小石川経理研究所 さん プロフィール

  •  
小石川経理研究所さん: 会計ニュース・コレクター
ハンドル名小石川経理研究所 さん
ブログタイトル会計ニュース・コレクター
ブログURLhttp://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/
サイト紹介文経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1453回 / 365日(平均27.9回/週) - 参加 2006/04/29 17:50

小石川経理研究所 さんのブログ記事

  • 千代田化工を襲う「熟練工不足」という伏兵(東洋経済より)
  • 千代田化工を襲う「熟練工不足」という伏兵今期1050億円の最終赤字で、継続疑義注記も千代田化工建設の赤字となった2018年度上期決算と通期予想を取り上げた解説記事。米国で大赤字工事があったようです(東芝の事件を思い出させます。)「大手プラントエンジニアリング会社の2018年度上期の決算が出そろった。業界首位の日揮は上期減益だが、通期業績見通しは2.3%の営業増益。前期営業赤字の東洋エンジニアリングも黒字回復を見 [続きを読む]
  • 特別調査委員会の報告受領に関するお知らせ(東邦金属)
  • 特別調査委員会の報告受領に関するお知らせ東証2部上場の東邦金属のプレスリリース。過去の一部取引において実在性に疑義があるとの情報を受けて設置した特別調査委員会の報告書を受領したというものです。「結論といたしましては、当社が過去において行っていた特定顧客との取引は、当社関係者のいずれもが本件取引の具体的対象商品を確認できたことはなく、客観的にもその実在性を確認できる資料はあり ませんでした。 加えて裁 [続きを読む]
  • KPMG、英で監査以外の役務制限へ 現地報道(日経より)
  • KPMG、英で監査以外の役務制限へ 現地報道英国のKPMGが大企業の監査クライアント向けの非監査業務提供を中止するという記事。「国際会計事務所のKPMGが、英国で会計監査を手掛けている大企業に対し、コンサルティングなどの非監査業務の提供を中止する見通しになった。複数の英メディアが8日に報じた。」「同社が会計監査を行っている企業のうち、英株価指数「FTSE350」に採用されている大企業について、監査以外のサービス提 [続きを読む]
  • 第61回 日経・経済図書文化賞、受賞の4点決まる(日経より)
  • 第61回 日経・経済図書文化賞、受賞の4点決まる日経の2018年度・第61回「日経・経済図書文化賞」受賞図書が発表されました。以下の4冊だそうです。鈴木健嗣著「日本のエクイティ・ファイナンス」(中央経済社)中村亮介・河内山拓磨著「財務制限条項の実態・影響・役割」(中央経済社)西村清彦・尾崎裕之著「Economics of Pessimism and Optimism(悲観と楽観の経済学)」(Springer)高島正憲著「経済成長の日本史」(名古屋大 [続きを読む]
  • スバル、品質問題の泥沼から抜け出せるのか(東洋経済より)
  • スバル、品質問題の泥沼から抜け出せるのか2019年3月期の業績見通しを大幅に下方修正したSUBARUを取り上げた解説記事。いくつかの品質問題が影響しています。「SUBARUは11月5日、2019年3月期の業績見通しを大幅に下方修正した。売上高は3兆2100億円とほぼ据え置いたが、営業利益は2200億円と前回予想を800億円、率にして約27%も引き下げた。かつて営業利益率は10%台を誇っていたが、今期の予想では6.8%。これが今のスバルの実力だ [続きを読む]
  • KYBの4〜9月期、最終赤字119億円 データ改ざんで(日経より)
  • KYBの4〜9月期、最終赤字119億円 データ改ざんで免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、油圧機器メーカーのKYBが多額の引当金を計上し、2018年4〜9月期の連結決算が赤字となったという記事。「油圧機器メーカーのKYBが6日発表した2018年4〜9月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が119億円の赤字(前年同期は72億円の黒字)だった。免震・制振装置の検査データを改ざんした問題を受け、製品保証引当金を144億円計上。当 [続きを読む]
  • オリンパス、内視鏡を巡る米司法省調査で引当金96億円(朝日より)
  • オリンパス、内視鏡を巡る米司法省調査で引当金96億円オリンパスが、米司法省から受けた調査で課徴金などを支払う見通しになり、引当金96億円を計上したという記事。「オリンパスは6日、十二指腸内視鏡をめぐって米司法省から受けた調査で課徴金などを支払う見通しになり、引当金96億円を計上したと発表した。詳細は調査が続いていることを理由に明らかにしていない。」これにより、9月中間決算は赤字だそうです。民事訴訟 [続きを読む]
  • 京セラ元社員、架空取引容疑で逮捕 被害総額1億円超か(朝日より)
  • 京セラ元社員、架空取引容疑で逮捕 被害総額1億円超か京セラから架空の取引で約3700万円をだまし取ったとして、元社員(52歳)が詐欺容疑で逮捕されたという記事。「捜査関係者によると、××容疑者は同社事業所の経理責任者だった2012年9月、実在の取引先と実際に取引があったように装って取引先への支払い名目で約3700万円を支出し、自らが開設した架空名義の口座に送金して詐取した疑いがある。別の社員が不自 [続きを読む]
  • 法制審 会社法制の見直しに関する要綱案の議論進む(経営財務より)
  • 法制審 会社法制の見直しに関する要綱案の議論進む法務省・法制審議会の会社法制部会で、中間試案の両論併記論点について方向性が固まりつつあるという記事。「社外取締役に関して、前回の会議で提示された要綱案のたたき台では、上場会社等に設置を義務付ける案と現行法を維持する案の両案が併記されていたが、今回の要綱案(仮案)では義務付け案のみが残された。このほかにも、導入が検討されている株主総会資料の電子提供制度 [続きを読む]