kuro74 さん プロフィール

  •  
kuro74さん: cross+core
ハンドル名kuro74 さん
ブログタイトルcross+core
ブログURLhttp://crosscore.blog68.fc2.com/
サイト紹介文本、酒、旅。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2006/06/13 13:14

kuro74 さんのブログ記事

  • 藁ト炭
  • エキニシの『バルタン食堂』に始まり『BALTAN本店』、『倉庫B』、さらにバルタン食堂 LECT店と、気づいたらどんどん拡張していたバルタン・グループが駅裏…じゃなくて、エキキタ側にまで進出。店名通り、藁や炭で炙った料理が中心のお店らしいです。 [続きを読む]
  • ベイビー・ドライバー
  • 幼い頃、交通事故に遭い耳鳴りが収まらなくなった主人公ベイビーは、iPodで音楽を聴くことでその騒音をかき消し、日々をやり過ごしていた。そんな彼には一つの才能ともう一つの顔があった。それは、誰も追いつくことができないドライビング・テクニックと、その特技を使って強盗犯を逃がす運び屋という顔。だが、その仕事は決して彼が望むものではなくある出会いをきっかけに、足を洗うことを決意するのだった―。 [続きを読む]
  • 家庭料理 藤
  • せっかく西条まで来たので、もう一軒はしご。少し調べてみたら『そうびき』の近くに日本酒が揃った立ち飲み屋さんがあったので向かってみると、残念ながら臨時休業。でもその隣に、おでんと書いた提灯を出しているお店があり、ふらふらと吸い込まれるように入店。 [続きを読む]
  • みやち
  • ライブ前に、さくっとごはん食べて行こうと思い宇品通り沿いでお店探し。久々に太閤うどんの本店も行きたかったんだけど、ライブ前に飲みすぎてしまいそうな予感がしたので(笑)、前から気になっていた大衆食堂へ。 [続きを読む]
  • カクバリズム 15years Anniversary Special
  • カクバリズムのレーベル設立15周年記念ツアーが岡山のキックオフに続き広島でも開催されたので行ってきた。岡山はYOUR SONG IS GOODとceroの2マンだったけど、今回はそれに諸々加え全7組の大所帯。ということで、当日発表されたタイムテーブル見たら14時スタートで21時終了予定という7時間強行コース! [続きを読む]
  • すし博
  • ここ数年で、いろんなジャンルのお店が次々に数十軒オープンした広島駅西。そんな中でも、密かに待ち望まれていたお鮨屋さんが、今月ついに開店。『岸本食堂』の隣に位置するお店に早速伺ってきた。 [続きを読む]
  • 積読漫画雪崩式1709
  • 今月は久々の続刊から最終巻までと、いろいろ節目の時期。しかし連載漫画追いかけてたら、10年なんてあっという間に過ぎちゃうんだな…。少しぞっとする。■西原理恵子『毎日かあさん14 卒母編』 毎日新聞社2002年に連載が始まり、実に15年近く続いてきた本作も14巻でとうとう完結。連載当初はまだ幼かった西原さんちのお子さんも気づけば大学生&高校生になり、よその子が育つのは早いというのを思いっきり実感させられた。 [続きを読む]
  • 新感染 ファイナル・エクスプレス
  • 多忙な日々を過ごすファンドマネジャーのソグ。彼は仕事に没頭するあまり妻とは離婚し、まだ幼い娘スアンと、老いた母の三人で暮らしていた。その娘の誕生日に、別れた母に会いたいと頼まれたため仕事の合間をぬって妻の住む釜山へ向かうことに。二人が乗り込んだソウル発、釜山行きの高速鉄道KTX101号は、定刻通り静かに走り始めたのだが…。 [続きを読む]
  • 酒と肴 SAi
  • 今回の大阪弾丸遠征では、お初天神近くのホテルに泊まったので、そばにある『酒肆 門』という居酒屋さんに行きたかったんだけど、ライブ終わってホテルに着いた時点で既に営業時間は過ぎていたという…。その他の店もだいたい終わりかけで、開いてるのはチェーン系の店ばかり。やむなく北新地あたりまでうろうろして、看板に2時まで営業中と書いてあったこちらのお店に入ってみた。 [続きを読む]
  • Perfume FES!! 2017
  • 2013年、2014年に続き、今年も行われたPerfumeフェス。6月の幕張では、電気グルーヴ&チャットモンチーを招き今月は愛知でスガシカオ&レキシ、そして大阪では星野源、マキシマム ザ ホルモンというラインナップ。その中で大阪初日の星野源との対バン@大阪城ホールに行ってきた。 [続きを読む]
  • ダンケルク
  • 1940年、フランス・ダンケルク。ドイツ軍の侵攻により、フランスの北の果てにある港湾都市まで追い詰められた英仏連合軍、その数40万人。彼らを対岸のイギリスへ救い出すための一大撤退作戦が、圧倒的なリアリティを伴って描かれる。 [続きを読む]
  • 積読漫画雪崩式1708
  • 今月は早いうちにいろいろ発売されたのでお盆休みにゆっくり読めてよかった。真夏に冷房のきいた部屋で漫画読むのしあわせ。■九井諒子『ダンジョン飯』5巻 エンターブレイン前巻でようやく当初の目的であったファリンの救出に成功したライオス一行。だが、そんな彼女の復活の際に感じた嫌な予感は的中し、今巻序盤でファリンは再び姿を消すことになる。その元凶は、本作第1巻から存在が示唆されていた迷宮の主であり、すべての始 [続きを読む]
  • 呉はしご酒2017
  • 今度こそ本当にお盆明けた頃、久々に呉の酒場を徘徊してきた。まず一軒目は、定番の『オオムラ』できゅうりの浅漬けをつまみに生ビールをグッと二杯飲んだ後、まだ明るいうちから飲み歩きスタート。『貫太郎』呉ではまだ珍しい立ち飲み屋さんがあると聞いていたので早速二軒目で向かう。奥に向かって細長い店内には平日の開店時間直後にも次々お客さんがやってくる人気店。既にビールは飲んできてるけど、生がヱビス樽生ビールだっ [続きを読む]
  • やま音
  • お盆休みもそろそろ終わったかしらと思って懲りずに再び酒場放浪。そして、またしてもあちこちのお店に振られまくるという。その途中、流川の路地裏『イシオカ』や『ぬけさく』がある通りに見慣れない看板を出しているお店を見つけたので、階段を駆け上がり扉を開けてみた。 [続きを読む]
  • 僕とカミンスキーの旅
  • 30代で無名の美術評論家ゼバスティアン・ツェルナー。芸術家の伝記で一発当てようと目論み彼が目をつけたのはマティス最後の弟子にしてピカソの友人であり、かつてNYでポップアートの寵児として活躍した盲目の画家マヌエル・カミンスキーその人であった。 [続きを読む]
  • 宝山モヒート
  • エキシティに酒店ができて以来、日本酒とかワインとかちょこちょこ家飲み用のお酒を買って帰るんだけど先日久々に焼酎の棚を物色してて見つけたのがこの「宝山モヒート」。既に出来上がった焼酎に後からミントを足したというわけではなく、二次仕込みの段階で芋とともにミントを入れて発酵させ、蒸留したという。そのため、ミントの香りがほのかに漂う爽快な飲み口になってて、ロックや水割りはもちろん、ソーダ割りもぴったり。蒸 [続きを読む]