遼 さん プロフィール

  •  
遼さん: 見知らぬ世界に想いを馳せ
ハンドル名遼 さん
ブログタイトル見知らぬ世界に想いを馳せ
ブログURLhttps://thurayya65.exblog.jp/
サイト紹介文好奇心のままに「面白い!」と思ったことに突っ込み、好きなものを好き放題に語るブログ。
自由文熱しやすく冷めにくい好奇心の塊が、好きなものを徹底的に楽しみつくし、語りつくすブログです。ジャンルは読書感想、クラシック音楽鑑賞と独学ピアノ、教育テレビ感想、宇宙にフィンランド、趣味のイラスト描きとアニメ…などなど、興味の対象が無駄に広いのは仕様です。
ピアノ演奏録音などを置いているHP↓
http://www.geocities.jp/kaukana_laulu05/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2006/05/29 20:15

遼 さんのブログ記事

  • 雷、霰、のち晴天とISS
  •  今は国際宇宙ステーション(ISS)が日没後の空に見えています。これまで、2回ほど国際宇宙ステーション(ISS)を目視したのですが、どれも撮影に失敗。観ただけでもブログに書いてもいいのですが、一文だけになってしまう。こういう時、twitterって便利だだったなと思います(でも戻る気は一切ない。再開したいとは全く思わない。本当の意味での独り言つぶやきツールで、フォローしない、フォロワーもいない、リプライもリツイート等 [続きを読む]
  • 明日は、いずこの空の下
  •  上橋菜穂子さんの作品も積読があるのですが、今日は新しく出たエッセイを。明日は、いずこの空の下上橋菜穂子 / 講談社、講談社文庫 / 2017  作家であり、文化人類学者の上橋さん。フィールドワークや、作品の取材も兼ねて、世界のあちこちを旅する。そんな旅のルーツは高校生の頃。旅は母と一緒のことも多い。世界各地で体当たりの旅のエッセイ集です。 「精霊の守り人」をはじめとする「守り人」シリーズ、「獣の奏者」シリーズな [続きを読む]
  • 金井さん滞在中のISS,春の夜空を行く
  •  日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんが、12月から国際宇宙ステーションに滞在中。それ以後、金井さんのいるISSを見たいと思いつつも、天候やタイミングでずっと見られませんでした。6月までだからチャンスはまだあるけど、早いうちに見たいなぁ…と思っていました。ようやく、条件のいい可視パスで、天候も良好。久しぶりのISS観望です。 南西の空から、ISSが昇ってきます。明るい。ようやく見られた、金井さーん!と心の中で叫びな [続きを読む]
  • Im 〜イム〜 9
  •  新刊として出たのは1月だったか…春になる前に感想を書きましょう。Im 〜イム〜 9森下 真/ スクウェア・エニックス、ガンガンコミックス / 2018 人間をマガイ化する黒アザの出る薬を仕込まれ、アメン神官団本部の街は大混乱に。それぞれが戦う中、イムは「記憶抹消大魔法(ダムナティオ・メモリアエ)」を使い、街もマガイ化した人々も元通りにする。イムを「救世主」と崇める人々たち。だが、その後イムは倒れ、眠り続けてしまう。 [続きを読む]
  • 春分の宙
  •  今日は春分。当地は晴れ、そこまであたたかいわけではないですが、穏やかな一日でした。 現在、夕空に金星と水星が見えています。なかなか見るのが難しいと言われている水星。夕暮れ時、西の空を観ると、金星が見えました。まだ空が明るかったせいか、薄雲のせいか、高度のせいか、そこまですごく明るくはありませんでした。水星は、空が明るくて見えず。もう少し暗くなってから再挑戦…金星と水星が見える位置にちょうど雲が出 [続きを読む]
  • 水星探査機「MMO」の名付け親になろう! & 水星にメッセージを送ろう!
