kei さん プロフィール

  •  
keiさん: 不動産鑑定業界探険記
ハンドル名kei さん
ブログタイトル不動産鑑定業界探険記
ブログURLhttp://mansion.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文40代でマンション業界を卒業して不動産鑑定士に。だからこそ見える鑑定業界の不可思議な世界を探険。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2006/03/11 05:49

kei さんのブログ記事

  • 依頼者へのインタヴュー
  • 今週も日帰りで地方出張へ行ってきました。今回は対象がフルサービス型のホテルだったので、依頼者立会いのもと長時間の実査とインタヴューがありました。実査で2時間、インタヴューで1時間と3時間も依頼者と顔を合わせていることになるので、入念に準備をして向かいました。ホテルと言うと最近の訪日外国人の増加で大いに盛り上がっているかと思いきや、宿泊の売り上げ割合は、ほんの3割程度で残り7割は宴会やレストラン売り [続きを読む]
  • 外国人不動産鑑定士とのネットワーク
  • 今週は、海外案件についての問い合わせが多い週でした。最近は積極的に海外鑑定の営業をしていることもあり、直接依頼につながらないことも含めて問い合わせがちょくちょくきます。問い合わせの一つでは、タイでの不動産登記について聞かれました。登記については、昨年末の出張の際に実際に現地の土地局に行っていましたので、手続きにかかる時間も含めて詳細に説明することが出来ました。他には、カンボジアの工場地のマーケット [続きを読む]
  • 鑑定評価の根拠
  • 今週は、米国内の収益不動産の鑑定評価書の翻訳を行いました。これまでも米国内の不動産の自用の住宅の評価書の翻訳は少しづつやっていましたが、収益不動産は今回が初めてです。今回の収益不動産の評価では、原価法は採用されず、土地建物一体の取引事例比較法(床面積単価と戸当たり2種類)と直接還元法が採用されていました。日本では、マンション以外で土地建物一体の取引事例比較法が採用されることはあまりありませんが、米 [続きを読む]
  • 高級住宅地の鑑定評価
  • 今週は、久しぶりに都心の高級住宅地の実査に行って来ました。住宅営業時代、特に仲介営業時代は、徒歩でくまなく都心部を歩き、どこからどこまでが高台の高級住宅地で、同じ地名でもこの通りより下は地位(じぐらい)が低いかを熟知していました。20年以上たった今でも、土地の地勢を覚えていて、何となくですが、地図で対象不動産周辺を眺めるだけで街並みがイメージできます。もちろん、20年以上たって大きく街並みが変わっ [続きを読む]
  • 国際評価基準(IVS 2017)セミナー参加
  • 今週は、鑑定士協会連合会の国際評価基準セミナーに参加してきました。この研修に参加するのは、3回目。昨年の研修が残念な内容だっただけに、どのような内容か、ある意味楽しみにして参加しました。今回は、大きく分けて2部構成で、評価基準の総論と各種評価内容という形でした。講師の方は、公認会計士、鑑定士、MRICSの5名で、皆、国際的な評価の第一人者です。全体の講義時間が休憩時間を含め3.5時間ですので、一人当た [続きを読む]
  • 地方での取引事例取得
  • 今週は、またまた日帰りで新潟まで出張してきました。地方都市ではよくあることなのですが、新潟は新幹線の止まる駅から少し離れたところにオフィス街があり、取引事例取得のために行く県の鑑定士協会へは歩くと20分、バス利用でも10分くらいかかります。対象不動産が市の中心部なら大した問題ではないのですが、今回は県南部まで行く必要があったため、少しの時間のロスも許されないため、分刻みのスケジュールで動きました。 [続きを読む]
  • 新米不動産鑑定士のGW
  • 今週は、カレンダー通り2日だけ勤務で残りはしっかりお休みをいただきました。日ごろから行きたいと思っていた場所に2カ所だけ行って、残りは家でゆっくりしています。ゆっくりすると言っても、寝てテレビばかり見ているというのももったいないので、やりたいと思っていた鑑定士協会連合会のe研修2つとRICSの研修を受講してみました。日本の鑑定士の場合は、年間15単位の研修が推奨という形で義務ではありませんが、MRICSの場 [続きを読む]
  • 日帰り地方都市出張
  • 今週は、GWの連休前であわただしい中、甲府に日帰り出張に行って来ました。車で通りすぎることはあっても、これまで機会がなく初めての訪問です。新宿から8時発のあずさ2号ではなく8時半の7号に乗って2時間弱と程よい距離です。武田信虎の開府から間もなく500年を迎えるだけあって、人口が20万人に満たないにもかかわらず町のあちこちに歴史ある建物や寺社があり、歩いているだけで楽しい町でした。肝心の対象物件は、 [続きを読む]
