大坪敬史 さん プロフィール

  •  
大坪敬史さん: 美国探訪〜旅館経営コンサルタントのまなざし〜
ハンドル名大坪敬史 さん
ブログタイトル美国探訪〜旅館経営コンサルタントのまなざし〜
ブログURLhttp://bikoku.blog69.fc2.com/
サイト紹介文日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国〜日本」を見つめなおします。
自由文温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国〜日本」を見つめなおします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/08/27 22:46

大坪敬史 さんのブログ記事

  • 関西空港到着時にて
  • やっと日本に戻ってこれました。いつも飛行機をおり、入国審査に膨大な時間がかかるのですが、自動顔認証ゲートができており、スムーズに入国できました。システムなので、一部不具合などは発生していましたが、機械化されることにより、非常にスムーズな手続きが出来ていました。テロ対策や不法入国対策は十二分に行っていただきたいですが、システムで置き換えることができる業務はますますのシステム化を進めるべきですね。一度 [続きを読む]
  • ロンボク島から日本へ
  • ロンボク島の滞在していたホテルから日本に戻る最中です。ホテルからロンボク島空港まで壊れた建物や避難されている人たちの様子が生々しかったです。ロンボク島空港についても閑散としており、ガルーダインドネシア航空のスタッフ曰く「こんなに静かな空港は今までなかった」とおっしゃっていました。これから復旧、復興に向け努力されていくでしょうが、一日も早い正常化を願っております。■観光文化研究所公式HPはコチラ。◆ [続きを読む]
  • 温泉の日本史 - 記紀の古湯、武将の隠し湯、温泉番付 (中公新書)
  • を読みました。日本の歴史と温泉の対比がわかりやすく記載されており、今日に至る「温泉」の日本の歴史上での取り上げ方がわかる良書だと思いました。伺っている温泉地(旅館様)も多数掲載されており、マーケティングの参考になる箇所も多かったです。今後、資本にモノを言わせる新たな温泉地(宿泊施設)が多数出来てくるでしょうから、それらの施設との差別化に「歴史」という要素で対抗していきたいですね。しっかりとした [続きを読む]
  • 非常時のホテル運営〜ロンボク島にて〜
  • ロンボク島、ホテルの宿泊客がさらに減った影響か、2つあった朝食会場のうち、1つが閉まってしまいました。非常事態に宿泊しているので、文句を言うようなお客はいないようですが、こういう経費削減法は海外ではありなんだな〜と。今日もアフタヌーンティーはなく、昨日の2倍の量のペストリーやフルーツが部屋に届けられていました。泊食分離形式の宿泊形態なので、こういった方法もありかと思いますが、日本の旅館で考えるとど [続きを読む]
  • 日に日に観光客が少なくなるロンボク島にて
  • ロンボク島に滞在中ですが、日に日に観光客が少なくなっています。パニックになり島を出た人も多かったでしょうし、もうロンボク島に到着してしまい、帰りの便まで仕方なしに滞在していたという人も帰路に着き、さらに新規で島に入る人が少ないでしょうから、このような状況になっているものと思われます。滞在しているホテルも客室稼働率が10%程度あったものが、今日は恐らく3%にも満たない状況かと思われます。アフタヌーン [続きを読む]
  • 関西国際空港の生産性向上体験
  • 関西国際空港を出国する時の体験です。例年、関空を使う時は出国ゲートの前で大行列ができ、通過に1時間以上かかった時もあります。今回もげんなりしながら、ゲート近くに行くと大行列ができていませんでした。以前は、手荷物チェックをする前に係員が一人一人の航空券を確認していたのですが、今回は機械化され、その時間が短縮されたのと、手荷物検査もかなりスピードアップされていました。この辺りの生産性向上は大歓迎です。 [続きを読む]
  • インドネシアの地震教育
  • ロンボク島に滞在中です。そろそろ、地震の話題は・・・と思っていましたが、日中M6.4の余震がありました。部屋にいた時に地震に遭遇し、「揺れたな〜」と思ってそれから3分位すると電話で「なぜ外に避難しないんだ?」とフロントからTELがありました。仕方なく、指定された集合場所に行くと、宿泊客が集まっておりスタッフも不安そうな顔で佇んでいました。時折、スタッフの家族と思える人たちもバイクなどで迎えに来ており、 [続きを読む]
  • ロンボク島 地震 2018.08.08現在の現地状況
