O さん プロフィール

  •  
Oさん: プロデューサーOの独り言
ハンドル名O さん
ブログタイトルプロデューサーOの独り言
ブログURLhttp://ogawapp.hamazo.tv/
サイト紹介文映画「ブタがいた教室」 のプロデューサーOのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2006/06/15 16:07

O さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • 漢字二文字で済みます。号泣。色々と言いたい事はありますが、フレディ先生にただ平伏すのみ。1985年のあの日を思い出す人、1985年までを思い出す人、1985年からの30年を思い出す人、声だけで10万人近い人を動かすことに驚く人、全ての人をフレディ先生がレ〜〜〜〜オで泣かす、動かす、鳥肌を立たせる。ただただひれ伏すのみ。 [続きを読む]
  • search/サーチ
  • 携帯やSNSがあるとドラマが作れないとか、アジア人の主演はヒットしないとか、アイデア次第で、そんなの関係無い好例。冒頭で親から子への愛情と、子から親への愛を微妙なすれ違いを含めてしっかり描いているのがまず第一の勝因、別の親子の愛が鍵。携帯→ショートメール→SNS・・そこから先の詮索、検索の逡巡やパスワード忘れました等は誰もが経験している事、そこは第二の勝因。カーチェイスやアクション、何を撮っても上手なん [続きを読む]
  • アンダー・ザ・シルバーレイク
  • 久しぶりに取り扱い注意の病原体に花園神社の近くで遭遇しました。いつ生まれたのか誰も自覚がない80年代に、六本木の某映画館に行くと感染すると言われたあの恐ろしいウイルス〔代表的なウイルス→言いたい事はわからないでもないが伝え方が自由すぎてよくわからないでもこれを面白いと言っておけば僕も私もシネフィル出血熱〕〔自称シネフィルに空気感染免疫不全疾患〕などがまた猛威を振るう前兆かもしれない。謎のitの正体を追 [続きを読む]
  • ブリグズビー・ベア
  • 映画を作るのが楽しい!それをみんなに観せるのがおもしろい!ビジネスコンテンツ、仕事、労働としての映画作り?ビジネスとしての映画も大事だけど、色んな事を忘れてない?ちょっと原点回帰しようぜーという作品・・・なのかもしれない(苦笑)。さあ、どんな映画にする?そもそも、なぜ!こんな事になった?その張本人をリスペクトしつつ暗黒面を粉砕しよう!張本人のひとり、ルークスカイウォーカーをキャスティングだー(苦笑 [続きを読む]
  • カメラを止めるな!
  • アイデアの仕込みの量と質がすばらしい。例えば【小説】はそれ自体が読み物として完結していてエンタテインメント作品として独立している。しかし【シナリオ】はあくまでも設計図であって、スタッフ、キャストによっては全く違うものができあがるし、本番でうまくいくとは限らない・・・その隙間に仕込んでる、仕込む為には○○○という仕掛けが必要。そしてその隙間には観客も作り手として入り込める(これが最大の仕掛けである。 [続きを読む]
  • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
  • 出た出た出たーメリル・ストリープの芝居力。字幕を読んでいると、芝居を見れない。芝居を見ていると、字幕を読めない。両方やればいい?無理無理!細かい事をやりすぎ!お嬢様育ちの天然感やそれゆえの腹の座り方などを視線やセリフの間など様々な手段で魅せてくれる。観客の感情移入とはどういう状況なのか?また、なぜ、移入してしてしまうのか?その状況のきっかけは何に作用しているのか?作用を発起するアクションやセリフの [続きを読む]
  • 15時17分、パリ行き
  • 拝啓、ハリー・キャラハン様あなたが44マグナムを35カメラに持ち替えてからずいぶん経ちますが、まだまだ世界は暴力にあふれ平和ではありません。僕があなたを知ったときはブルース・リーと同じようにワルモノをバッタバッタと倒してました。そして決めセリフの「make my day」今回のmake my dayは更に進化されてますね。誰かがいなかったら、何かが欠けていたら、どうなっていただろう。このシーンが無かったら、このカットが無か [続きを読む]
  • メッセージ
