苺畑カカシ さん プロフィール

  •  
苺畑カカシさん: 苺畑より
ハンドル名苺畑カカシ さん
ブログタイトル苺畑より
ブログURLhttp://biglizards.net/strawberryblog/
サイト紹介文アメリカ住まいのカカシです。アメリカの視点から国際政治や文化のお話などをしていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2006/06/20 16:52

苺畑カカシ さんのブログ記事

  • 思想の多様性に敵意丸出しの後退派左翼
  • 8月下旬から始まった移動続きの出張だが、本日四つ目のホテルに移動。今日は花金だし今週末は仕事がないので一足先に週末を始めよう。昨日9/14日の夜、保守派政治評論家のベン・シャピーロがカリフォルニア州立バークレー大学で演説を行った。実は講演の瀬戸際まで実際に講演が実現するかどうか危ぶまれていた。それというのも、左翼ファシストテロ軍団のアンティファ・ファシスト連中がシャピーロの講演を妨害すべく集まってくる [続きを読む]
  • 「アンティファ」ファシストの目的は破壊だけ
  • 私はアンティファなるファシストテロリスト集団の本当の目的について誤解していた気がする。私は彼らが南北戦争時代の南部軍(コンフェデレイト)の英雄の彫像を次々に破壊していることに関して、彼ら民主党やその前進であるコンフェデレイトによる奴隷制度や後の黒人差別法律やKKKという暗い歴史を抹消しようとしているのだと思っていた。だから民主党議員たちも主流メディアたちもアンティファの暴力を奨励しているのだろうと。 [続きを読む]
  • 風と共に去りぬがポリコレ規制に触れた日
  • アメリカの歴史を抹消しようとする動きは遂にアカデミー賞受賞傑作映画「風と共に去りぬ」にまで手を伸ばしてきた。政治は自分たちには関係がないと思っていても、言論規制はこのように我々の生活の隅々まで手を伸ばしてくるのである。テネシー州のメンフィス市にあるオーフィウム劇場では毎夏恒例風と共に去りぬの上映が今月11日をもって今後同映画を上映しない旨を発表した。劇場側の案内によると、この映画上映に関していくつか [続きを読む]
  • MovableTypeのアップグレード遂に完成!
  • やったああ〜!大変長らく皆さまにご迷惑をおかけしましたが、やっとこさMovableTypeバージョン4.21へのアップグレードが完成しました。もう長年バージョン3.なんたらの旧式を使っていて限界が来ていたのですが、面倒くさくて放ったらかしにしておいたら全然書けなくなってしまいました。サイトホストのお姉さんに色々助けてもらって、ウエッブをファイアーフォックスに切り替えたらどうなのと言われたので、試してみたら見 [続きを読む]
  • Test of the system
  • This is just a test to see what's working (or not) on a shiny new server that replaced an older, aging server destined for th
    at great recycling center in the sky. We'll test comments, but not trackbacks (sorry). [続きを読む]
  • サイト修繕中のお知らせ
  • もう皆さまもお気づきのことと存じますが、我がサイトのホストサイトであるMovableTypeがアップグレード中で、色々問題を起こしています。メインページに行くと8月12日から全く更新していないように見えるのですが、カテゴリー、カレンダー、コメント、のページへ行くと更新したエントリーを読むことが出来ます。それで、もしもこのページを読むことが出来るならば、ここ当分の間、すでに読める特定のページへ行って、そこから [続きを読む]
  • アンティファ・ファシストこそが白人至上主義を正当化させる
  • 日本でも先週バージニア州のシャーロッツビル市で起きた右翼と左翼の衝突について報道されているようだが、アメリカのメディアは一方的に白人至上主義の連中が巻き起こした騒動のように報道し、トランプが十分に白人至上主義者を糾弾しなかったと大騒ぎだ。アメリカ・バージニア州で白人至上主義者とそれに抗議する人々が衝突した事件を受けて、トランプ大統領が白人至上主義者を名指しで非難しなかったことをめぐり波紋が広がって [続きを読む]
  • サイト修理中ご迷惑をおかけしました!
  • 苺畑よりのホストサイトであるMovable Typeが修理中のため、皆さまからのアクセス不能となったこと誠に申し訳ございませんでした。先週末から修理が始まったようなのですが、月曜日にミスター苺に電話させて事情を聴いてみたところ、サイトのアップデート中だったみたいです。私もブログエントリーはおろか、過去ログも読めない状態でした。でも、なんとか直ったようです。このエントリーが普通のお気に入りブックマークから来て読 [続きを読む]
