絢 さん プロフィール

  •  
絢さん: 雑記帳
ハンドル名絢 さん
ブログタイトル雑記帳
ブログURLhttp://aya.yabure-kingyo.com/
サイト紹介文映画鑑賞や読書感想など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2006/06/02 15:07

絢 さんのブログ記事

  • 『キングスマン:ゴールデン・サークル』
  • いろいろあっても、私はとにかくキングスマンが好きだ。心待ちにしていた。 前作の方がちょっと好きかもだけど、彼らにまた会えたことはなにより嬉しい まさかの、私思わず主人公と一緒に泣いてしまったし(TT)ハリー!!ハリーが好きよ。(でも、マーリンもアーサーも好きなんだよ...TT) 『ローガン・ラッキー』の弟カイロ・レンに続いて(笑)、お兄ちゃんテキーラ登場!かと思いきや…orz、ってなったけど、ふ [続きを読む]
  • Project Itoh『虐殺器官』『ハーモニー』『屍者の帝国』
  • 人間の不安定さ。『虐殺器官』うーん、これは実写映画化して欲しかったーー。他よりは、まだ落ち着いていて良かったですが。ヒトは殺す。それを意図的に引き起こす方法がある。ほとんど今の世界の状況に少しテクノロジーが進んだ設定の世界。(最近の情勢もあるし、うーん…日本に住んでいる私はジョン・ポールの考えにも共感できてしまうよね...。)ストーリーがかなりすっきりしたので、もう一度小説を読み直したい。以下 [続きを読む]
  • 絢とひさ枝のふらり旅『ジョシ』1/19〜21
  • 気付けば年も明けていまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。そしてさっそく1月はふらり旅『ジョシ』ですー!今回の座組みは、名前通りオール”ジョシ”!で、稽古場も明るく可愛く賑やかなので、毎回行くのも楽しくてウキウキしていたら、気付けばもう間もなくに迫っていました!お話も元気で楽しい内容です。私もとっても好きいやー、人生いろいろなことが起こりますよね。って感じで(笑)心より、心よりお [続きを読む]
  • 『ぼくのおじさん』
  • ほのぼの。少し昔の時代には、よくありそうな。祖父母や親族が一緒に同居している時代に。隣近所でももちろんいいんだけど、両親以外のそういうちょっと変わった大人が身近にいるっていうのは、なんかいいよね。個人的には、ハワイよりも、家周辺の日常のシーンをもっと見たかったな。 [続きを読む]
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
  • ポーグかわいい!かわいいよ!!!徹底的になーんにもしないけど、徹底的にかわいい担当(笑)カイロ・レンの、ずっと哀し気な感じがなんとも良いです。(ローガン・ラッキーの後なので、いやーツボです)なんだかんだで、ジェダイって繊細。ストーリーとしては、「ええー?」ってとこもあったけど。シリーズものはキャラクターへの愛着も湧くし、次回も楽しみ!!! [続きを読む]
  • 『パッセンジャー』
  • 映画館で予告を見て、観るリストから外した映画でした。(設定とか面白そうだったけど、SFというより恋愛色が強かったから...)で、それはまあそうなんだけど、けっこう予想と違って「えー」ってなりました。人が、自分の力でどうにもできない状況の中で、どういう心理になるかというのを描いた映画。 [続きを読む]
  • ナイロン100℃ 44th SESSION 『ちょっと、まってください』
  • 本多劇場で観劇。初めてで謎だった”当日引換券”で、なんと最前列。位置的にも見やすかったし、超ラッキー!誰もが自分に(過剰に疑いなく)自信を持ってる、そんな突き進む人々がカツンカツンとあちこちでぶつかり合っているのが、とっても愉快で...それを包み込む、なんだか怪しい不気味さがひたひたと...。あー、おもしろかったな!ニヤニヤしてました。行けて良かったー「チョットマッテクダサ〜イ」...。お母さん [続きを読む]
  • 『ローガン・ラッキー』
  • ついてない兄弟が大金強奪を計画する話。もうどう見ても失敗しそうなチームで、なんだかのんびりしてるし、そういう意味でハラハラする(笑)...のだけど。もっとめちゃくちゃな展開かと思いきや、これがなかなか。キャスト陣のダサっぷりがいい。それにしても俳優さんたち、腕太い、首太い、体格いいなあ。 [続きを読む]
  • 『HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION』
  • もはや言うことは何もない、というよりいっぱいありすぎる。(私の最大の願いは届かなかったけど)キャラクターみんな大好きだなぁ。豪華すぎる大御所俳優陣の存在感にニヤニヤしてしまいます。シリーズ通してアクションシーンが本当にすごくて、最近はアクション監督やスタントチームのクレジットにも目が行くようになりました。国内では制約が多い中でなかなか難しいと思うけど、こういう勢いで日本でも映画作りをしていってくれ [続きを読む]
