さとう さん プロフィール

  •  
さとうさん: 百代の過客
ハンドル名さとう さん
ブログタイトル百代の過客
ブログURLhttps://yysatoh.exblog.jp
サイト紹介文松尾芭蕉が”奥の細道”の冒頭に「時間も旅人だ」ということを書いています。日々の経過が私にも旅です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2006/06/26 07:40

さとう さんのブログ記事

  • 旅 18-30 豪雨、洪水、堤防決壊、防災ダム決壊、ダム放水、濁流
  • 西日本地方の台風水害は驚くことではない。むしろ、”年間に一度も被害が発生しなかった”、という話題の方が希少珍事なのである。それにしても、今回の災害はけた外れの惨事である。ここに陳列した数葉の写真コピーを一瞥しただけで、ホントに驚きだ。西日本各地の惨事の元凶は”豪雨”だ。なぜ、此処で、こんなに多量に降ったのか?気象庁の担当者は、テレビで明快に説明していた。そして繰り返し説明していた。「警報が発せられ [続きを読む]
  • 旅 18-29 オウムの心理、官僚の心理
  • 決裁済みの財務省の文書を改竄して、国会の予算委員会での首相発言を補完するように手直しし、更に己の発言「交渉経過の記録文書は全て1年以内に破棄したから、残っていない」。しかし発言後に調査したら残っていた。急いで処分破棄させた。首魁・前理財局長佐川宣寿(発覚前に国税局長官へ昇格)以下20余名が処分された。役人の忖度行為は、組織への配慮・上席への配慮・忠義心、というよりもいい目をしたいという我欲の表れで [続きを読む]
  • 旅 18-28 元海軍大尉・元海上自衛隊海将 左近允先生の命日
  • 今年は6月29日に、関東地方の梅雨が明けた。観測史上で最も早く、平常より20日、昨年より1週間早いそうだ。数日前から此の地でも、最高気温30度に達していた。ダム貯水池の水量が少ないので、「今夏は早めに給水制限に入らなければ、水不足になる」、と当局は懸念しているそうだ。6月30日は左近允先生の命日である。生前にお目にかかったのは一回だけ。しかし、この出会いには、我が余生に大きな影響を受けたのである。かなり本気 [続きを読む]
  • 旅 18-26 思い込み、
  • 6月18日午前7時58分頃、大阪府北部で地震が発生した。国土地理院が運用を行っている電子基準点リアルタイム解析システム・・・と難解な発表があったが、M6.1、深さ13km、最大震度6弱、という事であった。家屋の損害、コンビニ等の商品の損害、水道・ガス施設など生活関連のインフラも広範囲に大変な損壊であったらしい。就中人的被害は死者5人、負傷者数十人である。死者5人のうち、塀倒壊による圧死は2人で、一人は小学 [続きを読む]
  • 旅 18-25 「ゆるして」5歳児の叫びに大人たちは・・
  • 先に東京へ転居した夫の所在地へ、妻は幼児二人を伴って1月に、四国・善通寺市から転居した。その時の長女・結愛ちゃんの体重は16kgsであったそうだ。それでも標準値より4kgsほど少なかった。3月に死亡した際には12kgs! 虐待の惨い状況はとてもとても想像できない。産みの母が我が子に手を下したとは、思えない。継父の残虐性が日に日にエスカレートして行ったのだろう。どのTVも毎日毎日、朝昼晩とも放送を継続している。その [続きを読む]
  • 旅 18-24 可哀そうな、本当に可哀そうな幼児を・・・
  • 普通の家庭で、極く普通の両親に育てられていたなら、桜が満開の時に買ってもらった真新しいランドセルを背負って、小学校一年生となり、あと一ヶ月ほどで最初の夏休みが始まるはずだった。可哀そうにこの子は、3月に亡くなってしまった。昨日6月6日に突然、その短い不幸な可哀そうな生涯、親から虐待されて哀れに生命を絶ったニュースが、世間に流れた!! 本年1月、四国善通寺市から、東京・目黒へ転居して来た。家族は両親 [続きを読む]
  • 旅 18-23 好3点・・マラソン、喫煙禁止、イトーヨーカ堂
  • 東京オリンピックのマラソン・コース決定2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5月31日、マラソンと競歩のコースを発表した。新国立競技場を発着点とする。マラソンは浅草・雷門や東京タワーなど東京の名所をめぐる42.195キロとなった。東京ドームのある水道橋や日本橋を通過し浅草へ。浅草寺雷門前を回って南下、銀座や新橋を経由し東京タワーに近い僧上寺付近で折り返す。競歩は皇居外苑を舞台とした周回コース。男子50 [続きを読む]
  • 旅 18-22 うんざりの一週間
