イワトビペンギン さん プロフィール

  •  
イワトビペンギンさん: たそがれ時の空目なりけり
ハンドル名イワトビペンギン さん
ブログタイトルたそがれ時の空目なりけり
ブログURLhttps://ameblo.jp/soramenarikeri/
サイト紹介文片岡愛之助丈を追いかけて早数年。最近では、着物にも興味を持ち始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2006/04/06 02:22

イワトビペンギン さんのブログ記事

  • 風雲児たち 蘭学革命(れぼりゅうし)篇
  • 2018年5月25日発売予定。 DVD 風雲児たち 蘭学革命(れぼりゅうし)篇 [DVD]3,134円Amazon Blu-ray 風雲児たち 蘭学革命(れぼりゅうし)篇 [Blu-ray]3,546円Amazon ついでに…愛之助丈がブログで紹介しているコレ↓ですが、私はあえて突っ込まない。 愛之助のグルコサミン 360粒(60日分)9,800円Amazon ネタとして買うにはちょっと高いなw にほんブログ村 [続きを読む]
  • 松竹大歌舞伎(巡業?)
  • 2018年8月31日(金)13:00開演/17:00開演会場:川口総合文化センター リリア メインホール (埼玉県) 義経千本桜出演:片岡愛之助中村松江中村壱太郎中村寿治郎市川猿弥上村吉弥市川門之助 詳細→チケットぴあ内のページ このメンバーだと、「すし屋」でしょうかね? にほんブログ村 [続きを読む]
  • 三月大歌舞伎(歌舞伎座)おまけ
  • ↑幕間に食べたお弁当。(1階の売店で購入) ↑幕間に食べためでたい焼き。 ↑お土産は山田まんじゅうの「こきび」。山田まんじゅうは何度か買っているが、「こきび」は初めて見た。これは木挽町広場で購入。 ↑歌舞伎座タワー5階の歌舞伎座ギャラリーで買った愛(らぶ)羊かん。歌舞伎座ギャラリーに入場しなくても、チケット売り場で購入できる。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 三月大歌舞伎(歌舞伎座)昼の部
  • 17日に前方花道寄りで観劇。国性爺合戦幕が開くと、獅子ヶ城の楼門。いかにも中華風で派手なセットだ。花道から和藤内(愛之助丈)、父で唐人の老一官(東蔵丈)、母で日本人の渚(秀太郎丈)が登場する。和藤内は、近松作品のイメージとは全く違う、荒事の拵え。(飛び六方を2回も見せる。)3人は、老一官の前妻との娘であり、甘輝の妻である錦祥女(扇雀丈)をつてに、甘輝将軍(芝翫丈)に面会にきた。甘輝は韃靼王に呼び出されて不在のた [続きを読む]
  • 記事
  • “宣伝マン”片岡愛之助、歌舞伎を「日本でももっと広めたい」(サンケイスポーツ)画像あり。片岡愛之助、歌舞伎を世界に発信する“宣伝マン”に就任(サンケイスポーツ)画像あり。片岡愛之助が歌舞伎を世界へ発信!NHK『KABUKI KOOL』新ナビゲーターに(TV LIFE)画像あり。片岡愛之助がNHK「KABUKI KOOL」新MC「海外に歌舞伎を広めたい」(スポーツ報知)画像あり。 愛之助 NHK国際放送の歌舞伎ナビゲーター [続きを読む]
  • 記事
  • 片岡愛之助さんが新作歌舞伎 徳島の大塚国際美術館(徳島新聞)舞台写真あり。片岡愛之助さんが新作歌舞伎 徳島の大塚国際美術館(東京新聞)舞台写真あり。 愛之助さん主演 システィーナ歌舞伎開幕 徳島・大塚国際美術館(徳島新聞)舞台写真あり。片岡愛之助さんが美術館で新作歌舞伎 「和と洋のコラボ」で壮大な世界を表現(Yahoo!ニュース)舞台写真たくさんあり。和洋織り交ぜ 幻想舞台(読売新聞) 徳島)システィーナ歌舞 [続きを読む]
