おじさん さん プロフィール

  •  
おじさんさん: おじさんの独り言倶楽部
ハンドル名おじさん さん
ブログタイトルおじさんの独り言倶楽部
ブログURLhttp://www.over-rabbit.com/
サイト紹介文バイクのことなど徒然に・・日記の習慣がないおじさんの日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2006/02/19 22:25

おじさん さんのブログ記事

  • 模型・プラモデルの飾り棚を作った(前編)
  • 鉄道模型やら完成したプラモデルは飾っておきたいが、すぐに埃まみれになってしまう。市販の飾り棚を買うお金はない。ならば、作ろうこれまでは、ホームセンターなどで売っているカラーボードの棚板をベースにしたものにアクリル板で箱を作ってかぶせたりしていた。しかし、これだと積み重ねてもせいぜい2段。これまでは震度3〜4の地震で倒れることはなかったが、やはり、不安は残る。といって、倒れても人に被害が及ばないように [続きを読む]
  • スピーカーには箱があった方がいいかも・・
  • Nゲージレイアウト用のベースボードの裏側に踏切やら効果音再生用のWAV、MP3プレーヤーなどの電子部品を取り付け始めた。音が出るものがいくつかある。当初はスピーカーむき出しで取り付けていたが、実際に音を出してみるとシャカシャカとした高音がやたら気になる。踏切の警報器などの音はさほど気にならないが、駅のアナウンスであったり、BGMは長く聞くもんじゃなさそうな音質。やはりスピーカーには箱が必要。ということで、箱 [続きを読む]
  • DUCATI DESMOSEDICI (タミヤ 1/12)
  • タミヤ1/12 オートバイシリーズ No.101ドゥカティ デスモセディチ2014年購入 (購入時価格 ¥3,000(税別))タミヤ 1/12オートバイシリーズのライダーのみの製品3種がリニューアルされて再販された。この中のストレートランライダーと組み合わせるのを模型屋さんに探しに行って選んだのがこれ。デスモセディチには失礼だが、「どうしてもこれが欲しい」という理由で選んだものではなく、ストレートランライダーに似合いそうということ [続きを読む]
  • Honda CB750F CUSTOM TUNED (タミヤ 1/12)(2個目)
  • タミヤ 1/12 バイクシリーズ No.66ホンダ CB750F カスタムチューン 購入年月・・忘れた・・2014年くらい?(購入時価格 2,200(税別))1979年に登場したホンダCB750Fのカスタムチューンの模型。バイクの模型で、いまだに模型店の店頭でしょっちゅう見かける定番商品は、1/6スケールのGSX1100Sカタナ、1/12スケールのカタナとそのカスタムチューン。そして、1/6スケールのCB750F、1/12スケールのCB750FとこのCB750Fのカスタムチュー [続きを読む]
  • SKYLINE HT 2000 GT-X (アオシマ 1/24)
  • 1/24 ザ・スカイラインシリーズ №2SKYLINE HT 2000 GT-X [KGC 110]’72 MODEL株式会社 アオシマ文化教材社購入時期・忘れた 購入時価格 1,8001972年に登場した4代目スカイライン。「ケンとメリーのスカイライン」、通称ケンメリ。テレビCMは印象に残ってますなぁ。とは言っても、まだまだ車はおろか、バイクにも興味がでないガキの頃でした。ただ、CMのお姉さんに興味が・・車に興味が出てきた頃には、ファストバックのハードト [続きを読む]
  • アンプ(ONKYO PR-155)が壊れた
  • ONKYOのBASE-V10(S)のアンプ・PR-155が壊れたみたい。STNADBYランプがつかず、電源が入らない。一度コンセントを抜き差しすると電源は入っていたのだが、もう騙されてはくれなくなったみたい。BASE-V10は、2002年に発売された5.1chサラウンドスピーカーシステム。ONKYOのサイトでは「DVD&5.1chをフルに楽しむ、横幅155mmの新しいカタチ」と紹介され、税抜60,000円だったみたい。アンプのPR-155という名前は横幅155mmから来てるの [続きを読む]
  • 335円アンプ 音声左右逆疑惑
  • アマゾンで買った335円の完成品のアンプ。 ジャンク屋さんでサテライトスピーカーを見つけたので、基板むき出しのアンプを100均のダイソーでブックエンドを買ってアンプの台座代わりにしてセットアップし、ベッドサイドに置いてみた。2〜3日使ってみたが、そこそこ良い音が出せる。・・が、機関車の走行音などを流して見ると少し違和感が。試しにステレオの左右や位相が正しいか確認する音を流して見ると・・アラ?左右違ってない [続きを読む]
  • 335円のアンプの台座
