harana さん プロフィール

  •  
haranaさん: ハラナの屋根裏部屋
ハンドル名harana さん
ブログタイトルハラナの屋根裏部屋
ブログURLhttp://harana.livedoor.biz/
サイト紹介文「フィリピン家庭料理入門」の著者による、食文化、言葉、歴史等幅広くフィリピンを語るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2006/04/09 12:18

harana さんのブログ記事

  • ◇ フィリピン・パビリオン @FABEX 関西 2017 [Part 2]
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*《◇ フィリピン・パビリオン @FABEX 関西 2017 [Part 1] 》の続きです。「FABEX 関西 2017」 に参加したフィリピンのメーカーは18社。 各社時代のニーズに応えるべく、自慢の製品を出展していましたが、その中でも特に注目したい製品がいくつかあったので、ご紹介します。* * * * *まずは、Pili Nut (ピリナッツ)から。[By J. Emmanuel Pastries]当ブログにも何度か登場していますが(⇒ ★ ★)、Bi [続きを読む]
  • ◇ フィリピン・パビリオン @FABEX 関西 2017 [Part 1]
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*先週の10月11日から13日まで、インテックス大阪で開催された業者向け食関連の展示会『FABEX 関西 2017』にフィリピンも参加したので、視察してきました。会場の一角にフィリピンから来日したメーカー18社とフィリピン政府のブースが集まり、フィリピン・パビリオンが築かれていました。* * *もう終わってしまいましたが、参加企業を紹介しておきます。 基本的に業者向けですが、気になる製品は各社HPを [続きを読む]
  • ◇ 癒し系フィリピン料理レストラン [Part 2]
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*《◇ 癒し系フィリピン料理レストラン [Part 1] 》の続きです。Casa Reyes には、お料理以外にも注目したい魅力的なポイントが溢れています。ウエイトレスさんのユニフォームは民族衣装。アイスクリームカートもディスプレイの一環。解体したオールドハウスのパーツをインテリアに利用。特に 透かし彫りパーツ CALADO は至る所に取り入れられています。 (CALADO については、こちらをどうぞ ⇒ ★)ガラス [続きを読む]
  • ◇ 癒し系フィリピン料理レストラン [Part 1]
  • 《 Casa Reyes Bistro Filipino 》@Greenhills Shopping Center*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*諸事情により、更新が "超" 滞ってしまいました。 (^ ^;久々の投稿は、近頃のお気に入りレストランのご紹介です。マニラのランドマークとも呼べるべき Aristocrat レストランの経営や Mama Sita's ブランドのインスタントミックスでおなじみ、フィリピンの食のリーダー的存在 Reyes ファミリー。 その一族の一人が Greenhills にオープンし [続きを読む]
  • ◇ 近頃のフィリピン・ラム −「日本で買える!?」
  • 《Madrid Fusion Manila 2016, @Don Papa》*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*当ブログのアクセス解析によれば、数年前から検索ワードの上位は「フィリピン」以外では、何故だか「グヤバノ」と「ラム」。 当然これらを採り上げている投稿に人気が集まっています。この現象は 「フィリピン・ラム」 に人気があるからなのか、「ラム」 自体に人気があるからなのか??? いずれにしてもラムの生産国であるフィリピンにとって喜ばしいことに [続きを読む]
  • ◇ 子供向け書籍で学ぶフィリピンの食文化
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*諸外国についての知識を得るには、その現地で出版された書籍がお勧め。日本で出版されたそれとは情報量や奥深さにおいて比べ物にならないほど豊富です。ただ問題は、言葉の壁。 現地語、または英語であっても日本人にはハードルが高いことは違いありません。そんな時に役立つのが、お子様向け書籍。 イラストが多いし、それほど難しい単語は使われておらずわかりやすく説明されているので、外国人には [続きを読む]
  • ◇ フィリピン・ビジネスミッション 2017 ① セミナー
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*今年も観光客誘致に向け、日本の旅行関係各社に最新のフィリピン観光情報を伝えるべく、「フィリピンビジネスミッション 2017」 が東京、名古屋、大阪で開催されました。今年の大阪の会場は、リーガロイヤルホテル。 観光省大阪事務所よりご招待いただいたので出席してきました。  会場は、《山楽の間》 レジスターするために受付へ。 《受付前のディスプレイ》この前には、テーブルに麦わら帽子、サ [続きを読む]
  • ◇フィリピン・マニラで晩ごはん 2017/03 - <2> 躍進中の BGC へ
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*《フィリピン・マニラで晩ごはん 2017/03 - 若手のアイデア?》 の続きです。とどまるところを知らない BGC (Bonifacio Global City) 開発。レストラン、ショップ、モール、ホテルなどの商業施設が、これでもか、これでもかというほど、オープンしています。ある日のディナーは、夕刻 BGC 中心部の High Street に到着し丁度開催されていたバザーをひやかした後、近くの "Kartilya" へ。30th.St.と 7th. [続きを読む]
  • ◇フィリピンの正装 ”バロンタガログ” のトレンド