  • Louise sees future=no future, no future, no future for you for me for us・・・傑作だけど、映画『○○○○○○』や『○』で既視感ありありなので、ややウケ。この類のSF作品は、謎の上帝やwiseな人orAIが現れ、人類に契約を迫ったり、わけがわからないよ・・なんて言いながら接触を試みてくる。そして宇宙とは神とはこういうことなんじゃね?的な展開を迎える。できるだけ主人公のキャラ、パーソナリティ、エピソードは排除 [続きを読む]
  • ハクソー・リッジ
  • この人、いい人と思われたいんだ〜というような考え方をする人は、様々な相手を、そういう人と勝手に思い込む。相手の信念など想像する物差しを持っていない。そんな持ち得なかった物差しを、測らず(図らず)とも獲得してしまう男たちの物語。手や足を失いながら、命を魂を削りながら・・・♪軍曹(先生)、三角定規じゃ計れないものがあります♪そんな内容か?ではないとは言い切れない・・(汗)※息子が入隊を志願した事を知る [続きを読む]
  • 22年目の告白 私が殺人犯です
  • KILL THE CATの法則【SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術】というおもしろい本があります。シナリオの書き方に関して書かれたものです。冒頭で主人公が猫を助ける→あ、こいついいヤツじゃん→観客は主人公を応援するようになります。この主人公のキャラをベースに論理的に行動させていくように書きましょうというのが内容の一部です。『22年目の告白 私が殺人犯です』の場合は論理で登場人物を動かすのではなく感情を動機に [続きを読む]
  • 20センチュリー・ウーマン
  • めんどくさい20世紀Women ♪携帯無え ネットも無えwifiも全然飛んで無えビデオも無え ゲームも無え・・・♪そんな1979年、とにかく直接話すしか無えそう、めんどくさい登場人物によるめんどくさい作品なのです。話すしかないという事は、失言も有る、言葉足らずも有る、ケンカも有る。が炎上は無え、延焼も無え・・・正面から息子と向き合おうとするドロシア、じょうずな振る舞いはできないけどマトモなアビー、大事な相手とはセ [続きを読む]
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー
  • ♪なるべく小さな幸せと なるべく小さな不幸せなるべくいっぱい集めよう そんな気持ち分かるでしょう答えはきっと奥の方 心のずっと奥の方 涙はそこからやってくる そんな気持ちわかるでしょー♪ベン・アフレックがアカデミー授賞式で干されていた弟のオスカー受賞に涙していたのと作品自体が重なってみえた。ベーシックに悲しい事、小さな言葉、微妙な表情、痛ましい身体でユーモアも交えて丁寧に物語を紡いでいくのはビリー [続きを読む]
  • T2 トレインスポッティング
  • ♪もう若くないさと〜きみにいいわけしたね〜♪時計じかけのオレンジのディムは警察官、ワンダラーズのテラーは海兵隊、ガキ帝国のポパイは機動隊、もう若くないさと髪を切って言い訳をしながら、君もみるだろうかトレインスポッティングの続きを、、、、。80年代までは、やんちゃなガキも公務員になれたが90年代以降は自己責任・・・。そんな状況になっていても知らないフリをしている我々大人、そう、子供たちに対する大人達自身 [続きを読む]
  • 沈黙 サイレンス
  • 篠田正浩版『沈黙』と比較すると・・・ スコセッシ版『沈黙』のフェレイラはリーアム・ニーソン、 篠田版『沈黙』のフェレイラは何故か丹波哲朗(苦笑)。 両方を見ると、何故丹波哲郎かの意味がよくわかる。 どういうことか?  なぜタイトルが<沈黙>なのか、 その沈黙がフェレイラに与えた影響、 <転ぶ><転ばない>のそれぞれの葛藤、 司祭が踏むということ、などが丹波哲郎の方が日本語だけあって理解しやすい。リーアム [続きを読む]
  • 溺れるナイフ
  • 減点法で語ってはいけない作品。感情のプロットだけでイケイケどんどん進んで行くだけの作品は、人気や評論において神風が吹く時があります。吹き止まったら、その熱病から覚めてしまいます。本作は少し違います。感情で評価する人とロジックで評価しない人の賛否両論になる作品があります。最近だとグザビェ・ドラン、ちょっと前だとカラックス(異論があるかもしれませんが、マイカテゴリーではこの辺です。ゴダールは全く違いま [続きを読む]
  • 過去の記事 …