  • 335円で購入した完成品のアンプを台座に取り付けてみた。 先日購入した335円の完成品のアンプ。基板むき出し状態のものである。鉄道模型のレイアウトに組み込もうと思っていたのだが、ジャンク屋さんを覗いたら2,160円の2個セットの小型のサテライトスピーカーが目についた。ジャンク品ながら音出し確認済となっていた。よし、このスピーカーを鳴らそう。 100均のブックエンドを台座代わりにアンプは基盤むき出し状態であるため、 [続きを読む]
  • アンプ切替器を作ってみた
  • ロータリスイッチとスピーカー端子コネクタを使ってアンプ切替器を作ってみた。我が家のAV環境に、ONKYOの5.1chホームシアターシステム「V15X」と2chのアンプ、スピーカーを使っている部屋がある。5.1chは主にテレビで映画を見るときに使用、2chは主に音楽を聴くときに使用している。ただ、5.1chに慣れていると、2chのステレオで音楽を聴くときに背後から音がしないのが・・寂しい。ちなみに、2chのアンプは2系統のスピーカー端子 [続きを読む]
  • アンプのボリューム調整ができない・・
  • 昔買ったケンウッドのミニコンポ。CD、MD、カセットテープデッキなどのセットで買ったのだが、今残っているのはR-SE7というアンプ・チューナー部(レシーバー部)とスピーカーのみ。パソコンからの音楽を再生するために残しているのだが、リモコンでボリームの調整はできるのだが、本体のダイヤルで調整ができない。ボチボチ引退か。 そもそも、このミニコンポはいつ頃のだ?と思って調べてみたら1997年発売のものらしい。ウ〜ム、21 [続きを読む]
  • 335円のアンプ
  • アマゾンで買い物をしている時、「KKHMF TDA7297 AC/ DC 12V 2*15W デジタル ステレオ オーディオ アンプ デュアル チャンネル アンプモジュール」という名前で売られている335円の完成品のアンプを見つけた。写真にある構成、このパーツ単体の価格を積み上げれば、この程度の額で収まるのであろうが、完成品、しかも送料、消費税込みで335円とは。鉄道模型やプラモデルの飾り台用にPICマイコンで音を出すものを作っている時にいろ [続きを読む]
  • ONKYOのBASE-Vnnシリーズのウーファー延命
  • ONKYOの5.1ch ホームシアターシステム BASE-V10。 発売されたのが2002年。 後発のBASE-V10Xが発売されたのが2004年ということなので、我が家のV10は製品末期に購入していたとしても2004年製造ということなので、少なくとも14年が経過していることになる。時々電源が入らず、コンセントの抜き差しが必要な時もでてきた。 ボチボチ、引退かも。 ただ、スピーカー・・特にウーファーがもったいないなぁと思う今日この頃。このウーファ [続きを読む]
  • 縦に並べて・・デュアルモニタ
  • 実家の一室にNゲージの固定レイアウトを作ろうと画策中。 PICマイコンのプログラムを作成したり、レイアウトで流す音の音源編集等々のためにパソコンを持ち込んだ。 パソコン台はメタルラック。作業中のBGMとして流すものは映像付きものがいいし、スピーカーも卓上形のものよりちょっと大きめのものを。 折角だから、道・工具を置く予定のメタルラックにモニターアームと古くなった19インチのスクエア形のモニターをつけて、動画は [続きを読む]
  • トヨタ 2000GT (前期型) (ハセガワ 1/24)
  • 1/24 ヒストリックカーシリーズ No.1 トヨタ 2000GT (前期型 1967年) 株式会社 ハセガワ 2008年購入購入時価格 2,500トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、1967年(昭和42年)から1970年(昭和45年)にかけて生産されたスポーツカー。1967年公開の映画「007は二度死ぬ」のボンドカーとしてオープンカー仕様車が登場したのは有名な話。発売時の価格は238万円。 2000年頃の価値観で換算すると1500万円から2000万円くらいの感 [続きを読む]
  • ’60 マツダ クーペ R360 (アリイ:マイクロエース 1/32)
  • 1/32 オーナーズクラブシリーズ No.15 ’60 マツダ クーペ R360(昭和35年) 株式会社 マイクロエース(有井製作所(アリイ)) (購入年月・・忘れた) 購入時価格 600(税別)東洋工業(現・マツダ)が1960年(昭和35年)に4輪乗用車市場に参入したのがこの軽自動車・R360。戦後の日本車初の「クーペ」でもある。 パッケージ側面。上面と同じ絵と解説が書かれている。2+2シーターの4人乗りとはいえ、後部席はかなり狭そうである。 ・・パッ [続きを読む]
