とらちゃん さん プロフィール

  •  
とらちゃんさん: とらちゃんのゴロゴロ日記-blog.ver
ハンドル名とらちゃん さん
ブログタイトルとらちゃんのゴロゴロ日記-blog.ver
ブログURLhttps://torachangorogoro.hamazo.tv/
サイト紹介文うつ病のとらちゃんは、映画を見て犬の散歩をして花の写真を撮るのが大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1778回 / 365日(平均34.1回/週) - 参加 2006/07/09 10:56

とらちゃん さんのブログ記事

  • 睡眠薬を飲んでから寝たら、すっきり起きられた。昨日とはぜんぜん違う
  • とらの介はまた夜更かしをしてしまった。昨日と違うのは、睡眠薬を飲んでから寝たことだ。そしたら、今朝の目覚めがいい。気分もいい。昨日は睡眠薬を飲んでから少し起きていた。あれはまずかった。目覚めがよくなかった。それと気がついたことがある。台所の明かりを消さないで寝ていたのは、わてだった。わてが最後に寝たので、確実に犯人はわてだ。昨日寝てからドアの隙間を見たら、明るいので確かめた。消したかどうかの記憶が [続きを読む]
  • ヒモメン 3回  お食事券と汚職事件 原作以上に面白い
  • 今日からお小遣いをするには、お手伝いをすることを前提です。暗証番号を決めて、それを解くことに熱中させる狙いだった。お食事券を見ても取ろうとしない。誕生日を暗証番号にしたゆり子さんの狙いは、達成されるでしょうか。ただいまと帰ってくると、金庫をトンカチで叩いている翔がいた。バカじゃないか。暗証番号がわからなかったのかと責める。私の誕生日をなんでわからなかったのと責める。バカバカしい言い分だな。誕生日を [続きを読む]
  • オーシャンズ8
  • オーシャンズ11のジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹という設定で、サンドラ・ブロックが主演になり女性だけの泥棒チームが活躍する映画だ。メトロポリタン美術館で行われるメットガラの会場を舞台にしたことで、ハリウッドのセレブたちが登場する限定された設定が成り立った。そこでは女性が主役であり、男性は引き立て役でしかない。女性だけのチームが行う華麗なトリックやファッションなどが見どころとなって [続きを読む]
  • 12時過ぎまで起きていると、体調がよくないと確認した
  • いまさらなんだけど、昨日は12時頃に睡眠薬を飲んだ。それからディーリーを見ていたら、今朝調子が悪い。これはわかっていたことなんだけど、いかんと改めて認識した。何回も同じことをやっているのに、やめらないのが病気だろうな。もう12時過ぎのドラマは見ないことにする。ティーバーで見たらいいのだ。別にすぐに記事をあげなくてもいいじゃん。なんで強迫観念が起きるのか。これも病的だな。ああ、ではおやすみなさい。ゴロゴ [続きを読む]
  • dele/ディーリー 3話
  • dele/ディーリーを見ている。後藤卓という指名手配のポスターを見た男性がやってくる。浦田(高橋源一郎)という男性だ。お願いがあるのです。データーをコピーしてもらって、バラの花といっしょに幸子(乾貴美子)送ってほしいと言う。ここに入れたのか、勝手なことをするなと社長が言う。まじめで人がいいおじさんだったと言う。依頼人と直接接触してはいけないと言う。店を閉めることにしました。おあづかりしていた写真を返し [続きを読む]
  • ヒモメンを読んだ。これをドラマ化するのは大変だ
  • 漫画のヒモメン、2巻を読んだ。ヒモメンのやつは、本当にダメ人間だった。笑ってしまうくらいにダメ人間だった。彼女はヒモメンに影響され過ぎだと思う。対抗する同僚の医者も、なかなかのツワモノだった。これをまともなドラマにするのは、大変だと思う。ほとんど、テレビ局の工夫次第だ。笑ってしまうくらい、漫画が面白かった。ゴロゴロ。 [続きを読む]
  • グッド・ドクター 5話 天才少年の歌声が病に
