はま さん プロフィール

  •  
はまさん: 柴犬カンの日々
ハンドル名はま さん
ブログタイトル柴犬カンの日々
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shibakan/
サイト紹介文柴犬カンとの生活を気ままに綴ります。経済、政治、人文、芸術、ガーデニングなどについても綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2006/05/05 23:17

はま さんのブログ記事

  • 熊谷41.1℃観測史上初(月)
  • 埼玉県熊谷市41.1度。観測史上差宇高気温を更新。ホントに暑い。私の住んでいる地域も39℃はいっただろう。しかも連日連夜この暑さ。午後頭痛が酷く早めに帰宅したが、家の中が暑過ぎて休めない。日が暮れてこないと冷房が効いてこない。 室内にいる柴犬カン。彼の人生の中で真夏にこんなに良い環境で過ごしたことはない。真冬でも真夏でも外で過ごしていた。今は家の者がいない時も冷房をかけて部屋の中で暮らしている。だ [続きを読む]
  • 多国籍のフランスが優勝したのは必然(月)
  •  ワールドカップが終わりを迎えた。昨晩は日本時間の午前0時キックオフということで悩んだが、見てみることにした。しかし見ている最中時々うとうとと眠気が来て記憶がはっきりしない。後半になって少し目が覚めてきたが、延長は勘弁してほしいなと思って見ていた。 やはりクロアチアは疲れていた。モドリッチもボールを触る回数が少なくて、今までのクロアチアらしい戦いができなかった。一方でフランスはわずかな隙を見つけて [続きを読む]
  • イングランドとクロアチアの分析(木)
  •  イングランドの外国籍選手ははっきりしないが、23名の代表のうち10〜11名がアフリカ系、またはカリブ海(ジャマイカ)出身のようだ。クロアチア戦の先発11名のうち5〜6名がアフリカ系だった。多国籍の強さが目立つ今大会。 一方クロアチアは、出稼ぎチーム。下に載せたように欧州のビッグクラブに所属している選手がほとんどだ。母国のリーグはやはり小さなリーグなのだろう。首都はザグレブ。カトリック系のスラブ人の国 [続きを読む]
  • カウントダウン始まる柴犬カン44日(水)
  •  今日から柴犬カンの16歳の誕生日までをカウントダウンをしていこうと思います。 いよいよ室内でもお漏らしが目立ち始めて来ました。昨日今日ですが。今までよく我慢してくれました。今日はシーツの上だったのでこれも良くここでしてくれたなと感謝でした。歌丸師匠の方が先に逝くとは思いもかけませんでした。また、カンも2回の前庭疾患。おそらく血管の詰まりだと思うのですが、西城秀樹さんと同じです。次の発作ではまず無理 [続きを読む]
  • アメリカの巨大ネット企業とサッカーフランス代表(月)
  •  昨日はベルギー代表を調べたが、フランス代表を調べたら、なんと23名の代表選手のうち、17名がフランス以外にルーツがある。そのうち一人はフィリピン系フランス人。また、フランス人と数えたが、グリーズマンはドイツ系フランス人。北アフリカが2名。仏領カリブ海が2名。あとはコンゴやセネガル、カメルーンなどの赤道近辺のアフリカの国。 イングランドはちらとみたが、イングランドの白人が多かった。 一方、強突く張りのア [続きを読む]
  • 多国籍、多人種の欧州の代表チーム(日)
  •  今日は1日何もすることがなかったので、のんびりとサッカーワールドカップの録画した試合をチラチラ見ながら本を読んだりして過ごした。ベスト4に進出したイングランド、フランス、ベルギーの3つの国は、黒人の選手が目についたこと。クロアチアは全員クロアチア人ぽい。○○ッチていう名前がやたら多かった。目に付いたのはモドリッチだった。調べたらレアルマドリードにいるらしい。確かにいいセンスを持っている。 そこで日 [続きを読む]
  • 静岡、七夕豪雨を思い出した。(土)
  •  日本は自然災害の多い国である。西日本では豪雨による大きな被害があり、夜になって千葉県でまた地震。私の住む埼玉県は今回の地震で緊急地震速報の対象エリアとなっており、久しぶりにスマートフォンからの緊急地震速報の音が鳴った。考えてみればあの北朝鮮のミサイルが発射された時のあの音と少し違っている。有史以来日本で自然災害が途絶えたことはない。 今日は七夕。そしてこの日に西日本の豪雨の被害を見るにつけ、必ず [続きを読む]
