多聞 さん プロフィール

  •  
多聞さん: 自由詩人・松尾多聞のブログ
ハンドル名多聞 さん
ブログタイトル自由詩人・松尾多聞のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tamon4040/
サイト紹介文北海道の大自然をキャンピングトレーラーで疾駆する 札幌の詩人が詩やエッセイを綴ります
自由文短歌 俳句 川柳 ポエム
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2006/07/11 23:05

多聞 さんのブログ記事

  • 詩作 「潮騒」
  •    「潮 騒」   あれが潮騒だよ   そういって   貴方は遠い目をした   いったい何を言うの   もう会えないかもと   涙が   あふれてくるじゃない    自由詩人        松尾多聞 [続きを読む]
  • 詩作「雨」
  •         雨    雨が降ったよ    砂漠に降ったよ    にじんで沁みた    ジンジン痛いよ    なれていないよ    自由詩人      松尾多聞 [続きを読む]
  • 神々の量子物理学 
  • 1・光子と光の記憶  私たちは無数の分子集合体であり、そしてその分子は無数の原子で出来ている。原子は陽子と電子により出来ていて、原子一個が東京ドームの大きさだとすれば、 マウンドの上にポツリと置いてあるゴルフボールが陽子。ドームの周りをパワーである見えない電子が周っている。このゴルフボールは何で出来ているのか?実態はなにか?今の科学では誰も知らない。(ちゃんと説明できない)しかし、スタンドからはい [続きを読む]
  • 生きている意味と理由
  • さて。次のものは何つながりでしょう。電気・空気・温度・思考・音・光・命・力・時間・空間・磁場・・・etcちょっと気が付いたものを並べてみましたが、これは私たちが物理的な生活を送る上で欠かせないものです。あるいは、このうちひとつでも欠けると私たちは通常に(今のまま)生きていくことはできません。しかし、ここでもう一度みてください。これらは全て見えないものです。そして、見えないからこそ、その本質が明らかに [続きを読む]
  • 人生で一番悔しかったこと
  • 前の話ですが ボランティアで一生懸命やっていた人が 札幌から衆議院に立候補することになりました 僕は 選挙委員長 とても頑張りました だって長年人々のために尽くしてきたボランティア仲間だったからです長年人々のために奔走し 素晴らしい方でした 北海道にはこういう方がたくさんいらっしゃいまして 民主党から立候補することが決まっていましたそして かん代表になった時 小沢さんと組んで その人達は急に立候補から降ろさ [続きを読む]
  • 誕生日に温泉
  • さっきまで facebook のお祝いは車で僕の誕生日だって気がつかなかった 涙今日は層雲峡の温泉に来ていますここに来る前は美瑛の白ひげの滝によってきたよ動画をどうぞそして誕生日だと気付いた後に ホテルの部屋に入りました そう思って考えるとこの部屋はとっても寂しくなりましたま温泉に入って楽しいけどね それじゃまたバイバイ [続きを読む]
  • 僕らの一番大切なもの
  • 人は弱くたっていいだから愛を知りその身を焦がすほど強く生きられる人は皆自分だけを大切にしてまたは自分の 持ち物を とても 大切にします 人が少しでも自分の物に 触ると大騒ぎをしますそれじゃあ 一番大切な物って何だろう 形あるものはいつか必ず壊れてしまう とても儚いものです人生の言っときの物質的榮は とても儚いもの何も持たずに生まれて何も持たずに死んでいくなら人間には何が一番必要なものでしょうか僕はそれはき [続きを読む]
  • 古典的な量子力学の実験によって人間の心の境界を明らかにする
  • 古典的な量子力学の実験によって人間の心の境界を明らかにする 心と物質の境界を、量子力学においてよく知られた実験の応用で検証できるかもしれない。 過去20年の間、「ベルの試験」という実験によって量子力学の奇妙さが確認されてきた。これはかのアインシュタインをして「不気味な遠隔作用」と言わしめたものだ。 今、このベルの試験を応用した前代未聞の実験が提唱されている。それが対象とするのは意識である。仮にここ [続きを読む]