  • 先日の地震(2018.08.05 ロンボク島M7.0)以降、私がロンボク島に来ていることを知っておられるお客様から「大丈夫ですか?」とメッセージを多くいただいております。色々とご心配をおかけし恐縮です。恐らく、メディアが一部の甚大な被害を受けたエリアの映像を流している為のことでしょうが、ロンボク島の大きさは↓のような感じです。 ※関西人になじみ深い淡路島の大きさと対比してみました。幸い、震源の場所から離れたホテル [続きを読む]
  • 余震で芝生の上にベット・・・ロンボク島にて
  • 昨晩もロンボク島では大きな余震があったのですが、情報が伝わってこず、震度もわかりませんでした。朝、朝食を食べるため、外に出ると、多くの人が庭にベットを出しそこで寝ていました。地震=屋内が危険という発想でしょうが、屋根の下にベットを置いている観光客も多数で、それだと減災にならないのでは?と不思議な感じでした。ただ、彼らにしたら地震があったのに部屋の中にいる方が不思議なのかもしれません。もし日本で地震 [続きを読む]
  • 2018.08.06ロンボク島現地情報
  • 昨晩のトラブル(2018.08.05 ロンボク島M7.0)から一夜明け、今日はやっと目的のホテルに行けるかと思っていました。が、送迎の約束の9:00になってもドライバーさんが来ず、10:00前に電話すると「地震の影響で12:00頃になる」と。そして、到着するや否や「私たちのホテルは今クローズしています。。。」と。昨日は「大丈夫だよ」と楽観的だったドライバーさんの顔もしかみ、道中の被害の様子を撮影された動画を見せてもら [続きを読む]
  • ロンボク島 地震の影響
  • インドネシアのロンボク島に来ています。20:00すぎにロンボク島空港に到着し、荷物を待っていると警備員が大声で「外にでろ!」と。暴漢や爆発物でも見つかったのか?と思いながら外にでると、どうも地震のようでした。ただ、揺れはほとんど感じず、大げさだな〜というのが率直な感想。(客よりも警備員が先に逃げ出していたのは、さすがアジアと思いましたが)。その後、ホテルの送迎の人と合流し、空港を出発しようとすると、ホ [続きを読む]
  • 「温泉むすめ ゆのはなこれくしょん」
  • アニメツーリズムとして期待大の「温泉むすめ」がスマホゲームをリリースしました。 ※ https://onmusu-yunocolle.edia-game.jp/ より。私もダウンロードしてみましたが、地域とのつながりが深いゲームになっているように思えます。今後、リアルの旅館とのつながりなど、地域活性化の一つのアプローチになれば良いですね。位置ゲームのカテゴリーにも入ると思いますので、ゲームファンの移動が活性化されると自ずと地域にお金が [続きを読む]
  • ハイシーズンはいつも以上に時間に余裕を
  • 長崎に出張でした。8月に入り、旅行ハイシーズンのようで、いつもは閑散としているレンタカー屋さんが大混雑。借りるのに通常の倍以上の時間がかかってしまいました。空港も大混雑で殺気立ったアテンダントさんの大声が響き渡っていました。この時期だから仕方ないことですが、やれSKIPだ、紙チケットだ、QRコードだと搭乗方法も多様化しており、普段あまり飛行機を使わない方々移動するわけで、時間がかかるのは当たり前です。ハ [続きを読む]
  • 海外出張のご連絡
  • 8/5〜8/15まで海外出張の為、携帯電話が繋がりにくい状況になります。メール、フェイスブックは常にチェックしておりますので、御用の際はそちらからご連絡をお願いいたします。先日、地震があったインドネシアのロンボク島に滞在予定なのですが、滞在先のホテルに「地震の影響はありませんか?」と英語で質問したら、即時レスポンスで「全く問題がない&あなたとお会いできることを楽しみしている」と回答がありました。送迎の確 [続きを読む]
  • 避暑地の蕎麦屋さん、冷房なくて店閉める
  • レンタカー旅路でした。往復のジリジリ太陽光でまた一段と焼けました。。。遊びにいっているわけではありませんが、徐々に肌が黒くなるというのは不思議な話です。訪問先旅館様の近くの蕎麦屋さんでは、元々避暑地ということもあり、冷房設備がないそうです。ただ、この暑さで冷房がないとツライらしく、「お客様に迷惑をかける(文句を言われる)くらいなら店を閉めてしまえ」ということで、しばらく閉店されるとか。全国の避暑地 [続きを読む]
  • 根強い「海」需要
  • 熱海に出張でした。電車で熱海〜伊豆多賀間を移動していましたが、いつもにまして観光客が多かったです。海で遊ぶような用意をされておられる方が多かったので、イロイロ言われていますが夏の海需要は大きいんだな〜と感じました。訪問先の施設様から徒歩3分位のところにビーチがあるのですが、先日の台風の翌日でも多くの遊泳客がいらした、とのことです。報道もこういった日常の賑わっているところもニュースにしてもらいたいも [続きを読む]
  • 無傷の伊豆天城
