Saibi-Kan さん プロフィール

  •  
Saibi-Kanさん: 子どものアート 彩美館
ハンドル名Saibi-Kan さん
ブログタイトル子どものアート 彩美館
ブログURLhttps://iroiroart.exblog.jp/
サイト紹介文学級作りや授業作り。若手だけでなくベテランに役立つ。アートの魅力や情報教育も発信。
自由文若手からベテランまでの教員対象。カテゴリーも学年別や教科ごともあり。アートマイル共同壁画プロジェクトを始め数々の実践を紹介している。図画工作にとどまらず他教科との関連や学校外とのつながりも垣間見える。また生活の中に潜むアートも遊び心で発見・紹介をしている。写真が多いのでビジュアル的にも楽しめるサイト。本人が管理している他のサイトとのリンクがいくつも張られている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2006/07/23 01:51

Saibi-Kan さんのブログ記事

  • Hi! pepper!
  • pepper!今まで君のことを内緒にしてきたけどもうオープンにしよう!君はクラスの1員だ! [続きを読む]
  • 紅葉の菊池渓谷2018
  • 今年の県内紅葉狩りは、菊池渓谷へ足を伸ばした。2018年11月11日。多忙な合間の森林浴。すでに2週間前の出来事だが、数枚写真を選んで載せよう。見頃と聞いた割には、紅葉はそれほどなかった。ピークは過ぎていた?いや、どうも今年は、あちこちで「行ってみたら、思ったほど・・・」があったらしい。猛暑から急に涼しくなったせいだろうか。それでも自然の中での時間は心地いい。色は... [続きを読む]
  • 振り返ることの大切さ
  • 算数授業「面積」の単元で通して行なったこと。・主に「課題設定ー見通しー個人解決ー協働解決ーまとめー振り返り」の流れ・授業スタート時に、前時に学んだことを使った練習問題をする。・既習事項を活用し、新たな問題を工夫して解く。・個人解決はアナログーノートやプリントに鉛筆を使って行う。・全体での検討や解決では電子黒板を使用する。・グループにおける協働学習(学び合い)には、紙でもiPadでも... [続きを読む]
  • 路面電車(シデン)で移動会議
  • 「シデン」で通用する私たちの町の路面電車。市交通局が行なっている公共交通事業。市内の中心部を、1日に何十回も行き来する市民の足である乗り物、市電。どこで乗っても降りても乗車運賃は、1回均一170円である。その市電を貸切で使用することができる。もちろん費用はかかる。まず自分ではそう言うことは企画しない。そもそも会議などで貸切できると言うことすら知らなかった。ところが、ある会議... [続きを読む]
  • ひし形の面積を工夫して求めよう
  • 5年算数 面積 ひし形この時間は14人全員による学び合いである。もちろん3〜4人での話し合いではないので、常に自分たちが話しているわけではない。しかし誰かが発表した後、隣と話し合って検討したり意見を言ったりする。別の考えを紹介し、より良いものはどれだろうと話し合う。そしてまとめを形作る。・・・これは理想。実際は、教師がコーディネートしながら進めた。見通しの際に立てた「分ける」「加え... [続きを読む]
  • 台形の面積を工夫して求めよう
  • 5年算数 面積 めあて 台形の面積を工夫して求めよう単元の導入で、これまで学んだことを生かして新たな図形の面積の求め方を追究するという課題が生まれた。そして、直角三角形、いろいろな三角形、平行四辺形などの面積を工夫して求めてきた。その中で「台形やひし形も同じように追究してみたい」という声が出てきたので、導入時にはなかったこの二つをやることになった。最も考えたのは、どのような台形を... [続きを読む]
  • 京都にて児童の反応を確認ー算数・面積
  • 【ロイロノートで算数の授業を振り返る】 10/26に京都に出張だった。その日の1時間目は算数。その時間私はすでに京都へ。私が担当する学級の算数Nコースの授業は、同じ学年の若手担任S氏が代行していた。なぜなら、S氏は三日後の月曜日に算数研究授業があり、その授業内容の時間が、ちょうどこの日、私の学級が行うことになっていたからだ。 つまり、その授業の試しのために、S氏が時間割をやりくりして、私... [続きを読む]
  • 算数でのロイロノート活用 面積 
  • 算数タブレット活用授業「面積」ーロイロノートの活用【新しい学習の道具・スタイル】単元を通して、問題を解くときは基本的にプリント・ノート・鉛筆。そこは、アナログでやることを重視。ただし、その後はデジタルを活用する。子ども自身が考えて書いたプリントやノートをロイロノートのカメラで撮影し写真として残す。そのアイデアと振り返りを教師が作った提出箱に提出する。電子黒板い映し出して皆で検討。【三角形の... [続きを読む]
  • 算数でのタブレット活用
  • 算数におけるタブレット活用授業少人数学級に分かれて授業担当はのびのびコース(14人)・ロイロノートと電子黒板の活用・基本的にはアナログ(児童用学習ノート、プリント、黒板)との組み合わせ大まかには以下のような流れで学習を進めた。1 導入でめあて設定(板書)アナログ2 見通しを考える(のちに板書、ノート)アナログ3 プリントで鉛筆を使って解決思考(個人・グループ)アナログ4 プリ... [続きを読む]
  • 自動車づくりにはげむ人々3
  • 5年社会科 いよいよ調べる段階になった時に、児童のタブレットの使用があまりできなくなった。算数で、3学級ともほぼ毎日タブレットを使うことになったということからだ。タブレットが学年共用なので、毎日3時間は算数に充てられるので、社会科でなかなか使えない。インターネットの活用は、家に帰れば自学でやってくる場合もあった。ただし授業で、皆同じ条件で学習する事が基本なので、教科書と資料を使って課題... [続きを読む]
