林の子 さん プロフィール

  •  
林の子さん: HAYASHI-NO-KO 2
ハンドル名林の子 さん
ブログタイトルHAYASHI-NO-KO 2
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/
サイト紹介文「花」だけの毎日更新ブログです。 撮り溜めたものをランダム掲載ですので、脈絡はありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2059回 / 365日(平均39.5回/週) - 参加 2006/06/27 14:45

林の子 さんのブログ記事

  • イヌタデ(犬蓼)
  • 確かに今年はハナタデを撮る機会が多かった。同じように広がっているイヌタデを余り撮って居ないな…そう気がついてやっと撮り始めた。そんな雑草類が多い。花壇の花は目立つけれど、雑草類は意図して見ていないと見逃す。イヌタデ(犬蓼) タデ科イヌタデ属 Polygon... [続きを読む]
  • カキ(柿)
  • 『…裏の小山の柿の実が、真っ赤に真っ赤に熟れる頃…』『春には、柿の花が咲き、秋には、柿の実が熟れる…』幾つもの歌に柿の実。少しだけ山に近づくと路傍には柿の木。カキ(柿) カキノキ科カキノキ属 Diospyros kaki(2018.10.09 新明町)☆▲ 春、新緑と花の頃... [続きを読む]
  • シラサギガヤツリ(白鷺蚊帳吊)
  • 水田雑草なのだろうけれど園芸用として、水槽に入れるものとして持ち込まれた水草類は数知れず。カヤツリグサの仲間は水田などに入り込むと厄介な害草だしメダカ擬きもあちこちで捨てられ増殖していると聞く。増えすぎたからと捨ててはいけない…のだけれど、そんなモ... [続きを読む]
  • サルビア・アズレア
  • たぶん。サルビア・アズレア、スカイブルーセージ、ブルーセージ、プレイリーセージサルビア・アズレア シソ科アキギリ属 Salvia azurea(2018.10.09 明石公園)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−... [続きを読む]
  • タチスズメノヒエ(立ち雀の稗)
  • まだ今から咲こうとしているタチスズメノヒエが二つの隅櫓の内、南東側の石垣下で揺れている。二度の台風で白壁が剥がれ落ちて、立ち入り禁止になっていた場所。この場所にあったカラスノゴマはきれいに刈り取られたけれど南西側の坤櫓の石垣に復活している。タチス... [続きを読む]
  • キクイモ(菊芋)
  • 掘り起こして確認することまでは要らない。ここにはキクイモが咲いている。☆キクイモ(菊芋) キク科ヒマワリ属 Helianthus tuberosus英名 Jerusalem artichokeイヌキクイモ(犬菊芋)Helianthus strumosus塊根は小さい。(2018.10.07 田町)☆ ▲ イヌキクイモと... [続きを読む]
  • ハタガヤ(畑茅)
  • 二年前にここで撮って、すぐにハタガヤとしてページを作った。同じ場所に去年も足を運んでいる筈だけれど画像は無い。だから今日が二度目になる。残念ながら花期は終わり、全草茶色。ただ新しい稈が伸びようとしているのを見た。☆ハタガヤ(畑茅)カヤツリグサ科ハタ... [続きを読む]
  • ハマゴウ(浜栲)
  • 辛うじて刈り取られなかったハマゴウにまだ花が咲いている墓地に幾つかのカヤツリグサ。ハタガヤのページをご覧になった高野さんを案内した。幾つかのカヤツリグサ、イネ科の生育実態を記録するのが目的だそうだからやはり現場第一、そこの生育環境はその場に足を運... [続きを読む]
  • コウボウシバ(弘法芝)
  • この墓地でコウボウシバもコウボウムギも撮ったことは無い。それでもこの葉はいずれかの葉だと言う。もう一つ、海浜性のクロカワズスゲを松江の砂地で撮っている。そのいずれかがここでは広がっている。花期は春。コウボウシバ(弘法芝)カヤツリグサ科スゲ属 Carex ... [続きを読む]
  • クコ(枸杞)
  • 砂混じりの墓地。かつては海が見渡せた村の外れの埋め墓。そこにいつの頃からかクコが育っている。何処かから流れ着いた…などとは考えられない砂の山。(2018.10.08 林崎町)☆クコ(枸杞) ナス科クコ属 Lycium chinense(2018.10.05 林崎町)☆▲ クコの果実−−... [続きを読む]
  • キンエノコロ(金狗尾)
  • 公園の野球場外のバックスクリーンの下辺りに毎年出てくるキンエノコロ。今年は通路を挟んで南の駐車場側もかなり広がっている。午後にそこを通ると、光っているのだけれどそこにキンエノコロがあることを知らないと気づきもしない。キンエノコロ(金狗尾)イネ科エ... [続きを読む]
  • 望海浜のコセンダングサ
  • 番外編に入れるか、コセンダングサのページに入れるか考える。コセンダングサを隠すように吸蜜中の蝶は、花のページには相応しくは無い。訪花昆虫などはいつも邪険にしているのだけれど時には面白がって撮っている。時折、我ながら暇だなぁ〜と思う。コセンダングサ... [続きを読む]