wind-dust さん プロフィール

  •  
wind-dustさん: 風塵社的業務日誌
ハンドル名wind-dust さん
ブログタイトル風塵社的業務日誌
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/wind-dust/
サイト紹介文出版現場の最前線から、企画、編集、営業と業務に関わることをなんでもレポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2006/05/16 12:15

wind-dust さんのブログ記事

  • ノイズがいらだたしい
  • 少しばかりこれまでの繰り返しをする。小生は偏食が激しいうえ、しかも夜はなるべく食べないように最近は心がけている。食べはしないけれど、酒なら飲む(飲まなきゃやっていられない)。それはべつに健康のためとかなんとかという目的合理性に基づく行動ではなく、... [続きを読む]
  • 新宿区へ(3)
  • 某集会のなかで聞いた発言を自分なりにとらえなおして考えていたら、前回はずいぶんと文字数を費やしてしまったものである。誤解のないように申し添えておくと、そこで述べたことはこれからの検討材料であって、小生なりの最終結論ということではない。いまを生きる... [続きを読む]
  • 新宿区へ(2)
  • 後半戦が始まったものの、当初は90分を予定していたのに残りは60分しかない。しかし前半の印象からして、後半が60分では終わらないことだろう。時間の延長を画策することになる。われわれのあと、その場を使いそうな人や団体はいなさそうだから、勝手に延長して黙っ... [続きを読む]
  • 新宿区へ(1)
  • 某休日、都内某所新宿区である集会を開くことになった。当日の参加者は80名弱といったところだろうか。会場のキャパにちょうど見合った人数でたいした混乱もなく無事に終了。その集会を開くと決まってから、実行委員会の会議はいつも風塵社内。その延長で議事報告を... [続きを読む]
  • どこに置くのか?
  • それにしても忙しい。自社の企画だけで6点を進行させないといけない。そこに編集請負の仕事も重なってくるし、書店さんにも営業に出かけないとならない。これでは体がいくつあっても足りないということになるけれど、かといって人を雇える余裕もないし、そもそもが... [続きを読む]
  • 9月を乗り越える
  • もう10月だ。速いものである。2017年も3/4を生きながらることができたので、できることなら無事に2018年を迎えたいものである。おかげさまで11月までの資金繰り計画は小生の頭のなかにはできあがっているのだけれど、いまだに年末の突破の仕方が見えていない。どうや... [続きを読む]
  • ケンちゃん
  • ネット上であるアニメ番組の鑑賞にはまってしまうと、こんなところで駄文を書いている場合ではなくなってくる。元はテレビ放映されていたものが多いから、通常ならば25、6話、長いものなら50話以上あるわけで、それを酒を飲みつつ眺めていると、アッという間に時間が... [続きを読む]
  • 谷中へ(3)
  • その翌日は、谷中の別のギャラリーでF社社長のお兄さん(Hさん)の陶芸展のオープニングだ。しかし、天気予報では、いつ雨が降り出してもおかしくないと言っている。低気圧の苦手な妻が、「きょうも谷中に出かけるのはつらいなあ」とボヤいている。行くのも行かな... [続きを読む]
  • 谷中へ(2)
  • 谷中霊園のはずれに、アベも参禅に来たという禅寺がある。その脇を抜けると、JR日暮里駅が見えてくる。小生が住んでいたころはまだ舎人ライナーができていなかったので、JRの駅の向こうに舎人ライナーの駅舎がそびえているのには、どことなく違和感を覚える。要... [続きを読む]
  • 谷中へ(1)
  • ある亡くなられた画家さんの個展が谷中で催されるという案内を、その息子であるN氏からいただいたので、ある日妻とのこのこ出かけることにした。その画家さんは抽象画の巨匠で、若いころは日本のカルチャーシーンを疾走されたという話は知っているけれど、実は一度... [続きを読む]
  • 東京地裁へ(続)
  • 〔承前〕某書類を受け取りに東京地裁までわざわざ出かけたのだけれど、法人印を持参してこなかったので、その書類を渡すことができないと係りの男性がのたまう。受け取りには法人印が必要であるという説明を事前に受けていなかったのだから、不条理だなあとこちらは... [続きを読む]