  • 茶柴亭カン助、暑さにふらふら(月)
  •  桂歌丸師匠が亡くなった。まさかカンより先に逝くとは予想もつかなかった。カンも、最近の歌丸師匠がテレビに出ていて映った様子と似たようなもので、ただ歌丸師匠は体力衰えても頭がクリアで、非常にすごいなあと思っていましたが、やはり肉体的な衰弱が強かったのでしょう。 最近笑点に、保守系と称する論客たちが批判をしているという。笑点の話題の中に、政権批判やらリベラル的な立場に立つ落語家が多いということを批判し [続きを読む]
  • 西野監督のギャンブル(金)
  •  サッカーのワールドカップも予選リーグがすべて終了した。ベスト16が出そろったというわけだ。日本は、これはもう西野監督のギャンブルを見せられたと思うのだが、まずは前2戦から選手を6人交代させて先発させたということ。これは答えは、選手の疲れを出来る限り減らしたいということ。ということは決勝トーナメントに必ず進出するつもりの選手起用ということだと思う。 日本が予選リーグで敗退する可能性は30%程度あったのか [続きを読む]
  • 暑さにやられる柴犬カン(水)
  •  今日あたり、もう真夏のような暑さだ。 暑さに弱いのは私だけでなく、カンも同じである。カンはさすがに今日は弱っていた。夕方一回散歩に行って、夜寝る前にもう一度外へ出す。本当に200 M ぐらいのわずかな距離だが、途中で歩けなくなってしまった。仕方なく残り50 M は私が抱えて家に連れて帰った。そして今やなかなか自力で食事や水が取れなくなってきているので、水をしっかり飲ませた。そして余っていた夕飯も食べさせた [続きを読む]
  • 日本代表選手の経歴(火)
  •  サッカーワールドカップもリーグ戦の最終試合が進んでいて、佳境に入っている。日本チームは戦前の予想より調子が良く、少し盛り上がってるようだ。 そこで少し興味があったので調べたことがある。それは日本代表の23人のうち高校時代高校サッカーをやった選手と jリーグの下部組織のユースで活躍した選手とを調べてみようと思ったのである。 まずゴールキーパー川島。彼は私の住む埼玉県の出身で浦和東高校である。東口選手は [続きを読む]
  • W杯出場国とリオオリンピックのメダル数の比較(火)
  •  日本勝利、よかったなあ。南米のチームに勝ったというのは本当に良かったと思います。 しかしあの、ハンドをしてしまったコロンビアのディフェンダーの選手。かつてオウンゴールをしてしまったコロンビアの選手が、帰国してサポーターに射殺されてしまった選手がいたんだけれども、 今回の選手も殺されないことを祈ります。前も書いたように、日本ではサッカーは趣味だけれども、ヨーロッパでは生活の一部。南米では人生そのも [続きを読む]
  • 世界の潮流を知ることの重要性(日)
  •  先日紹介した長州ファイブの井上、伊藤が日本に帰国するきっかけとなったタイムズの記事は、逆説の日本史20巻、「幕末年代史編3西郷隆盛と薩英戦争の謎」という本の中に紹介されていたものです。著者の井沢さんの許可なく載せてしまい謝罪申し上げます。まだマルクス主義が強い大学の歴史学者たちの立場からすると、井沢元彦さんは保守系の歴史家と捉えられるかもしれません。しかし私が読む限り、中立で、またその観点も私の考 [続きを読む]
  • 今年初めてのプロスポーツ観戦(土)
  •  先日今年最初のプロスポーツ観戦に行った。もう一年の半分が過ぎそうな6月の半ば。アマチュアのスポーツはいくらか観戦したり、場合によっては審判もしたが、プロスポーツは今年初めてだ。私は1年間で、大体2,3回サッカーに行き、同じぐらい野球も見に行く。 レッズもパッとしないし、アルディージャも2部落ちということで、サッカーはあまり興味が湧かず行っていない。一方で野球の方は母校が甲子園に出たり、ファンクラブに [続きを読む]
  • ゴールを動かす英米(水)