  • アフリカからの違法移民密輸に加担するNGOに対抗するイタリア
  • この間ちょっと紹介したヨーロッパの若者たちによるDefend Europe(ヨーロッパを守れ)の行動だが、彼らの主張は「捜索と救助」という名目でヨーロッパのNGOがリビアの密輸業者とつるんで人身売買に加担しているというものだ。彼らは事前に打ち合わせ通り密輸業者の連れてくる移民を沖で拾ってイタリアもしくはトルコまで輸送している。NGOの言い分はリビアや他のアフリカからおよそ長い海の旅にはふさわしくない粗雑なボートで命 [続きを読む]
  • 外国人への思いやりで疲れる日本人
  • この間、カカシが皮肉で書いた「カカシはアメリカ人で日本人の繊細な神経を理解できない。「アメリカ人の私には、『暗黙の了解』や『約束事』は全く読み取れなかった。「最初からきちんと提示されていないものを外国人が理解できるはずだと思い込むのはどうかと思う。」という文章について、コメンターのシマさん(ハンドル名は5555shimaさん)から興味深いお便りをいただいた。全文公開および引用の承諾を頂いているので、ちょっ [続きを読む]
  • グーグル社員による異見弾圧社風批判メモが炎上、社員は即刻首
  • 先日米グーグルの社員が同社による行き過ぎたポリコレを批判する内部メモを書いたが、それが社外に流出してネットなどで大炎上。メディアはメモの内容を全く読みもせず、それがあたかも極度な女性蔑視のメモであるかのように報道。メモの著者である男性社員は即刻グーグル社を解雇された。下記はメディアによる典型的な偏向報道。強調は記事による歪曲部分である。女性差別文書で男性社員を解雇 米グーグル 解雇男性は反発米IT [続きを読む]
  • 国を守るためには国民アイデンティティーは必須
  • 先日、ヨーロッパの若者たちが「ヨーロッパを守れ」とリビア沖に繰り出したニュースを紹介したが、彼らはジェネレーションアイデンティティーと名乗り、自分らのことをアイデンティタリアンと呼んでいる。このIdentityという言葉は非常に訳しにくい。私は日本の高校の哲学の時間にこの言葉を最初に聞いたが、日本語の教科書にさえこの言葉は「アイデンティティー」とカタカナで書かれていた。そのくらい日本語にはしにくい単語だ。 [続きを読む]
  • 後退派左翼の過激ぶりに愛想をつかす革新派リベラル
  • 最近今まで自分をリベラルとか革新派だと思っていた人たちが、後退派左翼の過激派ぶりに呆れかえって愛想をつかすというケースを多く見るようになった。今回は、こともあろうに左翼リベラルの象徴ともいえるニューヨークタイムスに最近のフェミニストの指導者ともてはやされている過激派女性たちへの批判が載った。バリ・ウエイズ女史(BARI WEISS)著の革新派が嫌悪を奨励する時は読む価値あり。ウエイズは自称革新派リベラル。ト [続きを読む]
  • What's in a name? 呼称に関する日米文化の違い
  • 本日のエントリーを始める前にはっきり言っておく。私はネットおともだちのリリーさんについて、彼女の政治的なご意見にはほぼ賛同している。彼女のイスラエルや欧州に関する姿勢にも同調している。ダニセル・パイプス氏やダグラス・マレー氏らの著書翻訳に関しても非常な尊敬心を持っている。これからも彼女のブログやプロフェッショナルな著者は愛読させていただくつもりだ。しかし今回彼女が自分のブログで書いたカカシに対する [続きを読む]
  • トランスジェンダー押し付けも肥満奨励も同じ穴のむじな
  • 最近、トランスジェンダー関係の記事で、女なのに男性ホルモンを摂取して男に見える女が、「男も生理になる」とか言って生理の血液で汚れたズボンの股間を写した気持ち悪い写真をツイッターにアップしていた。自分が男になりたい人間が生理の苦痛に文句言うなんていい加減にしろよと思ったのだが、彼女の苦労が一体このカカシに何の関係があるのかと聞きたくなった。彼女が自分を男に見せたいと思うのは勝手だ。それで短髪にして男 [続きを読む]
  • 地球は過去19年間温まっていない、冷却期に入る恐れも
  • この間、ダンカークという映画を観に行ったときに、アル・ゴアの空想非化学映画「不都合な(不)真実」の続編トゥルーストゥパワーの予告編(ビデオ)を見てしまった。あんまりバカバカしかったので、トランプがEPA(環境庁)をつぶしてやると演説している部分でわざと拍手を送ってやったら、後退派左翼で牛耳られる映画館ではかなりの顰蹙を買ってしまった、私とミスター苺に向かって「黙れ!」「トランプは裏切り者だ、このくそ [続きを読む]