  • 大切な友達が亡くなった
  • 友達って言っても 12歳もの 年上だ から先輩かな僕はずっとボランティアを 行ってきたボランティアとはとても難しく やってあげると思われたらおしまいの社会的行為だ だから人に尽くす人達は学習をしなければならない逆に言うと あの人は来ないでくださいって障害者から言われる人もたくさんいる やってやるって言う人たちだね障害者は やってやるって言う人を 心から嫌い 仕返しをするあなたたちがいるから仕事がありますお手伝 [続きを読む]
  • 難民を受け入れない日本
  • 世界の一部の人々から 日本は難民を 受け入れ ない と言う 評判がしかしどうだろう 難民は難民である理由がある 日本は昔から 難民ではない近隣の国の人たちを迎え入れた歴史がある それですごく今でも懲りているだから日本人は世界に 先駆けて 苦労している国に出かけお金を使い その場所で生きている行ける 技術や 方法や 基盤を与えている難民受け入れは 差別や社会の混乱や 文化の混乱を もたらすかもしれないが日本にやって [続きを読む]
  • ユンニの湯 そして ロイズローズガーデン
  • 今日の札幌はとっても暑く 32度になったみたい 湿度 0%だけどね たまらずユニの温泉に来てますとっても素敵な ログハウス なんだよ 木の香りがとってもいいな癒されます札幌市北区にある ロイズバラ園も見頃になってますさわやかたらバラの香りが充満する庭園七夕にはぴったりの景色です無料ですから近隣のことは是非とも見学してはいかがですかそれでは今夜はロマンス溢れる 天の川を仰いで 素敵な願い事を叶えてくださいね バイ [続きを読む]
  • 初夏の始まり
  • 柔らかな木漏れ日に 照らされながらすでに色濃くなり始めた 北海道の森林を走るあーなんて気持ちいいんだろうあーなんでこんなに安らぐのだろう初夏の始まり私を 囲む 木々たちも笑っている [続きを読む]
  • 新作詩「ささやき」
  •   「ささやき」  海鳴りの向こうから  音にはなりきれない  囁きが聞こえて来る   温度の様に伝わって  私の心をふるわせて  色なき世界を染めて  喧騒を静寂に変えて  初夏の黄昏のように  澄やかな潮騒の中に  神秘の微笑みを湛え  求めない人のために  比べない人のそばに  囁きが聞こえてくる  ああ愛する人の魂よ  誠の貴方を見つけた     自由詩人 松尾 多聞 [続きを読む]
  • 新作詩「Become」
  •     「Become」    許すことが始まり    泣きながら理解し    抱擁する気持ちが愛    自然を愛し人を愛し    その気持ちで観る世界    美しさに泣き    無常に喜びを    愛はすべてに    想像を巡らせる力    Become    貴方はなります    本当はね    最初からそう生まれた    Become    貴方は世界に    抱きしめられるよ      2017・06・20     自由 [続きを読む]
  • 新作詩「ふんわり」
  •     「ふんわり」   ふんわりふあふあ  貴方が笑ってった  ふんわりふわっと  貴方が去っていく  柔らかな笑顔だけ  この僕にのこして  ふんわりふあふあ  あなたの白いはだ  ふんわりふわっと  今はいないままに  ふわふあふあふあ  時が過ぎてゆくよ     2017・06・15   自由詩人 松尾多聞 [続きを読む]
  • 新作詩「窓を開けて」
  •  「窓を開けて」   扉を閉めて   顔をあげて   窓をあけて   涙をふいて   話をきいて   いつか笑って   見えるもの   全てが君を   待っていること   それを感じてください   扉をあけて   窓をあけて   心で歩き出して   涙を流して   いつも泣いて   自分に戻って&nb [続きを読む]
  • 利他の生命論
  • 絵と詩/たもん 多聞は【エッセイ・ポエム】のブログランキングに参加しています。あなたの優しさでワン お願いします。↓ 丸くも無く四角でも三角でもなく 赤くも無く青くも白くもない。 無いようであるがあるものであって重くも軽くもなくもっているのに触る事ができない。そんな私たちの生命。(こころ) 釈迦様が説いた妙法蓮華経によると人間には十界という生命の相があるという。 [続きを読む]