yanamamma さん プロフィール

  •  
yanamammaさん: めざせ良質の睡眠〜老舗ふとん屋発信の快眠情報〜
ハンドル名yanamamma さん
ブログタイトルめざせ良質の睡眠〜老舗ふとん屋発信の快眠情報〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/yanamamma/
サイト紹介文老舗ふとん屋の店主は睡眠改善インストラクター。天然素材の寝具の話は深く熱く。生理学など固めの話も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2006/07/28 01:55

yanamamma さんのブログ記事

  • またか、サマータイムの蒸し返し
  • 東京オリンピック、パラリンピックの暑さ対策のために、サマータイム制度の導入を蒸し返す人たち。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180807/k10011567431000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_002 生活時間をズラすことが、生きものとしてのヒトにどれほどの影響があるかは、これまでにも何度となく睡眠学会から警告されているにもかかわらず、だ。頭わるい、としか言いようがない。近年はサマータイム先進地区 [続きを読む]
  • 研修参加 暑い!
  • 睡眠改善インストラクターは、知識の確認や新しい知見を学ぶために、定期的な研修が義務づけられています。毎年、東京と京都の2会場で開催されるのですが、講師(多くは大学教授)のスケジュールの都合でしょうね、真夏です。祇園祭の終わったばかりの京都の暑さは、ハンパじゃねぇ。今年はなおのこと、焼けるようです。会場に入ってしまえば冷房ありですが、いろいろ乗り継いでいく道中がね〜。 昨日まで、自宅のリビングのエア [続きを読む]
  • 初!原稿料もらっちゃった
  • もう、その雑誌は店頭にないと思います。徳間書店 週刊「アサヒ芸能」6月21日号先月6月のはじめ、突然の電話取材でした。聞いたこともない雑誌名、ただ「徳間書店」は知ってましたから、ダンナは、約30分ほどのインタビューに応じたのですが、そのきっかけは、「睡眠改善シニアインストラクター」の資格からでした。よく調べたもんだね〜。 電話での話だけで、記事の校正確認もなく、発売日に掲載誌が送られてきました。いわゆる [続きを読む]
  • ベビー敷ふとんの価格
  • 好評販売中のオリジナルベビー敷ふとん、店頭在庫が残り少なくなって、縫製を依頼している2か所の工場に発注しました。1つの工場(会社)から、昨日の午後になって営業マンが来て言うのです。「キルトの変更をします。それから価格が上がります。縫製はすすめていますから。」 おいおい、順番がちゃうやろ!キルトの仕様変更だぁ?こっちの了解もとらないまま、製造するんかい!しかも価格が上がる??半年前に上げてきたばかり [続きを読む]
  • 最高の誕生日プレゼントだね
  • 長男の嫁さんの誕生日に、息子は親子三人でお出かけしたそうだ。2歳半の孫にとって初めての動物園、絵本で見ただけのゾウやキリンに大興奮、以前に行った水族館以上(成長した分、理解度も上がったか)みたい。帰り道の車の中では、ぐっすりお昼寝だったらしい。 今日、嫁さんがスマホで撮った動画を見せてくれた。帰宅後、孫が寝室でごろごろしていたかと思うと、歌いだしたそうだ。「はっぴばーすで、つーゆー、  はっぴばーす [続きを読む]
  • ご無沙汰
  • 大型連休の直前から、なにやかやと気ぜわしく過ぎております。実家の母が転んで、頭に裂傷を負い、救急車を呼ぶは、検査入院する羽目になるは。さいわい4日目には帰宅できましたが。 その後自分が風邪ひきまして、医者通い。少し肺の音が悪いと言われて、まだ薬を飲んでいます。 連休明け、畑ののイチゴが色づき始めました。去年株を更新しなかったので、なんだか伸びたい放題のイチゴ畑ではあります。今年もどれだけジャムを炊く [続きを読む]