  • 第8回 システィーナ歌舞伎 2/2
  • 休憩後、2階のバルコニーに石川五右衛門(愛之助丈)が登場。白地に墨絵の着流しの上に黒と金のコートらしきものを着ている。スペインの街を見下ろして「絶景かな、絶景かな」とご満悦。舞台のスペインなので、通常の五右衛門とは台詞が違う。そこへカルデロンの声が聞こえてきて、「自分はすでにこの世にいない」と五右衛門に告げる。フラメンコダンサーズが舞台を通過した後、五右衛門が舞台の真ん中で目覚め、「夢であったか」 [続きを読む]
  • 第8回 システィーナ歌舞伎 1/2
  • 17日の午前の部をAブロック似て観劇。「GOEMONロマネスク」この劇場は全方向から観劇ができる舞台なので、幕がない。芝居が始まると、伊達政宗(蝶十郎丈)と娘の奈桜姫(壱太郎丈)がやってくる。どうやら狩りの途中らしい。落雷のためか2人が気絶すると、金色の九尾の狐が現れて姫にとりつく。壱太郎丈はとりつかれたことを声の違いで表現していた。狐は「スペインの無敵艦隊に応援を頼んで、家康を倒せ」と政宗をそそのかす。狐さ [続きを読む]
  • 記事
  • 片岡愛之助「歴史捜査」放送100回に『キリがよく終わってしまうのではないかと(笑)』(ウオーカープラス)画像あり。 片岡愛之助に聞く! 三谷幸喜の人気作品『酒と涙とジキルとハイド』の魅力とは!?(ニコニコニュース)画像たくさんあり。 愛之助演じるジキル博士が再び! 三谷幸喜の傑作コメディ(@ぴあ-2018/01/28)画像たくさんあり。愛之助、税理士会CMに登場…オネエ国税官に続く新キャラ(デイリースポーツ)画像あり。 [続きを読む]
  • 第八回 システィーナ歌舞伎「GOEMONロマネスク」
  • 第八回 システィーナ歌舞伎「GOEMONロマネスク」(大塚国際美術館システィーナ・ホール)2018年2月15日(木)〜2018年18日(日) 午前の部(11:00開演)/午後の部(15:30開演)「GOEMONロマネスク」石川五右衛門/カルデロン神父:片岡 愛之助奈桜姫/金毛九尾の狐:中村 壱太郎滝野嘉平:中村 種之助踊る男:佐藤 浩希踊る女ビアンカ/ホセ・フェルナンデス:彩輝 なお魔女メフィスト/乳母宮城野:上村 吉弥料金全席指定:12,000 [続きを読む]
  • 壽初春大歌舞伎(歌舞伎座) 昼の部
  • 21日に昼の部を前方花道よりで観劇。箱根霊験誓仇討花道からいざり車に乗った勝五郎(勘九郎丈)と車を引く妻の初花(七之助丈)が登場する。勝五郎が妻をいたわると、初花は「女房に礼を言うことがあるものか」と答える。現代の男性陣はこんな奥さんがほしいんじゃなかろうか。非人に身をやつしていが奴の筆助(愛之助丈)がやってきて、仇の滝口上野(愛之助丈2役)の様子を探りに行く。話はそれるのだが、私は観劇前に舞台写真 [続きを読む]
  • 壽初春大歌舞伎(歌舞伎座) 夜の部
  • 20日に夜の部を前方上手寄りで観劇。 角力場吾妻(七之助丈)と与五郎(愛之助丈)がじゃらじゃらじゃらじゃらしているところが可愛い。堂々として立派な濡髪(芝翫丈)とちょこまかした放駒(愛之助丈)のバランスがいい感じだった。この演目は好きな役者をウキウキしながら見るものだと思っている。口上上手から順に、梅玉丈、東蔵丈、翫治郎丈、彌十郎丈、高麗蔵丈、勘九郎丈、芝翫丈、雀右衛門丈、秀太郎丈、新染五郎丈、新幸 [続きを読む]
  • 三月大歌舞伎(歌舞伎座)
