yukky さん プロフィール

  •  
yukkyさん: Yukky's ワールドウォッチング
ハンドル名yukky さん
ブログタイトルYukky's ワールドウォッチング
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/laxjfk2002
サイト紹介文掲載写真は13700枚。アジア・ヨーロッパ・北アメリカを歩き回った体験記!カップル・ファミリー向き。
自由文実際にこの目で確かめた情報ばかり。これから訪問する人には絶対お勧めです!ブログの形式をとっているため,見る順番としては古い順からの方が整合はとれます。Diaryを除き日記の形式をとらず,テーマ形式としていますから,アップの古い記事でも,旅行情報としては全く問題ありません。尚,Hokkaido,Okinawa及びDiaryは友だち以外の方には公開していません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2006/05/07 13:42

yukky さんのブログ記事

  • 「新天地」散歩・中編〜上海21
  • いよいよ北側の区画(北里)だ。中心を南北に貫く散策路と,東西に張り巡らされた何本かの小路(南北もある)があり,飲食店や雑貨店が並ぶ。建物は時代物のレンガ造りが多く,中国らしからぬ一角だ。各店舗の多くはテーブルを外に出し,オープンテラスになっている。南里のショッピングモール・シネマのポスター掲示板があったり,彫刻のある噴水など,見るべきものも用意されている。訪れたのが午前10時過ぎということもあり,カ [続きを読む]
  • 三峡老街へ4〜新北7
  • 老街を南下していく。同じような造りの建物が並ぶが,営業している店舗は様々だ。1階が店舗,2階が住居という2階建てなのは,どの店も同じで,店舗だけ見ていくと,他の商店街と変わりない。真夏の台湾の日差しは強く,空気も暑いので,日陰を歩いていてもかなり暑い。そんな時に,豆花の店があった。豆花だけではなく,豆類のカキ氷もあったので,迷わず,緑豆のカキ氷を注文した。台湾のカキ氷の一皿の量は二人分あるので,ど [続きを読む]
  • アートな?『カフェ77』〜ホーチミンシティ58
  • ベトナムはコーヒー輸出量世界2位のコーヒー大国であると同時に、宗主国フランスの影響を受け、カフェ文化が栄えている。近年,カフェチェーンが台頭してきているが,個人経営のカフェ(道端にプラスチックイスを置いたオープン?カフェもどきを含む)も少なくない。統一会堂の見学後,休憩で入った店舗式のカフェは,冷房が程よく効いていて,小汗をかいた後には心地よい空間だった。この『カフェ77』という屋内カフェはグエンユ [続きを読む]
  • 「新天地」散歩・前編〜上海20
  • 地鉄10号線「新天地」を降り,「新天地時尚購物中心(XINTIANDI STYLE)」を北に通り抜けて,道路を渡るとそこが「新天地」だ。1920年代に建てられた「石庫門」と呼ばれる集合アパートがリノベーションされて出現した観光スポットだ。「新天地」は南北に2区画あるので,北側の区画(北里)は地鉄1号線黄陂南路駅を降りた方が近い。「新天地」で賑わうのは,どちらかと言うと北側の区画である。南側の区画(南里)は,西半分がシ [続きを読む]
  • 晩秋の北海道〜道北32
  • 11月2日,40日ぶりに早朝便で旭川に飛んだ。40日前は秋が深まりつつあったが,今回は晩秋に入り,木々全体が茶からこげ茶色になり,そろそろ初冬に近いことが見て取れる。翌日はこの時期にしては暖かく,大雪連峰はすっかり雪化粧をし,来月になれば,山全体が真っ白になるだろう。今年はあと1回仕事で道東方面に行くだけだが,寒さに弱くなったので,冬場の北海道は苦手だ。↓美瑛付近(11月2日)↓旭川から見た大雪連峰 ランキ [続きを読む]
  • 世界遺産「城山日出峰」に登る・後編〜チェジュ島19
  • 頂上から望遠レンズで見ると,登山口周辺は次から次へ入山する人が後を絶たない。待たせてある貸切タクシーは最初の位置で待機しているのが見える。あまりのんびりはしていられない。さあ下山開始だ。下山道は登山道とは別にある。下山道はいきなり木造の階段で,それがしばらく続き,だいぶん下の方に行って,登山道と合流する。2月の冬の海は天気がよく荒れていなければ,澄んでいてとてもきれいだ。チェジュ島は2月の下旬にも [続きを読む]
  • プレメトロに乗る〜ブリュッセル3
