吉田浩章 さん プロフィール

  •  
吉田浩章さん: 吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−
ハンドル名吉田浩章 さん
ブログタイトル吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−
ブログURLhttp://office-yoshida.way-nifty.com/
サイト紹介文堺市堺区の司法書士。「小さな司法書士事務所の舞台裏」をお伝えします。
自由文司法書士吉田法務事務所 http://www.office-yoshida.net
相続名義変更相談サイト http://www.sakai-souzoku.net/
住宅ローン相談サイト http://www.sakai-saisei.net/
成年後見相談サイト http://www.sakai-kouken.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供346回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2006/02/25 13:22

吉田浩章 さんのブログ記事

  • 株式会社にあって有限会社にはない役員任期
  • 今日は、役員変更登記の申請。「最後の登記から12年が経過している」ということで、休眠会社の整理の対象になっている株式会社さん。明日(12月12日)までに登記をするか、「事業の廃止をしていない」旨の届出をしないと、職権で解散登記が入るところでした。ちなみに、有限会社には役員の任期の制限がないので、有限会社は休眠会社の整理の対象にはなりません。あとは、目的変更登記の準備。相続登記の相続関係図の確認。ゆ [続きを読む]
  • 「京都大学 宇治おうばくプラザ」
  • 今日は、京都司法書士会主催の研修。京橋から京阪電車で中書島。中書島で宇治線に乗り換えて黄檗まで。「京都大学宇治おうばくプラザ」です。日曜日に「遠方までわざわざ」ですが、リーガルサポートの研修単位、最短で揃えるために。それと、こんな機会でもないと、京都大学の敷地に足を踏み入れることはないだろう、というのもありました。研修の科目にあった、外部の有識者による、「法人業務適正検討有識者会議から見たリーガル [続きを読む]
  • 司法書士の広告宣伝の目的とは
  • 新しいタウンページが届いていました。「堺市くらしのガイドブック」と共に、残念ながら、届いた時にしか目にしないものになっています。私の事務所も、過去には長い間タウンページに広告を出していて、カラーにしたり、サイズを大きくしたり、営業の方の提案を真に受けて、お金を使っていたものです。「もう止める」と決めて打ち合わせに望んでも、広告を止めると仕事が止まるような気がして、やっぱり出してしまったり。しかし、 [続きを読む]
  • 移動中もLINEでの連絡が飛び交う
  • お隣のお店でイベント(三国ヶ丘フェスティバル)をされていて、ザワザワと落ち着かなかったですが(事前にきちんとご挨拶に来て下さいました)、今日もあまり事務所には居れなかった日。朝から、松原市で不動産売買の立ち会い。そのまま、富田林の法務局に登記申請。同時刻に開催の高石市での不動産売買の立ち会いは、事務所の司法書士が担当。不動産売買の立ち会いは、多くのケースでは、司法書士の都合で時間を調整できる余地が [続きを読む]
  • 年末感が少しずつ芽生え始める
  • 午前中は、八尾市に訪問して、会社さんの変更登記の書類にご捺印。いつもより少し車が多いような感じがして、1区間だけ高速に乗って時間の節約。車検から戻って、タイヤを替えたこともあって、乗り心地が良くなった車。5年で32,430キロは、通勤に使っていないことを思うとそこそこ走っていますが、あと4年は乗り続けます。午後からは、夜の来客に備えて事務仕事の予定。しかし、予定外のお仕事が続々と続いて、ギリギリま [続きを読む]
  • 自動化と人の頭脳に頼らないといけない部分と
  • 事業目的が多い会社さんからご依頼を受けたことをきっかけに、システムの業者さんにバージョンアップをしてもらいました。これで、商業の登記情報(PDF)から、パソコンにデーターを取り込むことができるようになります。不動産登記の登記情報からの読み取りは、すでにできるようになっていますが、自動的な読み取りが「楽」なのに加えて、入力ミスを防ぐ、という面からも有効。自動化できる部分はどんどんやって、その分、「人 [続きを読む]
  • スリッパの色と柄が「冬仕様」に
  • 来客用のスリッパ、入れ替えしました。スリッパの色とか柄で、意外なほどに入口の雰囲気が変わるもので、意図したわけではないですが、「冬仕様」に見えます。午前中は、堺東の役所周辺の用事。堺市役所では、社会福祉法人が登記する時に必要な「証明願い」の打ち合わせ。法務局では、設立登記が完了した会社さんの印鑑カード、印鑑証明書などを取得。裁判所では、破産事件の追完指示の受け取り。市役所に戻って、生活保護の担当者 [続きを読む]