  •  アメリカとイギリスは、過去の歴史を見ても、19世紀の英米が主にですが、自国第一主義を取り、彼らは高い関税を、あの20世紀前半の大恐慌以降の時期と同じように、本当にふざけた関税の壁を作ろうとしています。よく従軍慰安婦などの問題で、韓国はゴールを動かすという批判をする政治評論家がいますが、私もそう思っていて、ふざけたことだなあと思うのですが、一番でたらめなのは実は北朝鮮でも韓国でも中国でもなく、アメリカ [続きを読む]
  • 流動化する世界(火)
  •  5月、いろんなことがありました。日本では安倍政権に関わる官僚たちの不祥事が相次ぎました。しかし誰も処罰されることは無く、内閣支持率も40%前後でこれ以上下がらない状態です。先日の新潟県知事選挙も与党系がそこそこ差を付けて勝ちました。おそらく世界が今の状態であれば、スペインのように政権交代し左派の政権ができるということはないんだろうなと想像しています。野党もバラバラですから。 スウェーデンで徴兵制が復 [続きを読む]
  • 脳の違うところを使うこと(月)
  •  私がしばらくブログを書かなかったことはなんだろうと考えてみると、この4月から少し仕事の内容が変わって、そんなに量が多いわけではありませんが頭の使う所が少し変わったようで、脳の疲労を言ったところでしょうか。それがなかなか取れなくて、筆が進まなかったと言ったところです。 2ヶ月経って少し慣れてきたので、備忘録という観点で書いているブログなので、再び書いています。 しかも最近、さらに横着をしていて、Goog [続きを読む]
  • 柴犬ミッチー永眠(土)
  •  この動画の投稿している方は、不運な犬生を送っている犬を引き取って育てている。震災で飼い主が変えなくなってしまった犬などを。ミッチー以外に2頭いて、タロベエは20歳(推定)、唯一若い犬は貫太。  カンと同じ前庭疾患に罹り、くるくるまわってしまったりしていたところ。年齢がほぼ同じであること。(ミッチーはなくなった6月1日で16歳まであと5日というところだった。カンは今15歳8ヶ月少し)ということから、興味と応援 [続きを読む]
  • 幕末の日本について報じたタイムスの記事(火)
  •  「長州ファイブ」で有名になった、伊藤博文や井上馨のイギリス留学。彼らがロンドン大学で聴講していたサインなどもあるのだが、下の記事を読んで、5人の内伊藤と井上が急遽国した。しかも金がないので帆船で。中国から日本の間は蒸気船に乗ったらしい。攘夷の血気盛んな連中と、お家第一の守旧派に挟まれて身動きが取れない中、故郷の長州に戻ったり、身につけた英語で各国の公使たちと交渉した。 この文章では中国人と日本人 [続きを読む]
  • カンの脱走(月)
  •   ベッドはお漏らしを何回かされたら、もう臭いが取れないので、冬用のものは諦めて夏用の爽やかな感じのベッドを近所のホームセンターで買ってきました。2300円ぐらいだったでしょうか。しかしそこでも一発やられてしまったので、ショックを受け、おもらしを吸い取るシートを買ってきてそれをベッドに敷いてそこにカンを寝かせるようにしました。  5月の中頃だったと思いますが、朝、ちょうどその頃おもらしが、または大便の [続きを読む]
  • 高齢犬と高齢ドライバー(日)
  •  カンの現状は、耳はもうほとんど聞こえてないと思われる。ただし、匂いと目、視力は何とかなっているようで、見ているとそれは分かります。あと衰えを感じるのは、フローリングの床の上で勝立てない、スケートリンクで私がうまく歩けない滑れないのと同じような状態になってしまっています。 先日はそれでなぜか急にツボにはまって歩けなくなって、悲鳴をあげているのところを家の者が気がつき、慌てて立ち上がらせました。シー [続きを読む]
  • 5月終わる。カンまだ生きてます。(土)
  •  なんと5月6日以降おそらく1か月ぐらいブログを更新しなかった。こんなことは2004年12月から2005年4月までの3ヶ月更新しなかった時以来頼かなと。 何せ、2007年の10月、11月の状態が悪かった2ヶ月でさえ毎日更新していた。まあ、あれは研究用の備忘録だったのだが・・・。 カンはまだ生きてる。しかし日に日に衰えているのは事実です。800m行けた夕方の散歩も、今は200m。調子がいい時で300 m が限界です。その代わりに食べるの [続きを読む]