  • 自動車づくりにはげむ人々2
  • 5年社会科 自動車づくりにはげむ人々2 課題意識子どもの疑問・もっと知りたいことの多くはこのようなこと。「何故こんなにも機械(ロボット)が多く、機械だけで車を作れるのだろう? 人がほとんどいないのは何故?人がいなくても作れるの? 人は何をしているのだろう?」生産者、労働者としての観点から目を向けているのは、単元名に迫るものがあるだろう。圧倒的に多かった。他にも「塗装のこ... [続きを読む]
  • クランクを使って 動くおもちゃ 6時
  • 5年図工 クランクを使って いよいよ最終6時 鑑賞学校にタブレット(iPad)が入ってきたことを利用し、鑑賞に初めて動画を導入。動画ポートフォリオをロイロノートで作成。1 自分で自分の作品を4方向から写真を撮る。2 自分の作品説明をビデオで撮る。3 隣の人と作品を鑑賞し合い、いいなあと思ったところを相手の作品を手に持って話す。それを製作者は自分のiPadで撮影する。4... [続きを読む]
  • クランクを使って 動くおもちゃ 5時
  • 5年図工 クランクを使って 5時 完成&自分の作品の鑑賞 ・構想に沿って、クランクを使ったおもちゃ箱を作る事ができる。(創造的技能)・自分の作品を動かして、良いところや工夫が足りなかったところがわかる(鑑賞)休み時間も積極的に作った。この時間で完成しておく、次は全員で鑑賞だから・・・と言っておくと終わらなかった子どももなんとか空いた時間を使って作り上げた。自分の作品説... [続きを読む]
  • クランクを使って 動くおもちゃ 3・4時
  • 5年図工 クランクを使って3・4時  ペンチと針金、自分の持ってきた材料や箱を使って、クランクを使ったおもちゃ箱を作る事ができる。            (創造的技能) 構想のもと作品を作り上げ、改良を加えながらより良い作品にしようとすることができる。     (発想・構想)さあ、いよいよ自分の作品作りだ!   サンプルの作品化もOK!            [続きを読む]
  • クランクを使って 動くおもちゃ 2時
  • 5年図工 クランクを使って2時  ペンチと針金と箱を使って、クランクを使ったおもちゃ箱を作る事ができる。                            (創造的技能) クランクを回しながら、どのようなものにすると良いか考える事ができる。                            (発想・構想)サンプルの牛にゅう箱で、クランクをはめ込む箱を作る。(カッター... [続きを読む]
  • クランクを使って 動くおもちゃ 1時
  • 5年図工 クランクを使って1時 サンプル作品作りで、クランクの仕組みを知り、意欲を持つ。(関心・意欲)   ペンチと針金を使ってクランクを作る事ができる。(想像的技能) 給食時間に全員、自分が飲んだ牛乳パックを取っておく。 針金とストローは担任で準備。 ペンチ持参10名ほど(ただしラジオペンチやプライヤーあり) 教師が作ったサンプルを見る。 教師と一緒に作る。 途中... [続きを読む]
  • クランクを使って 動くおもちゃ 0時
  • 図画工作では、導入前の0時が大事だと良く言う。子供の関心・意欲が高めることをねらいとするのが第1時。0時は、その前に子供に「今度の図工は楽しみ。早く作りたいな(描きたいな)」と思わせておくことである。授業時間でなくていいのだ。朝の会や帰りの会、給食の時間でもいい。前の図工の題材が終わった最後の時間のラスト5分が、次の題材はね・・・と見通しを持たせる上で、最も良い。どんなことをする... [続きを読む]
  • クランクを使って 動くおもちゃ 0時
  • 図画工作では、導入前の0時が大事だと良く言う。子供の関心・意欲が高めることをねらいとするのが第1時。0時は、その前に子供に「今度の図工は楽しみ。早く作りたいな(描きたいな)」と思わせておくことである。授業時間でなくていいのだ。朝の会や帰りの会、給食の時間でもいい。前の図工の題材が終わった最後の時間のラスト5分が、次の題材はね・・・と見通しを持たせる上で、最も良い。どんなことをする... [続きを読む]
  • クランクを使って 動くおもちゃ
  • 5年図画工作 クランクを使って くるくる回して 動くおもちゃ 針金工作15年前の児童が作った参考作品である。この動画の活用方法1 参考作品として、最初に見せる。2 発想につまづいている時、考えが広がらない時に、活用する。3 一つ作ってしまった後に、2つ目を作る前に見せる。子供の「作りたい」という興味・関心を高めるには、やはり教師が実物を作り、目の前で見せる方が良... [続きを読む]
  • 思春期について考え、伝えよう 5
  • 5年総合 思春期について考え、伝えよう 〜思春期楽しみ隊~ 2013年の実践デジタルブック「思春期楽しみたい」の完成7つの班が、それぞれ課題を持って、自分たちなりにロイロノートを使ってまとめることができた。以下の通り。個人情報の視点から、スライドの紹介はできないが、タイトルはバラエティに富んでいる。(クロワッサンだけは、内容が不明ですね^^・・・これはチーム名) 短時間での調... [続きを読む]
  • 思春期について考え伝えよう 4
  • 5年総合 思春期について考え、伝えよう 〜思春期楽しみ隊~ 2013年の実践第10時の流れ(指導案と実際の流れを組み合わせて)************************本時の目標 思春期に対する課題について集めた情報が、自分たちのデジタルブック作成に役立つかどうかを話し合いながら考え、情報を取捨選択することができる。本時の主な展開 1 本時のめあてをつかむ... [続きを読む]