  • 伊豆天城に出張でした。同じ静岡県の熱海のホテルの過激な映像が流されていましたが、伊豆天城は全く無傷とのことでした。伊豆は昭和33年(1958年)の狩野川台風 で大きな被害を受け、その後公+民で治水対策をそれ以上に強化した影響で、雨風には強い土地になっている、とのことでした。自然の力には勝てませんが、「対策」を施すことによる「減災」は可能です。自然の力の強大さと、人間の絶え間ない改善行動のせめぎあいですが [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます。
  • 台風も無事過ぎ、神戸は被害がなかったようです。気温も下がりましたので、旅行日和が続くとよいですね。昨日、発送の手続きをしました「暑中お見舞い」。皆様の健康とともに、これ以上の災害が起こらない夏になるようお祈り申し上げます。■観光文化研究所公式HPはコチラ。◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。ブログランキング参加しております。更新の励みになります。↓人気blogランキングへ [続きを読む]
  • 台風接近
  • 台風の影響か神戸も風が強くなってきました。今回は東から西へという通常ではありえない進路ですから、影響が未知数です。自宅のベランダも片付け、二次被害が起こらないよう対処しました。しかし、豪雨・猛暑・台風と今年の夏は厳しいです。この台風で猛暑が和らぎ、旅行需要が回復することを願っています。■観光文化研究所公式HPはコチラ。◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。ブログランキング [続きを読む]
  • 冷たいプールは猛暑に人気!
  • 群馬県に出張でした。昨日に引き続き、涼しい1日でした。朝、部屋の窓を空けると心地よい風が吹き抜け、秋のような感じでした。こちらの旅館様は夏、プールが大人気とのことです。都会のプールは猛暑で閉鎖のところも出ているらしいですが、こちらは利根川の水を引いているので寒い位だとか。自然の中に立地している強みは最大限活用したいですね。■観光文化研究所公式HPはコチラ。◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メル [続きを読む]
  • 若女将手打ちそばサービススタート!
  • 群馬県に出張でした。関東も猛暑一段落というところで、群馬県も涼しく日中の気温も25℃と快適でした。「もう秋ですね」という声もあり、避暑旅行にはもってこいですね。訪問先の旅館様では、若女将の手打ちそばサービスなどもスタートし、お客様からも大好評という話を伺いました。こういった内部の改善やおもてなし強化はジワジワ効果がでるので、ますますリピーター様が増えていくことでしょう。実行し続ける強さを感じた次第で [続きを読む]
  • 下降気味の時ほど強気に!
  • 有馬温泉に出張でした。訪問先の旅館様では夏季プランの最終調整をしていました。この猛暑で出足は鈍いですが、台風などで気温が下がると状況が一変するので、臨機応変な対応を心がけましょう!と仕込みもしていただきました。下降気味の時に安易に値下げに走らず、踏みとどまることが次の成果に繋がります。コマメな在庫&料金調整は必須ですね。■観光文化研究所公式HPはコチラ。◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマ [続きを読む]
  • 蛇口をひねると「冷たい水」が出てくること
  • 飛騨高山に出張でした。朝、宿泊させていただいていた旅館様の部屋で窓を開けると涼しい風が吹き抜けてきました。何より蛇口をひねると「冷たい水」が出てくることに感動!自宅はぬるま湯と化した水が出てくるので、冷たい水を触るのは久々でした。この話を現地の方にすると「都会からの人はそんなことでも感動されるのですね」と。地方の良さは対比からしから照らしだされず、それをどうお客様に伝えていくのかがポイントです。■ [続きを読む]
  • 灼熱のレンタカー旅路
  • 上諏訪に出張でした。明日の出張先が高山なので岐阜羽島駅でレンタカーを借り、上諏訪〜松本〜安房峠経由で飛騨高山まで移動していました。運転することは苦になりませんが、車内が暑い!クーラーをフルでつけても、一度暑くなった車内の温度が下がる速度は遅く、窓を開けても熱風が吹き込んでくるので難儀しました。上高地、平湯温泉辺りは20℃代前半でしたが、それ以外は軽く30℃超え・・・。太陽の光と共にサウナ状態でした [続きを読む]
  • 緑のカーテンに思う
  • 昨日、自宅に戻ると緑のカーテンが育っていました。 ※ 緑のカーテン運動 by 東北電力さんというサイトもあり、啓蒙活動もさかんですが、自宅のマンションを外から見ると緑のカーテンを実施している部屋は5%にも達していません。緑のカーテンを造りには、土を触るなどの作業が必要ですし、お年寄りにプランターを運べといっても酷な話です。ボランティアで各家庭に育ちかけの緑のカーテン(朝顔やゴーヤ)などを運ぶ、などと [続きを読む]