虹色 さん プロフィール

  •  
虹色さん: 虹ブログ
ハンドル名虹色 さん
ブログタイトル虹ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rein_rein/
サイト紹介文鉄道・バスネタ、川越を中心とした地域ネタや自分の日常など、いろいろと書いているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2006/07/17 12:50

虹色 さんのブログ記事

  • 今後の去就が注目される現行標識類
  • 1970年代から長きに渡り慣れ親しまれた「東武東上線ロゴ」が入る東武東上線・越生線各駅の標識類。今後の去就が気になり、2017年夏に実施したスタンプラリーの時に駅で撮影した写真を公開します。各駅入口の看板を見ると、2008年〜2010年度導入分までは東上線ロゴ、2011年度以降導入分は東武グループロゴマークに、濃青色のラインカラーが下線に入る意匠の駅が殆どながらも、東武練馬駅(南口)・志木駅(東口)は現在も2000年代前半に [続きを読む]
  • レール削正車と探傷車を見る
  • 2017年8月頃から10月頃にかけてレール削正車が、2017年10月上旬にレール探傷車が東上線での作業の為、終電後に線内をそれぞれ巡回走行しました。営業運転時間帯は各地にある保線用の側線に留置、その姿を東上線に居ることを強調する形で撮影することに。レール探傷車は、2017年度の東武鉄道の設備投資計画で、置換を明らかにした軌道検測車の後継として導入されました。実車を見ると、これまでの軌道検測車からレール探傷装置部分 [続きを読む]
  • 185系 川越線を走る
  • 2017年10月14日・15日の両日、多客臨時列車「川越まつり号」が、大船から横須賀線・湘南新宿ライン・川越線経由で運行しました。充当車両は、各種団体列車や波動輸送で活躍する185系。川越線直通の多客臨時列車は、外房線発「おさんぽ川越号」と常磐線発「ぶらり川越号」に次いで3例目になりました。 [続きを読む]
  • 51076F検査入場を見る
  • 10月5日の話です。この日、51076Fが東武インターテック川越工場に定期検査の為入場しました。今回は、検査線取込後の編成分割・アント牽引の様子を撮影することに。編成分割は、検査前の為車体は汚れているものの、この時しか見ることが出来ない妻面は希少な光景です。 また51076Fは、2014年9月に実施した重要部検査を森検で実施した為、実車にとっては初めての川工検査入場となりました。今回の入場で見納めになる検査票検査履歴 [続きを読む]
  • 9101F検査出場を見る
  • 10月4日の話です。この日は東武インターテック川越工場から検査出場した9101Fの様子を撮影しました。今回は、試運転復路の川越市駅到着時から検査線入庫と、夕方の出場回送を撮影することに。実車の前回入場は2013年10月。それから丸約4年を迎える9月6日に入場しました。1981年冬に当時の東武鉄道にとって数多くの新機軸を導入し登場した9101F。36年目を迎える東上線池袋口最古参車の工場出場試運転は、多くの撮影者で賑わいました [続きを読む]
  • 小江戸名所めぐりバス新車両を見る
  • 東武バスウエストは、2017年9月11日から川越市内の観光スポットを循環する「小江戸名所めぐりバス」で、第2弾の新型特別車両(2998号車)の運行を開始しました。新型特殊車両を見ると、2016年8月から運行開始した2960号車を基に、内外装を一層充実させた車両になりました。外装は銀色をベースに、川越市のシンボル「時の鐘」や川越氷川神社の「縁結び風鈴」など四季折々のイラストを配置し、車内には川越市のマスコットキャラクタ [続きを読む]
  • 秋色に色づく田畑を駆け抜ける電車を撮影