  • トヨタ クレスタ GT ツインターボ GX71 (フジミ 1/24)
  • 1/24 インチアップシリーズ No.41 トヨタ クレスタ GT ツインターボ GX71フジミ模型株式会社 2016年11月購入購入時価格 2,000昔乗っていた車。すでに作ったのがあるが、引っ越しやら、ホコリの掃除やらで結構傷んできた。 そんなとき、模型を見かけて・・買ってしまった。1984年(昭和59年)から1988年(昭和63年)にかけて生産された2代目クレスタX70系。 パッケージ側面には上面と同じ絵と添付されているデカールの内容が印刷さ [続きを読む]
  • ’63 ホンダ T360 幌付き (アリイ:マイクロエース 1/32)
  • 1/32 オーナーズクラブシリーズ No.46 ’63 ホンダ T360 幌つき(昭和38年) 株式会社 マイクロエース(有井製作所(アリイ)) 購入年月・・忘れた (購入時価格 800(税別))模型店の店頭で見かけたオーナーズクラブシリーズの作例を見てこのシリーズをいくつか購入した中の一台。T360は昭和38年(1963年)に登場したホンダ初の4輪自動車で、日本初のDOHCエンジン搭載という軽トラック。 水冷4ストローク直列4気筒DOHC 354ccのエンジン [続きを読む]
  • YAMAHA XJR400S 1994 カスタムパーツ付属 (アオシマ 1/12)
  • アオシマ 1/12 バイクシリーズ No.45 ヤマハ XJR400S (1994) カスタムパーツ付属 購入年月・・忘れた (購入時価格 2,800(税別))1993年に発売されたXJR400にオーリンズ製のリアサスを標準装備するなどのモデルチェンジをして1994年に発売されたXJR400S。 このキットは初代XJR400Sを再現したもので、ノーマルタイプかカスタム仕様のいずれかを選択して組み立てることができる。 パッケージ側面には付属しているカスタムパーツの [続きを読む]
  • HONDA CBX400F (アオシマ 1/12)
  • アオシマ 1/12 バイクシリーズ No.3 ホンダ CBX400F 購入年月・・忘れた (購入時価格 2,000(税別))1981年から1983年にかけて生産された空冷4ストロークDOHC4気筒399ccのホンダ CBX400F。人気があり、1984年に再生産された。 一番の特徴は、正面から見て斜め左下に流れている1〜3番シリンダーからのエキゾーストパイプ。その後ろ側でX字型のように斜め右下に向かって流れている4番シリンダーのエキゾーストパイプ。 アオシマの [続きを読む]
  • KAWASAKI Z1300 MORTORCYCLE ENGINE (タミヤ 1/6)
  • 1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.51 カワサキ Z1300 エンジン 株式会社 タミヤ 1982年7月発売 (発売時価格 1,900) 2017年11月11日 特別販売として再販 2018年2月購入 (購入時価格 4,000 (税別)) 1981年5月に1/6 オートバイシリーズ No.19として発売されたカワサキ Z1300からエンジン部分のみを取り出して展示台に飾るようにしたモデル。 No.19 カワサキ Z1300自体は直近では2009年7月に再販されている模様。知らんかっ [続きを読む]
  • アメリカ 軽装甲車 M8 グレイハウンド (タミヤ 1/48)
  • 1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.51 株式会社 タミヤ 2007年発売 2013年購入 (購入時価格 1,800 (税別)) フォードが開発し、1943年に生産が開始されたアメリカ陸軍の汎用装輪装甲車。 オープントップ式の旋回砲塔に37mm砲を搭載。 パッケージ側面には組み立てて塗装したグレイハウンドの写真。左側の写真は1/48 ミリタリーミニチュアシリーズのウリ?の持ったときにズッシリと重みがくるというダイキャストシャーシ。 グ [続きを読む]
  • アメリカ 2 1/2トン 6×6 カーゴトラック (タミヤ 1/48)
  • 1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.48 株式会社 タミヤ 2007年発売 2013年購入 (購入時価格 1,800 (税別)) 大戦中の5年間で80万台以上が生産された2 1/2トントラック。 ボディバリエーションではカーゴ、ガソリン、ウォータータンカー、ショップバン、ダンプなどがあったようだが、最も生産台数が多かったのはカーゴトラックのようだ。 汎用性が高いしねぇ。 製品名の「6×6」は6×6輪駆動。 パッケージにはトラックのメー [続きを読む]