  • グッド・ドクターを見ている。声の周波数がFぶんの1ゆらぎです。羽山響だ。父親のピアノで特訓している。発作を起こして喉が荒れている。新堂が呼ばれる。下咽頭梨状窩瘻手術をしない限り、炎症を繰り返してそれがまた出ます。ためいきの数だけ幸せが逃げると言われていますが、適度なため息はいいのです。手術が遅れれば、症状が悪化する。みんな歌えば楽しいです。あのこのステージは100万です。炎症が悪化して発熱しています。 [続きを読む]
  • ハゲタカ 第二章 4話
  • 2010年になる。第二章ですよ。ハゲタカを見ている。アケボノという電気メーカーが経営危機に陥っていた。芝野健夫があけぼのの再建に向けて執行役員として招かれる。再建案を説明し始めたら、会長が退席する。日本を支えてきた誇りがある。多少の犠牲はやもうえないと思っています。私の目の黒いうちは首切り屋に自由にさせないと言い切る。ホライズンは一旦手をひく。第2候補だった電気会社を買収しろと命令する。PCメーカーの竹 [続きを読む]
  • 高嶺の花 5話
  • 高嶺の花を見ている。プーさんとももがいっしょに寝ている。朝をいっしょに食べる。プーさんもすごいよ。私のお父さんを知ってもビビらなかった。鈍感力。あなたはずっと言ってました。とても高い場所に咲いている花だからつんではいけないのだ。あなたが華道家だから。自転車で日本一周に出た少年は、どこかの小屋にいる。おはよう、まだどっか痛むか。崖っぷちに咲いている花に近づいてはいけないよ。僕は坂東って言うのだよ。イ [続きを読む]
  • 刑事7人 第5話 女系家族に潜む60年の秘密
  • 刑事7人を見ている。昭和33年夏、あるキャラバレーだろうか。クラブレインボーだ。そこのダンサーだった祖母が亡くなったという。母も数日前に亡くなった。田畑涼介が殺したと自供したという。祖母が母に送った現金書留に同封されていたトランプがある。田畑は刑期を終えて出所しているという。片桐さんが来て、60年前の話だから法律では裁けないと言う。昨日天樹と会っていた女性が殺される。田畑涼介が行方不明になっているとい [続きを読む]
  • 義母と娘のブルース 5話
  • 義母と娘のブルースを見ている。2009年パパが倒れる。みゆきちゃん、行こうかと。このまま入院して治療をする。娘に病気をふせていたけど、どうしたらいいでしょうか。先生は骨折ということで、どうでしょうか。ころんだ拍子に、録関節骨折というものです。先生はおそらく治るでしょうと言っていました。病院に行ってもいいとみゆきが聞く。集団生活の場では、名前を書いておくのが決まりです。体を拭いてくださいと看護師に言われ [続きを読む]
  • 健康で文化的な最低限度の生活 4話 シングルマザーの孤独
  • 健康で文化的な最低限度の生活を見ている。ルーキーの七条に、岩佐朋美が子供を連れてやってくる。DVで離婚した岩佐朋美(安達祐実)は、生活保護を受けている。区役所にやってきたら、営業職につきたいと希望を言う。娘の咲は、母親が虐待をしている兆しがわかる。阿久澤(遠藤憲一)の様子がおかしい。上の空で仕事が手に付かない。生活課の上司は生活保護費の圧縮を部下に言いつける。そのために、部下は担当する利用者に働くよ [続きを読む]
  • 10時に出て4時半に帰る病院
  • とらおかんを連れて磐田病院の循環器内科に行った。"11時の予約だったので、10時に出た。検査をたくさんやって、診察も時間がかかった。心電図の携帯版をつけてもらって、会計と薬をやった。帰宅したら、4時半になっている。。たまりませんね。ゴロゴロ。 [続きを読む]
  • 朝晩は本当に涼しいなあ。台風は大丈夫だろうか
  • とらの介は6時ごろ起きてしまった。朝一番の風は本当に涼しい。今日はとらおかんと磐田病院に行く。長くなりそうです。朝晩が涼しくなっているので、季節がどんどん過ぎているのがわかる。それにしても、昼間の暑さはなかなかのもんだ。それと夕方のふーちゃんとの散歩でも汗をびっしょりかく。背中には塩がふく。水分補給と塩飴をなめている。ここ2.3日はエアコンを使っていない。なかなかのもんだ。それにしても、台風がおかしい [続きを読む]