  • 木綿の技術
  • 日本では、昔から「打ち直し」という方法で木綿わたを長く大切に使ってきました。 専門の機械を使った綿打ちは、請け負う店が減りつつあるのが現状です。かつてはふとん屋個々にやっていたものです。洋式ふとんの安売りや、使い捨ての風潮が流行したころに需要も減り、職人さんも機械そのものも高齢化しました。詰まる所、廃業が多いのです惜しいよね。 大きな工場を持つメーカーでも、木綿わたの仕立て替をやっていますが、お客さ [続きを読む]
  • いつもの桜 
  • 天気予報で「桜の開花情報」を熱心に報道する国は、他にはないのでは、と思うのです。毎年、開花が早まっていることも大きな憂いになっています。平和な国なのだな。 いつもの桜は無事に満開です。店の近くの、ここも。 [続きを読む]
  • 三十五日の山参り
  • ダンナの父(義父・三代目)が亡くなって、早いもので1か月あまり。仏教の世界では、四十九日で故人の魂が極楽へたどり着くと言われ、句切りの法要が営まれます。当地、淡路島では伝統的に、その前の三十五日の法要に重きが置かれることが多く、地区の山寺に詣で、その裏山で「おにぎりころがし」を行います。覚書的に記します。淡路市では東山寺に詣でます。珍しい風習として「まんが日本昔話」のアニメにもなりました。http://ni [続きを読む]
  • くぎ煮
  • 神戸のふとん屋さんの奥さま手作りの「いかなごのくぎ煮」。毎年どこからかいただくのだけれど、今年はこれが初物。朝炊いたばかりの、つやつやです。おいしくいただきました。 今年は大変な高値だそうで、量は炊けないと、知り合いの方も言ってましたね〜。貴重な味です。 話変わって、西川産業の倉庫の火事。いろんなとこに影響はあるのでしょうな。裏読みは、したらいかんのやけど。 [続きを読む]
  • 春の日差しに
  • 明日は桃の節句。すぐ啓蟄も来ます。日足が伸びたのを実感します、朝が明るい。 年度末を前に、何かと忙しく感じる時期ではありますが、できるだけふだんの生活のリズムから逸脱することのないように、心がけたいものです。同じ時刻に目覚めても、部屋がすっかり明るい。仕事終わりの時間にも、まだ薄明るい。感覚と時計のずれが、日々大きく感じられる季節。 体内時計を乱さないように意識することで、体調の維持管理に努めたいも [続きを読む]
  • 三代目をおくりました
  • もう一回自宅に帰って来たいという願いが、そうさせたのかと思う。2か月の入院だった。会館の都合その他で、一日余裕ができ、庭の紅梅が見える座敷で一晩過ごせた。享年98歳9か月(数え年では100歳)。親戚みんなとゆったりおくることができて、ほっとしている。 [続きを読む]
  • 暦は春というのに
  • 寒すぎます。ようやく体調回復したものの、寒すぎて動きがにぶる。二人目の孫が産まれた知らせに、ほっと安堵。予定より遅れて気をもんでいたのでね。万全の体調で顔を見に行こう。 [続きを読む]
  • インフル
  • 先週末から発熱・咳に鼻症状。ただの風邪だと思っていたら、熱の出方がヘンだ。39度超えたのは何年振りか。体温計が壊れたのかと思った。週明けに受診したものの、抗インフル薬が奏功する時期が過ぎていて、ふつうに対症療法で寝てます。って、じっと安静にはしてられないので、長引いているのかな。早く治さないと、と焦る気持ちが余計に交感神経優位にさせてるな。 [続きを読む]
  • 仕立替え相談
  • 木綿ふとんの仕立替のご相談が多く、押入れに眠ったままのふとんの再活用を考える方が増えてきたと思います。親戚が集まってきても、家で泊まらないから、客用ふとんは要らなくなります。使ってないからもったいないし、なんとかできない?って問われたら、中の綿の状態を確認させてもらったうえで、相談相談。 使い勝手の良い薄掛ふとんにもできますし、提案してみた薄敷ふとんも、高齢の方には好評です。 木綿わたは管理が面倒と [続きを読む]
  • NHK「ごごナマ」、いらっ!
