おおつき和弘 さん プロフィール

  •  
おおつき和弘さん: おおつき和弘☆ブログ
ハンドル名おおつき和弘 さん
ブログタイトルおおつき和弘☆ブログ
ブログURLhttp://otsuki-k.sakura.ne.jp/wp/
サイト紹介文相模原市議会議員大槻和弘の主張です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2006/04/01 07:45

おおつき和弘 さんのブログ記事

  • 相模台地区賀詞交歓会に出席
  • 1月5日、相模台地区賀詞交歓会に出席させていただき、市議会議員を代表して年頭の挨拶をさせていただきました。また、昨年、新調した青パトを活用して、ほぼ毎日地区内の自主パトロールを行なっている事に、相模原南警察署長から感謝状が贈られました。相模台地区の安心安全をたくさんの方が担っています。ご参加の皆様のご多幸とご活躍を祈念申し上げました。 [続きを読む]
  • 「地域活動ポイント制度」開始
  • *昨年9月に配布しました「かずひろ通信」の記事を再掲します。 地域活動の活性化に向けて「地域活動ポイント制度」開始。一昨年、相模原市議会本会議の一般質問で提案した、「地域活動ポイント制度」が、昨年7月1日より開始されました。地域自治活動を支える自治会や、福祉、防災、防犯活動は、多くの善意に支えられ、その多くがボランティア活動により継続されてきました。しかし、地域の高齢化や時代の変化による地域活動へ [続きを読む]
  • 各地で頻発する災害、人事ではない。
  • *昨年9月に配布しました「かずひろ通信」の記事を再掲します。 「各地で頻発する災害、人事ではない。防災訓練のあり方を考える。」北海道胆振地方を震源に震度7の地震が発生、大きな被害となりました。昨年は例年にない猛暑が続き、西日本豪雨、台風21号、熊本地震、九州北部豪雨など被害の大きな災害が頻発、今後も様々な災害発生が懸念されます。今年も、相模原市総合防災訓練が中央区の相模総合補給廠一部返還地において [続きを読む]
  • 伊勢丹相模原店の閉店による影響について
  • *昨年9月に配布した「かずひろ通信」の記事を再掲します。 「伊勢丹相模原店の閉店による影響について」伊勢丹相模原店の閉店が発表されました。閉店後の課題について考えてみます。株式会社 三越伊勢丹ホールディングスは、2019年(平成31年)9月30日をもって、伊勢丹相模原店を、閉店することを9月26日に発表しています。発表資料によりますと、「伊勢丹相模原店は、1990年(平成2年)9月25日に開店し、 [続きを読む]
  • 大晦日に新年の活動の指針を制作
  • 大晦日を迎えました。この一年、たくさんの皆様に支えられ活動することができました。新年の活動の指針を制作しながら一年を振り返り、気持ちを新たに来る年を迎えます。皆様、大変ありがとうございました。良い年をお迎えください。 [続きを読む]
  • 12月定例会議を閉会
  • 相模原市議会は、本日、委員長報告と採決を行い、32日間の12月定例会議を閉会しました。今議会では、議案47件、陳情10件の審査を行いました。この内、30議案は、公共施設等の指定管理者の指定に係るもので、主な施設は、あじさい会館、峰山霊園、総合体育館などでしたが、市民会館、さがみ湖リフレッシュセンター、勤労者総合福祉センター、市営住宅の4施設に係る議案が委員会で否決された為、市長は17日に議案の取下 [続きを読む]
  • 桜台美術館100回目の作品展開催
  • 桜台小学校の桜台美術館は、今回の作品展で通算100回目の開催となりました。今回は、伊藤卓美さんの版画展。宮沢賢治の世界を版画で表現しています。会場では、伊藤先生、竹内実行委員長と意見交換ができました。題材には、北上の伝承芸能の鹿踊りや剣舞もありました。東日本大震災のボランティア活動で岩手県に伺った際に、偶然にも実物の鹿踊りや剣舞を拝見したことから、素晴らしい版画として表現されている作品に感激しまし [続きを読む]
  • 恵会おさらい会
  • 市内各地で文化芸能の振興に尽力いただいている会主山口先生の恵美会による日本民謡舞踊おさらい会にご挨拶に伺いました。全国各地の民謡舞踊をご披露いただきます。恵美会の益々のご発展と山口先生のご活躍を祈念申し上げます。 [続きを読む]
  • 市議会総務委員会開催
  • 相模原市議会議会局12月2日 11:00 ? 【総務委員会開催のお知らせ。シェアをお願いします。】明日12月3日(月)、午前9時30分から総務委員会が開催され、付託された議案の審査等が行われます。付託案件は、議案3件、陳情2件となります。詳細につきましては、以下のURLから付議事件一覧をご参照ください。http://www.sagamihara-shigi… [続きを読む]