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*もう6月に入りました。12日の独立記念日も迫っていることだし、日本のPフリークの皆さんの間でも、これからフィリピンの正装、Barong Tagalog (バロンタガログ) を着用する機会が増えるのでは?* * *トレンドというほどのものではないかもしれませんが、最近 Barong Tagalog のデザインにある傾向のようなものを感じます。Barong Tagalog には、刺繍がほどこされているものが少なくありません。特に高 [続きを読む]
  • ◇フィリピン・マニラで晩ごはん 2017/03 - <1> 若手のアイデア?
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*セレブP母娘にお招きいただいた、ある夜のディナーは、Makati の "Made Nice Supper Club"ニューヨークで学んだ若手シェフ達が、昨年オープンしたばかりの人気店だとか。セレブ層が好みそうなシックで洒落た店内。予約はマストのようです。***まず、メニューのシステムを。 メニューには、横一列に FIRST, TEHN... FINALLY の文字が並んでいて、それぞれの下に料理が数品記載されています。 つま [続きを読む]
  • ◇ フィリピンにイタリア出現 !? ③ランチ
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*《◇フィリピンにイタリア出現 !? ②グランド・カナル・モール》 の続きです。グランド・カナル・モールでPちゃんと待ち合わせしたのは、ランチが目的。レストランを探して、運河(モドキ?)沿いをウロウロ。洗練された、高級感漂うこちらのレストランは、Rialto 橋(モドキ?)前に位置する、イタリアンレストラン。その名も Ponte Rialto (リアルト橋)高級イタリアンが楽しめそうですが・・・ここ [続きを読む]
  • ◇ フィリピンにイタリア出現 !? ②グランド・カナル・モール
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*《◇ フィリピンにイタリア出現 !? ①ベニス広場 》 の続きです。Venice Grand Canal Mall のオープン時間が近づいてきたので、Pチャンとの待ち合わせ場所、正面玄関前に移動することにしました。ベニス広場から、移動中。教会だらけのこの国では、建物の壁に聖人が埋め込まれていても驚きません。正面エントランス前の歩道橋から撮影背後には高層コンド群Venice Grand Canal Mall は、その名の通り、イ [続きを読む]
  • ◇ フィリピンにイタリア出現 !? ①ベニス広場
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*開発が著しい BGC (Bonifacio Grobal City) 周辺。 最新開発プロジェクのひとつ、McKinley Hill でPちゃんと待ち合わせをしました。ここは高級コンドが建ち並び、また居住エリアとショッピングモールの複合施設が人気のホットエリアです。 待ち合わせは Venice Grand Canal Mall 正面エントランス。 先に行ってウロウロしようと思って早めに出かけたら、早すぎました。 オープンは11時とのこと。しかた [続きを読む]
  • ◇ フィリピンの伝統手工芸品が ANA 機内誌の表紙を飾る
  • 《 WINGSPAN - APRIL 2017 》*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*いきなりですが、嬉しい出来事のお知らせです♪♪♪タイトル通り、ANA (全日空) の国際線機内誌最新号の表紙を、フィリピンの伝統手工芸品が飾っています。 これも最近のフィリピン人気の影響でしょうか? ANA と PAL はコードシェアの間柄。 ANA ユーザーの皆様、フィリピンの優雅な手工芸品が目に留まったら、コードシェア便で是非フィリピンにお出かけくださいませ〜。 [続きを読む]
  • ◇ フィリピンのエコバッグ
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*マニラのホテルにチェックインしたら、まず最初にすることは、スーパーマーケット、もしくはコンビニに GO! 滞在中のドリンクを確保して、冷蔵庫に詰め込みます。特に今回はコンドテルに宿泊したので、空っぽの冷蔵庫を自ら満たす必要がありました。缶ビール、ミネラルウォーター、そして お気に入りのジュース は必須アイテム。 ドリンクがメインなので、結構な重さになります。以前、「お買い物袋が紙 [続きを読む]
  • ◇ PAL (フィリピン航空) で久々にマニラへ
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*諸事情により、フィリピン行きを数ヶ月延期していたのですが、やっと決行することができました。 利用したのは、いつもの PAL。 * * *新サービス!?水平飛行になり、入国カード、税関申告書と一緒に配布されたのは、P国で使えるプリペイド式の SIM。時代の移り変わりを感じます。以前配られていたのは、フリーテレフォンカードでしたから。Globe の 4G LTE、250MB が3日間フリーで使えます。Mabuhay M [続きを読む]
  • ◇ フィリピン・フード・ディクショナリー
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*アルファベットの {A} から始まる、まるで外国語の辞書にしか見えないこの本、フィリピンの「食」だけに特化した辞書なのです。「方言」、「参照関連ページ」、「語源」、「発音」、「品詞」など、丁寧な使い方の解説付きP国料理の代表選手といえば、"Adobo (アドボ)"さっそく "Adobo" を引いてみましょう。10ページ目の ”adobo" から始まって、14ページの "adobong tahong(ムール貝)"〜 "adobung t [続きを読む]
  • ◇ ”食べて! 学んで!” フードホリディ@フィリピン
  • *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*フィリピンの郷土料理と食文化の旅に出てみませんか?おあつらえ向きのトラベルガイドブックが出版されているのです。その名も "Food Holiday Philippines"食のみならず、文化遺産など観光スポットも紹介されていますよ。ざっくりとした内容をどうぞ ↓《The Way We Were》まずは、食習慣に関する歴史から* * *《Philippine Ingredients》次に、基本的食材や調味料のご紹介* * *《Divine Dining》首都マ [続きを読む]