  • ブリュッセルでの移動には地下鉄が便利でわかりやすい。ホテルがブリュッセル北駅に近かったので,歩いていけないことはないのだが,地下鉄を1駅だけ利用した(プレメトロ3・4号線)。ロジェ(Rogier)駅の地下入口から階段を下りていくと,切符の自動販売機が2台置いてある。その機械は2台とも1ユーロと2ユーロのコインしか使えない。紙幣しか持ちあわせてなく,近くに両替機も見当たらない。地下通路先の改札方向を見ると [続きを読む]
  • 『叫び』ケーキで『叫び』の余韻に耽る〜オスロ42
  • 2018年10月27日から東京でムンク展が始まったらしいが、この展覧会はオスロにある市立ムンク美術館に所蔵されているムンク作品の展示だ。もちろん『叫び』2点の展示もある。話はムンク美術館に戻り、ここには1階入口の左側にオープンカフェがある。もちろん屋内席もある。天気が良ければ外,悪かったり,寒ければ中と使い分けができる。観光客のお目当は『叫び』ケーキだ。現在はデコレーションがプレートになってしまって,つま [続きを読む]
  • 久高島ミニトリップ3〜本島31
  • 集落は高台にあるので,乗客の後について高台に上がっていく。振り向くと人のまったくいない長閑な港が見える。集落に入ると住民はバラバラに分かれていき,残された観光客はわずか。朝一番の船で来たので,この島が活気を見せるのは次の船の時刻からだろう。まずは,4km離れた最東端に向かうため,目についた店でレンタサイクルを借りる。年季の入った自転車だが,島民も観光客もほとんど見当たらないのでまったく気にならない。 [続きを読む]
  • 朝食はナシ・チャンプル専門店で〜バリ島91
  • ブンゴセカン地区で宿泊したホテルでは,選べる朝食が付いていたが,1日目に食べて味がいまいちだったので,2日目からは外で食べることにした。ブンゴセカン地区には朝早くから営業している飲食店が少なくなく,ホテルから南に3分ほど歩いたところに,ナシ・チャンプル専門店を見つけそこで2日目の朝食を摂ることになった。この店は自分で好みのおかずを選べる店で,常時8種類のおかずが用意され,おかず一品ずつに値段が付い [続きを読む]
  • 新天地への通り抜けショッピングモール〜上海19
  • 人気の観光地,新天地に行こうとすると,近くに宿を取っている以外は地鉄(上海軌道交通)で移動というのが一般的だ。地鉄10号線で「新天地」駅に着き改札を出ると,目の前に「新天地時尚(XINTIANDI STYLE)購物中心」の地下入口がある。2階に上がり,直進すれば新天地までの通り抜けができるので便利だ。このショッピングモールはファッションブランドが多く,通路が細長い吹き抜け(日本以外のアジアのショッピングモールは吹 [続きを読む]
  • 三峡老街へ3〜新北6
  • いよいよお待ちかねの三角湧老街(三峡老街)を見て回る。歩行者はアーケードのある歩道を歩く(車道は奥に向かって一方通行)。レンガ造りの建物とアーケードが合体した通りが500mほど続く。まだオープンしていない店もあったが,三峡老街は普通の商店街を形成していて,物販店や飲食店が営業している。牛角パンの店が何店舗かあるので,ここで買うのもよかろう。午前中なので,人出はまだ少ないが,歩いているうちに少しずつ観 [続きを読む]
  • 世界遺産「城山日出峰」に登る・中編〜チェジュ島18
  • 城山里や牛島(ウド)を間近に見ながら20分ほどで頂上に着いた。標高180mの頂上は階段式のウッドデッキになっていて,階段がベンチ代わりにもなっていた。頂上は臼のような真ん中が少し凹んだ原っぱになっていて,展望台から見るだけで降りることはできない。遠くに海が見えるが特段それ以上の景観は望めない。一方,反対側の上ってきた方角は,城山里の街全体が見下ろせ,雄大な景色が見渡せる。お決まりの望遠鏡も設置されてい [続きを読む]
  • チャンギ国際空港で初乗継
  • シンガポールのチャンギ国際空港は今までに乗り降りがある空港だが,乗継は初めて体験した。羽田空港発のシンガポール航空の夜行便は,定刻よりも35分早く,午前4時20分にチャンギ国際空港のターミナル3のB10スポットに着いた。乗継便はターミナル2のF54スポットだ。乗継時間は5時間近くあるので,のんびり移動することにした。ターミナル間を結ぶ交通システムスカイトレインが動き出すのは午前5時。始発を待ってもよかったが,タ [続きを読む]
  • 統一会堂を見学する・後編〜ホーチミン56
  • 統一会堂の見学は終盤を迎え,2階の食堂を見ながら降りていく。統一会堂は,どの部屋も各フロアーの内側にあり,回廊風の設計になっている。そのため,会議室や食堂などオープンスペースは,東側及び西側の廊下のどこからでも入室できるようになっている。地上階に降りると,当時使用された自動車の展示があり,南側には広い厨房があった。当時最新鋭の調理器具を使い,料理されていたようだ。大型調理器具の大半が日本製で,「Hi [続きを読む]