  • 東京地裁へ
  • 某日、某件で14:00に霞ヶ関の東京地裁に行かないといけない。じゃあ、その前に新橋某所のQCに立ち寄っていこうと予定を決めておいた。小生のように「この世界の片隅」で小ぢんまりとした生活をしている者にしてみれば、裁判所に行くこと自体が気が重い。すると、... [続きを読む]
  • 西浦和へ
  • 某平日、そぼ降る雨のなか、西浦和へと出かけることにした。それほどたいした用件でもなく、わざわざ足を運ぶほどのことでもないのかもしれないが、久しぶりだしとりあえず行ってみようかと思い立ったわけである。先方には10:00くらいにうかがうことを事前に伝えて... [続きを読む]
  • いびき
  • なんでも、小生のいびきがうるさいらしい。妻が文句ばっかりつけてくる。しかしそんなことを言われても、こちらは眠っているのだから、意識していびきをかいているわけではない。なんとも不当な言いがかりのように聞こえてくるけれど、妻にしてみれば安眠を妨害され... [続きを読む]
  • 思い込み
  • あ〜あ、やれやれ忙しい。やらなけばならないことが、次から次に舞い込んでくる。しかも、弊社の業務とは直接関係のないことまでしなけばならない。それでも、「NNv」も片付いたし、「救援」も終わったし、少しずつでも作業は進んでいると評価するべきだろう。そし... [続きを読む]
  • 関東大震災の日に 2017
  • 8月下旬の蒸し暑く、日差しの強いある日。九段下の法務局まで弊社の謄本を取りに行かないといけなくなった。九段まで本郷3丁目からは歩いて30分弱といったところだろうか。自転車ならばさほどの距離でもないのに、その自転車はない。地下鉄を使えば、乗り換え、乗... [続きを読む]
  • 目黒へ
  • 某日、某件があり、目黒の雅叙園へと出かけた。駅から急な坂を下っていけば、途中、右手にホリプロがある。その遠くには西洋のお城のような形をしたラブホを臨むことができる。そして左側にはお寺と来たものだ。なんともシュールな取り合わせに、某件がうまくいって... [続きを読む]
  • マーボー豆腐
  • 不順な天候が続いており、洗濯物の乾きが悪い。妻に、洗濯の終わったものをコインランドリーの乾燥機にかけてきてほしいと頼まれる。ゴミ袋に洗濯物を詰め込んでから、300円を握りしめて徒歩5分ほどのランドリーへ。なんだかなあ、まるでガキの使いである。しかし、... [続きを読む]
  • 夏バテ対策
  • 8月に入ったら、東京は毎日のように雨が続く。おかげで涼しくなり、こちらの食欲も回復してきた。そして珍しく、帰宅途中にラーメンが食べたくなる。すでにアルコールは入っていてほろ酔い状態。そこで、よせばいいのにとは思いつつも、ラーメン屋の臭いが小生の腹... [続きを読む]
  • 亀の子たわし
  • 人間とはわがままなもので、猛暑になると、暑さのあまり仕事などする気がわかない、となる。そして、不順な陽気が続けば、低気圧はどうにも苦手なのだ、となる。そのうえ、世間はお盆休みときたものだ。そんなわけで、どうにもこうにも仕事をする意欲は出てこない。... [続きを読む]
  • ガスパチョ
  • 某日、Eさんがペットボトルにヘンな液体を詰めて遊びにきた。オレンジというか赤系の色で、ドロドロとした液状のものである。「なんですかこれは?」とたずねれば、「ガスパチョ」なる答えだ。さらに「ガスパチョってなんですか?」とたずねることになる。なんでも... [続きを読む]
  • ニンニク味噌炒め
  • 某日曜日、朝から蒸し暑い。朝食後、汗をダラダラ流しながら、腹巻家夏の名物・ニンニクの味噌炒めを作ることにする。これをおかずにしないと食欲が低下してしまうのだ。この作り方は前にも書いたかもしれない(長く駄文を書いていると、前に書いたことかどうかなん... [続きを読む]
  • 迷惑な電話
  • 某日、朝からろくでもない電話ばかりがかかってくる。曰く「御社でお使いのインターネット回線がどうのこうの」(この手の電話は頻繁にかかってくるので、ただでさえむかつく)。曰く「審査が通りましたので、ご融資の話を」(そもそもが、審査なんて申し込んでない... [続きを読む]
  • 555
  • 先月の末から、また梅雨前線が列島上に停滞するようになり、そこに台風までやって来そうな雰囲気だ。曇り空が続き、いささか蒸し暑いけれど、カンカン照りよりはずっとましな日が続いている。暑いのが苦手な小生としては、ようやく一息つけたという気分である。この... [続きを読む]