breit さん プロフィール

  •  
breitさん: いい加減社長の日記
ハンドル名breit さん
ブログタイトルいい加減社長の日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/breit/
サイト紹介文会社を立ち上げて、ほぼ15年。 ちんたらやってきた社長の独り言。新事業のアイデアや私生活など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2006/04/08 08:55

breit さんのブログ記事

  • 検察側の罪人?
  • 「東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮和也)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村拓哉)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。その被害者を知っていた最上は、松倉に法の裁きを受けさせるべく執拗(しつよう)に追及するが、沖野は最上のやり方に疑問を抱き [続きを読む]
  • オーシャンズ8?
  • 「仮出所したデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)は、服役中に考えていた犯罪計画を実行しようとする。それは、ニューヨークで開催される世界最大規模のファッションの祭典メットガラに出席する女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身に着ける1億5,000万ドルの宝石を盗み出すというものだった。デビーは旧知の仲のルー・ミラー(ケイト・ブランシェット)を相棒に、ハッカー、スリ、盗品ディーラーらを集めてチーム [続きを読む]
  • インクレディブル・ファミリー?
  • 「妻のヘレンや娘のヴァイオレットら家族と、ごく普通の生活を送っていたMr.インクレディブルことボブ。だが、あることをきっかけに、ボブと同じ驚異的なパワーを持つヘレンが正義のヒロイン、イラスティガールとして再び活躍するようになる。そこでボブは、彼女に代わって家事や生まれて間もない息子ジャック・ジャックの世話をする。」予告編でなかなか面白そうだったので「インクレディブル・ファミリー」。2004年に製作された [続きを読む]
  • 未来のミライ?
  • 「小さい木が立つ庭のある家に住む、4歳で甘えん坊のくんちゃんは、生まれたばかりの妹に対する両親の様子に困惑していた。ある日、くんちゃんはセーラー服姿の女の子と出会う。彼女は、未来からやってきた自分の妹で……。」細田守監督の「未来のミライ」。細田守監督は、気になっていた監督だけど、これまで観てなかったかも。4歳のくんちゃんは、妹(ミライ)が生まれて、両親を取られたように感じて焼餅。あるとき、庭に出てみ [続きを読む]
  • ジュラシック・ワールド/炎の王国?
  • 「ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXの激しいバトルで崩壊した「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島の火山に、噴火の予兆が見られた。恐竜たちを見殺しにするのか、彼らを救うべきか。テーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と恐竜行動学の専門家であるオーウェン(クリス・プラット)は、悩みながらも恐竜救出を決意し島へ向かうが、火山が噴火してしまい……。」前作 [続きを読む]
  • 女と男の観覧車?
  • 「1950年代のコニーアイランド。遊園地のレストランでウエイトレスとして働く元女優のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、再婚同士の夫と自分の連れ子と一緒に、観覧車の見える部屋に住んでいた。平凡な日々に幻滅し、海岸で監視員のアルバイトをしている脚本家志望のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)とひそかに交際するジニーだったが、ある日久しく連絡がなかった夫の娘が現われたことで歯車が狂い始め……。」最初 [続きを読む]
  • ワンダー 君は太陽?
  • 「生まれつき顔立ちが人と違う少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼いころから自宅で母のイザベル(ジュリア・ロバーツ)と勉強してきた。10歳になり学校に通い始めた彼は同級生と仲良くしたいと願うが、じろじろ眺められたり避けられたりする。しかし彼の行動が、周囲の態度を少しずつ変えていき……。」最初はパズしようと思ってたんだけど、予告編を観て、感動しそうだったので「ワンダー 君は太陽」。先天的な理由で [続きを読む]
  • 空飛ぶタイヤ?
  • 「トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察の執拗(しつよう)な追及を受ける。赤松はトラックの欠陥に気付き製造元のホープ自動車に再調査を要求するが、調査は進展せず自ら調査を開始。やがて大企業のリコール隠しを知った赤松は、会社や家族を守るため、そして自身の正義のため、巨大企業に立ち向かっていく。」サザンの主題歌が、気になって「空飛ぶタイヤ」。なか [続きを読む]
  • Vision ビジョン?
  • 「世界各国を旅行しながら、紀行文を執筆しているフランス人エッセイスト、ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)。ある調査のため、アシスタントを伴って奈良県の吉野を訪れた彼女は、そこで山守を務める智(永瀬正敏)と出会う。二人は少しずつ心を通わせるようになり……。」河瀬直美監督というので、ちょっと気になって「Vision ビジョン」。Visionという植物(?)を探しにやってきたフランス人のジャンヌ(ジュリエット・ビノシ [続きを読む]
  • 万引き家族?
