windknot さん プロフィール

  •  
windknotさん: 趣味はフライフィッシング
ハンドル名windknot さん
ブログタイトル趣味はフライフィッシング
ブログURLhttp://windknot.naturum.ne.jp/
サイト紹介文還暦フライマンの渓流釣行記。 ごくたまに近所の川でオイカワも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2006/03/23 01:32

windknot さんのブログ記事

  • 出た!
  •  出た!といっても幽の字の話にはまだだいぶ早すぎる。渓流の釣りで出た!といえば尺物のことかクマのことかと相場はきまっている。幸いにしてプーさんに会うことはなかったのでうれしいほうの出た!ということになる。 前回この渓を訪れたときは先行者の車が止まっていたことに嫌気がさして上野村にエスケープしたのだった。今回はなんとか一番乗りを、と祈るような気持で車を走らせたが、着いてみるとまたもや先行者と思われる [続きを読む]
  • 増水と濁りでお手上げ
  •  毎年のことだがゴールデンウィークの間中は、釣りには行かない。釣場に人が多いことももちろんだが、なにより帰りの渋滞が恐怖だ。運転自体好きじゃないということもあるし、長時間にわたって車に閉じ込められていることが嫌いだ。 半月ちかく釣りを我慢してさあ行くぞと思ったが、昨日は1日雨、今日も朝まで雨が続いていたが何とかなるかと向かったお目当ての渓につくとなんと先行者の車。雨も降り続いていたし、今日はもう歩 [続きを読む]
  • キャンプ&フィッシング
  •  GW突入前の25日と26日の2日間、上野村でキャンプ&フィッシング。 今回は事前に予約をして25日は川の駅特設釣り場、26日は先週に続けて中ノ沢毛ばり釣場で釣りを楽しんだ。25日はまほーばの森キャンプ場で今シーズン初のキャンプ。 24日に西日本を覆っていた強い雨雲が移動してきて25日の午前中は関東地方に大雨をもたらす予報だったが、上野村では午前9時ごろには雨雲が抜けそうだった。家を出てから現地に着くまで激しい雨 [続きを読む]
  • 中ノ沢毛ばり釣り専用区
  •  4月19日、上野村の中ノ沢毛ばり釣り専用区に行ってきた。予定では今回は近場の渓でヤマメを釣って上野村には来週の釣行予定だった。ところが天気予報では来週なかばは雨マークが並んでいたので出撃先を変更することにした。 急遽のことなので予約もしていないが先週末に本谷と中ノ沢の毛ばり釣り専用区もオープンして上野村には3ヵ所の特設釣り場がある。平日だしどこかに潜り込めるだろうと思った。 漁協の受付に着いて「空 [続きを読む]
  • 桃源郷とはいかなかったが
  •  木曜日、4月12日の釣行。イワナを釣りたくて川へと向かった。結果はなかなかの苦戦を強いられた。 川へ向かう道々には桜を始め春の花々が咲き乱れていやがおうにも気分を盛り上げてくれた。めざす川にたどりついて見上げると山桜が満開の眺めはなにやら桃源郷を思わせるほどに美しかった。これはいい1日になりそうだとなんだかもう釣れること間違いなしという気持になったがいつもながら現実はそう甘くない。 最初のコンタクト [続きを読む]
  • 一年ぶりの邂逅
  •  昨日(4月4日)の釣行。平野部では夏日だったようだが、川でも暑いくらいだった。 ブログの釣行記録では先週のイワナ釣り以来だが、実はイワナ釣りの翌々日、ヤマメを求めて川に行った。しかし出かけるのが遅くなって川に着いたのは昼過ぎ、実釣は2時間と少しの釣りだった。初めての川だが放流もされている里川なのでまあ1匹ぐらいはなんとかなるだろうと思ったが、甘かった。チビヤマメらしき影が一度かすっただけで見事なボウズ [続きを読む]
  • 今季初のイワナ
  •  今季初のイワナといっても危うくボウズは逃れたが、というくらいで疲れた昨日の釣行だった。 小渓流、昨シーズンよかったのは5月の20日ごろだった。今日もそうだが昨日もGWごろの陽気で朝はまだ肌寒かったが昼ごろからは暑いくらいだった。 とはいえ河畔にはまだ雪も残っていた。朝7時の時点では気温、水温とも6℃ほどしかなかった。退渓時には気温は20℃を越えていたが、水温は雪どけの水が入るからだろうが、それほど上が [続きを読む]
  • 可愛いヤマメに遊んでもらう
  •  火曜、水曜とまた連チャンでの釣りに。 いつもヤマメのいる場所、ライズが見えた。朝一なのでニンフで様子を見るつもりだったがライズがあるならとドライフライを結んだ。しかし反応は二度ばかりあったけれど乗らず。 その先の瀬でピチャッと出た。 今シーズン一般渓流での初もの、にしては可愛すぎだ。 続けてきたのもまた可愛いヤマメ、しかもこの後は長い無反応の時間が過ぎた。こんなはずじゃ、とだいぶ下流へ移動して再 [続きを読む]