  • 『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』
  • 『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』 (映像)魅力的なキャラクターたちが駆け巡る。いろいろな問題が詰め込まれた、可笑しくて哀しい物語。映像でも、充分パワフルで面白かった。演奏と語りの演出も、この不思議世界が当たり前の世界のように成立するのも、舞台ならではで好きです。それにしても、岡田将生くんのポテンシャル…。 [続きを読む]
  • 『ブレードランナー2049』
  • あっという間に日々が過ぎて、もう感想が間に合わない;『ブレードランナー2049』ちゃんと予習して行ったので、すんなりと世界に入れました。映像美。ほれぼれするシーンがたくさんありました。個の存在とは何なのか...。いろいろあるけど、根本の部分は変わらず。レプリカントはともかく、バーチャルな恋人は、もうほとんど現実化してますよねぇ。これこそ、大スクリーンで重低音体感上映で観たかった(><)やっぱり、映画は公 [続きを読む]
  • 『ストリートフェスティバル・イン・シズオカ 2017』
  • あっという間に一週間が過ぎてしまいました(><)やぶれ金魚は、今年もストリートフェスティバル・イン・シズオカに出展!たくさんの人に来ていただき、感謝感謝です!毎年来てくださる方もいらっしゃって、年に一度お会いできるのが嬉しい、ほっこりのこの二日間なのです。1日目には、1円玉投票で一位をいただきました!ありがとうございます〜〜それから、このイベントを支えてくださっている委員会、スタッフ、ボランティア [続きを読む]
  • 『オン・ザ・ミルキー・ロード』
  • 最っっっ高でした!!!ここ最近のナンバーワン!あのセンス最高、動物たちすごい、チャーミングな人々、音楽良い、ナイス美人!”ヤバイ”という言葉が合う映画。すごいな、観られて本当に嬉しい映画。もう一回スクリーンで観たかった。好き嫌いは分かれそうだけど、私は大好き。おすすめ→公式サイト [続きを読む]
  • 『スイス・アーミー・マン』
  • どのジャンルにも属さない感じの…なんじゃそりゃ!と思ったり、オエーとなったり、じんわりきたり、なんとも言えないヘンテコファンタジー?(敢えて言うなら)森の中のシーンとか、とても良かったです。驚いたのは、ポスターのおじさんがおじさんじゃなかったこと! [続きを読む]
  • 『アトミック・ブロンド』
  • MI6の女スパイが主人公のアクション映画!観なきゃ!となった一作。超美人!だけど、超人(映画的に)になりすぎず、「が、がんばれ…!」となる程度には、やられたりするので、つい拳に力が入りながら最期まで観ました。壁崩壊直前のドイツを舞台に、各国の諜報員が入り乱れる(その辺の名称とか知らないと混乱するかも)スピード感ある展開。女スパイものでありがちなお色気シーンは無くて(違う意味で無いことも無いんだ [続きを読む]
  • 『ブレードランナー ファイナル・カット』
  • 『ブレードランナー ファイナル・カット』進化と荒廃が進んでいる近未来像、世界観とビジュアルの美しさにただただ魅入られてしまいました。これが30年以上前に作られたのか...。なんていうか、すごい本気を感じる。そしてなんと言っても、ロイ!!!素晴らしかった。何を持って人間というのか。一個体として、存在することは不可能なのでしょうか。 [続きを読む]
  • 『バリー・シール アメリカをはめた男』
  • 映像(ちょっと古い感じ)が、ストーリーや時代感を感じられるニクい作り。こういう映像カッコイイなぁ。気持ち良い。内容は、主人公もアメリカ政府も麻薬業者も、ロクでもない。フィクションならまだしも、実話なんてまったくただ腹立たしいだけの登場人物たちでした。実話がもとだけあって、ラストは「まあ、そうだよね」という感じだったけど、トム・クルーズだからか、なんかすごい逆転劇を勝手に期待してしまう(笑)あと、原 [続きを読む]
  • 『溺れるナイフ』
  • 一見キラキラとした青春モノのようで、全体に纏わりつく粘着感...。好きになれない主人公。それが、夢のような少女漫画の世界というだけでなくどこかに残るものにしているような気がする。監督の、なんというか…どこか奥底にあるものがにじみ出ているんじゃないだろうか。 [続きを読む]
  • 『シャーロック・ホームズ』
  • 『シャーロック・ホームズ』90年代ロンドンの雰囲気が、なんとも薄暗くて良いv推理モノというよりも、冒険活劇風のカッコイイ系で、これはこれで好き。なんだかんだ言いながら頑張るホームズ&ワトソンコンビが、やっぱりこのシリーズの見所。ドラマに出演しているのも見たけど、やっぱりスクリーンのジュード・ロウが断然好きだなぁ。 [続きを読む]