小石川経理研究所 さん プロフィール

  •  
小石川経理研究所さん: 会計ニュース・コレクター
ハンドル名小石川経理研究所 さん
ブログタイトル会計ニュース・コレクター
ブログURLhttp://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/
サイト紹介文経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1474回 / 365日(平均28.3回/週) - 参加 2006/04/29 17:50

小石川経理研究所 さんのブログ記事

  • 平成30事務年度 証券モニタリング基本方針について(金融庁)
  • 平成30事務年度 証券モニタリング基本方針について金融庁の証券取引等監視委員会は、「平成30事務年度 証券モニタリング基本方針」を、2018年9月14日に公表しました。[画像](ポイントより)テーマ別として以下の事項が挙がっています。◎マネー・ローンダリング対策(AML)、テロ資金供与対策(CFT)への取組状況◎サイバーセキュリティ対策の十分性◎顧客本位の業務運営を実現するための施策の実施状況◎高速取引注文に係る売 [続きを読む]
  • 「開示検査事例集」の公表について(金融庁)
  • 「開示検査事例集」の公表について金融庁の証券取引等監視委員会は、「開示検査事例集」の最新版を、2018年9月19日に公表しました。従来「金融商品取引法における課徴金事例集〜開示規制違反編〜」という名称でしたが、昨年から内容を刷新して、今の名称になっています。平成 29 事務年度の検査の状況は...「平成 29 事務年度(29 年7月〜30 年6月)に監視委が行った開示検査は 30 件であり、そのうち 13 件の開示検査が終了 [続きを読む]
  • Trustサービス規準の公表(日本公認会計士協会)
  • IT委員会研究資料第10号「セキュリティ、可用性、処理のインテグリティ、機密保持及びプライバシーに関するTrustサービス規準」の公表について日本公認会計士協会は、IT委員会研究資料第10号「セキュリティ、可用性、処理のインテグリティ、機密保持及びプライバシーに関するTrustサービス規準」を、2018年9月18日付で公表しました。「Trustサービスとは、AICPA及びCPA Canadaによって開発された、電子商取引やシステムに係る [続きを読む]
  • 会計基準が招く誤解 (日経より)
  • 会計基準が招く誤解(記事冒頭のみ)ソフトバンクグループの株価が低迷しているのは、ある報道のためだという記事。「日経平均株価が上昇した18日の東京株式市場で、値動きの弱さがひときわ目立つ主力株があった。2%安だったソフトバンクグループ株だ。この日は株価指数先物への買い戻しも多かったため、日経平均への影響が大きい同銘柄の下げは余計に市場の話題をさらった。」「ほぼ全面高の中でソフトバンク株が安く推移したの [続きを読む]
  • 半導体ルネサス、「7000億円大型買収」の勝算(東洋経済より)
  • 半導体ルネサス、「7000億円大型買収」の勝算「自動運転強化」狙うが相乗効果に疑問の声もルネサスエレクトロニクスによるアメリカの半導体企業・IDT買収を取り上げた解説記事。買収金額は約7330億円とのことです。多額ののれん計上など、財務への影響は...「買収の完了は2019年上期を予定している。買収資金の大部分(約6790億円)は借り入れによって調達する。ルネサスの自己資本比率は30%程度まで下落する見込みだ。アメリ [続きを読む]
  • 海外在住者の滞納許さぬ、国税が豪と8億円徴収(読売より)
  • 海外在住者の滞納許さぬ、国税が豪と8億円徴収(記事前半のみ)東京国税局がオーストラリアの税務当局に協力してもらって、日本で贈与税を滞納していた豪州人男性の預金から約8億円を徴収していたという記事。「東京国税局が豪州の税務当局に租税条約に基づく徴収共助を要請し、日本で贈与税を滞納していた豪州人男性の預金から約8億円を徴収していたことが、関係者の話でわかった。」「関係者によると、豪州に住む男性は数年前 [続きを読む]
  • 有休義務化、何が変わる? 年5日は必ず消化へ(日経より)
  • 有休義務化、何が変わる? 年5日は必ず消化へ年次有給休暇制度の改正などについて、解説した記事。「――有休取得の制度が変わるそうですね。年10日以上の有休が与えられている社員について、年5日は必ず取得させるように企業に義務付けます。中小企業を含めすべての企業が2019年4月からその対象です。働き方改革の一環で労働基準法が改正されました。過重労働を防止し、休むときはしっかり休んで仕事の生産性を高める狙いです。 [続きを読む]
  • 4大監査法人の決算