  •  プレスリリースが発表された時は、締め切りはまだ先…と思っていたら、いつの間にか締め切りが近づいてきてしまいました。ギリギリになってしまう前にブログに書いておきます。◇JAXA:水星磁気圏探査機MMOの愛称、探査機に搭載するメッセージ等の募集について◇水星磁気圏探査機MMO愛称募集キャンペーン 日本とヨーロッパ宇宙機関(ESA)が共同で進めている水星探査ミッション「ベピコロンボ(BepiColombo)」。ESAが担当する、表面 [続きを読む]
  • 天文学者の江戸時代 暦・宇宙観の大転換
  •  大分前に読み終わったのに、感想を書かずにいる本のひとつです…。天文学者たちの江戸時代: 暦・宇宙観の大転換嘉数 次人 / 筑摩書房、ちくま新書 / 2016 江戸時代。日本の天文学は、それまでの中国からのものに加え、西洋の天文学も取り入れ、変化していった。暦の作成、日食や月食の観測と予測、月やさまざまな惑星の観測、最新の宇宙論。江戸時代に活躍した天文学者を紹介しながら、江戸時代に日本の天文学がどのような方向 [続きを読む]
  • これがプロムスオーケストラ! オラモ & BBC交響楽団 @仙台
  •  昨日予告したコンサートの記事を。 3月4日(日)、来日中のサカリ・オラモ指揮、BBC交響楽団の仙台公演に行ってきました。このブログでは、BBCプロムス ( Proms ) で聴いてきたコンビ。特に、「Last Night of the Proms」ラストナイトは毎年放送されるのを楽しみにしています。ラストナイトの放送を観て、楽しいコンビだなぁと思ってきました。オラモさんに関しては、CDなどでバーミンガム市響、フィンランド放送響の頃から聴いてき [続きを読む]
  • 仙台駅で風景印
  •  日曜、仙台に行ってきました。コンサートに行ってきました。その記事は次の記事でじっくり書きたいと思います。 仙台駅や駅ビルのエスパルをぶらぶらと歩いていたら、仙台駅内郵便局にたどり着きました。日曜日だけど開いている。ここ、風景印ある?調べてみたらある。念のため、局員さんに今日も風景印の押印はできますか?と聞いてみたら、やっているとのこと。よし、風景印を押印してもらおう!切手などを購入して、いつもの特 [続きを読む]
  • 【アニメ コミカライズ】宇宙よりも遠い場所 1
  •  読んで、感想を書いていない本もたくさんあるのですが、アニメが絶賛放送中、後回しにしていたらアニメが終わってしまうので、こっちを先に書きます。 現在放送中のアニメ「宇宙よりも遠い場所」(「宇宙」は「そら」と読みます。公式略称は「よりもい」)の漫画版です。このアニメは小説や漫画などの原作のないオリジナルアニメ。なので、この漫画の原作はアニメです。アニメが原作です。宇宙よりも遠い場所 1よりもい:原作 / 宵町めめ [続きを読む]
  • ヴィンランド・サガ 20
  •  19巻の感想を、この20巻の発売日に書いて、その後すぐ20巻を買って読んだのですが…感想を書くのは遅くなってしまいます。ヴィンランド・サガ 20幸村誠 / 講談社 アフタヌーンKC / 2017 ヨーム戦士団の内紛に介入せよと、トルケルにクヌート王の勅令が下った。しかし、トルケルはクヌート王の命令など関係無く、ただ戦争をしたいと言う。一方のフローキ側のヨーム戦士団。ガルムがトルフィンではなく、ヴァグンを殺害してしまっ [続きを読む]
  • 天体シリーズ切手第1集 手押し&押印機 特印
  •  これまで、星座の切手は2シリーズ発行されていました。第2シリーズ「星の物語」の次は、「天体シリーズ」です!◇日本郵便:特殊切手「天体シリーズ 第1集」の発行 全4集の予定とのことです。 今度のシリーズも、ホログラムできらきらしています。今回は隠し文字はない模様?どう見ても確認できませんでした。 今回は天体ということで、太陽、惑星から彗星、星雲と幅が広いです。冬の発行にあわせたのででしょうか。オリオン座にあ [続きを読む]
  • 野尻抱影 星は周る
  •  この本は出た時から気になっていたが、すっかり忘れてしまっていた…。ようやく思い出して手に取りました。野尻抱影 星は周る野尻抱影 / 平凡社、STANDARD BOOKS / 2015 「星の文人」「天文学者(てんぶんがくしゃ)」の野尻抱影の随筆選集です。野尻抱影の天文、星座、星のエッセイはいくつもでています。が、絶版だったり、なかなか手に入りにくかったり…。全集を出してほしい(例えば河出文庫の須賀敦子全集みたいに、手に取りやす [続きを読む]
  • 【2018.1.31】 吹雪の晴れ間に皆既月食
  •  昨晩の皆既月食です。・準備編:【2018.1.31】 皆既月食を見よう! 準備編 昼間は晴れていて、このまま夜になっても晴れた空が続けばいいなと思っていました。しかし、夕方から曇り始め、日没後には雪が降り始めた。しかもかなり強い。多い。これは無理か…?予報を見ても皆既食の間はずっと雪。今の季節は雪の日が多いし、今年は特に強い寒波が続いているし…。少しでも晴れたらいいなぁ…と思いつつ、月食が始まる時間を待ちま [続きを読む]