  • MRICS英国王勅許不動産鑑定士資格取得
  • 今週は、新年度で少し落ち着いてきたので、クライアント企業まわりに行って来ました。新年度でクライアントとの担当が変わることもあり名刺交換すると自然と名刺に書いてある資格の話になります。私はMRIS資格を取ったばかりなので、このマニアックな資格に対する意外な反響に驚きました。不動産鑑定士はもちろん、英国系の国の方の認知度が想像以上に高く、海外案件の営業にはもってこいの資格だったのです。RICSの会員は、正会員 [続きを読む]
  • タイEEC東部経済回廊視察
  • 今週は、日曜日にタイから帰ったばかりでしたが、月曜日からフルに1週間働きました。週初めには滞在中お世話になった提携先やクライアントへのお礼メール、セミナー出席、東部経済回廊EEC視察など出張報告などであっという間に終わってしまいました。先週末視察したタイ東部経済回廊EECは、バンコク東部のチョンブリ県、チャ チュンサオ県、ラヨン県の3県を対象とする地域で、EEC開発とは、「イノベーション」、「生産性」 [続きを読む]
  • 2度目の海外出張で得たもの
  • 今週は、丸々一週間バンコクに滞在しています。楽しみにしていた研修も想像以上に充実し、アジアやヨーロッパなど他の地域から参加した多くの鑑定のプロフェッショナルと文字通り寝食をともにし、鑑定について議論もしたので、お互いの国の状況や仕事について深く理解が出来ました。少し心配した地元企業顧客訪問も、研修の成果が大きく出て、それなりにプロフェッショナルな仕事が出来たと思います。訪問時には、予期せず会計や鑑 [続きを読む]
  • 2度目の海外出張
  • 今週は、年度末ということと月初からの出張の準備で一生懸命働きました。先程出張先のバンコクに無事到着し、今はホテルに向かうタクシーの中です。今回は、2回目の出張でかつ一人なので気楽ではありますが、何も成果なく帰ると全て自己責任になるので、しっかり準備して来ました。この期末の忙しい中、隙間時間を見つけてMRICS、英国王勅許不動産鑑定士の資格の申請もして、ギリギリMRICSとして、出張に臨むことが出来ました。ま [続きを読む]
  • 不動産鑑定士の日帰り出張
  • 今週は週初めから腰痛が発症し、しんどい週でした。不動産鑑定士の仕事の良さは、実査で外に出る活動的な仕事と評価書を作成する事務仕事のバランスがよく健康的なことだと思っていました。が、しかし今週生まれて初めて腰に激痛が走り歩くのすらままならない腰痛になってしまいました。特に重いものを持ったわけでもなく、唯一思い当たるのは広島への日帰り出張です。飛行機で行く手もあったのですが、朝一番の飛行機が7時発とか [続きを読む]
  • 二度目の海外出張決定
  • 今週は、ようやく決算期末の業務も先が見えてきたところに朗報が入ってきました。昨年末に続き二度目のバンコク出張が決まったのです。今回も、もちろんクライアント回りはするのですが、主な目的は提携先で行われる研修会への参加です。研修会には、アジアはもちろん、中東やアフリカなどからも鑑定士が集まり、様々な種類のアセットの評価について学びます。特殊なアセットの評価の仕方にも興味はありますが、私はむしろ、どのよ [続きを読む]
  • 不動産鑑定士登録1周年
  • 昨年の実務修習修了考査合格から1年が経過し、間もなく不動産鑑定士登録1周年を迎えます。鑑定士登録直後は、それまで出来なかった多くのことが可能となり、世界が大きく広がったような気がしましたが、1年たってみるとそれにも慣れて段々そのありがたみが分からなくなってきました。あれほど楽しみにしていた出張も今では体力と時間を奪われるのでなるべく避けるようになってしまいました。国内外には、まだまだ未知の土地、未 [続きを読む]
  • 再評価の依頼
  • 今週は3年前に実査に訪問した同じ不動産の評価に行って来ました。不動産鑑定評価の依頼は再評価の割合が非常に多く、証券化不動産、財務諸表関連、担保、公的評価等多くの依頼目的の評価が定期的に再評価があります。もちろん、3年前は鑑定士にまだなってなかったので評価はできませんでしたが、役所調査や付属資料の作成等初めて本格的に評価に関わった物件の再評価でしたので、懐かしさとともに3年間という月日があっという間 [続きを読む]
  • 修習同期とのつながり
