな日はね、ダイビングもお休み。のんびりと本を読んだり編みものしたり。そしてお昼寝。のんびりしに来たのだからそれはそれでよいもの。外に出たのは(と言っても車に乗せてもらって移動しただけだけど)、お昼に太陽食堂にお昼ご飯を食べに行くくらい。雨が降ると少々寒いので、麺は温かい麺で。沖縄産の [続きを読む]
  • 2017年9月のタイ料理教室
  • 8月は夏休みでお休みだったので、お久しぶりとなるタイ料理教室。みんなで夏休みに行ったところのお話をしたりして、しゃべる、食べる、飲む、そしてもちろん作る!大忙し〜パネン ガイ(鶏肉のカレー)。パネンはドロドロのと言う意味で、ガイは鶏肉。なんと今回はカレーのペーストから手作りです!長く橋本先生のタイ料理教室に通っていますが、ペーストから手作りは初めて〜♪プリックチーファーヘン(乾燥唐辛子大)、プリックヘ [続きを読む]
  • 生胡椒の実の塩漬け
  • 少し前に、大久保にあるアジアスーパーストアに行ったときに、生胡椒の実を見つけたので買ってきました。アジアストアは前の場所の時には知らないとちょっと入りにくい雰囲気でしたが、今のところは明るいしわかりやすいし、入りやすい♪ちょうどまだ暑かったころだからか、会社帰りに寄るといつもそんなに人がいないのに、このときはお客さんが結構たくさんいてびっくり!これが生胡椒の実。多分これを乾かすと粒胡椒になるんだよ [続きを読む]
  • 2017年8月に読んだ本
  • 一体晴れた日は何日あったのか…。あっという間に過ぎ去ってしまった、8月。晴れない割にはやたらと蒸し暑く、結構体に堪える一ヶ月でしたよねー。「風のマジム」 原田マハ読みたいな〜と思いつつ、まだ読んだことのなかった初・原田マハさん。これは、南大東島にて国産初のラム酒を作ることになった沖縄女性がモデルの物語。この南大東島産のラム酒COR CORについては多少なりとも知っていたので、どんな背景が合ったのだろうかと [続きを読む]
  • 沖縄土産に野菜はいかが?
  • なーんだか夏も終わりか?と思うほど涼しくなってきてしまいましたが(そして、その温度差についていけず、熱を出し本日会社をお休みしています)、まだまだGWの沖縄の話題。今回は海から離れ、沖縄で買って来たお野菜の話。我が家は毎年沖縄に行くと言うと伊是名島なのですけれど、その伊是名島に行くには名護の先の運天港と言うところからフェリーで渡ります。帰りに時間があるときに必ず寄るのが、名護市内にあるファーマーズマー [続きを読む]
  • 2017GW 沖縄伊是名島 2
  • 伊是名の海の動くものも少し。今回はGWにしては天気が良かったので青がきれいに出ているかも。こちらはウメイロモドキ。グルクンの仲間。今回は比較的数が多かったように思います。きれいな青い流線型の体に背から尾に続く光を放つかのような黄色いライン。フォトジェニックで美しい魚ですが、美しいだけではなく食べるとおいしいのです。(笑)沖縄のスーパーなんかだとざっくり、ざっくりなので、ラベルに「ぐるくん」と書かれて売 [続きを読む]
  • 2017GW 沖縄伊是名島 1
  • 世間ではもう夏も終盤へと差し掛かっていますが。さて、5月!ゴールデンウィークのお話です。毎年恒例の沖縄伊是名島に行ってきました。今年の伊是名のダイビングで特筆すべきは、サンゴがとても元気だったと言う事!昨夏より、それはそれは世界中のあちこちで、水温の上昇によるサンゴの白化および壊滅が起こってしまっているというのに、伊是名の海のサンゴはこんなに元気。な〜んか、ダイビング始めた頃の沖縄を思い出します。 [続きを読む]
  • フェンネルバター
