トッツィー さん プロフィール

  •  
トッツィーさん: 「どら通」Blog
ハンドル名トッツィー さん
ブログタイトル「どら通」Blog
ブログURLhttp://totcha.exblog.jp/
サイト紹介文07年は念願の日本一を達成!安心したのでこれからはまった〜りと(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2006/05/14 12:23

トッツィー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 広島が連覇
  •  ペナントレース、セは広島が優勝を決めた。とにかく連覇である、これは誇らしい偉業といっていいだろう。 昨シーズンは勢いで勝ち取った優勝という表現をしたがその勢いが自信と真の実力に変化していった、そんな勝ち進み方だったように思う。リードされても慌てず最後にはきっちり逆転勝利をつかむ、堂々と横綱相撲をやって見せた。ドラゴンズもまったく歯が立たなかった。 さて、ドラゴンズはBクラス確定、5... [続きを読む]
  • 熱中症に気をつけてご観戦ください
  •  ウエスタンリーグ由宇、広島−中日観戦してきました。春先にまったく都合が合わなかったので遅ればせながら今シーズン初観戦となりました。猛暑の中汗を流しながらの観戦です。 知ってはいましたが球場設備がいろいろ手直しされていますのでそっちの紹介を中心に。まずは内野観戦席がグラウンド側に2mぐらい広げられましたね。それに伴いネットも高くされてしまいすごく邪魔なのですが安全のためなら仕方ないですかね... [続きを読む]
  • 後半戦へ向けて
  •  ペナントレースは折り返し。ドラゴンズはこの時点で5位だが開幕当初に比べたら勝つ形が確立されてきてツボにはまれば理想的な勝ち方ができるようになってきた。多少は望みを持ちながら終盤戦へと向かっていける、そんな感じだろうか。 現在の借金は7、ひとケタ程度ならまだ最終的なAクラスも可能な位置だと思う。だがそのためにはなにかひとつステップを登る必要もあると思う。これは前にも述べたが小笠原、鈴... [続きを読む]
  • なんとか無難に乗り切った
  •  ドラゴンズの交流戦は9勝9敗の5割。苦手な交流戦をこの数字で乗り切ってセの順位でも4位を狙える位置につけた。上出来とは言わないがなんとか無難に乗り切れたと言っていいだろう。その裏には巨人とヤクルトが大コケしたこともあるから運も味方してくれた。 交流戦のうちに鈴木、柳、小笠原になんとか使える目処が立った。今後ローテーションをしっかり守ってそれなりの勝ち星をあげてくれたら光明が見えてく... [続きを読む]
  • 浮上のキーマン
  •  交流戦前のひと区切り。ドラゴンズは大方の予想どおりの低空飛行、開幕当初の頃よりは持ち直した感じはあるが今後どうやって這い上がっていくか、まだまだ不安が多いシーズンである。 野手のキーマンとしては京田を挙げておきたい。新戦力が活躍するのがいちばんの起爆剤である。打撃もプロの投手に慣れてきたようだしなんといっても積極的に次の塁を狙うアグレッシブな走塁は素晴らしい。このまま1番に定着して... [続きを読む]
  • [広島] 7−4 [中日]
  •  マツダスタジアム、広島−中日観戦してきました。なんと一軍の試合観戦は旧・広島市民球場の最後の年にして以来なので何年ぶり?そんな感じです。 それにしてもいい球場ですね。試合を観戦するということ以外にも楽しい仕掛けがたくさんあって楽しめるように工夫されています。肝心の試合観戦も席もゆったりしてるしなぜか見やすい。観戦しやすい見えない工夫があるのかもしれません。 ただビジターチームの... [続きを読む]
  • 開幕!