  • 今週は業務もひと段落したので、修習同期との飲み会に行って来ました。地方に勤務する修習同期が出張で久しぶりに上京するというので、親しい修習同期が集まりました。上京した同期は安定した仕事についているので不動産鑑定士になっても転職はせず、不動産とは全く関係ない世界で仕事をしているそうです。それでもなぜ不動産鑑定士の資格を目指したかと言えば、定年後も安定的に稼げる仕事をもちたいというのが大きな理由のようで [続きを読む]
  • 翻訳家と不動産鑑定士の英文レポートの違い
  • 今週も引き続き日本国内の不動産の英文レポート作成に取り組みました。私は英語を日本でしか学んだことはないので、できる限り日本人が書いた英文レポートではなくネイティブが書いたものを参考としています。それでも、一般的要因や業界動向などはどうしても自分で一から作るようは、おそらく翻訳家が書いたであろう既成のものを活用しないと多大な時間がかかってしまうので、そうしていますが、この正しいはずの英文が、最終チェ [続きを読む]
  • 電話でのコミュニケーション
  • 今週は、アジア企業からの依頼のレポートのドラフトを行うとともに、こちらからもアジアの提携先に評価依頼を行うなど海外とのメールのやりとりを頻繁に行う機会の多い週でした。日本人は、文法中心の英語教育のせいか、どちらかと言えばメールでのコミュニケーションを好む傾向にあると思いますが、会話中心の教育が行われている国ではメールより電話でのコミュニケーションが好まれるようです。今回のクライアントもメールの文章 [続きを読む]
  • 不動産鑑定士の社外活動
  • 先週末の東京都不動産鑑定士協会の新年賀詞交歓会に続き、今週はREAL ESTATE TECH MEET UPという不動産スタートアップの会合に行って来ました。賀詞交歓会では、修習同期や知り合いの鑑定士の方にも会えて大変楽しかったのですが、その年齢層の高さに驚きました。ぱっと見では、平均年齢は50歳代半ばという感じでしょうか。他方、REAL ESTATE TECH MEET UPは、ベンチャー企業に関心のある人の集まりということもあって、中心は30 [続きを読む]
  • 国際化と原則主義の間
  • 今週は、昨年末から取り掛かっている海外企業の保有する日本国内不動産の評価にどっぷりつかりました。今回は企業会計がらみの評価であるため、クライアントの経理部と監査法人と対象不動産の類型や対象範囲、評価方針等を打ち合わせながら行っています。海外と日本で最も考え方が異なるのは、類型の確定です。日本では借地借家法という、国際的には異常に借地・借家人に有利な法律があるため、底地や借地権などの類型が普通にあり [続きを読む]
  • 香港での奇跡的な再会
  • 先週末から有給休暇を取って友人の住む香港に行って来ました。香港に行くのは今回で4回目、前回の訪問から約2年ぶりです。その間香港の友人は年2回ペースで計4回来日しています。今回は初めて友人宅に招かれ、高層マンションの最上階にあるルーフバルコニーでバーベキューを楽しみました。日本では考えられないですが、煙がもくもくのバーベキューも自由にできるそうです。また、友人宅は15年ほど前に購入した45?程度の小さ [続きを読む]
  • 不動産会社の購入者アンケート
  • 今週は、クライアントも本格稼働し、やや忙しい週となりました。そんな中、3年ぶりに前職の不動産会社の仲間と新年会に行って来ました。久しぶりに会社の様子を聞くと、私の退職以降マンションの売り上げがぐんぐん伸び、今やボーナスの水準は私の在職時の2倍となっているそうです。特に若手への厚遇はすばらしく、以前は1年で半分はやめていた不動産販売現場の新入社員もほとんどが辞めず、マネージャーたちは腫れものに触るよ [続きを読む]
  • 平成30年新年業務開始
  • 新年明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願いいたします。昨年末は29日まで頑張ったのに、年初はしっかり4日から仕事始めとなりました。取引先はまだ休暇中のところも多いので、ゆったりと年末実査に行った雪国の評価をしようと思ってパソコンを立ち上げると、海外からのメールが何件も来ていました。日本では正月3が日を休むのは当たり前ですが、海外では元旦のみ休みというところも多くしっかり年始から働いて [続きを読む]
  • 2017年の振り返り
  • 昨日をもって今年の業務が終了しました。今年は、1月の不動産鑑定士試験修了考査、3月の鑑定士登録、5月の米国不動産鑑定士MAI候補者登録と前半に大きな動きがあったとともに、5月以降には徐々にアジアで活躍する不動産鑑定士や不動産コンサルタントとの業務が増え、12月には海外出張、海外鑑定士との共同鑑定も実現することができました。年初の目標では渡米して米国の人脈を広げるつもりでしたが、なかなか米国関係の仕事が [続きを読む]