  • 歌舞伎座百三十年 三月大歌舞伎2018年3月3日(土)〜3月27日(火)【貸切】18日(日)昼の部 ※幕見席は営業昼の部(11:00開演)一、国性爺合戦(こくせんやかっせん)獅子ヶ城楼門獅子ヶ城内甘輝館同    紅流し同    元の甘輝館 和藤内:愛之助錦祥女:扇雀甘輝:芝翫老一官:東蔵渚:秀太郎二、四世中村雀右衛門七回忌追善狂言 男女道成寺(めおとどうじょうじ)白拍子花子:雀右衛門白拍子桜子 実は狂言師左近:松 [続きを読む]
  • 記事
  • 片岡愛之助「非日常楽しんで」2回目のGOEMON(ORICON NEWS)画像あり。徳島・大塚美術館で来年2月に歌舞伎 愛之助さんら意欲(徳島新聞)画像あり。愛之助「五右衛門はロマンの塊」(スポーツ報知)画像あり。片岡愛之助 五右衛門は「ロマンの塊」 6回連続のシスティーナ歌舞伎出演(デイリースポーツ)画像あり。愛之助「システィーナ歌舞伎はライフワーク」(インフォシーク)画像あり。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 記事
  • 片岡愛之助も選んだ、ドラマ「風雲児たち」キャスト11名の好きなマンガ公開(マイナビニュース)風雲児たち:出演者が「マンガベスト3」発表 愛之助は「男塾」 高木渉はやっぱり「コナン」(まんたんウェブ)片岡愛之助:「秋葉原に行った」ドラクエ愛明かす 新納慎也は海外ドラマ大好き(まんたんウェブ)画像あり。【インタビュー】「風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜」片岡愛之助「真田丸」チーム再集結に「同窓会みた [続きを読む]
  • 十二月大歌舞伎(歌舞伎座) 第二部
  • 9日に前方上手寄りで観劇。らくだ紙屑屋久六(中車丈)とやたけたの熊五郎(愛之助丈)のコンビは前に見たことがある。物語として筋があるわけではないので、とにかく舞台を見て笑っているだけという感じ。最後、らくだの宇之助(片岡亀蔵丈)が自ら踊り出すところが前と違った。(他にも変わっているところがあるのではないかと思う。どこが違うかまでは記憶にないが…)家主の幸兵衛(橘太郎丈)と女房(松之助丈)のやり取りも [続きを読む]
  • 十二月大歌舞伎(歌舞伎座) 第一部
  • 9日に前方中央付近で観劇。実盛物語去年の京都の顔見世で初役の実盛を見たばかりだが、歌舞伎座なら馬に乗って花道を引っ込むことができるので、それが楽しみだった。同じ演目を何度か見ると、「あ、ここでこんな表情してたんだ」「ここでこういう動きがあったのか」など、初見では気付かなかったことに気付いたりするのも面白い。九郎助(松之助丈)と女房の小よし(吉弥丈)が木曽義賢の妻・葵御前(笑三郎丈)をかくまっている [続きを読む]
  • 第十回 永楽館歌舞伎 2/2
  • 弥栄出石賑 永楽館芝居前古式にのっとり、白塗りに赤い頭巾?をかぶった役者さんが拍子木を打ちながら、花道から登場。役者が舞台に揃うと、永楽館の座本・山城屋永楽(鴈治郎丈)が現れ、役者衆のご挨拶。去年までの口上に代わって、こういう形になったようだ。 注意:役者さんは一言一句この通りに話しているわけではありません。だいたいこんなことを言っていたという感じです。 壱太郎丈はいつものように豊岡のグッズ(玄さん [続きを読む]
  • 第十回 永楽館歌舞伎 1/2
  • 10日に第2部を前方花道寄りで観劇。 到着してまず目に入ったのは、外で干されていた雨合羽。小屋に入ると、1列目、2列目は畳にビニールコーティングがされていた。どんだけ水飛ばす気やねん!千石船帆影白濱 仙石騒動開演前に場内が暗くなり、パッと明るくなると舞台は初花太夫(壱太郎丈)の花魁道中だった。初花太夫が花道を引っ込み、禿や遣り手がそれに続いて退場。舞台には編笠を被ったお侍が現れて、初花太夫に見惚れている [続きを読む]