  • エクステンドダンのタイイング
  •  エクステンドダンのタイイングの続き、前回作ったエクステンドボディを使ってメイフライダンを巻いてみる。初心者の方にも分かりやすいようにタイイングのポイントなどをけっこう細かく書いているので、ベテランの方は適当に飛ばしていただきたい。 フックはバリバスの2300#20を使う。4X Fine のウルトラミッジという軽量のフック、中空ボディと軽量フックの組み合わせによる軽量化で浮力をかせぎ、ハックルの量などは極力少な [続きを読む]
  • エクステンドボディの作り方
  •  メイフライダンをエクステンドボディで巻く。今回は前半のエクステンドボディの作り方を紹介してみたい。エクステンドボディの作り方は色々な方法があって、私もウレタンチューブを使った作り方を紹介したことがある。以前はティムコからエクステンドボディを作るためのツールなども販売されていたが、現在は生産していないようだ。 今回ご紹介するのは一応オリジナルのパターンのつもりだがすでにどなたかが同じ作り方をしてい [続きを読む]
  • やるせない解禁
  •  今年の解禁は群馬県上野村の神流川、解禁日の釣行はたぶんはじめてのこと。これまで解禁日は釣人多数のお祭り騒ぎを敬遠して、あえて避けていたのだが、まあ一度ぐらいはと出かけてみた。2泊3日のぜいたく解禁釣行だ。 ところが数日前から春の嵐の予報が出て、雪混じりの大雨と強風ときては解禁の期待もすっかりしぼんでしまった。それでも休みも取ったしヴィラの予約もひと月も前に済ませていたのでダメモトは覚悟で現地入りし [続きを読む]
  • 体長7?のフライ
  •  解禁直前、あいかわらず悪あがきのようにフライを巻いている。もう量産はしないがこんなのはどうだろう?と思いつくフライをいたずらに巻く。解禁の釣行は今年も上野村の予定なのでユスリカはかかせないが、この数年はストーンフライが勢力を広げているのを思い出しいくつかのフライを巻いた。 この間の秩父FFでテストしたパターンはなんとか釣果を得られたが、カワゲラがハッチしていたわけではないから、マッチングザハッチ [続きを読む]
  • 解禁前の練習
  •  前回のエントリーの冒頭で「手慣らしの管釣りも我慢して解禁の感激をストイックに待つのだ。」などとカッコつけてみたのだが、大嘘もいいところで、ちゃっかり練習に行っていたりする。先週は上野村の冬季釣場、今日は秩父FF。我慢などできるはずもないのだからへたにカッコなどつけたりしないほうがいい。  先週の上野村は散々だった。 天気はよかったが川畔にはまだ雪が残り氷が張っていて、今シーズンも終了間近となった [続きを読む]
  • キモイやつら
  • 解禁まで10日をきった。フライの準備もほぼ終了。あとは天気の安定を願うばかり。手慣らしの管釣りも我慢してストイックに解禁の感激を待つのだ。とはいいつつフライのことが頭から離れることはないので手慰みにいつもとは違うフライを巻いてみた。  ゴムレースを使って巻いたカディスピューパ。ゴムレースはタイイングマテリアルとしても売られているが、使ったのはずいぶん前に手芸店で買った半透明のゴムレースだ。 ツルッ [続きを読む]
  • フライの浮き方(検証編3+おまけ)
  •  前回「フライの浮き方(検証編2)」の最後にエクステンドボディのメイフライダンを取り上げて、実はこのフライの浮き方を確認したかった、と書いた。そしてその浮き方は少なくとも小さな水槽の中の静かな水面においてはねらい通り納得のいくものだった。それだけでなんだかもう魚が釣れるのも間違いなし、とばかりにうれしくなったが現実はそう甘くはないだろうな。人間にとっての理想の浮き方が魚にとってはどうなのか、早くこの [続きを読む]
  • フライの浮き方(検証編2)
  • ⑥CDCユスリカピューパ シンプルなユスリカピューパ、CDCが長すぎるようだがこれは現場で長さを調整するため、といいながらだいたいこのまま使ってしまう。 このフライはただ水面に浮かべただけでは全体が水面に浮いて横倒しになってしまう。しかし実釣の場でキャストしていると寝てしまうこともあるものの概ねこの写真のようにインジケーターのCDCが立ち上がることが多いから着水の際の勢いでフックが水面を破るのだろ [続きを読む]
  • フライの浮き方(検証編)