  • 二つとも月曜午前中特有の現象
  • 月曜日の午前中は、いつものように、よく鳴る電話へのご対応。それと、ハウスメーカーさんに書類を預かりにご訪問。昨日は無人だったせいで、暖房をフルに入れても、寒くて仕方がありませんでしたが、昼ご飯に「あんかけうどん」を食べてやっと温まります。午後からは新規のご相談。消滅時効援用の内容証明郵便の作成は、「書類作成のみ」ということで受任。振込口座の照会が整った個人再生事件は、依頼者へのご連絡。手続きがスム [続きを読む]
  • テレビ欄には「貴乃花親方」の文字
  • 新聞のテレビ欄を見ると、あちこちに『貴乃花』『貴乃花親方』の文字。元々、騒動の報道は「ビール瓶で殴った」という話から始まったと思いますが、そうではなかった様子。事実はひとつでも、お互いの認識が違うことは珍しくないし、片方の言い分だけ、もしくは第三者の言い分で議論してしまうと、真相からずれてしまう気がします。例え自分の依頼者の方の言い分であっても、そこに感情が含まれていないかとか、相手から見たらどう [続きを読む]
  • 休日の早出で遅れを取り戻す
  • 今日は午後から堺市内訪問で、不動産売買等の打ち合わせ。税務上の問題が絡むため、税理士さんに同行を依頼しました。どちらにしても「仕事の土曜日」だったため、朝早く目覚めた勢いで、いつもより一時間早く出勤。今週も外出が多く、結果として机の前に座れる時間が少なくて、ずっと追われていました。自分で入力すべき文書の他、投函する郵便物等のチェック、メールの返信、ちょっとした作業の積み重ねが重荷でした。しかし、休 [続きを読む]
  • 会社名や店名が読めないデメリット
  • 「1日」の「大安」ということで、会社設立の登記。午前中は定款認証。その他書類が整ったので、午後からは法務局に書類の提出。堺の法務局。最近は書類を提出した当日に中身を見てくれているようで、今日も当日に電話。法務局からの電話は、良い用件でかかることはなくて、一瞬のうちにいろいろな可能性を考えますが、「会社名の読み方を教えて下さい」でした。今回の会社さん、読めないことはないと思いますが、個人の名前に読め [続きを読む]
  • 不動産との出会いは唐突に
  • 朝から、堺東の用事。自己破産の申立、完了した登記書類の回収。月末ということで、司法書士スタッフは、他の事務所さんの応援で不動産売買の立ち会い。午後からは、会社設立書類へのご捺印に訪問。不動産購入希望のお客様と打ち合わせ。関係者各位で現場に行って、夢を見ていました。不動産の購入。私自身、新聞の折り込みチラシがきっかけになったこともありますが、チラシに出ている物件が全てではないので、業務上で必要な時は [続きを読む]
  • 分厚くなる自己破産の申立書類
  • 朝から「さあ机の上の仕事を」と思ったところ、予定外の呼び出しで出動。土地家屋調査士さんに書類をお届けして、後は直接やり取りしていただくことに。午後からは、大阪市東淀川区。完了した登記の書類をお届けしてから、別件の登記申請書類のお預かりに訪問。必ずしも「月末」にこだわる必要はないものの、何とか月末までにと考えていた自己破産の申立は、ご夫婦2人分が整ったので、明日申し立てに。個人事業者並みの分厚さにな [続きを読む]
  • 異業種交流会とか懇親会とか
  • 今日は、貝塚で打ち合わせ。過去に泊まったこともある温泉施設も通過して、すっかりと山の中。のどかな雰囲気でした。午後からは、税理士さんに事務所に来てもらい、相続税申告のこと、贈与税申告のこと、2組のお客様と順番に打ち合わせ。午前中も他の税理士さんに同行で、その場で行政書士さんに電話で質問したり、いろいろな専門家のお力を借りて仕事をしている日常です。一方で、私は、異業種交流会、士業や経営者との集まりと [続きを読む]
  • 下請より元請。風下より風上で
  • 午前中は、不動産売買書類の事前確認。仲介業者さんと、売主さん宅のご訪問です。午後からは、金融機関の方を交えて融資の打ち合わせ。司法書士は、金融機関の融資が実行されて、抵当権の設定登記をするのが業務。その前提として契約に立ち会いさせてもらうこともありますが、今回は申し込み段階から。不動産の売却でも同じですが、代金決済の日が決まった後に知らされて、登記の時点から関与させてもらうのと、「これから売却を考 [続きを読む]
  • 宿泊に株主優待券を使う
  • 六甲山ホテル。年末の閉鎖で経営者が代わるようですが、それまでは「阪急阪神第一ホテルグループ」の運営です。今回は、阪急阪神ホールディングスの株主優待を使うことで、基本室料から30%引き。2人で1万円以上安く泊まれました。夏に行った直島の「ベネッセハウス」も、ベネッセホールディングスの株主優待を使って30%引きで泊まっていますが、いずれも株主優待を使うことを意図して株を持ちました。株を持たなくても、金 [続きを読む]