  • 新年最初から、ボヤキます。 NHK大好きとは言うものの、番組の質にムラがあると思われるので毒づいてみよう。 本日放送の「ごごナマ」では、冬のアイテムの手入れ法を紹介、スタジオでキャッキャ騒ぐのが、うっとおしい。視聴者が鵜のみにすると、危険とは言わぬが生活上で損になる情報も混ざりこむ。 今の時代、アドバイザーやゲストの発言をご丁寧のまとめてくださるサイトもあるので、間違った情報の拡散、あるいは残留を憂うも [続きを読む]
  • 今年もありがとうございました
  • 実家の母の介護(看護)+父の生活補助で、一年暮れた気がします。なんとか皆が倒れずに持ちこたえられました。ダンナの父が今月初めに肺炎で発熱、迷いましたが入院を選び、今に至ります。幸い肺炎そのものは2週間くらいで回復しましたが、足腰のリハビリが可能か検討してもらうために入院継続中です。 孫が来てくれるのが楽しみに,今年も過ぎました。 年始の営業は1月5日(金)からです。 [続きを読む]
  • 古刹にぎわう
  • 季節の話題。 先週の定休日に、当市の紅葉の名所へ行ってきた。モミジの見ごろは天候に左右されるうえ、当店の休みとその日の天気と自分の体調いかんで、近いわりに、毎年は行けてはいない。 今年は天気がよかった休日。めざすのは東山寺。地元では知らぬ人のない有名な尼寺。淡路島の高原というか、北淡路の分水嶺に近い場所。ちょうど「もみじ祭りの日」、地元農家の皆さんが自慢の産物を出品していた。まっさきに、名産の大根を [続きを読む]
  • ラジオ深夜便のつどい
  • ラジオ深夜便のつどい、当地で開催です。この春から待ちに待った日が近づいてきました。参加者募集のお知らせがアップされてすぐに、往復はがきを投函。返信がくるまでの待ち遠しかった。来週12月9日(土)です。店は、午後は閉めて行きます。ご了承ください。 [続きを読む]
  • 今年も干し柿
  • 今年の柿は、出来がいい。台風で少し傷はついたけれど、実が大きい。 干し柿作りは、日本シリーズを見ながらの作業になった。せっせと皮むき、紐に通してさっと熱湯にくぐらせて吊る。 昨夜でちょうど終了。(野球に合わせたみたい)何日かに分けて収穫しては、ぼちぼち皮むき。都合150個くらいかな。 天気も味方して、順に仕上がっていく。 干し柿の甘さが、お菓子の甘みの基本と聞いたことがある。古来より貴重な甘みだったこと [続きを読む]
  • ひとつずつ秋
  • 「〜の秋」という言葉、あまりに使われすぎて、本来の味わいが薄れた気がする。実りの秋、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋。 ふとん屋にとっては、寝具の衣替え、押入れの見直しを呼びかける季節になります。 夏用寝具を片付け、羽毛ふとんを出そうかと押入れを見たら、意外なくらいくたびれた感じがする。ってんで、仕立替えのお問い合わせが続きました。 10月に入って、当地でもさすがに夜間は肌寒い。上手に寝具の [続きを読む]
  • ノーベル賞で「時計遺伝子」に注目
  • 時計遺伝子という言葉に惹かれて読んだ。 時間の分子生物学 (講談社現代新書) Amazon さっき奥付を確認すると2003年発行(初版本)だ。ショウジョウバエを使って遺伝子研究を経験した著者の「時計遺伝子」の説明がわかりやすくて感動した記憶がある。1980年代に体内時計の部品というべき遺伝子ピリオドの研究などが評価されたということ。内容は非常に高度でむずかしいけれど、睡眠の勉強をすると必ず行き当たる「体内時計」。ノー [続きを読む]
  • スズメ
  • 店の駐車場の隅に1羽のスズメが落ちていた。花壇のケヤキが、スズメの昼寝場所らしいとわかって、木の根元に砂浴びのあともあり、水浴び場所を作ってみた。実際に水浴びの現場を見たのは1回だが、数が減りつつあるというスズメの、ちょっと休憩の場になればと思う。 まだ傷んでいないスズメを、街路樹の根元に深く穴を掘って埋めた。 三上修著「スズメ」によると、2年目まで生きのびるスズメは100個の卵のうちたった6羽だそうだ [続きを読む]
  • 秋の気配
  • 「秋の睡眠週間」も最後になりましたが今年はNHKなどテレビ番組で、「睡眠」を扱うことが多いように思いました。とりわけ若い世代への啓蒙もあるな、と受け止めています。 「くう・ねる・あそぶ こども応援宣言」の再放送があります。9月10日(日)午後3時40分〜 NHK Eテレ8月に放送された「ねる子よ育て!」http://www.nhk.or.jp/kodomo-pj-blog/article/277498.html 下の写真は、店前の花壇植えた覚えのないユリ(外来品種ら [続きを読む]
  • 暑中お見舞い
  • ご無沙汰しました。 実家の母の腰痛に振り回されております。糖尿病の悪化も伴い、先々月に近医に紹介してもらって入院し、先月には腰椎の手術をしました。現在リハビリのために転院したところです。 ブログの更新は、まだしばらく滞りそうです。書きたいネタはたくさんあったのに残念。 この暑さに、へばりそうです。でも豪雨災害に遭われた方々のことを思えば、なんてことないやね。 [続きを読む]