toraian さん プロフィール

  •  
toraianさん: 冬雷の書道散策
ハンドル名toraian さん
ブログタイトル冬雷の書道散策
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/toraian/
サイト紹介文今日も書道がおもしろい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2006/07/17 07:27

toraian さんのブログ記事

  • 奎星展
  • 書の競演、墨の饗宴です。総合書展である奎星展が近づいて来ました。お近くの方、東京に行かれる方、時間がありましたら是非、都美術館へ。書道ってこんなにも自由なのか、と思えるでしょう。私は11月4日、会場にいます。 [続きを読む]
  • 人生一楽
  • 「人生一楽」と彫った。できるだけシンプルに、スッキリと表現すると、こんなに明るくなった。文房四宝を生涯愛でる、苦楽を超えて楽しみに、言葉の意味は色々ある。シンプルライフに憧れ。 [続きを読む]
  • 拓本を採りました。
  • 許可を得て、拓本を採りました。その工程を紹介します。採る碑は温泉にあります。まずは紙を水で貼り付け文字をはっきりさせます。紙が生乾き程度になったら、墨を打ち込んでいきます。最初は軽く、だんだん強く。打ち終わったら、ゆっくり剥がして出来上が... [続きを読む]
  • 現代書家展
  • 音更町文化事業協会が主催する、帯広百年記念館収蔵作品展です。日本の巨匠の作品はじめ、日本の現代書家、そして地元の書家まで幅広い現代書の収蔵作品が並ぶ、見応えのある展覧会です。一応小生の作品「玉響」シリーズの作品もあります。音更町図書館で27日ま... [続きを読む]
  • 表現の自由
  • 現在開催中の展覧会。写真家の作品をベースにしたコラボ作品が中心です。書の上に写真を浮かせて重ねた私の作品。写真をでこぼこにして、白い粒子を埋め込んだ私の作品。古文で「時」。 [続きを読む]
  • 山頭火
  • 帯広市民ギャラリーで開催中の おびひろ市民芸術祭。 その中の「帯広市文化賞等歴代受賞者展」に出品した作品です。 山のしずけさは白い花〜山頭火の句 「花」をモチーフに穏やかで明るい空気感のなかに、微かな響きを表現したかったのです。 布目の壁紙のような... [続きを読む]
  • 提灯の書を臨書
  • 帯広の観光名所にもなっている屋台、この度のリニューアルに伴い、 壊れた提灯(右側)の作り直しを依頼された。 ぶら下げてじっくり見ながら、 ペンキでそっくりに臨書。 (正確には書き写し?) 我が師の書を臨書させてもらえたとは、なんと光栄なことか。 [続きを読む]