  • 9月中旬のある日、秋色に色づく稲穂が垂れ始めた田畑が広がる東上線川越市〜霞ヶ関間で、田畑を駆け抜ける電車を撮影しました。2017年は、7月下旬から8月中旬の日照不足・降雨・低温等の影響で農作物への影響が懸念されたものの、9月は好天に恵まれ平年並みに持ち直した印象です。この場所では、黄金色に輝く稲穂を晴天の下で撮影したい思いが毎年あるものの、私個人の予定の都合で今年も叶わず惜しいものですが、所々に収穫された [続きを読む]
  • 51095F検査出場を見る
  • 9月5日の話です。この日は東武インターテック川越工場から検査出場した51095Fの様子を撮影しました。新製から丸7年を迎える直前の2017年8月7日に入場した51095Fは、2014年8月に実施した重要部検査を森検で実施した為、実車にとっては初めての川工検査出場となりました。新製時のライトグレーからダークグレーに塗装された台車・排障器・床下機器類、ピカピカに洗浄した車体を見ると検査出場を実感する一方、経年劣化が進む車体側面 [続きを読む]
  • こども動物自然公園に行く
  • 8月19日・20日の話です。この両日は、東松山市にある埼玉県こども動物自然公園の「ナイトズー2017」に行きました。こども動物自然公園は、希少動物コアラの展示、世界最小のシカ「プーズー」の国内初展示・繁殖、モルモットの一列行進、牛の乳搾り・乗馬体験、カピバラの露天風呂等、こどもだけではなくオトナでも楽しめる動物園です。また自然の中をのびのびと過ごす動物の姿を自由気ままに、公園にのんびり出かける感覚で行 [続きを読む]
  • 南入曽車両基地 電車夏まつりに行く
  • 8月19日の話です。この日は、南入曽車両基地で開催された一般公開イベント。「電車夏まつり」に行きました。今年も展示のメインは2連口を4本(車番不明)並べた2000系。一部編成には、「新宿線一筋40年 2000系」等就役40年を祝うヘッドマークを時間ごとに変えて掲出されました。他にも9103F・6102F・263F・38101Fも展示。またこれらと離れた場所では2403Fが単独留置。検修庫内部では20157F・2519F、電車と綱引き用車両に2453F、お [続きを読む]
  • 川越水上公園臨時バスを見る
  • 西武バスは、2017年7月15日から9月3日までの夏休み期間中(7月18日から20日までは運休)、【川越100系統】川越駅西口〜本川越駅〜川越水上公園間の臨時バスを運行してます。2017年2月より行先表示機がカラーLEDとなった川越営業所の車両。それを受け、2017年夏季より前面の系統表示部は、西武バスのマスコットキャラクターである「エンジェ」が描かれてます。行先表示方法も同時に変更され、復路川越駅西口行は「本川越駅・川越駅西 [続きを読む]
  • 彩夏祭花火大会臨時ダイヤを見る
  • 東武鉄道は、彩夏祭花火大会開催に伴う多客対応で、8月5日㈯夕方〜夜間の東上線は臨時ダイヤで運転しました。2017年の臨時ダイヤは、17〜21時台に成増〜志木間普通列車の増発、17時30分〜19時30分までの上り全列車外側線運転で構成しました。(2016年にあった普通・準急列車の時刻変更は実施なし)定期列車延長と臨時列車運転に関する告知は、東武鉄道の公式ホームページには掲載されず、各駅の時刻表部分に張紙を掲示する形で行わ [続きを読む]
  • 終焉迎える軌道検測車
  • 2017年6月上旬から中旬にかけて軌道検測車(EM80-40)が東上線・越生線での軌道変位検査作業の為、終電後に線内を巡回走行しました。1997年の導入から約20年を迎える軌道検測車は、2017年度の東武鉄道の設備投資計画によると、新型の検測車への置換が決定しました。今回は、その活躍が残り僅かとなった中での巡回となりました。 [続きを読む]
  • 西武・電車フェスタ 2017に行く