  • 台南最大の花園夜市に行こう5〜台南18
  • 花園夜市は19時を過ぎ佳境に入ってきた。地元住民や観光客が集中し混雑のピークを迎え,歩くのも困難になってきたので,そろそろ高雄に帰ることにしよう。19時45分に夜市会場の広場を出るとすぐにタクシーを拾えたので,台鐵台南駅まで行ってもらう。来るときは20分以上もバスでかかったが,タクシーならものの10分ほどで台鐵台南駅に着いた。↓混雑のピークを迎える19時台の花園夜市駅に入り,電光掲示板を見ると,下り(高雄)方 [続きを読む]
  • 統一会堂を見学する・中編〜ホーチミン55
  • 統一会堂の見学は,3階に上がり,主にホーチミン大統領夫人の部屋や娯楽関係の部屋が中心になる。夫人の応接室,映画室などがあり,ヘリポートには当時の米軍のヘリコプターが置かれている。ホールのデザインはヨーロピアン調で,フランスなどの影響が色濃く残っている。↓応接室↓執務室↓裏庭↓3階のホール↓映画室↓ヘリポート ランキング参加中!よろしかったら下記を ください!(どちらでも)にほんブログ村 海外旅 [続きを読む]
  • 慕田峪長城へ4〜北京26
  • 昨年(2017年),トランプ大統領のメラニア夫人が中国政府から貸切の厚遇を受けた慕田峪長城。あまりにも観光地化された八達嶺長城と違って,地元中国人が多く混雑もあまりないため貸切化ができたわけだ。慕田峪長城が八達嶺長城と大きく異なるのは,混雑もそうだが緑の多さである。長城以外には樹木しか見えないため,敵を発見するのも容易ではない守りだっただろう。ところどころに雨を凌いだり,休憩する屋根のある場所が設置さ [続きを読む]
  • 三峡老街へ2〜新北5
  • 鶯歌駅の北口には,タクシーの1台くらいは必ず停まっているので,三峡に行くには問題ない。しばし駅近辺を見た後,停車していたタクシーに乗って三峡に向かう。現在,鶯歌は新北市鶯歌區,三峡は新北市三峡區。以前は行政的に別だったのが,同じ市内ということになる。建國路を西に走り,左折後文化路を南下,三鶯大橋を渡ると三峡區に入る。そして中山路を1.5kmほど直進すると,民權街に到達する。民權街と長福街が交差する辺り [続きを読む]
  • ブンゴセカンからプリアタンへ・後編〜バリ島90
  • スグリワ通り(Jl.Sugriwa)からジャタユ通り(Jl.Jatayu)に入るT字路に小さなワルンがあった。奥行きの無いワルンだが,壁一面に絵が描かれていてなかなかオシャレだ。ジャタユ通り沿いには,商店が点々とし,その奥は住宅地で,静かな佇まいを見せている。バリ・ヒンズー教の島に突如,仏像の顔が道路に突き出していたり,マネキンが住宅の前に立っていたり,いろいろと発見がある通りだ。やがて南北に交差するスクマ通り(Jl.S [続きを読む]
  • 1週間で3回目の北海道〜道北31
  • 9月21日の早朝便で羽田から旭川空港に飛んだ。前日に釧路から帰ったばかりで,また北海道だ。1週間で3回も北海道に行ったことになる(仕事2回,私用1回)。北海道のこの1週間は天気がよく,旭川が近づくと,上富良野町が見えてきて,遠くには噴煙を上げる十勝岳,そのあと美瑛町東部上空を飛び,遠くには先日降雪のあった北海道最高峰の旭岳が見えてきた。紅葉は遅れているようで,山全体は色づいていない。高度を下げ,稲刈 [続きを読む]
  • 世界遺産「城山日出峰」に登る・前編〜チェジュ島17
  • 韓国にある世界遺産で唯一の自然遺産がチェジュ島の火山にまつわるものだ。その中で,島の北東に突き出た「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」は海底噴火によって10万年前にできた巨大岩山で,標高は182m。1時間もあれば楽に登れる山で,訪れた人の大半は頂上まで登る。頂上からは西側に城山里の街並が見え,低山ながら素晴らしい眺めが楽しめる。最初は緩やかな登山道が続く。↓「城山日出峰」全景↓世界遺産登録の碑は撮 [続きを読む]
  • 統一会堂を見学する・前編〜ホーチミン54
  • 「統一会堂」はベトナム戦争終結(1975年)まではベトナム共和国(南ベトナム)の大統領府及び官邸とされた建物だ。1976年に南北ベトナムの統一国家,ベトナム社会主義共和国が成立した後に「統一会堂」と改名され,現在に至っている。建物は当時のままに保存され,博物館として一般公開されている。正門のオフィスでチケットを購入し,敷地に入る。芝生の前庭はとても広く,寝転びたくなるが,芝生への進入は禁止である。ただし, [続きを読む]