  •  フライの浮き方をデスクの上で検証してみようと思い、道具として使えそうなものはないかと無印と100円ショップをはしごしてきた。 フライを水面に浮かせて浮き方を調べたりするための小さな水槽にミラーを取り付けたようなツールも市販されているはずだが、なんとなく水槽と鏡があれば用は足りるのではないかと思い、とりあえず無印でアクリル製小物入れとミラーを仕入れた。そのあと100円ショップに行って見ると無印で購入した [続きを読む]
  • フライの浮き方(言い訳編)
  •  一番よく使うフライはハックルスタッカーのメイフライで、これはボディが水面下に入りやすいようにラビットファーで巻いている。ボディが水面下にあるフライとは羽化にからんでなんらかの事態によって水面に出られないでいる状態の虫を想定している。水面までたどりついたものの脱皮できずにいたり、あるいは今まさに脱皮の最中、または水面膜を突き破ることができないうちに脱皮してしまった、などいろいろな状態が考えられるが [続きを読む]
  • ユスリカとカワゲラ
  •  毎日さむい日が続いている。先週の雪がなかなか溶けないとニュースでも言っていたが、私の地元でもさすがに表通りの雪は消えたものの一歩足を横道に踏み入れればまだまだ固く凍りついた雪の名残があちこちに残っている。 我が家の小さな庭などは日当たりが悪いものだから凍りつくわけでもない雪がそのままだ。 ハルも寒そうですぐに家の中に入りたがる。この仔ももう6歳でそろそろ中年の域に差し掛かる。いくら犬でも寒さは堪 [続きを読む]
  • チェストパックの中身
  •  昨年の4月以降、フライベストからチェストパックへと全面的に乗り換えた。長年つかい続けたベストが痛んできたのも理由のひとつだがしばらくベストとチェスとパックを平行して使っていて、チェストパックの使い勝手がすっかり気に入ってしまった。正確にはチェストパック+バックパックの組み合わせだが、バックパックは置いておくとしてチェストパックの中身を並べてみた。 これが愛用のチェストパック、パーゴワークスの”パ [続きを読む]
  • 御礼 100万アクセス
  •  昨日の深夜、秩父FFの記事をアップしてブログのアクセスカウンターを見ると100万アクセスを越えていた。もう少しで100万越えということはもちろん分かってたのだが、今日になってからだと思っていた。深夜に近い時間になってから急にアクセスが増えたようで日付が変わる前に100万達成となっていたようだった。 ブログをスタートしたのが2006年の3月で50万アクセスを越えたのは2014年の11月だった。8年と半年ほどかかっていた [続きを読む]
  • 今週も秩父FF
  •  一昨日(1月18日)は4月並みの暖かさということで、そりゃもう行くっきゃないよね、と先週に続けてまた秩父FFへ行ってきた。ここはウチから近いのと料金が安い(まだ正月特価で1日2,000円だった。)のに加えてダムからの放水がコントロールされていてこの時期でも水温が8℃近くと安定している。真冬でもユスリカのハッチが多くミッジでのドライフライフィッシングが楽しめるのが魅力だ。難点は800Mほどと短い区間、ちょっとばかり物 [続きを読む]
  • 初釣り
  •  日本列島を最強の寒波が覆っているそうで各地で大雪となっているようだ。さいわい関東地方は北部を除いては寒いだけで雪は今のところ降っていない。この先はどうなのかわからないが、できれば積もるような雪は降らないでほしい。年に一度くらいは雪景色もいいものだと思っていたが歳のせいか積もるような雪は降らないにこしたことはないと思うようになった。 寒い寒いといって釣りになど行く気にはなれなかったがそろそろロッド [続きを読む]
  • そろそろ準備も?
  •  新年ももう4日の夜だから今さらながらだが、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 この年末年始は暮れの27日から本日、新年4日まで実に9連休。1979年に社会人になって以来、こんなに長い正月休みは初めてとった。なにしろ定年再雇用の身となって初めて迎えた昨年の正月も2日から働いていた。いまどき暮れも正月も関係なし、という人はめずらしくもないだろうがのんびり過ごす年末年始というのも [続きを読む]
  • 釣り納め番外編
  •  前回エントリーの秩父FF釣行で今年の釣り納め、と宣言したのだが、farwaterさんから「まだ朝霞があるじゃない」なんていうコメントいただいてかなり心がぐらっと来た。朝霞ガーデンに釣りに行く、というのは私の中では釣行とはいわない。じゃあなんなんだというと釣り=フライフィッシングには違いないのだが、「釣行」というイメージじゃない。なにしろ自宅から車で15分ほどとごく近いせいもあってわざわざ釣りに行くという感 [続きを読む]