  •  いよいよ2017年シーズン開幕です。開幕カードは痛恨の3連敗、この先に不安を残すスタートとなったがここは相性とか巡り合わせとかもあるから引きずることなく、ビジターの負けはホームで取り返すつもりで切り替えていきたいところだ。 昨シーズン最下位。そこから優勝を狙えとか大それたことも言わないがなんとかひとつでも前よりも良く、上を目指して戦っていくことだ。なかなか昨シーズンと同じ顔ぶれでと... [続きを読む]
  • 勝利の方程式はどうでしょうか
  •  先発でもリリーフでも、自分のポジションを守り抜きシーズン通して好成績だったのは田島ぐらいだった。2桁勝利もいないしタイトル争いに絡めた投手もいない、寂しいばかりの元投手王国だった。 先発もリリーフも柱がいなかった。それなりの成績を収められ、精神的にもリーダーシップを執れる存在がいればまだチームは勝てていただろう。岩瀬、吉見、大野らがその候補だったが成績的にもリーダーを名乗るには難し... [続きを読む]
  • 打線はどうでしょうか
  •  チーム得点はリーグ最下位。打線は水ものとはよく言うがもうちょっと安定した得点力が欲しいというのが本音のところだろう。スタメンを見渡せば打率が.250前後の打者がズラリと並ぶ。相手からすると決して怖い打線ではなかったわけだ。 打率ももちろんだがチャンスでの1本であり、長打であり、それが出ると出ないとでは得点は大きく違ってくるのも当然だ。そういうのを見据えて選手を鍛えて理想的な打線を作... [続きを読む]
  • [日本ハム] 4勝−2勝 [広島]
  •  2016年日本シリーズは2連敗から一気の4連勝で日本ハムが日本一。ここ数年はホームで圧倒的に強くビジターで圧倒的に弱い日本シリーズという傾向にあったと思うのだがそこに風穴を開けビジターで勝利を得たチームが頂点に立った。 両リーグのペナントレースはそれぞれ「勢い」がひとつのキーワードだったと思う。一時は首位に大差をつけられたものの土壇場でひっくり返した日本ハム、長年のBクラス暮らしか... [続きを読む]
  • ペナントレース終了。ドラゴンズ最下位
  •  セのペナントレースが終了。ドラゴンズは実に19年ぶりの最下位、ひとことで言えば屈辱のシーズンだった、というところだろうか。 最下位になってしまった要因は数々あるがその中のひとつとして勢いが出なかったというのが挙げられる。各チーム戦力にそう大差はない中で抜け出すにはやはり勝利という大きな波をつかんでそれに乗っていくことも必要だろう。お祭り男もいないしチームリーダーも不在、おとなしいチ... [続きを読む]
  • 広島が優勝
  •  広島東洋カープが25年ぶりの優勝決定。準地元であるこちら山口県東部もかなりの盛り上がりとなっている。 正直どのチームにも決め手がないままで始まったペナントレースだったが春先のミラクル勝利の連発を発端に大きな連勝、勢いをつけそれが衰えないまま一気にここまで来た、そんな感じだった。終わってみれば近年稀に見る独走だった。 しかしここへたどり着くまでかなりの苦労だったろう。FA制度... [続きを読む]
  • ドラゴンズ大失速
  •  12カード連続負け越し、その間に谷繁監督は休養となりチームは大失速、最下位を独走状態となってしまった。こうなってくると優勝争いをしているチーム、Aクラス争いをしているチームとのモチベーションの差は大きく正直どうしようもない感じになってしまっている。 なぜこうなったか。選手個々の能力であり勝利への執念でありそんな部分が足りなかったのが原因だろうがなぜ足りなかったかを明確にし対策してい... [続きを読む]
  • 酷暑の中のウエスタン観戦
  •  ウエスタンリーグ由宇、広島―中日観戦してきました。 今シーズンようやく2回目、そしておそらく最後の観戦になる雰囲気です。 試合は6回に4点をあげて試合を優位に進めましたが終盤じわじわ追い上げられて、追いつかれて、最後は引き分けという結果でした。 いつもはどうかよく知りませんが今日はリリーフが明暗を分けたですね。一軍でも実績のある浅尾や福谷が失点しているようでは正直一... [続きを読む]
  • 交流戦終了