  • 「治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活していたが……。」最初はパスしようかと思ってたんだけど、パルムドールを受賞したので「万引き [続きを読む]
  • デッドプール2?
  • 「のんきに過ごすデッドプール(ライアン・レイノルズ)の前に、未来から来たマシーン人間のケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れる。大好きなヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)のためにまっとうな人間になると決めたデッドプールは、ケーブルが狙う不思議な力を持つ少年を守ろうと、特殊な能力があるメンバーだけのスペシャルチーム「エックス・フォース」を作る。」かなり下品ではあるんだけど、前作も意外と楽しめたので「 [続きを読む]
  • 恋は雨上がりのように?
  • 「陸上競技に打ち込んできたが、アキレス腱のけがで夢をあきらめざるを得なくなった高校2年生の橘あきら(小松菜奈)。放心状態でファミレスに入った彼女は、店長の近藤正己(大泉洋)から優しい言葉を掛けてもらったことがきっかけで、この店でアルバイトを始めることにする。バツイチ子持ちである上に28歳も年上だと知りながらも、彼女は近藤に心惹(ひ)かれていく。日増しに大きくなる思いを抑え切れなくなったあきらは、つい [続きを読む]
  • 妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII?
  • 「平田家に泥棒が入り、長男・幸之助(西村まさ彦)の嫁・史枝(夏川結衣)がひそかに貯めていたへそくりが盗まれる。自分の身を心配せずにへそくりをしていたことに怒る幸之助に対し、史枝は不満を爆発させ家を出ていってしまう。家事を担当していた彼女がいなくなり、母親の富子(吉行和子)も体の具合が良くないことから、父親の周造(橋爪功)が掃除、洗濯、炊事をやることになる。しかし、慣れない家事に四苦八苦するばかりで [続きを読む]
  • ピーターラビット?
  • 「イギリスの湖水地方。いたずら好きなうさぎのピーターと心優しい女性ビア(ローズ・バーン)が暮らす家の隣に、ロンドンから神経質そうな青年マグレガー(ドーナル・グリーソン)が引っ越してきた。彼がビアに惹(ひ)かれたことで、ピーターとマグレガーはライバル関係になる。さまざまないたずらを仕掛けるピーターに、マグレガーも反撃を試みるが……。」ビアトリクス・ポターの人気絵本が原作のはず(?)の「ピーターラビット [続きを読む]
  • のみとり侍?
  • 「越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は藩主の気分を害してしまい、表向きは猫ののみとりを商売にしつつ、実態は床で女性の相手をする裏稼業「のみとり」を命じられる。長屋で暮らす人々の助けを借りながら新たな生活を始めて、間もなく出会ったおみね(寺島しのぶ)が、最初の「のみとり」の相手となる。亡き妻にそっくりな彼女にときめく寛之進だったが「下手くそ!」とののしられ、伊達男の清兵衛(豊川悦司)から女の喜ばせ [続きを読む]
  • 孤狼の血?
  • 「昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾(役所広司)巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一(松坂桃李)巡査と共に捜査に乗り出す。」昭和のヤクザ映画みたいなのかなぁ、と思って、ちょっとひき気味ではあっ [続きを読む]
  • モリーズ・ゲーム?
  • 「モーグルのオリンピック代表の選考大会でけがをしてしまったモリー・ブルーム(ジェシカ・チャステイン)は、競技から退くことを決める。ハーバード大学に進学するまでの1年間をロサンゼルスで過ごすことにした彼女は、勤務先の上司から違法ポーカーゲームのアシスタントをしてほしいと持ち掛けられる。巨額の金を賭けるハリウッドスターや企業経営者に臆することなく、見事な采配ぶりを見せるモリー。やがて彼女は自分のゲーム [続きを読む]
  • ホース・ソルジャー?
  • 「アメリカ同時多発テロ翌日の2001年9月12日。対テロ戦争の最前線部隊に志願したミッチ・ネルソン大尉(クリス・ヘムズワース)は、12名から成る特殊作戦実行部隊の隊長に任命され、アフガニスタンへと乗り込む。反タリバン勢力を率いるドスタム将軍と協力し、テロ集団の拠点マザーリシャリーフ制圧に動きだすミッチたち。だが、タリバンの軍勢が予想を大きく上回ることが判明し、山岳地帯の厳しい自然も立ちはだかる。ドスタムは [続きを読む]
  • ラプラスの魔女?
  • 「離れた場所で二つの死亡事件が連続して発生し、両方同じ自然現象の下での硫化水素中毒死だと判明。さらに死亡した二人は知り合いであることがわかり、警察は地球化学の研究者である大学教授の青江(櫻井翔)に協力を依頼する。青江は事件性はないと考え調査を進めていると、そこに円華(広瀬すず)という女性が現れ……。」東野圭吾ということで、期待していた「ラプラスの魔女」。本格ミステリーを期待してたんだけど、ちょっと [続きを読む]
  • 2018年熊野・伊勢 その6?
  • 最終日、ホテルのレストランで、お粥の定食で朝ごはん。この日は、伊勢神宮の外宮と内宮を回って、帰る予定。10時前にホテルをチェックアウト。まずは、伊勢市駅から、歩いて10分かからないくらいの外宮(げくう)に向かいます。荷物を持って歩くのは嫌なので、駅のロッカーに荷物を預けてGO。 外宮の入り口。昔の人は、ここで馬を降りたらしい・・・ 鳥居を抜けて、うっそうとした参道を歩きます。 これが、外宮の本宮。中で [続きを読む]
  • 2018年熊野・伊勢 その5?
  • そして、今日の最終目的地の熊野那智大社に到着。 那智山って書いてあるけど、こっちは青岸渡寺。 こちらが那智大社だけど、工事中で、よく見えないww 脇の方にも、お社が。 前回来たときは、大雨だったので、よくわからなかったけど。今回、赤い鳥居を通して見ると、なかなかの絶景♪ 帰り道に見つけた神馬。実物の馬じゃないけどね^^; 降りる途中に世界遺産の石碑。見ると、奉献のところにプロゴルファーの福嶋晃子さんとお父 [続きを読む]