  • ずいぶんと前の話ですが、ゴールデンウイークは例年のごとく沖縄に行ってきまして(それさえもまだ記事にしていない…汗)、帰りに名護のファーマーズマーケットでたっぷりとお野菜を買いました。その中のひとつがフェンネル。沖縄ではフェンネルと言うよりはイーチョウバーと言った方が通るかな。日本でも本土ではそんなにフェンネルって使わないし、普通のスーパーでも取り扱いがないことのほうが多いけど、沖縄では魚の汁に入れた [続きを読む]
  • 2017年7月に読んだ本
  • うしし、やっと月一冊からの脱却!やっぱりさー、電車の中で読むのが苦になってきてしまったのが原因だよな。「エミリの小さな包丁」 森沢明夫森沢さんのハートウォーミングストーリー。続くとちょいと飽食気味になるのですが(あとちょっとだけ温かみ削って欲しい!)、たまに読むとやっぱり気分がほっこりとしていいです。都会で傷心したエミリが田舎の海辺の祖父の家に転がり込み、そこで温かい人たちに囲まれて過ごしながら元気 [続きを読む]
  • 2017年 初めての梅シロップ
  • 梅干し、梅ジャムと続き、今年は初めて梅シロップなるものを仕込んでみました。南高梅ジャムを作ったときに出来る梅ジュースがとてもおいしくて、でも大抵2,3瓶分くらいしか出来ないのですぐになくなってしまうのですよー。なので、今年は濃縮して飲むことの出来る梅シロップを仕込んでみようと思った分けです。梅シロップは、梅ジャムと同じ日、6/21に仕込みました。使用した梅は、完熟の南高梅1キロ。よーく洗ってなり口を取り、 [続きを読む]
  • ルーツを巡る旅、島根 4
  • さて、島根旅行の最終日は松江の街を歩きます。まずは、これから乗る堀川をめぐる船の乗り場にも近い、カラコロ工房へ。こちらは、旧日本銀行松江支店だった建物。工房と言う名前の通り、アクセサリーや和菓子まで、ものづくり体験できる工房があったり、ギャラリーがあったり、そして建物の真ん中のガーデンテラスにはカフェなどのお店も入っています。観光案内所もあり、カウンターは銀行時代そのままになっていてとても素敵。地 [続きを読む]
  • 2017年7月のタイ料理教室
  • それにしても暑いですよね…。お教室に来る人、来る人、第一声は「暑いよね…」。そんな暑さにも負けないように、おいしいもので元気を注入!ヤム グラチアップ(ローゼルのヤム)。ヤムは和える、グラチアップはローゼルのこと。ローゼルを鍋に入れ、砂糖とたっぷりの水を入れて一時間以上置き、弱火にかけて茹で、紙の落し蓋をして蒸らしながら冷まします。水、グラニュー糖、塩を鍋に入れて加熱し、砂糖が溶けてとろとろになった [続きを読む]
  • ルーツを巡る旅、島根 3
  • さて、出雲大社を十分楽しんだ後は、一畑電車に乗って宍道湖まで移動。この一畑電車と言うのが確か2両くらいの小さな電車なんですが、とってもローカルな感じで周りの景色もとても素敵でした。地方のローカル線に乗るのって楽しいですよね。そしてたどり着いたが今宵のお宿、宍道湖畔に建つなにわ一水。なにわ一水。ここ、すごく良いお部屋でした!!お部屋には露天風呂付。もちろん露天風呂から宍道湖を見渡すことが出来るんですが [続きを読む]
  • 2017年 南高梅ジャムできました♪
  • 梅干しは実家で我が家分も一緒に作ってきましたが、梅の熟し具合にばらつきがあり、まだ青っぽい梅も多かったため、5キロのうち梅干しにした2キロを除く3キロは家に持ち帰ってきました。そのまま3日ほど追熟させ、6月21日水曜日、昨年より実施している梅休暇を取り(と言っても今年はなんだか忙しくて半日のみ…)、梅ジャムを作りました。我が家の梅仕事歴史は、この南高梅ジャムから始まったのです。梅干しを自分で作るようになる [続きを読む]
  • ルーツを辿る旅、島根 2