  • 【2018.1.31】 皆既月食を見よう! 準備編
  •  記事を書こう書こうと思っていたら前日になってしまいました。 明日は皆既月食です。◇国立天文台:皆既月食(2018年1月31日)◇国立天文台:皆既月食を観察しよう 2018 キャンペーン ↑今回も国立天文台で観察キャンペーンをやります。見たら、是非観察結果を報告してくださいね。◇アストロアーツ:【特集】2018年1月31日 皆既月食◇JAXA 宇宙教育センター:みんなで皆既月食を観察しよう 2018 ↑観察のためのワークシート [続きを読む]
  • オンネリとアンネリのふゆ
  •  フィンランドの児童文学を。以前読んだ「オンネリとアンネリのおうち」。この「オンネリとアンネリ」シリーズは全部で4作あるのですが、第2作も日本語訳が出ていました!素晴らしい!!・第1作:オンネリとアンネリのおうちオンネリとアンネリのふゆマリヤッタ・クレンニエミ:作/マイヤ・カルマ:絵/渡部翠:訳/福音館書店、世界傑作童話シリーズ/2016 小学生の女の子、オンネリとアンネリはとても仲が良いお友達。薔薇横丁に薔薇乃木 [続きを読む]
  • ムーミン切手再び +特印 (押印機印)
  •  今、話題になっているムーミン…。今回は切手の話なのでその話には触れないでおこうと思います。思うところは色々あるのですが…。ムーミンの切手が発行されたタイミングでこんな話題になるなんて…。 先日郵頼した、「ムーミン」切手の押印機特印が届きました。・ムーミン切手再び +特印(手押し印)◇日本郵便:グリーティング切手「ムーミン」の発行 ムーミンとスナフキンが木の上にいて…おしゃべりしているのでしょうか。スナ [続きを読む]
  • カリスマ解説員の楽しい星空入門
  •  夏にNHKラジオ第1で放送している「夏休み子ども科学電話相談」。大人にも大人気で(むしろ大人が楽しんでいるような…わかる、すごくわかる)この冬は「冬休み」編も放送されたんだとか。その「宇宙・天文」分野の担当の先生のひとり、「コスモプラネタリウム渋谷」の解説員、永田美絵先生の星空入門の本です。カリスマ解説員の 楽しい星空入門永田美絵:著/八板康麿:写真、矢吹浩:星座絵/筑摩書房 ちくま新書/2017 「子ども科学電話相談 [続きを読む]
  • イギリスだより カレル・チャペック旅行記コレクション
  •  前回、カレル・チャペックのデンマーク、スウェーデン、ノルウェー旅行記「北欧の旅」を読んだのが2014年。思ったより前だった。この本を読んでいたのは去年ではあるのだが。チャペックの旅行記、今度はイギリスです。ギリスだより カレル・チャペック旅行記コレクションカレル・チャペック:著、飯島周:訳 / 筑摩書房 ちくま文庫 / 2007 1924年5月から7月まで、イギリスを旅行したチャペックは、イギリスに魅了される。大都市ロ [続きを読む]
  • ムーミン切手再び +特印 (手押し印)
  •  前回、「ムーミン」の切手が出たのは2015年。「ムーミン」シリーズ出版から70年の年でした。今年、再び「ムーミン」の切手が発行されました。今年は特にメモリアルイヤーではありません。去年、フィンランド独立100年だったことぐらい…?来年は日本・フィンランド国交樹立100年です。◇グリーティング切手「ムーミン」の発行 今回のムーミン切手は、62円(前回2015年は52円だった…)はムーミンたちが誰かのために何かをしているところ [続きを読む]
  • 地図のない道
  •  本は読んでいるのですが、感想を書かないまま、どんどん溜まってしまった。どんな本だったか、どこに惹かれたのか、それを再確認するためにも、感想を書くのは必要かなと思う。少しずつ読んでいる須賀敦子さんのエッセイを。地図のない道須賀敦子 / 新潮社、新潮文庫 / 2002年 (単行本は1999年) イタリアの友人から、ある本を贈られた。その著者の作品が好きで読んでいたので送ってくれたらしい。その本は、ローマのゲットから [続きを読む]
  • 「しきさい」(GCOM-C)、「つばめ」(SLATS) 打ち上げ!軌道へ
  •  昨日、打ち上げられたH2Aロケット37号機。もう37号機なんですね。そんなに打ち上げられ、実績が積まれているのか…。搭載された気候変動観測衛星「しきさい(GCOM-C)」と、超低高度衛星技術試験機「つばめ(SLATS)」も、無事に軌道に投入、太陽電池の展開と電力、地上との通信、姿勢制御、全て順調だそうです。よかった。おめでとうございます!!◇JAXA:気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)及び超低高度衛星技術試験機「つばめ [続きを読む]