まじょねこ さん プロフィール

  •  
まじょねこさん: まじょねこ日記
ハンドル名まじょねこ さん
ブログタイトルまじょねこ日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/majo-cats/
サイト紹介文魔女と愉快な8匹の猫たちの日常をお楽しみください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2006/05/26 23:01

まじょねこ さんのブログ記事

  • 横浜裏道散歩と季節はずれの花火
  • 金曜日の夜、のらちゃんたちのご飯は家族①に頼みましてちょっとご用事があって、家族②と福富町に行って来ました 福富町といえばYAUZAさんの事務所や経営するお店がいっぱいあってFU-ZOKUのお店が連なっており薄暗い中にも賑々しく  ← どういうんや・・ ちょっとふつうの町ではありませんがそこのさらに細い路地奥にある店で 口ピアスに黒ずくめの服を着た血色の悪いKing&Princeの岸 優太に良く似た男子と、健康について [続きを読む]
  • 大雨なんてなんのその 〜 かって組の夜 〜
  • 更新、遅くなりましたわ (;^_^A 」 昨日は雨 雨は夕方前から強くなりかって組が来られるか心配で魔女は何度も洗面所を覗いていました するといつもの時間にやって来たのは仔猫 仔猫 「ちた!」 魔女 「濡れちゃってるねから拭いたげるね」 仔猫 「あい」 魔女 「ひとりで来たの?」 仔猫 「ちとりで ちた!  ごあんだから!」 魔女 「偉かったね」 仔猫 「ごあん くだしゃい!」 はいどうぞ 魔女  [続きを読む]
  • 続・《あおいちゃん》のお泊り保育
  • 公園で動けなくなり、お母さんとさようならをして《あおいちゃん》が暫くを過ごした魔女の部屋に移動です あおいちゃん 「ここはどこでちか!」 魔女 「まわりをよ〜く見てごらん」 あおいちゃん 「なんか・・ ちってる かんじ ちてきた」 魔女 「そうよ 《あおいちゃん》、ここで魔女と暮らしたわね  あの頃は《にゃんにゃ》、って呼んでたじゃない」 あおいちゃん 「しょうだった  あたち  [続きを読む]
  • 《あおいちゃん》、お泊り保育
  • 本日はゆうさんにご用時があって魔女家で《あおいちゃん》をお預かり〜 昨日もレーザー治療に連れて行ったのでお迎えに行くと 「きょうも びょういんでちか!」  と、ビビる《あおいちゃん》 「今日は魔女んちにお泊りですよ〜」   と言うと以外にもすんなりキャリーに入ってくれました そんな時高いところから魔女を睨む猫が・・ あずきちゃん 「ちょっと、 わたしの いもうとを どうするつもり!」 魔女 「 [続きを読む]
  • かってのお話 〜 あとがき 〜
  • このところ、《78》との摩擦を数時間でもなくそうと《凜》の出禁を解除しておりました どんなに遅くともお日さまてっぺんから暫くしたら帰るという約束で 最初の数日間はそれをきちんと守っていた《凜》でしたがその後、少しずつ帰宅時間が遅れ始め一昨日は外にいる《凜》に魔女が帰宅を促してもそれを無視し 夜になっても帰って来ませんでした 夕食時、《かって》はいつも通り姿を現しましたが《どったん》《らっか》親子や [続きを読む]
  • かって国の領主・かってのお話  〜 最終話 〜
  • 《かって》の子供たちは、毎日辺りが暗くなると母親に連れられて魔女家にご飯を食べにやって来ました 始めはどれが《うっか》の子で、どれが《ちゃっか》の子だかわかりませんでしたがどうやら《うっか》は魔女家より少し離れた西の方をねぐらにしてるらしく一方《ちゃっか》は魔女家の近くに住んでいるようでした そのうち《うっか》はどこで食事を調達できるようになったのか、子供を連れて来なくなりました 《ちゃっか》の子供 [続きを読む]
  • かって国の領主・かってのお話 Ⅲ
  • 前回のお話は交通事故に遭った猫さんを保護しその後、出血も止まり、動けるようになったので外に返したいうところまででした 私たちはこの子が無事に生活をしていることを祈って過ごしておりました それから約1ヶ月後猫用出入り口から見知らぬ猫が覗くようになりました 数日後、私はそれがあの時事故に遭った猫であることに気づきます そうしてこの子は魔女家に通うようになりその後、この子と一緒に、この子の妹 [続きを読む]
  • かって国の領主・《かって》のお話 Ⅱ
