シネマ三太郎 さん プロフィール

  •  
シネマ三太郎さん: こんなもの見ました♪
ハンドル名シネマ三太郎 さん
ブログタイトルこんなもの見ました♪
ブログURLhttp://cinemasanta.blog72.fc2.com/
サイト紹介文最近見た映画や本について紹介していきます。たまに自作の小説なども載せていく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2006/07/02 21:27

シネマ三太郎 さんのブログ記事

  • サクラダリセット7 少年と少女と正しさを巡る物語
  • 少年と少女と正しさを巡る物語少年と少女と正しさを巡る物語 サクラダリセット7 (角川文庫) [ 河野 裕 ]価格:691円(2019/1/14 11:30時点)感想(0件)最終巻を読み終わった。やっぱりケイが泣くんだ。最初の方で勝ち誇ったようにそんなことを思った。ケイと出会う前の春埼の能力発動条件からしてそれしかないんだけれど。読み終わってふと思ったが、ケイにしろ春埼にしろ相馬にしろ、みんな20代の半ばを過ぎたようなセリフが多い。 [続きを読む]
  • 黄金の烏 [ 阿部智里 ]
  • 黄金の烏 (文春文庫) [ 阿部智里 ]黄金の烏 (文春文庫) [ 阿部智里 ]価格:723円(2019/1/1 18:38時点)感想(3件)八咫烏シリーズの三巻。背表紙のあらすじを読むと若宮の元を去った雪哉と若宮がコンビを組んで事件にあたるような風に読めた。それで、ならきっと若宮の元を去る前の思い出話みたいなもんか。勝手にそう思い込んでいた。が、違った。故郷に戻った雪哉だが、その故郷で事件が起きる。そしてその解決の為に若宮がやっ [続きを読む]
  • サクラダリセット6 少年と少女と、
  • サクラダリセット6 少年と少女と、少年と少女と、 サクラダリセット6 (角川文庫) [ 河野 裕 ]価格:648円(2018/12/30 21:50時点)感想(0件)いつの間にかずいぶんと引き込まれている。相馬菫が何をしようとしていたのかがわかる一巻。相馬菫は未来が見えるのに何故死んだのか。何故。何のために。理屈っぽい浅井ケイがいまいちながら、相馬菫の選択に気がついた浅井ケイの気持ちはわかる気がする。それはないだろう。なんでそんな [続きを読む]
  • この嘘がばれないうちに
  • この嘘がばれないうちに   川口俊和著この嘘がばれないうちに [ 川口俊和 ]価格:1,404円(2018/12/24 10:48時点)感想(11件)「コーヒーが冷めないうちに」の続編。今回の4編第1話 23年前に亡くなった親友に会いに行く男の話第2話 母親の葬式に出られなかった息子の話第3話 結婚できなかった恋人に会いに行く男の話第4話 妻にプレゼントを渡しに行く老刑事の話 泣ける話っていうのは、読んでいる人に似たような記憶が何かしらあ [続きを読む]
  • マスカレード・イブ
  • マスカレード・イブ 東野圭吾著マスカレード・イブ (集英社文庫) [ 東野圭吾 ]価格:648円(2018/12/22 19:25時点)感想(105件)マスカレードシリーズの二作目。・・という触れ込みだが、実際は4つの短編からなる短編集だった。1つ目はフロントクラークの山岸尚美が主人公で二作目は新田刑事。3つ目がまた山岸尚美で・・。最後の4つ目がタイトルのマスカレード・イブ。二人が出会う前の話で当然お互いを知らず、かかわりも生まれな [続きを読む]
  • 片手の楽園 サクラダリセット5
  • 片手の楽園片手の楽園 サクラダリセット5 (角川文庫) [ 河野 裕 ]価格:734円(2018/12/20 20:01時点)感想(1件)読めば読むほど「階段島」そっくりだなあと思ってしまう。今回はよみがえったというか、裏技で復活した相馬菫がからんだ物語。浅井ケイは相馬菫の為に夢の中に現実と同じ世界を作り出す能力を持つ少女の夢の中に入る。「春埼、リセットだ」がだんだんヒーローものの決め台詞に思えてきた。徐々に自分の感情に乱される [続きを読む]
  • マスカレード・ホテル
  • マスカレード・ホテル 東野圭吾著マスカレード・ホテル (集英社文庫) [ 東野圭吾 ]価格:820円(2018/12/14 20:07時点)感想(90件)木村拓哉主演で映画化された小説。ネットの記事で東野圭吾が木村拓哉を浮かべながら書いたというのを見かけたけれど、読み終わってからも「それは嘘だと思う」という感想しか浮かばなかった。何故かわからないけれど、読んでいる間に主人公の新田刑事のビジュアルで浮かんでいたのは「山田裕貴」だっ [続きを読む]
  • 青い月の夜、もう一度彼女に恋をする
  • 「青い月の夜、もう一度彼女に恋をする」  広瀬 未衣著 青い月の夜、もう一度彼女に恋をする [ 広瀬未衣 ]価格:659円(2018/11/25 20:04時点)感想(1件)前知識も何もなく、なんとなく惹かれて読んでみた。タイトルか、はたまた表紙のイラストに惹かれたのか・・。なんとなく買った本ていうのは当たりはずれも大きい。今回は当たりだと思う。読後感としては、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」と「君の名は」が混ざった話を読 [続きを読む]
