小石川経理研究所 さん プロフィール

  •  
小石川経理研究所さん: 会計ニュース・コレクター
ハンドル名小石川経理研究所 さん
ブログタイトル会計ニュース・コレクター
ブログURLhttp://ivory.ap.teacup.com/kaikeinews/
サイト紹介文経理や会計監査にかかわるニュースを集めます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1486回 / 365日(平均28.5回/週) - 参加 2006/04/29 17:50

小石川経理研究所 さんのブログ記事

  • 横領続出「リーガルサポート」(FACTAより)
  • 横領続出「リーガルサポート」「成年後見センター・リーガルサポート」という日本司法書士会連合会が成年後見業務推進のために立ち上げた任意団体の会員による横領事件が、相次いでいるという記事。「今年6月16日、リーガルの定時総会で、業務上横領を理由に2人の司法書士がリーガルを除名された。このうち神奈川県横浜市の司法書士は昨年、成年被後見人ら2名の口座から約200万円を横領。事務所の運転資金、住宅ローンの返済などに [続きを読む]
  • 企業会計審議会総会議事録(平成30年7月5日)(金融庁)
  • 企業会計審議会総会議事録監査基準改訂を承認した7月5日の企業会計審議会総会の議事録が公表されました。5月に改訂案が公表されてから、監査部会は一度も開催されなかったので、この総会でパブリックコメントへの対応などについて、少しは議論したのかと期待しましたが、監査部会長と事務局から説明があっただけで、何の議論もなされなかったようです。改訂に関する説明より。「適用範囲につきましては、金商法上の監査報告書のみ [続きを読む]
  • オリンパス、信託銀6行と合計190億円支払いで和解(日経より)
  • オリンパス、信託銀6行と合計190億円支払いで和解オリンパスが、粉飾決算の責任を問うた信託銀行6行からの損害賠償請求訴訟について、和解が成立し、解決金として合計約190億円を支払うという記事。「19年3月期決算に計上する。同社は同様の損害賠償請求を複数抱えていたが、今回が解決金では最大の金額となる。」「和解したのは(三菱UFJ信託銀行の)ほかに日本マスタートラスト信託銀行、日本トラスティ・サービス信託銀行 [続きを読む]
  • 監査基準の改訂により予想される影響(トーマツ『会計情報』より)
  • シリーズ「監査報告書の透明化」(6)・最終回 監査基準の改訂により予想される影響監査報告書へのKAMの記載を主体とした監査基準の改訂が公表されたことを受けて、それにより想定される影響を解説した記事。7つの影響を挙げています。どれも多分そうだろうと思わせる内容ですが、その中でも5番目の「情報開示に関する考え方の見直しと会計の基準等の再検討」という項目で、追加情報の注記についてふれているのが気になります。「例 [続きを読む]
  • 外食・小売りが苦悩、「軽減税率」導入の波紋(東洋経済より)
  • 外食・小売りが苦悩、「軽減税率」導入の波紋レジ改修や価格設定など課題は山積している消費税の軽減税率導入で、外食や小売りが対応に苦労しているという記事。外食産業は...「外食企業にとって問題なのは、店内飲食であれば税率10%、持ち帰りであれば8%というように、同じ商品に二つの税率が存在する点だ。今回の税制改正では、外食に該当しない持ち帰りや宅配、出前などは軽減税率が適用されることになっている。」外食で [続きを読む]
  • 監査報酬、17年度7%増 総額2000億円超 M&A増などで(日経より)
  • 監査報酬、17年度7%増 総額2000億円超 M&A増などで(記事冒頭のみ)日経平均株価を構成する225社の2017年度の監査報酬を調べたところ、前の年度に比べて7%増えていたという記事。(タイトルは「監査報酬」ですが、実際には非監査業務の報酬も含めて集計しています。)「M&A(合併・買収)や海外子会社の増加に伴う国際税務などへの対応が背景にある。国際会計基準(IFRS)の導入で監査業務が複雑化し、支払額が [続きを読む]
  • 「Annual Report 2018」の公表について(日本公認会計士協会)
  • 「Annual Report 2018」の公表について日本公認会計士協会は、2017年度の協会の活動を取りまとめた「Annual Report 2018」を公表しました。70ページほどのカラー版の冊子です。発表済みの情報をまとめたものなので、特に新しい中身というのはなさそうですが、協会の状況をざっと知るには便利だと思われます。また、一般の人が読めるように書いてあります。「日本公認会計士協会の 2017 年度(2017 年 4 月 1 日〜 2018 年 3 月 31 [続きを読む]
  • 「会社計算規則の一部を改正する省令案」公表(収益認識関連)(法務省)
  • 「会社計算規則の一部を改正する省令案」に関する意見募集会社計算規則の一部改正案が、2018年7月27日に公表されました。「収益認識に関する会計基準」等の公表や、それに伴う財規等の一部改正を受けて、改正を行うものです。改正内容は以下のとおり。(正確には、新旧対照表や「概要説明」を参照してください。)・会社計算規則第98条第1項に第18号の2として,注記表に区分して表示すべき項目として収益認識に関する注記を [続きを読む]
  • 金融庁に失笑が漂う「キラキラ人事方針」の謎(現代ビジネスより)
  • 金融庁に失笑が漂う「キラキラ人事方針」の謎金融庁が前長官の退任間際に公表した人事方針を斜めに取り上げた記事。ただし、本文は、タイトルほどには、悪く言っていません。「コンピテンシー、結果にコミット、PDCAサイクル――。これは外資系コンサルティング会社の資料でも、人事に関するビジネス書の一節でもない。7月17日に遠藤俊英新長官のもと、新体制で動き出した金融庁が、職員に向けて発布した「人事基本方針」の一節で [続きを読む]