windknot さん プロフィール

  •  
windknotさん: 趣味はフライフィッシング
ハンドル名windknot さん
ブログタイトル趣味はフライフィッシング
ブログURLhttp://windknot.naturum.ne.jp/
サイト紹介文還暦フライマンの渓流釣行記。 ごくたまに近所の川でオイカワも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2006/03/23 01:32

windknot さんのブログ記事

  • 朝霞のイワナで刺身
  •  天気もいいので低山ハイキングにでも行きたかったのだが、左足の爪がトラブルで山歩きはできそうになくて断念。今日はお手軽に朝霞ガーデンに行ってきた。 久しぶりだなー、と思ったが今年の2月以来だった。10の台風の後に一度訪れたのだが大雨の被害で閉鎖していた。 今朝は今シーズン一番の冷え込みとTVでいっていたが、晴れて風もなく9時過ぎに到着してみると寒さはそれほど感じなかった。 平日だしもう12月だからかお客 [続きを読む]
  • オフシーズンニジマス釣り場
  •  上野村のオフシーズンニジマス釣り場。昨日は晴れて風もなく日中はポカポカ陽気との予報、こりゃ行くっきゃないなと勇んで出かけてきた。ところが朝は寒かった。新座市の自宅を6時前に出たときも寒さにブルッときた。上野村の寒さはこんなもんじゃないだろうな、と思いつつ車を走らせる。  2時間と少しでふれあい館に到着するとすでに数名の釣人が支度をしていた。漁協の受付簿を見ると私は7番目、みなさん寒いのに朝早くから [続きを読む]
  • フライも巻かずに
  • 今年は季節の進行が早いというのはずっと感じていたことだが、冬の寒さがやって来たのもやっぱり早かった。おかげで風邪はひくはウイルス性らしき腹痛にはやられるはでこのところ散々だった。これも年のせいかとは思うが保育園に通う孫娘と同居するようになってからカミサンも私もしょっちゅう風邪をひいている。こどもが風邪を持ってくるというがまったくだ。もっともふたりとも自分のこどもたちからはそんなに風邪をもらったとい [続きを読む]
  • 丹沢ホーム
  • 長引いていた咳もようやく止まったのでさっそく出かけてきた。台風の大雨で関東の渓流型管理釣り場はどこも大増水だったがそれも落ち着いてきたようだ。さてどこへいこうかと思ったが久しぶりに丹沢ホームに泊まって2日間つりを楽しむことにした。丹沢ホームには去年は来られなかったので2年ぶりの釣行だった。朝の気温は8℃くらいでけっこう寒いが陽の当たっている山は紅葉のパッチワークがきれいだった。はじめはルースニングで [続きを読む]
  • タイイングをスタート
  • 勤め先でも風邪が流行っていて私ももらってしまった。熱が出るというほどにはならなかったが咳がなかなか止まらない。外に出かけるのもはばかられるが家でぼーっとしていてもしょうがないので、来シーズンに向けてのタイイングをスタートした。だいたい年が明けてから尻に火がついてきて巻き始めることが多いのでこの時期から始めるというのはなかなか画期的な出来事だ。机の上は相変わらず散らかりっぱなしだったが、ざっと片付け [続きを読む]
  • 池袋のぼうずCAFE と養沢
  • 今週は火水木と休みだった。できれば丹沢ホームに泊まって釣りか、悪くても日帰りで養沢か赤久縄へ、と思っていたのだが台風の爪あとが大きすぎた。台風21号の雨は予想以上にすさまじく、私の地元の新座市からも非難準備・高齢者等避難開始が発令された。さいわい家の近くでは大きな被害はなかった模様だが日本各地では大きな被害を被った地域も多いと聞く。とうぜん週明けの渓流型管理釣り場は釣りどころの状態ではなかった。なに [続きを読む]
  • 今シーズンを振り返る
  • 秋の長雨が続いて外にも出られない。おまけに何10年ぶりとかいうほどに寒くてタイイングの準備にフックでも買いに行こうかという気にすらなれないでいる。仕方ないので今シーズンの釣行実績の整理でもしてみようかと思いついた。昨年9月で会社を定年で退職し、10月から再雇用の身となった。会社の規定ではフルタイムで働くこともできるのだが私は短時間の勤務を選んだので月に15日しか働かない。もちろんできるだけたくさん釣りに [続きを読む]
  • 鳥首峠から有間山へ
  • もうだいぶたってしまったが、10月5日に久しぶりに低山ハイキングに行ってきた。今さらという気もするがフライフィッシングとあわせたアウトドアワークの記録としてブログにも残しておくことにする。歩いたのは昨年末にJICKYさんから薦められた奥武蔵のコース。年が明けてからも雪がありそうで躊躇しているうちに渓流が解禁してしまってけっきょくいけずにいた。今年の渓流も禁漁になったところでやっと登ることができた。JICKYさ [続きを読む]