  • サクラダリセット
  • 「掟上今日子の乗車券」掟上今日子の乗車券 [ 西尾 維新 ]価格:1,404円(2018/11/18 20:54時点)感想(0件)今日子さんと二人で旅行。一日しか記憶が持たない今日子さんが旅に出るというのも大胆な話だが、親切守と一緒だと何故か恋愛ムードが成り立たない。今日子さんてひどい人なんだと思わせられながら、ところどころに「やっぱりいい人?」みたいに思わせられるところが・・・。なかったかな・・?「サクラダリセット」猫と幽霊と [続きを読む]
  • アルマダ
  • アルマダアルマダ 上 (ハヤカワ文庫SF) [ アーネスト・クライン ]価格:842円(2018/10/27 19:56時点)感想(0件)アルマダ 下 (ハヤカワ文庫SF) [ アーネスト・クライン ]価格:842円(2018/10/27 19:56時点)感想(0件)レディ・プレイヤー1の原作者「アーネスト・クライン」の作品。父親を事故で亡くし、母子家庭で育ったザック。彼がトップ10入りしているゲーム「アルマダ」は宇宙人襲来に備えてパイロットを鍛える為のものだった。 [続きを読む]
  • パノラマ島美談
  • パノラマ島美談パノラマ島美談 (講談社タイガ) [ 西尾 維新 ]価格:680円(2018/9/20 20:52時点)感想(1件)美少年シリーズ5作目元美術教師のとわ子先生が潜伏している島を訪れる美少年探偵団の面々。今回は島の中の美術館に隠された5枚の絵を探すというお話。すらすら読み終わったけれど、残るものがなかったような・・。飽きたのだろうか・・。二編の短編がついていて、うちの一作はまさかの掟上今日子さん登場。コラボか。あるい [続きを読む]
  • レディ・プレイヤー1
  • 「レディ・プレイヤー1」レディ・プレイヤー1 3D&2Dブルーレイセット(2枚組/ブックレット付)(初回仕様)【Blu-ray】 [ タイ・シェリダン ]価格:5,661円(2018/8/31 21:33時点)感想(1件)映画館で見ようと思っていたレディ・プレイヤー1をレンタルで借りてきた。期待すると外すんだよなあ・・と思いながら見たけど、良かった。バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンが走り、その横を漫画「アキラ」に出てくる金田のバイクが [続きを読む]
  • 夜空の呪いに色はない
  • 「夜空の呪いに色はない」夜空の呪いに色はない (新潮文庫) [ 河野 裕 ]価格:723円(2018/8/20 19:44時点)感想(1件)この巻がでるまでに結構間があいていたらしい。最近読み始めたからまったく問題ないのだけれど。来年最終巻が刊行の予定だとか。ちょうどいいペースじゃないですか。今回は一層のこと、階段島の真辺がうっとおしく感じられた。真辺はそうであってほしいと願う現実世界の七草。そうであった自分を捨てた真辺。自分 [続きを読む]
  • カメラを止めるな
  • 「カメラを止めるな」を見た。単館上映からSNSの口コミで評判になって全国上映になったという曰く付きの作品。しかもネタバレ厳禁だから内容は一切語られない・・とか。近くの映画館で公開になったから、そんなに面白いなら・・と見に行ってみた。久しぶりに邦画でほぼ満席状態。年齢層が意外と高かった。出だしは正直に言って「つまらない」B級ホラー映画をひたすら我慢して見ているという感じ。それでも誰も席を立たないのは、ネ [続きを読む]
  • つれづれ、北野坂探偵舎 感情を売る非情な職業
  • つれづれ、北野坂探偵舎 感情を売る非情な職業つれづれ、北野坂探偵舎(感情を売る非情な職業) (角川文庫) [ 河野裕 ]価格:604円(2018/7/31 20:37時点)感想(0件)佐々波の死んでしまった恋人についてと雨坂が昏睡状態から目を覚ますまでが明かされる巻。恋人の死と入れ替わりに目を覚まし、いきなり小説を書く雨坂。一巻目で読み始めたときからするとずいぶん登場人物たちのイメージが変わった気がする。深みが増したというのか [続きを読む]
  • 天保院京花の葬送
  • 「天保院京花の葬送」天保院京花の葬送 〜フューネラル・マーチ〜 (メディアワークス文庫) [ 山口 幸三郎 ]価格:680円(2018/7/7 12:38時点)感想(0件)日暮旅人シリーズの作者の作品。‥と言う事で読んだのだが、またしても幽霊が見える主人公の話だった。意図しているつもりもないのに、そういうのが続くとさすがに辟易してくる。まあたまたまなのだけれど。みんなお化けが見える話を練習のお題にでもしているんだろうか。そんな [続きを読む]
  • 夜の国のクーパー
