中澤信幸 さん プロフィール

  •  
中澤信幸さん: きょうもいい人
ハンドル名中澤信幸 さん
ブログタイトルきょうもいい人
ブログURLhttp://nobu.bokushi.jp/
サイト紹介文がんばり、つながり、気配りを大切にする人のために。いい人のすゝめ、リーダーシップ、日々の法則、失敗談
自由文大野キリスト教会(神奈川県相模原市http://oono.kyokai.org/)牧師の中澤信幸が、「いつだってあなたのために」をモットーに、心を元気づけるような、ちょっとした話を紹介します。あなたの歩みがすばらしいものでありますように!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2006/06/06 11:14

中澤信幸 さんのブログ記事

  • 「答えられない祈り」コリント人への手紙第二12章6-10節
  • メッセージタイトル答えられない祈り 聖書箇所 コリント人への手紙第二12章6-10節 パウロは、自らの使徒としての権威を攻撃され、擁護しなければならない立場に立たされた。しかし、過大に評価されることを避け、高ぶらないように与えられたという肉体のとげに言及する。取り去られるように祈ったが、祈ることをやめるに至った。なぜか?「キリストの恵みは十分である、その力は弱さのうちに完全に働く」という語りかけによって [続きを読む]
  • 0455 仕事でずるいと思ったとき、タイヤの気持ちになってみる
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年11月16日金曜日、第455回目の放送です。 仕事をしていると、自分だけとても大変なことをしているように感じることがあります。他の人はずるい、と感じることもあるでしょう。今日は、そんなときに思い出したい、タイヤの気持ちを紹介します。 タイヤのジレンマ車にはタイヤがあります。タイヤはいつもジレンマを感じています。高速な回転で道路を走って行きます。凸凹道もありま [続きを読む]
  • 0454 十字架上の犯罪者が世界の救い主とされる理由
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。2018年11月15日木曜日、第454回目の放送です。 世界史の教科書には、イエス・キリストはどう紹介されていますか。人々に教えを説き、十字架で処刑された人物として載っています。また、キリスト教の開祖であるともされています。はたして、十字架で処刑された方が、どうして救い主となりうるのでしょうか。 なぜイエスが救い主なのか毎週木曜日、イエス・キリストが十字架の上で語った [続きを読む]
  • 0453 あなたはどのくらい自分をわかっているか
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年11月14日水曜日、第453回目の放送です。 自分で自分のことを理解するのは、かんたんなようで、難しいことです。私も、自分のことがよくわからない部分がたくさんあります。今日の放送は、とってもぐちゃぐちゃしていて、お聞き苦しいです。朝から、申し訳ない… 次の質問に「はい」「いいえ」で答えてください。理由があれば、ドアマンや警備員の前を何も言わずに通りすぎること [続きを読む]
  • 0452 これからの人材育成のために大切なこと
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年11月13日火曜日、第452回目の放送です。 どんな仕事でも、次の人を育てるという意識をもつのは自然なことです。では、どのようにすれば、良い人材を育成することができるのでしょうか。何か秘訣のようなものが有るのでしょうか。人材育成のために大切なことをお話します。 スターを育てるギバーギバーの生き方について紹介しています。アダム・グラントが書いた「ギブ・アンド・ [続きを読む]
  • 0451 伝わる言葉を選んでコミュニケーションをとろう
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年11月12日月曜日、第451回目の放送です。 ことばには、意味がぜんぜん違うのに、響きが似ているものがあります。そういうものは、違う言葉で言い換えないと、混乱が生じます。そういうことに気がつく、コミュニケーションの気遣いの話をしましょう。 「鍵をかける」と「鍵をあける」は似ていて、大違いこれを間違えると、大変な結果になってしまう言い換えて、間違えられないよう [続きを読む]
  • 「あなたのために」コリント人への手紙第二6章1-13節
  • メッセージタイトルあなたのために 聖書箇所 コリント人への手紙第二6章1-13節 神は、私たちの苦しみ、悲しみ、嘆きに対して、イエス・キリストの十字架と復活による救いの恵みを与えてくださっている私たちは、孤独を感じる。しかし、イエス・キリストもまた同じ孤独を歩まれ、私たちの友となってくださっている。神とともに働く、神の民の仲間に加えられている。「どうせ、結局」「しょせん…」という人生に対するあきらめ、皮 [続きを読む]
  • 0451 飽きっぽい人でも、これなら続けられるというコツみたいなもの