  • 10月10日の記事
  • もうだいぶたってしまったが、10月5日に久しぶりに低山ハイキングに行ってきた。今さらという気もするがフライフィッシングとあわせたアウトドアワークの記録としてブログにも残しておくことにする。歩いたのは昨年末にJICKYさんから薦められた奥武蔵のコース。年が明けてからも雪がありそうで躊躇しているうちに渓流が解禁してしまってけっきょくいけずにいた。今年の渓流も禁漁になったところでやっと登ることができた。JICKYさ [続きを読む]
  • 焚き火キャンプとハコスチ
  • 今週は水・木と上野村でキャンプをしてきた。天気予報は晴れ/曇りと秋晴れの下でのキャンプになるかどうか微妙だったが、雨は降りそうもなかった。久しぶりに肉を焼いて、焚き火を楽しもうというねらい。もっとも場所が上野村と来ては釣りのほうも・・・どっちが主目的かは言うだけ野暮な話。とはいえ、上野村に到着してすることといえば、まずは釣りのほう。今年もオフシーズンニジマス釣り場か開設されてもうおなじみとなったハ [続きを読む]
  • まさかの"ボ"で終了
  • 昨日だが、今シーズン最後の渓流釣行へ。先週と同じ近場の渓だが、先週よりはだいぶ下流で合流する支流に入ってみた。ここも約3ヶ月ぶりだが、渇水気味の流れに加えやたらと倒木が多くフライを流せるポイントがほとんどない。何度かチビヤマメのアタックはあったがフッキングにはいたらなかった。一度川から上がって上流に行ってみたがポイントはさらに少なくあきらめて移動することにした。本流の中流部から再入渓。このあたりは [続きを読む]
  • 秋色ヤマメを追って
  • 元同僚のSさんと赤久縄に行き、中1日おいて近場の渓へ。中1日の間に群馬県の渓流は最終日を迎えてしまったが、さすがにちょっと疲れて連荘の釣行はあきらめた。当日は夏にもどったかのような快晴の秋空。この翌日にはまた空は分厚い雲に覆われて夜には激しい雨も降ったのでたまたまラッキーな釣り日和にめぐり合えた。この渓は6月末に訪れて以来。そのときは小さなヤマメ1匹しか釣れずブログにも載せなかった。今回、シーズン最終 [続きを読む]
  • 赤久縄
  • 群馬県の渓流におけるシーズン最終日の前日、管理釣り場の赤久縄さんへと行ってきた。先日、群馬の渓流最終釣行を終えながら禁漁前なのになんでまた管理釣場に?と言われそうだが、今回は会社の同僚のSさんとの釣行。Sさんとは数年前に始めたばかりのフライフィッシングの手ほどきをしに養沢や奈良子に行ったことがあった。その後はなかなか一緒に釣りをする機会がなかったが、Sさんは単独であちこちの管釣りに出かけていたらし [続きを読む]
  • 群馬の渓流釣り納め
  • 夏以降は天候不順でパッとしなかった今シーズン、あっという間に最終盤を迎えてしまった。おまけに今週末は台風の影響でせっかくの3連休にがっかりしている方も多いのではないかと思う。そんなわけでちょっと早いが通いなれた群馬の渓に最終釣行へと行ってきた。今回は6月中旬以来のイワナの渓とヤマメの渓との連荘。シーズン中盤までなら車中泊やらキャンプ釣行と張り切っていたが、夏の疲れも溜まった今日この頃、なんとなく重い [続きを読む]
  • 本谷
  • 今シーズン41日目の釣行、先週の木曜日上野村の本谷毛ばり釣り専用区へ行ってきた。2017年の渓流シーズンも残りあとわずかな期間を残すのみ。今年も夏以降は不安定な天候に悩まされた挙句、前回の木曽釣行では急な体長悪化に襲われてさんざんな目にあった。今回も腰痛はまだ完全に癒えたとはいえず、天気も午後からは雨マークでパッとしない。朝7時半すぎ、上野村に着いた。まだ毛ばり専用区の受付には少し早いのでいつものように [続きを読む]
  • ヤマトのち、発熱
  • お盆明けの釣行を東北に行こうか信州かと迷っていた。だが東北地方は今年の不安定な天候に翻弄されて雨が降り続いていた。釣友のカチーフさんも里帰り釣行では雨に悩まされたという。一方の信州は断続的な雨は降っているようだがずっと降りっぱなしということではなく、河川はやや増水というくらいの状況らしかった。よし、信州へ行こうと決めた。ひと月前の釣行では雨のため行けなかった王滝川支流を探ってから開田高原に向かうと [続きを読む]
  • 今度は増水