  • 《インドラ》がいなくなった後の《かって》の憔悴は激しくこれ以上生きることを止めようとしておりました 朦朧とした意識の中それは夢だったのか現実だったのかは定かでないけれどと、後に《かって》は申しておりましたが《インドラ》がやって来たと言うのです 《インドラ》はうずくまる《かって》に 「《かってたん》、後はたのむね」 「《涼子》のこと、家のこと、たのむね」 そう言ったそうです この頃、《涼子》は [続きを読む]
  • かって国の領主・《かって》のお話 Ⅰ
  • 《かって》が初めて魔女家に来たのは2012年の春先のことでありました 昔からの読者様はご存知でしょうがこう見えて大変気が弱い子で、いつもビクついておりました 気の強い女子《アゾ》にビビる《かって》 新参者でここいらの雄猫にいつも追い駆けられ、逃げ回っばかりいました 喧嘩をする度胸はなく常に逃げるが勝ちの戦法でしたので、引っ掛かれたり噛まれたりの怪我をすることは殆どありま [続きを読む]
  • 言い募る女を始めとする今日の日記
  • 今朝もひとりでやってきた仔猫ちゃん 先ずは洗面所に置いてあるおトイレを使い、砂を散らばしてからのお食事 洗濯機の上には今日も仔猫を見守る《かって》の姿がありました ぐっすりと眠る《ひな》今日もちゃんとご飯を食べました ギズモちゃんの側から離れない《バニャ1号》 いくら自分も病気だとはいえ、ちっとは娘(ひな)の心配をしなさいよ! さて《78》ですが 今朝《凜》に襲わ [続きを読む]
  • 猫で始まり、猫で終わる日々
  • 今日は《あおいちゃん》のレーザー治療の日大暴れしてゆうさんの肩にガブガブ噛み付いていました (普段は決して噛み付いたりするような子ではありません) ゆうさんと《あおいちゃん》を送り届けてから猫ご飯の買出し 猫ってそれぞれに嗜好があるじゃないですかのらちゃんたちもそうだし だからうちにはどれだけの種類のご飯があるやら ウェットが好きな子、ドライが好きな子それもどこどこのウェットじゃなきゃやだ!どこそ [続きを読む]
  • おつむがバグリそう
  • 私は非常にズボラで年末に翌年のスケジュール帳を買ってはみるものの使った試がございません そこに予定を書くのさえも面倒臭く結局無駄にしてしまうのです ・・もう 買わないわ それほどのズボラ故膨大な予定は全部頭の中に入れておくしかなく それでもまぁ恙無くこなしております 仕事及びまじょねこ・かって国を含むのらねこ軍団の食事は決まっておるのでよろしいのですが 《あおいちゃん》やまじょ猫たちの病院の日付と [続きを読む]
  • みなさまありがとうございます
  • 昨日来、皆様からの《ひな》への応援、誠にありがたく心よりお礼を申し上げます 仕事やまじょねこ・のらねこ軍団のお世話に《ひな》の入院が加わって寝不足の日々が続きいまだみなさまのところに訪問するまでに至っていませんごめんなさい 《ひな》早急な入院処置が功を成し、黄疸はほぼ改善されております血液検査は大まかなところでは取りだてて異常は見つからっていませんが細かな部分がまだ出ておらず、これらの結果待ち [続きを読む]
  • 魔女家のあれこれ、そして《ひな》のこと
  • 天窓から燦々と陽の射す2階のリビング35、36℃の中、エアコンなしで過ごしておりましたらこのところの32℃あたりを涼しく感じます 環境に対する順応性が極めて高い魔女でございます プルメリアの美しい香りが立ちこめたテラスに トンボさんがやって来ましたもう秋なのでしょうか・・ 一昨日の暴風にも負けず昨夜は『今日ちゃんのお花』が7輪咲きました 芳しい香りにつられて、軍団もテラスに [続きを読む]
  • のらねこ日記 〜 たいふーなんてへっちゃらさ! 〜
  • 昨日は猛烈な台風の影響でこちらも激しい突風が吹き荒れました 台風通過地の様子は散々たるもので現地の のらちゃんたちはちゃんと避難できているのか、終日案じて過ごしておりました 予想に反し、昨日は雨はまったく降らず轟音と共に荒れ狂う風は時に強烈な突風となって襲ってきます 暑いので窓を開け放しておったので家の中もまた強風が吹き荒れておりましたが 心配なのはのらねこ軍団 夕方、ご飯の時間になっても現れませ [続きを読む]
  • 出禁解除はいいものの・・
  • 《凜》 ここ数日は魔女が忙しかったので、外へは出してもらえませんでした シュトレス、溜まりまくりです 今日は魔女、朝から動物病院に行ったきりなかなか帰って来なくてあー今日も出らんないのかぁと思っていたら お昼前に帰って来ました そこで、《凜》は言いました 私 「魔女、今日こそお外に出してください!  時間は守ります」 魔女 「ちゃんと時間を守れるのね」 私 「はい! 今から出たら早い夕方に帰って来ま [続きを読む]
  • 欲張りなカラスと育児ノイローゼの母猫