  • 4大監査法人の2018年5月期(トーマツ)と2018年6月期(その他3法人)の計算書類がそろいました。当サイトの記事へのリンクを掲載します。2018年6月期あずさhttp://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/12771.htmlあらたhttp://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/12758.html新日本http://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/12735.html2018年5月期トーマツhttp://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/12673.html(トーマツに関する補足)前々期( [続きを読む]
  • 第34期業務及び財産状況説明書(あずさ監査法人)
  • 第34期業務及び財産状況説明書あずさ監査法人は、2018年6月期の業務及び財産状況説明書を公表しました。計算書類も含まれています。(計算書類が前期比較形式になっているのは、親切です。(他の監査法人も見習っては)また、あらたと違って、過年度の説明資料が閲覧可能となっているのもよいと思います(ページの左側にメニューあり)。(今日見たら、あらたも前期分だけは掲載していました。あずさは当期も含めて8期分載せていま [続きを読む]
  • あずさ監査法人受注停止1年 監査、時間より中身(日経より)
  • あずさ監査法人受注停止1年 監査、時間より中身(記事冒頭のみ)あずさ監査法人の理事長へのインタビュー記事。「働き方改革」の成果などを聞いています。「四大監査法人の一角、あずさ監査法人が「働き方改革」を目的に新規の監査業務の受注停止に踏み切って1年。このほど受注を再開した。現場の過重労働を解消しながら、世間の要求に応える監査の「質」向上の両立は果たして可能なのか。1年間の実験的試みの成果を酒井弘行理 [続きを読む]
  • スルガ銀、不動産融資「停止」 有国社長に聞く (日経より)
  • スルガ銀、不動産融資「停止」 有国社長に聞く 年度内は再開せず 創業家主導の体制見直し、営業成績偏重から脱却 (記事冒頭のみ)スルガ銀行が、投資用不動産融資を当面停止するという記事。新社長がインタビューでそのように述べたそうです。「スルガ銀行の有国三知男社長は13日、日本経済新聞のインタビューで、審査書類の改ざんなど不適切な行為が横行していた投資用不動産融資を「当面停止する」と述べ、少なくとも年度内は新 [続きを読む]
  • M&A「のれん」費用計上検討 買収額の上乗せ分 (日経より)
  • M&A「のれん」費用計上検討 買収額の上乗せ分 国際会計基準 日本勢、14兆円減益要因(記事冒頭のみ)IASBが、企業買収を巡る会計処理の見直しに着手したという記事。「買収代金のうち相手企業の純資産を超えて支払った「のれん」と呼ぶ部分について、費用計上義務付けの議論を始め、2021年にも結論を出す。大型のM&A(合併・買収)が相次ぎ、企業財務への影響が強まっていることを考慮した。」IASBのフーガ−ホー [続きを読む]
  • 「押し買い」業者、所得隠し11億円 国税局が指摘(朝日より)
  • 「押し買い」業者、所得隠し11億円 国税局が指摘(記事前半のみ)中古品販売などを行っている会社グループが、税務調査で約11億円の所得隠しを指摘されたという記事。「関係者によると、所得隠しを指摘されたのは「シーエスアート」(本社・大阪市)など数社。リサイクルショップの運営やブランド品の買い取り・販売などをしている。いずれも実質経営者が同じで、従業員も一部重なっているという。国税局は約12億円の申告漏 [続きを読む]
  • 仮想通貨取引の自主ルール案まとまる(Business Insiderより)
  • 匿名通貨は禁止、ICOは事前に審査 ―― 仮想通貨取引の自主ルール案まとまる金融庁の仮想通貨交換業等に関する研究会で、仮想通貨取引所の業界団体が自主ルールの概要を明らかにしたという記事。「新たな仮想通貨の取り扱いについては、発行状況や取引状況、管理者、保有者などについて協会が審査する。交換業者が新たな仮想通貨の取り扱いを始めるときは、金融庁も審査するが、協会が事前に審査し、協会が異議を述べたときは取り [続きを読む]
  • 渋谷の高級住宅街に金塊工場 5カ月で利益4億円か(朝日より)
  • 渋谷の高級住宅街に金塊工場 5カ月で利益4億円か(記事前半のみ)金塊を密輸しようとしたとして、35歳の男が関税法違反などの疑いで逮捕されたという記事。暴力団関係者ら計8人の仲間がすでに逮捕されているそうです。「警視庁は、9人が昨年8〜12月、香港や中国から約48億円相当の金塊を密輸して販売し、約3億9千万円の利益を得たとみている。捜査関係者によると、逮捕容疑は仲間と共謀して昨年12月6〜7日、中国 [続きを読む]