  • 島根2日目。いとこのHさんに車で送ってもらい、たどり着いたのは湯町窯。もう出で立ちからして、すごく素敵♪湯町窯の創業は1922年(大正11年)。松江藩7代藩主であり江戸時代を代表する茶人であった松平治郷が広めた「布志名焼」(ふじなやき)を継承する窯元の一つです。そんな湯町窯で一番有名なのは、やはりこのエッグベーカー。玉子を割ってこのまま直火にかければ、それはおいしい目玉焼きが出来るという焼き物。かのバーナ [続きを読む]
  • 2017年 梅干し漬けました♪
  • さて、今年も梅干し漬けました!ここ数年は、実家に行って、実家の分も一緒に漬けているんですが、その自家製梅干しがえらく気に入っているらしい父は、5月のうちから梅干し仕込みにはいつ来るのかとうるさいほど。年々、梅が出始めるのが早まってきているように思い、今年もまた早いのかな〜と思っていたのだけれど、今年は春先の低気温の影響で、梅が出始めるのが遅かった!いつ来るのかの催促コールを2回くらいやり過ごし(笑)、仕 [続きを読む]
  • 2017年6月に読んだ本
  • 最近、堂々固定の、月一冊ペースになってしまったのがちょっぴり寂しい読書記録。まっ気を取り直していきましょう!「夏化粧」 池上永一久しぶりの池上永一さん。相変わらず読んだとたんに池上さんだわ〜と思うような文体と展開と舞台!沖縄のある島の小さな豆腐屋で働く主人公津奈美。津奈美には、他の人には見えないまだ赤ちゃんの息子がいる。その息子をきちんとみんなの目に見えるように、きちんと生きている子にするために、七 [続きを読む]
  • 2017年6月のタイ料理教室
  • 梅雨のじめじめを吹き飛ばすには、やっぱりおいしくて辛いものを食べるしかない!!そんな6月のタイ料理教室。うふふ、こういうの食べると元気出ます!!ラープ カツオラークパクチー(パクチーの根っこ)、プリッキーヌ(タイの小さくて辛い唐辛子)をクロックで潰し、砂糖、レモン汁、ナムプラー、シーズニングソースを混ぜ合わせておきます。カツオは粗く刻み、赤タマネギは粗微塵切り、万能ネギは小口切り、パクチーは粗く刻み、ディ [続きを読む]
  • ルーツを辿る旅、島根 1
  • ずいぶんと前のこととなってしまいましたが、今から遡ること2ヶ月半、島根に行ってきました。島根は父の実家があるところで、ずいぶん前から一緒に行きたいと話が出ていたのですが、諸事情により行けずじまいになっていて、やっと2年越しで訪れることが出来ました。父と、私と夫とは羽田で待ち合わせ。小さい頃、夏休みなどに遊びに行ったときには、新幹線で岡山まで行き、そこから急行だか特急に乗り換えて行ったり、又は寝台車で [続きを読む]
  • アスパラ三昧♪
  • 太くて立派、鮮やかなグリーンのアスパラが我が家にやってきました!どこから?と言うと、北海道は富良野から。雪解け春待ちアスパラと言うネーミングも良いではないですかー!そうそう、アスパラって苗を植えても1,2年目には収穫せず、苗を大きく育ててから収穫するという、贅沢な野菜。雪の下で何年も待って、やっとニョキニョキと出てきたんだなぁなんて思うと、また愛おしさもひとしお。早速あれこれお料理してみました。まずは焼 [続きを読む]
  • 2017年5月に読んだ本
  • なんだか記録するほど読めてないんだけど…。(汗)でもやっぱり読書とかいろいろインプットするものも大切だなぁと思っているのですよね、一応。なので一応、記録、記録。「アイネクライネナハトムジーク」 伊坂幸太郎6つの短編からなる一冊。それぞれ短編だけ読んでも面白いけどね、伊坂さんらしく、それぞれの登場人物や設定が少しずつ絡み合っていて、読んでいるとおぉっ!となり、これがまた面白い。スルスルと一気に読めてしま [続きを読む]