小石川経理研究所 さん プロフィール

  •  
小石川経理研究所さん: 会計ニュース・コレクター
ハンドル名小石川経理研究所 さん
ブログタイトル会計ニュース・コレクター
ブログURLhttp://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/
サイト紹介文経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1477回 / 365日(平均28.3回/週) - 参加 2006/04/29 17:50

小石川経理研究所 さんのブログ記事

  • スルガ銀、不動産融資「停止」 有国社長に聞く (日経より)
  • スルガ銀、不動産融資「停止」 有国社長に聞く 年度内は再開せず 創業家主導の体制見直し、営業成績偏重から脱却 (記事冒頭のみ)スルガ銀行が、投資用不動産融資を当面停止するという記事。新社長がインタビューでそのように述べたそうです。「スルガ銀行の有国三知男社長は13日、日本経済新聞のインタビューで、審査書類の改ざんなど不適切な行為が横行していた投資用不動産融資を「当面停止する」と述べ、少なくとも年度内は新 [続きを読む]
  • M&A「のれん」費用計上検討 買収額の上乗せ分 (日経より)
  • M&A「のれん」費用計上検討 買収額の上乗せ分 国際会計基準 日本勢、14兆円減益要因(記事冒頭のみ)IASBが、企業買収を巡る会計処理の見直しに着手したという記事。「買収代金のうち相手企業の純資産を超えて支払った「のれん」と呼ぶ部分について、費用計上義務付けの議論を始め、2021年にも結論を出す。大型のM&A(合併・買収)が相次ぎ、企業財務への影響が強まっていることを考慮した。」IASBのフーガ−ホー [続きを読む]
  • 「押し買い」業者、所得隠し11億円 国税局が指摘(朝日より)
  • 「押し買い」業者、所得隠し11億円 国税局が指摘(記事前半のみ)中古品販売などを行っている会社グループが、税務調査で約11億円の所得隠しを指摘されたという記事。「関係者によると、所得隠しを指摘されたのは「シーエスアート」(本社・大阪市)など数社。リサイクルショップの運営やブランド品の買い取り・販売などをしている。いずれも実質経営者が同じで、従業員も一部重なっているという。国税局は約12億円の申告漏 [続きを読む]
  • 仮想通貨取引の自主ルール案まとまる(Business Insiderより)
  • 匿名通貨は禁止、ICOは事前に審査 ―― 仮想通貨取引の自主ルール案まとまる金融庁の仮想通貨交換業等に関する研究会で、仮想通貨取引所の業界団体が自主ルールの概要を明らかにしたという記事。「新たな仮想通貨の取り扱いについては、発行状況や取引状況、管理者、保有者などについて協会が審査する。交換業者が新たな仮想通貨の取り扱いを始めるときは、金融庁も審査するが、協会が事前に審査し、協会が異議を述べたときは取り [続きを読む]
  • 渋谷の高級住宅街に金塊工場 5カ月で利益4億円か(朝日より)
  • 渋谷の高級住宅街に金塊工場 5カ月で利益4億円か(記事前半のみ)金塊を密輸しようとしたとして、35歳の男が関税法違反などの疑いで逮捕されたという記事。暴力団関係者ら計8人の仲間がすでに逮捕されているそうです。「警視庁は、9人が昨年8〜12月、香港や中国から約48億円相当の金塊を密輸して販売し、約3億9千万円の利益を得たとみている。捜査関係者によると、逮捕容疑は仲間と共謀して昨年12月6〜7日、中国 [続きを読む]
  • 司法試験合格者1525人 予備試験組2割超に (日経より)
  • 司法試験合格者1525人 予備試験組2割超に 9月11日に2018年司法試験の合格発表が行われ、前年より18人少ない1525人が合格したという記事。「合格率は3.25ポイント増の29.11%と2年連続で上昇。法科大学院を修了しなくても受験資格を得られる予備試験組の合格者は過去最多を更新し、合格者全体の2割を超えた。」「受験者数は前年比729人減の5238人。現行試験に一本化された11年以降で最少だった。合格者の内訳は男性1150人、女性 [続きを読む]
  • TATERU、創業初期から不正横行か《楽待新聞》(Yahooより)
  • TATERU、創業初期から不正横行か《楽待新聞》投資用アパートの顧客の預金残高を改ざんしていた東証1部上場のTATERUが、創業初期から不正をやっていたのではないかという記事。いくつかの実例を挙げています。少なくとも、単発の不正ではなかったのでしょう。「愛知県のBさん(30代男性)は昨年9月、9300万円で県内のTATERUアパートを購入した。TATERUの担当者からは2つの口座の残高を提出するよう求められ、残高のスクリー [続きを読む]
  • スルガ銀は経営再建へ社風を刷新せよ(日経より)
  • スルガ銀行の不正事件について、いくつかの新聞が社説を出しています。金融庁の責任についての主張が微妙に違うようです。スルガ銀は経営再建へ社風を刷新せよ(日経)「近くスルガ銀に行政処分を出す金融庁にも責任がある。金融危機の収束を踏まえ、検査局を廃止するなど銀行経営の自主性を尊重する監督方針に移行した。この方向は間違っていない。だからこそ、スルガ銀問題を周到かつ適切に決着させる手腕が求められる。」スルガ [続きを読む]
  • IASB 「のれん」の処理改訂を検討(経営財務より)
  • IASB 「のれん」の処理改訂を検討8月に開催されたASBJのセミナーで、IASBのフーガーホースト議長が講演を行ったほか、鶯地隆継IASB理事が最近の基準開発動向を解説したそうです。「のれんの会計処理の簡素化のため、減損テストの緩和措置やのれん償却の再導入について検討を進め、ディスカッションペーパーの公表を目指す予定である。」詳しくは、週刊経営財務9月10日号をご覧ください。フーガーホースト議長の講演内容は、IASBの [続きを読む]
  • スルガ銀行問題と金融政策・行政の責任(NRIより)
  • スルガ銀行問題と金融政策・行政の責任地域金融機関の不適切行為・不正行為の背景には、共通する厳しい経営環境があり、それには金融庁の姿勢も影響しているという記事。「多くの地域金融機関が、不正ではないとしても不動産融資などで過度なリスクをとっている背景には、金融庁による融資拡大要請も関係しているのではないか。地域密着型のビジネスモデルに根差して、企業に対する目利きを効かせた融資の拡大を、金融庁は地域金融 [続きを読む]