  • 暇な毎日なので、スマホでニュースを追いかけ、早朝から就寝までのニュース放送時間は、TVのチャンネルの如何に拘らず追いかけている。今週も興味を惹くものは無かった。ch5テレビ局の定例番組で、過ぎ去った一週間終末の朝になると、順位をつけてニュース番組を振り返って放映している。今回も10項目を取り立てていたが、ウンザリするもんが多かった。ホントにウンザリの一週間だった。ー − − − ー ー ー − 関学大 [続きを読む]
  • 旅 18-21 戦争状態、休戦状態
  • 韓国軍対北朝鮮軍:戦争継続状態、国連軍対北朝鮮軍:休戦状態本年2月に開催された平昌五輪の際に、北朝鮮の金正恩の実妹・金与生等一団と応援団・通称”美女軍団”が応援のため韓国入りして大統領に面会したり、女芸術団が韓国内で演奏会を開いたり、朝鮮半島に奇妙な出来事が起きていた。3月25〜28日には、金正恩は祖父・金日成、実父・金正日が使用していた専用列車へ自ら乗車して北京へ走らせて、習近平へ面会した。5月7~8 [続きを読む]
  • 旅 18-20 池原内科クリニック
  • 予約日時は11日の16時30分、その少し前に着いて、医院の玄関の自動二重扉を入ったら、目の前に蘭の花鉢が飾ってあった。この場所にはいつも、入れ替わりに何か大きな鉢物が置いてあるのだが、この日は珍しく高価な鉢だった。よく見たら ”開院15周年おめでとうございます” と祝辞の札が付いている。いつもの花屋が当日はお祝い鉢を差し入れたのだろう。看護師の指示で採尿、血圧測定、採血、を終えて、しばし待機して名前を呼 [続きを読む]
  • 旅 18-19 ゴールデン ウェーク は終わった。
  • 長い連休のイベントは終わった。報道機関、とりわけテレビはその一部始終を取り上げて話題を提供するのに、大忙しだった。高速道路の渋滞、空港の混雑、幼児を伴った家族たちの、話題のピックアップ等々、注目シーンのタネは豊富だった。天候にも恵まれハッピーな9日間だった。高齢年寄り二人だけの我が家には、関わりのないのは例年通り。最終日の夜は次女からの誘いで、往復、長女が運転する車で型破りな”そば店”へ出掛け、孫 [続きを読む]
  • 旅 18-18 藤の花を見る。一年目を慰め
  • 藤見会20年ほど前に、鉢植えの”藤の花”を買って数年、水遣りを続けた。買った翌年の春には、花房が二つほど垂れ下がった。丁度その時に、京都旅行の帰りに立ち寄った福島の実兄夫婦が「鉢植えの藤は咲かないと云われるのに、珍しい!」と云った。その通りにその後は、全く花は付かず幹も伸びずに過ぎた。数年後に思うことがあって、鉢から出して地面に移植したら、幹は勢いよく伸びてきた。剪定して再度鉢へ移植。その結果、本 [続きを読む]
  • 旅 18-17 飲食店禁煙条例、ASF総会
  • 東京都・小池百合子知事は、国の健康増進法改正案に比べて、厳しい規制となる条例・受動喫煙防止条例制定を目指したそうである。都内の飲食店の80%以上が対象となる「働く人や子供を受動喫煙から守る人に着目した骨子案だ」と強調した。骨子案は、”従業員を雇用している飲食店は店舗面積に関係なく原則屋内禁煙にする”、という事なのである。家族経営、家族のみで営業する店は、規制から外すという画期的な試みだ。ニュース記事 [続きを読む]
  • 旅 18-16 新築木造は3階建て
  • 我が家の直近のバス停から4つ目の停車が、駅前終点である。駅まで徒歩でも容易に20分でたどり着く。バスは西方の地域から、国道一号線を東へ向かって走ってくるのだ。しかし、現在はバスを利用せず専ら徒歩励行だ。隣のバス停へ向かう国道両側の家並みの大半が、一昨年ごろから建て替えに取り掛かっているのが目につく。旧家屋が古びているとも見えなかったが、やはり新家屋は見栄えがいい。新しい方がいいに決まっている。一種の [続きを読む]
  • 旅 18-15 Given Name
  • 数日前から今日にかけて、テレビのニュース、ワイドショー、の時間にはどの局でも「大谷選手、池江選手」の名前を何度も幾度も挙げてコメントしていた。その1、大谷翔平(23才)選手は今春から米大リーグ・エンゼルスの契約選手となり、本拠地・西部カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで行われたデビュー試合の快挙が、アメリカのファンたちを驚かせ、感激させ、大騒ぎになり、日本にもそのニュースが大波となって [続きを読む]
  • 旅 18-14 忘れもの、忘れごと、