  • 欲張りなカラス   カラスの只ならぬけたたましい叫び声がテラスから聞こえそこに出てみると、手すりの上で3羽のカラスさんが大モメにモメていました どうやらひとりのカラスさんがどこからか大きなご飯を調達してきたらしくそれを見つけた仲間のふたりが分けてくれと騒いでいるのです テラスで散々揉めた挙句ご飯を咥えたカラスさんはどうしてもふたりにはあげたくなくてマンションの屋上に逃げて行きます それを追う2 [続きを読む]
  • まじょねこ・罰当たり軍団 
  • 9月になりましたね まじょねこ軍団、9月のカレンダーです 《インドラ》 胸が詰まる・・ このところ《ジョン ブリアン》、そして《とらたん》と一緒に度々やって来てくれて毎回大暴れを繰り返している《インドラ》 お話をする機会が多くなって嬉しいけれどもう一度みんなをこの胸に抱きしめたい 子供時代の《チャンドラ》 今ではこの頃の片鱗もない巨大猫と化しており・・ このカレンダーを作ってくれたのは [続きを読む]
  • あれからの《ふぁふぁ》
  • 昨日書いた巨大のら蟹さんとの出会いが衝撃過ぎてあの姿が頭から離れない魔女 今日は《あおいちゃん》のレーザー治療の日でした 《あおいちゃん》ちはのら蟹さんが居たところの近く蟹さんに出会った場所を覗きこみます・・いるわけないけど のら蟹さん、どうか、どうか、人間に見つからないところでずっと元気で暮らしてください さて、《あおいちゃん》のレーザー治療              めがね ちて  よち [続きを読む]
  • のらねこ物語 〜 続きのお話 〜
  • 怖がる《たんぽぽ》を緊急避難場所に避難させ魔女は《マグネット》と一緒に歩き出しました 《マグネット》のいつものご飯場所に着いて腰を下ろすと《マグネット》がその先にある何かに目をつけ、興味を示しました そちらに向かって歩いて行った《マグネット》 「まじょ・・ ここになんか ある・・」 そう言われても暗がりなのでよく見えません黒っぽい大きな塊が落ちている? マグネット 「ねえ、まじょ なにか ある」 [続きを読む]
  • のらねこ物語 〜 駐車場組・恐怖の夜 〜
  • 昨夜、いつものように大量のご飯を抱えて家を出ました 先ずは『おふたり国』《かんたくん》とお友だち、仲良く待っていてくれました いつものようにご飯をあげると、お友だちは美味しそうに食べてくれているのに《かんたくん》はご飯には見向きもせず、 「あそんでよ!」 と言います たくさんの猫さんたちがご飯を待ってるから今はだめよ、 と言っても聞きません かんた 「あそんでよ」  あそぼ [続きを読む]
  • 《インドラ》がやって来た!  〜 まじょねこ地方バージョン 〜
  • 一昨日、昨日と、《インドラ》が大暴れいたしまして 昨夜8時前、魔女家より北の東京方面の空には大暴れする《インドラ》の姿がありました この後、《インドラ》がやって来て魔女家の近くではしゃぎまわりその後、雨も激しく降り始めます 随分賑やかだけど、《インドラ》の他に誰かいるの? ピカッ! それは誰?  《伐》とか《パパ・ジョン》とか? シーン 《ジンジン》は? シーン 他の子の名前を言っても シーン [続きを読む]
  • 小さな国の小さな幸せ
  • 何がいいんだか、私に住む街にもその都市名に憧れて(新聞にそう書かれていた)他県からたくさんの人が住処を求めて押し寄せているそのために山を切り崩し、僅かな自然が残っていた土地までも住宅地と化しそれまで家が1軒建っていた土地が売れればさら地とされ、その後そこには庭のない家が2軒、3軒と建つという 再開発で壊される駅前の商店街を追われた猫たちその中でやっと生き残った子たちが逃げ込んだ最後の小さな森も破 [続きを読む]
  • 決めかねる男
  • まじょねこ軍団のいる部屋で暮らすかどうか迷い中の《かってに》 夕べもお部屋の様子を伺いにやって来ました 今度は部屋の入り口から眺めるだけではなくて、中を歩き回ることにしたようです かってに 「これはなに?」 魔女 「《とらたん》のお仏壇よ」 かってに 「《たらたん》のおぶちだん・・」 かってに 「ここはなに?」 魔女 「そこはちゅ〜る置き場よ」 かってに 「ちゅる・・」 かってに 「あ!」 [続きを読む]
  • のらねこ物語 
  • 夜になると大きなバッグいっぱいの猫ご飯を抱えて出かける魔女 住宅部東の駐車場がもっとも数が多いのですがそこまで行く途中にもたくさんの猫たちが待っています 家を出て先ず最初に出会うのが『おひとり国』の《かんた君》 いつもは丘のてっぺん近くの小さなマンションの駐車場あたりで暮らしているのですが 夜になると、『悪猫国』との境界線ギリギリまでやってきて魔女を待ちますそうして、足音が聞こえると みゃーみゃー [続きを読む]