  • 六甲山ホテル
  • 六甲山(兵庫県神戸市)に来ました。六甲山ホテルは、標高768m。六甲山上にあるホテルで、「いつか行きたい」と思っているうちに、12月31日の閉館が決定。ちょうど、割引で泊まれる「阪急阪神ホールディングス」の株主優待が届いたので、直前の予約でした。開業は昭和4年(営業中の新館は昭和37年)だそうで、レトロな雰囲気が漂っています。しかし、清潔感があるので、古さは気になりません。堺の自宅から1時間ちょっと [続きを読む]
  • 「印鑑の発注」もお客様の手間のひとつ
  • 休みに挟まれた金曜日ですが、普段通りの平日でした。午前は被保佐人さん宅を訪問し、生活費のお届け。それと、自己破産申立のための最終の打ち合わせ。遺産承継業務の最終段階まできた案件は、相続税の納付。税理士さんに納付書を送ってもらって、預り金から出金。お客様の名前で納付します。準備中の会社設立の手続きでは、お客様に頼まれた印鑑の発注。印鑑の材質などにこだわられる方であれば別ですが、できることを代わりにさ [続きを読む]
  • 『できる人』は自分でできるようになっていく
  • 今朝の日経新聞のスポーツ欄に、権藤博さんがこんなことを書かれていました。『「プロになる選手に、教えられてうまくなった選手はいない」という私の持論からすると、早実・清宮幸太郎は一番いい球団に入ることになる。大谷翔平をはじめ、日本ハムに入団した選手がすくすく育つのは他人がいじらず、素材を生かすからだ。』(以上引用です)誰だって最初から完璧にできるわけでなく、時間をかけて成長していくのは同じでしょうけど [続きを読む]
  • 家族以外の人と働くことと経営すること
  • 朝から忠岡で、会社設立の打ち合わせ。ウチのような小さな司法書士事務所が設立に関与させていただくのは、ご家族経営の会社さんがほとんどなのですが、ご家族以外の方が株主なり、役員に入られる場合は、いろいろと考えないといけないことが出てきます。私の事務所が今の姿であるのは、家族以外の人に働いてもらいながらも、私に責任と権限が集まっているからで、これがもし他人との共同経営となると、全く違う組織となるはず。も [続きを読む]
  • 携帯電話から折り返せるかどうか
  • 今日は、私の祖母の納骨。少し前に被後見人さんのことで、司法書士業務でやったこと、同じようにすることになりました。天気が良かったのと、日取りの関係もあるのか、平日にもかかわらず、一心寺は多くの人です。プライベートで出掛けているうちに、事務所には多くの電話。携帯電話から折り返せる方には、移動をしながら、ちょこちょこと携帯から。そうでなければ、事務所に帰ってから折り返しか、事務所のスタッフに間に入っても [続きを読む]
  • 多くの方に共通する家計表の特徴
  • 急に寒くなって、朝の事務所の室温は12℃。エアコンと加湿器では温まらないので、ガスファンヒーターを取り出しました。ガスファンヒーターはやはり暖かくて、なおかつ、エアコンと比べて、電気代+ガス代がそれほど高くならない、ということは去年に検証済です。さて、今日は新規のご相談が1件。その後は事務仕事です。自己破産や個人再生案件が詰まってきたので、複数の家計表を拝見していました。多くの方に共通する特徴とし [続きを読む]
  • 見た目も味も最高の「パンケーキ」
  • 昼食を食べてから、フルーツサンドの持ち帰りかデザートとして…と出掛けたところ、周りにお店がなくて着いてしまった。その結果、予想を上回るパンケーキに出会えることに。「見るだけで感激」という食事、なかなかありませんが、このパンケーキは見た目も味も最高。「フルーツバイキング」もあって、素材にもこだわっておられることが伝わります。「Rosier(ロジエ)」というお店、住所は「堺市堺区市之町東5−1−15」 [続きを読む]
  • たくさんの仕事とたくさんの読書
  • 今日は、長い間宿題になっていた調べ事。完了した登記の書類は、机の周りに広がったままだったので、整理して収納。それと、事務所の掃除など。先週は土日が研修で潰れたため、平日のどこかで息抜きしようと思っていたものの実現せず。しかし、休みがなくなって身体がしんどいわけでなく、事務所で片付けをする時間、事務仕事をする時間が減ったことがしんどい元です。今でも、対外的な土日の仕事はセーブしていますが、一番仕事が [続きを読む]
  • 書類が細かいこととお金の使い方
  • 今日は、時間指定の予定なし。久しぶりです。個人再生の申立書類2件のチェックをして、依頼者に不足の書類のリストを郵送。これだけで、3時間くらいは使います。あんまり細かいことを書いたり言ったりすると、「見る気がなくなる」「やる気がなくなる」のも人の心理ですが、細かいことを気にしないと成り立たないのが個人再生。書類が細かいのに加えて、お金の使い方にも気を付けてもらう必要があるのですが、後者を伝えるのも難 [続きを読む]