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年11月9日金曜日、第450回目の放送です。 あさのば、450回目を迎えました。飽きっぽい私が、続けてこれたのにはコツがあります。聞き続けるのにもコツがありそうです。今日は、継続のコツについて、お話します。 450回も続きましたあさのばが450回を迎えました。以前は、50回ごとに一週間のお休みをいただいていました。最近は、いいペースができたので、それも不要になりまし [続きを読む]
  • 0446 コミュニケーション上手な人が使いこなす短いメッセージ
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年11月5日月曜日、第446回目の放送です。 コミュニケーションには2種類あります。たくさんの情報を整理して、順序立てて正確に伝えるコミュニケーション。短いフレーズにメッセージを凝縮して、インパクトをもたせるコミュニケーション。場合によって、使いわけることができるといいですね。短い言葉に意味を込めることについて、お話します。 「あさのば」は、購読登録がおすすめ [続きを読む]
  • 48人目の中の人「がめがめ」鈴木さん、田中さん
  • どうも、インタビュアーの中澤信幸です。 今回のゲストは、第47回の「半ドン!だ話!」ぱんたんさん、しょこさんからご紹介いただきました。 がめがめから、鈴木さん、田中さんがゲストです。 鈴木さん、田中さんへポッドキャストについて10の質問1. 収録環境は?自宅の書斎、リビングからオンラインでつないで収録。 2. 収録機材は?iMacにマイクをつないで、GarageBandで録音。SoundFlowerとRadioCastを経由して、双方の音源を [続きを読む]
  • 0445 18才の青年が3時間半かけて真夜中にピザを配達した理由とは
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年11月2日金曜日、第445回目の放送です。 あなたは何のために働いていますか。何のために、というのは目的です。あなたは、自分の仕事をとおして、どんなことを実現しようとしているのでしょうか。3時間半かけてピザを届けた青年のエピソードを紹介しながら、なんのためにという目的を考えてみましょう。 「あさのば」は、購読登録がおすすめです。 [続きを読む]
  • 0444 イエス・キリストの十字架上のことば「完了した」
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年11月1日木曜日、第444回めの放送です。 完了した、というのは、「よし、すべてがうまくいった」ということです。十字架で死刑になる人物の口から聞くようなことばでは無いでしょう。いったい、イエス・キリストは、十字架の死によって、何を完了したというのでしょうか。 やられてしまったのか?イエス・キリストは、十字架の上で「完了した」という言葉をもって、ご自身の命の [続きを読む]
  • 0443 大胆な性格で冒険心のある人の特徴は?
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 あなたは大胆な性格ですか。新しいものに取り組んだり、危険を恐れずに挑戦したりするのが好きですか。それとも、いつもと同じことにじっくりと取り組むことが好きですか。大胆で冒険心のある人の特徴についてお話します。 自分がわかる質問に答える毎週水曜日は、中澤信幸が中澤信幸についてお話しする曜日にします。というのは、私は自分のことを話すのが、あまり得意ではないんです [続きを読む]
  • 0442 人の成功を祝福できる人が、自分の成功を祝福して貰える人
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年10月30日火曜日、第442回目の放送です。 私たちが一番に気にするのは、自分がうまくできるかどうかです。と同時に、人がうまくできているかどうかも気になります。当然、自分がうまくいかず、人がうまくいけば、あせったり、うらやましく思ったりするでしょう。でも、そうでない受け取り方もあることをお話しましょう。 「あさのば」は、購読登録がおすすめです。 [続きを読む]
  • 0441 10年後の自分、想像できますか?
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年10月29日月曜日、第441回目の放送です。 私たちは誰もが、まだ生きたことのない時間を経験しながら、これからの歩みを築いていきます。これから10年先の自分を想像してみるのは、案外と難しいものです。その助けとなるのは、いろんな人たちの人生模様を聞かせてもらうことでしょう。 Tくんたちとの再会昨日は、一年に一度行われる教会墓地での礼拝でした。お墓に行って、三つ、 [続きを読む]
  • 0440 あまり知られていない謙遜の本当の意味とは?
  • どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。 2018年10月26日金曜日、第440回目の放送です。 謙遜とは、へりくだることである、と一般的に理解されます。相手を立てる、よいものです。ところが、謙遜という名のもとに、自分を見失ってしまうことがあります。今日は、あまり理解されていない、謙遜の本当の意味についてお話します。 謙遜の本当の意味とは?謙遜の本当の意味について、考えてみましょう。イギリスの作家であるC・S [続きを読む]