  • 伊坂幸太郎の「夜の国のクーパー」を読んだ。夜の国のクーパー/伊坂幸太郎【1000円以上送料無料】価格:842円(2018/6/24 20:09時点)感想(0件)伊坂幸太郎だからという理由で読んだ。前知識なしで。言葉を話す猫の登場に村上春樹的ワールドか・・と思ったが、読み終わってみれば伊坂幸太郎ワールド全開だった。キャラの名前が号豪とか適当そうなのばっかりだったから、とうとう伊坂幸太郎も適当な小説を書くようになってしまったかと [続きを読む]
  • 「つれづれ、北野坂探偵舎」 著者には書けない物語
  • つれづれ、北野坂探偵舎 著者には書けない物語つれづれ、北野坂探偵舎(著者には書けない物語) (角川文庫) [ 河野裕 ]価格:561円(2018/6/17 18:26時点)感想(0件)前回のヒロインが大学生に。どんだけ時間たったんだ・・と思ったけど、前回が高校三年生だったみたいでそんなにたってなかった。前回わからなかった謎や過去が浮き彫りになってきた二巻目。編集者と作者は昔からの知り合いだったのか・・。なるほどそうだったのか。 [続きを読む]
  • つれづれ、北野坂探偵舎
  • つれづれ、北野坂探偵舎つれづれ、北野坂探偵舎(心理描写が足りてない) (角川文庫) [ 河野裕 ]価格:596円(2018/6/5 20:24時点)感想(0件)階段島シリーズの作者の作品。自分的にはそうなるが、サクラダリセットの作者の作品と考えた方がしっくりする人もいるのかもしれない。読んでいないけれど。これまたなんとなく読んでみた。階段島がのってきただけに。これももしかしたらみたいな。結論から言えばもしかした。設定的には幽 [続きを読む]
  • 凶器は壊れた黒の叫び
  • 階段島シリーズの第四弾。凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫) [ 河野 裕 ]価格:680円(2018/5/18 20:36時点)感想(2件)まさか四巻目まで読むとは思わなかった。でも今までは惰性だったが、今回は能動的に読んでいた。4巻目。なんかだんだん面白くなってきたぞ。なぜ階段島ができたのか。魔女は何を考えていたのか。時任さんの謎。なんとなくそうじゃないかと思っていたことがはっきりと示される4巻。もう一人の七草。奇妙な話なのに [続きを読む]
  • 屋根裏の美少年
  • 屋根裏の美少年屋根裏の美少年 (講談社タイガ) [ 西尾維新 ]価格:680円(2018/5/15 20:42時点)感想(0件)美少年探偵団シリーズ三作目、今回は天井裏に隠されていた大量の絵にまつわる話。正直どうでもいいと思える謎だけに謎の解明には興味がなかった。などというのも不遜すぎるが、この物語の重要性はそこにはないだろうから・・。というのも語弊があるか。まあ価値感は異なるものだから一概には言えないが、自分的にはこのシリー [続きを読む]
  • キネマ探偵カレイドミステリー
  • キネマ探偵カレイドミステリーキネマ探偵カレイドミステリー【電子書籍】[ 斜線堂 有紀 ]価格:702円(2018/4/29 20:09時点)感想(0件)「ビブリア古書堂の事件手帖」に挟み込まれていた広告を見て、いつか読んでみようと思っていた。ビブリア古書堂は古本。そしてキネマ探偵は映画。主人公は映画マニアの探偵で映画にかこつけて事件を解決する。そんな物語を想像していた。しかし半分はそうで半分は想像と違っていた。主人公は大学生 [続きを読む]
  • ジョン・ウィック2
  • ジョン・ウィック2ジョン・ウィック:チャプター2 [ キアヌ・リーブス ]価格:4,069円(2018/4/21 19:20時点)感想(1件)映画の二作目というと大抵1作目より劣る。そんな先入観もあるが、これについていえば2作目の方が良かった。でも良かったと思ったのもラスト前までで、ラストを見るに及んではどっちとも言えなくなった。このラストをなんというか。ハードボイルドの極致とでもいうか。続編がつくられる余地はまだ残っているのだろ [続きを読む]
  • ナラタージュ
  • ナラタージュナラタージュ (角川文庫) [ 島本理生 ]価格:648円(2018/3/17 20:18時点)感想(26件)有村架純と松本潤で映画化された小説だよなあ・・というだけの理由で読んでみた。正直に言えばあんまり共感できる小説ではなかった。もっとも女性目線での小説だからというのもあるかもしれない。読んでいる間ずっと主人公の女の子は有村架純を思い浮かべながら読んでいた。でも先生役はどうしても松本潤が浮かばなかった。どっちか [続きを読む]
  • ブレードランナー2049
  • 映画館で見ようと思っていたが思っているだけで結局行かなかった。でも見る気はあったのでレンタル開始早々に借りてみた。結論から言うと、可もなく不可もなく。そんなことを言うとえらそうだと怒られそうだが・・。正直に言って、出だしから中盤くらいまで眠かった。寝不足じゃないか?と言われるとそんな気もしてくるが・・。街並みは相変わらずせまっ苦しい感じで、新宿のネオン街みたいな雰囲気。ああブレードランナーだなとそ [続きを読む]