  • 6月3日の話です。武蔵丘車両検修場で開催された、「西武・電車フェスタ 2017」に行きました。この日は管理人個人の都合で、閉場1時間前の14時頃に会場入りに。目玉イベントが終了していたものの、場内は大勢の方々で賑わってました。遅い昼飯を摂った後は、検査入場中の2407Fのうちクモハ2407と6106Fのうちクハ6106を使用した電車屋根上・床下見学からスタート。機器類が外され塗装前処理中の車体等、営業運転では見られない検査途 [続きを読む]
  • 長瀞・皆野リレー号を見る
  • 西武鉄道と秩父鉄道は、2017年5月13日・14日・20日・21日・27日・28日の計6日間、 西武鉄道から秩父鉄道への臨時直通電車「長瀞・皆野リレー号」を運行しました。長瀞・皆野リレー号は、秩父郡皆野町と東秩父村の境界部にある、彩の国ふれあい牧場で開催した「天空のポピー 2017」にあわせて、今年はじめて設定しました。運転本数は横瀬発秩父鉄道秩父行が2本、横瀬発秩父鉄道長瀞行を1本の計3本。3本とも始発駅の横瀬で池袋発西武 [続きを読む]
  • 技研公開2017に行く
  • 5月26日の話です。この日はNHK放送技術研究所の研究成果を一般公開する「技研公開」に行きました。私が今年注目した展示は、競技中のボールの軌跡やスピードなどを画面上にリアルタイムでCG合成する「三次元被写体追跡スポーツグラフィックスシステム」、番組視聴と生活行動をテレビと冷蔵庫・カーナビなどの垣根を越えてIoT連携する「行動連携サービス」、新たなテレビ視聴体験の実現を目指す「テレビ視聴ロボット」ブースです。 [続きを読む]
  • ザ・ロイヤルエクスプレス甲種輸送を見る
  • 5月8日の話です。観光列車「THE ROYAL EXPRESS」への改造工事の一部を東急テクノシステムで実施した伊豆急行2100系の甲種輸送の様子を撮影しました。実車の出場甲種輸送が5月8日・9日に長津田〜八王子間(各4両ずつ)、10日に八王子〜伊東間(8両)で行われました。THE ROYAL EXPRESSは、「煌めく伊豆。美しさ感じる旅。」をテーマに、横浜〜伊豆急下田間で2017年夏から運行開始する観光列車です。長津田に到着すると、今回八王子まで [続きを読む]
  • 芝桜臨時バスを見る
  • 秩父市の羊山公園「芝桜の丘」に訪れる観客を輸送する臨時バスの様子を観察しました。この臨時バスは、満開時期にあたる4月29日・30日・5月3日〜7日に、道の駅ちちぶ裏と秩父ミューズパークの2か所に設置した臨時駐車場と羊山公園第一駐車場の間で運行しました。併せて羊山公園第一駐車場を起終点に秩父市街地を走るまちなか巡回無料バスも運行しました。臨時バスの運行は、西武観光バスが担当。車両を見ると、西武バスグループで [続きを読む]
  • 副都心線直通快速急行小川町延長運転を見る
  • 外秩父七峰縦走ハイキング大会の開催に合わせて運行した、東急東横線〜副都心線〜東武東上線直通快速急行の小川町延長運転列車の様子を観察しました。フルマラソンとほぼ同じ距離を縦走する外秩父七峰縦走ハイキング大会は、2017年で32回目の開催となりました。それに参加する利用者の利便を図るべく、大会当日に限り東横線菊名発快速急行森林公園行(F152Kレ・F155Kレ)の2本を相互直通運転区間外の小川町まで延長運転をしました [続きを読む]
  • 秩父路を行く
  • 4月のある日、久しぶりに秩父まで行きました。目的は色々とあった秩父までの遠征。今年の埼玉県内の桜は開花が例年より多少早かったものの、長い期間にわたって桜を楽しむことができた印象です。 [続きを読む]
  • 東武71702F甲種輸送を見る
  • 3月6日の話です。近畿車輛で制作された東武スカイツリーライン〜東京メトロ日比谷線直通運転向け70000系(71702F)の甲種輸送が到着しました。70000系は、半径130mの急カーブが複数存在する日比谷線の走行環境に対応した片軸操舵台車、車両動力の0.5M方式の採用等、車両の搭載機器類や車内の主要設備等の仕様をメトロ13000系と共通化した車両です。今回は秩父鉄道線内の甲種輸送を三ヶ尻〜武川間と、羽生駅での到着後整備シーンを [続きを読む]