  • 今日もイワナを求めて溪へと向かった。台風の雨は埼玉や東京ではそれほどでもなかったが道すがら本流の流れを覗き込むとけっこうな増水で濁りもあるようだった。早いところでは今日からお盆休みというところもあるようなので私も早めに家を出た。ついこの間まで4時といえば空はもう明るくなっていたのが真っ暗なのにちょっと驚いた。昨日はこの夏の最高気温を各地で更新というニュースで賑やかだったが季節はもう秋にむかっている [続きを読む]
  • 魔界の底に
  • だいぶたってしまったけれど先週8月2日の釣行。夜は飲み会があるので早めに帰るつもりでイワナの渓へと出かけた。天気は曇り一時雨の予報だったが、向かう途中も分厚い雲に覆われた空はいつまでたっても夜が明け切らないようだった。霧とも雨ともつかない細かな水滴がフロントガラスを覆い薄暗い景色とあいまって視界が悪く走っていてもストレスがたまる。この天気では無理して釣場に着いても気持のいい釣りができるわけもないと、 [続きを読む]
  • 豪雨のキャンプ
  • 今週は猛暑の都会を脱出、キャンプと釣りを楽しもうと信州は御嶽山のふもとにあるキャンプ場にやってきた。利用したのは森きちオートキャンプ場、木曽のいちばん奥、王滝村滝越地区にある静かなキャンプ場だ。ここには数年おきくらいに訪れている。前回は一昨年のちょうど同じころに来ているが、雨にたたられて3泊4日の予定を1泊で帰ってきた。そんなことがあるので今回も天気が気になっていた。予報では小雨程度の雨はあるがなん [続きを読む]
  • 野呂川釣行記 2
  • 1日目は私のほかに登山の人が一人、登山の人といっても明日からこの上の山小屋で奥さんといっしょに働くのだそうだ。奥さんは先行して山小屋に入っていて明日はここまで迎えに来るのだとか。小屋番のHさんには「ふつうは逆だね、だんなが奥さんを迎えにくるでしょ。」とからかわれていた。翌朝、天気は薄曇で気温は13℃、水温は10℃ちょっとあった。林道の終点まで下って釣りあがることにした。芦安の案内所にクマの目撃情報が掲 [続きを読む]
  • 野呂川釣行記 1
  • 前回のブログアップからだいぶ間が空いてしまった。この間、釣りには一度いったきりでそれもチビヤマメ1匹という散々な釣果だったため、アップする気にもなれなかった。また、学生時代の仲間との年に一度のBBQ合宿?などもあったりして釣りはお預けという状態だった。そしてひさしぶりの釣行が今回の野呂川釣行。河川名は載せないことにしているこのブログだが今回の野呂川はキャッチアンドリリースの指定もある有名河川である [続きを読む]
  • イワナの渓から本谷へ
  • 6月22日、23日の釣行。初日は5月18日に行った新規の渓にほぼ1月ぶりに入り、翌日は上野村の本谷毛ばり専用釣り場で釣りをしてきた。前回は入渓してすぐに釣りはじめたが、よかったのは終盤になってからだった。今回は20分ほど歩いてからスタートした。川に降り立つとなぜか昔なつかしいアルマイトのヤカン、空き缶やペットボトルはめずらしくないが川でヤカンというのははじめて見た。ぽつぽつと釣れはしたが本格的に釣れはじめた [続きを読む]
  • 空梅雨かな
  • 気がついたら半月ちかくブログも更新していなかった。月初めに福島で里見スクールに参加した翌週は釣りに行かなかったので釣りをするのは10日ぶりほどとなる14、15日の釣行。今回はヤマメの渓をやって、その日はキャンプ、翌日はイワナの渓というスケジュールだった。いつもより少し早めに家を出て8時前に川に着いたが、平日にもかかわらず林道には先行者の車がすでに2台。追いやられるように上に上にと走っての入渓となった。しか [続きを読む]
  • 今年も里見スクール
  • 昨年に続けて今年も裏磐梯「おやど風来坊」で行われた里見栄正さんのフライフィッシングスクールに参加してきた。スクールは6月3日(土)、4日(日)の2日間の開催だが、2日から前乗りして釣りを楽しんだ。このあたりではまだ放射能の影響で達沢川と高森川の2河川しか解禁されていない。この日は達沢川に入ることにした。せっかくの里見スクールだが天気はどうもご機嫌ななめでこの日も明け方までかなりの雨が降っていたらしい。川は増 [続きを読む]
  • イワナのご機嫌
  • 週末は裏磐梯「おやど風来坊」主催の里見さんのスクールに参加する予定なので今週は釣りはお休み、のつもりだった。しかし、昨日は関東内陸部は30℃を越える夏日となる予報。先週はまとまった雨もあったし、さぞかし渓魚の活性もあがるだろうなと思ったら我慢できずに一昨日の夜はいそいそと釣りの支度をしていた。今月はGW明けの鬼怒川釣行で苦労し、中盤は新規のイワナの渓でまずまずだったものの先週のキャンプ釣行は思ったほ [続きを読む]