  • 気付いたら桜は満開となっていた。日付は3月の第四週目だった。花は急に開いて急いで忙しげに、今日は大方の花びらが散っていた。近頃、気がかりなのは、時間の経過、月日の流れに追いついて行くのが大変なこと!印象に残る出来事を思い出しても、いつの事だったのか、なかなか見分けがつかない。家族を除く他の人達の名前を忘れて仕舞う。道路を挟んだ向かい側の隣家の名字、これを瞬時忘れて苦しむことさえある。悔しいことだ。 [続きを読む]
  • 旅 18-13 最悪の想定外
  • 米国の輸入制限米政権は23日、鉄鋼とアルミニュウムの輸入制限を発動、22日には中国製品に追加関税を課すことを柱とする制限措置を決めた。鉄鋼25%、アルミニュウム10%、を上乗せとなる。数日前から予定ニュースが流れていたので、米国国内は言うに及ばず世界中の主要国から、強硬な反対が巻き起こった。わが政府の経済産業大臣世耕氏は、記者会見を開いて「わが国は同盟国だから、対象外です。鉄鋼輸入税25%upになりませ [続きを読む]
  • 旅 18-12 天晴、愚劣、杞憂、身辺、
  • 天晴韓国・平昌で開催されたオリンピックは2月、日本は金4個・銀5個・銅4個、を獲得して世界11位であっても、史上最高の記録を作って終了した。次いでパラリンピックは3月9日夜の 開会式で始まり、18日閉会した。金3個・銀4個・銅3個を獲得して、お見事! 天晴!! 国内の視聴者の歓喜は大いに湧いた。特に開闢早々に金メダルを獲得した村岡桃佳選手が、アルペンスキー女子回転(座位)の猛烈なスピードで回転しなが [続きを読む]
  • 旅 18-11 蜥蜴は誰か
  • 昨年初頭以来燻っている首相個人の、政治家としての対応・品性の卑しさに起因するいわゆる「もりかけ」問題は、ここに来て大詰めとなってきた。どのような言辞を弄しても、逃れることが出来ない捕縛網が張られた状態になった。時価9億円を超える国有財産の”土地”を値引きして、首相・夫人が個人的に関わっていた森友学園に、1憶円余で売却契約を為した不届きな振る舞いは、会計検査院の監査も納得させることができなかった。財 [続きを読む]
  • 旅 18-10 昭和天皇陛下
  • 昨年の8月15日、例年の習わしで靖国神社へ参拝した。九段下駅で地下鉄電車を降りて地上へ出たら、大鳥居へ向かう歩道の両側には、大勢のチラシ配布の人たちが並んでいた。受け取りを拒む理由もないので、殆どのものを受け取って自宅へ持ち帰った。その中に 「”昭和神宮” を実現ましょう」 が含まれていたのである。半年前のその時点では、どのような団体が配ったのか全然記憶もないし、「珍しいことがあるものだ」と思った [続きを読む]
  • 旅 18-9 新聞、写真展
  • 今日の朝刊今夜8時から韓国・平昌で、五輪の閉会式が行われる。米国からスタンプ大統領の長女・イバンカ大統領補佐官が既に韓国入りして、首脳級の接遇を受けており、閉会式に臨席するそうだ。北朝鮮からはテロ、韓国の艦船沈没、島へ砲撃などの攻撃部門の頭目と言われる強面の要人が、参列するらしい。昨夜は、連日の実況と再放送のオリンピック競技に食傷気味となり、早々にテレビを離れた。朝刊を開いて驚いた。高木姉が大手柄 [続きを読む]
  • 旅 18-8 報道はフィーバー(2)
  • 昨日のワイドショー平昌五輪開催直前に決まった異変とは・・・。北朝鮮独裁国家のNo.2地位の人物(年齢90才)が開会式に参列する。独裁者の実妹が同道して韓国に入る。名高い美女応援団がやって来る。芸術団もやって来る。南北朝鮮アイスホッケー女子が急遽結成され、合同チーム「コリア」が試合に参加する。入場式には、朝鮮半島を”絵”として描いた旗を、両国代表が先頭になって共に掲げ、会場を行進する。独裁者が突然 ”ほほ [続きを読む]
  • 旅 18-7 報道はフィーバー
  • 今朝の新聞冬のオリンピックを、こんなにもマスコミが騒ぎ立てるとは、思わなかった。今朝のわが愛読紙はp1(左の一面記事)に始まり、p2〜3(二面記事)、 p 5、 p16〜17、 p18〜19  p26〜27(四面記事)と貴重な紙面を、特にフィギアスケートに割いていた。 何しろ入賞確実と騒がれていた二人が、平昌五輪9日の17日、男子フィギアスケートが行われ、予想通りに羽生結弦1位(金)、宇野昌磨2位(銀 [続きを読む]
  • 旅 18-6 第19回 NHK全国俳句大会
  • 「明日の15時に、NHKのEチャンネルで田端さんの入賞した俳句が放送されます」市川さんからの電話が来た。突然の知らせだったので、「・・・えっ???」電話の意味を飲み込むのに、しばし時間がかかってしまった。「俳句? 奥さんですか?」「ご主人ですよ」小生の問いに市川さんは答えた。3年半ほど前に、東京のホテルで催された堀江先生の”白寿のお祝い”に、田端ご夫人が詩吟を朗詠されたこと、ご主人が10年前ごろ(?)に、 [続きを読む]