  •  ドラゴンズの交流戦成績は7勝11敗。なんとか5割をと期待していたが今年もパの圧勝ということを差し引けばこれぐらいが妥当だったのかもしれない。 昨年あたりからずっと言っていることだがやはりリリーフが明暗を分けた。試合の終盤に踏ん張れないことで落とした星がそのままこの成績になったと言えるだろう。一昨年に岩瀬が戦線離脱してからずっとこの調子というわけだが本当にここは急務である。 とはいえ... [続きを読む]
  • ドラゴンズ二軍が好調な件
  •  ウエスタンリーグ由宇、広島ー中日観戦してきました。 知らなかったのですが、ドラゴンズ二軍はウエスタン首位独走中みたいですね。ここは勝利にこだわる采配をするか、育成や経験が最優先の選手起用をするかで違いが出てくるので一概に勝ってるチームが戦力が充実してるとは言えないと思うんですよね。でも一軍が好調なチームはだいたい二軍も好調みたいなのでいいことだと思います。どんどんいい選手を上に上げてもら... [続きを読む]
  • 50試合ぐらいまで進みましたが
  •  各チーム50試合ぐらいを消化し次は交流戦というところまで進みました。 ドラゴンズは辛うじて貯金を持ってもこの位置、セは空前のだんご状態でこの先上がるも落ちるも十分ありえるだろう。無論他のチームもそうでありどこも決め手がない、最後まで気の抜けない戦いになることは明白だ。 上位に残るにはリリーフということになるだろう。最後の3イニングを安心して送り出せる勝ちパターンが決まれば大きな連勝... [続きを読む]
  • 開幕してますよー
  •  タイトルは自分に向けての発言ですw というわけで2016年シーズンもついに開幕です。ここまではほぼ5割ペースといったところで、ホームで2勝1敗、ビジターで1勝2敗、その中でちょっとでも勝ちを増やせれば上位を狙っていける、まずはそれでいいだろう。 谷繁監督が今シーズンから専任となったことからより谷繁色の強い采配を見せてくれるだろう。それが吉と出るかどうかが最大のカギである、注目点と言っ... [続きを読む]
  • [ソフトバンク] 4勝−1勝 [ヤクルト]
  •  ソフトバンクの日本一で今シーズンのプロ野球はすべて終了。それにしても連続日本一を果たしたソフトバンク、黄金期を思わせる圧倒的強さだった。対して昨年最下位から優勝を果たしたヤクルトは勢いを期待されたが結局は戦力の差が出てしまった、そんなところだろう。 ソフトバンクは計画的に選手を育成する方針、資金とスカウト力で有望な選手を獲得する戦略、まあそういう部分に長けていたことは間違いないと思う。... [続きを読む]
  • もうすぐドラフトですが
  •  もうすぐドラフト会議がありますが、ちょっと過去10年のドラフト最上位の投手をまとめてみました。これを見てどんな感想を持たれるでしょうか?05年 吉見一起06年 浅尾拓也07年 山内壮馬08年 伊藤準規09年 岡田俊哉10年 大野雄大11年 西川健太郎12年 福谷浩司13年 鈴木翔太14年 野村亮介 西川、鈴木についてはまだ発展途上ということでいいですが他の投手はそ... [続きを読む]
  • ペナントレース終了
  •  昨日の試合でセ・リーグ全日程が終了。昨年最下位からのヤクルト優勝、首位を走っていたDeNAがまさかの失速で最下位に、波乱だらけでどこのチームも決め手を欠いたがそのぶん面白いペナントレースだった。 昨年も同じようなことを書いたがチーム打率、チーム防御率などを見るとどこがどう転んでもおかしくなかったと思う。そうなってくるといかに勝負どころで決められるか決められないか、そこの差がこの順位にな... [続きを読む]
  • 順位確定です
  •  DeNAの負けにより、戦わずして今シーズンの5位が確定。まあ最下位よりは5位のほうがいいにはいいがそれにしても苦しみすぎた終焉だった。 ここがこうだったらというのは正直多くある。そのあたりは現有戦力の底上げだったり補強であったりまた来シーズンへ向けやっていってもらいたい。谷繁監督も来年からは監督に専念するということでこれまで以上の谷繁色を出せるはず、チームが化ける可能性も高いはずだから... [続きを読む]
  • 過去の記事 …