しんや1949 さん プロフィール

  •  
しんや1949さん: 沖縄1968。
ハンドル名しんや1949 さん
ブログタイトル沖縄1968。
ブログURLhttps://ameblo.jp/lm089622
サイト紹介文19歳の僕たちを待っていたものは...熱く、そして哀しい、青春アンソロジー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 49日(平均1.1回/週) - 参加 2006/09/01 13:23

しんや1949 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 東京 1968 その8
  • 翌日さっそく僕は池袋「緑屋」へ... そもそもウッド・ベースっていうものが一体いくらぐらいの値段がするものなのか、そんな事さえも僕は知らなかったんだ。 資金だけは充分にあった。沖縄のギャラもいくらか残っていたし、「ザ・デイズ」時代に使っていたエルクのベース・アンプ「バイキング100」を、ロックバンドをやり始めたっていう女子高生に殆ど定価に近い9万円で売りつけたのが大きかった。 沖縄で毎日車に積んで移 [続きを読む]
  • 東京 1968 その7
  • この当時、長髪でいるという事はそれ自体、非常に緊張を強いられたもんだ。おそらく実感として、都内でも数えるほどしかいなかったんじゃないかと思う。信じてもらえないだろうが僕だって我々のようなバンドやってる連中以外には長髪の若者って見た事がなかったんだ。 もう少し後になると、いわゆる学生運動をやってる中に長髪風が見うけられるようにはなるが、それにしたってお洒落な長髪っていうわけじゃあなかったわけで... [続きを読む]
  • 東京 1968 その6
  • ママの手作りのスパイスの効いたカレーをごちそうになり、僕達三人は「オリオン」を出た。6月にも近くなると陽の沈むのもすっかり遅くなり、外はまだ明るかった。 「どうする、帰る?」 「もうちょっと、話そうぜ」 僕達は、青山通りをぶらぶらと渋谷方面に歩きながら、相変わらず話題といえば「ダスター」と「ジャズ転向」... もう他の事を考えられなくなっていたんだ。 僕の頭の中では、ウッド・ベースを弾いてる自分の姿が [続きを読む]
  • 東京 1968 その5
  • 「ところでさ、バンドは解散しちゃったんでしょ?これからどうするつもりなの、あなたたち...」 「実はさ、それがわかんなくって、僕もハルもずっと悩んでたわけさ。音楽でやっていきたいって気持ちはそのまま変わっちゃいないんだけどさぁ...とてもロック一筋っていう気にはなれないんだよねぇ。今さらGSやったって仕方ないし...」 「ああ、俺だって信也と同じだよ。もっともっとギター上手くなりたいしね。でもGS [続きを読む]
  • 東京1968 その4
  • 昼食時の終わった「オリオン」の店内には、ママと小西の二人しかいなかった。こりゃちょうど良いや。心おきなくレコードが聴けるってもんさ。 「ママ、こんちわ。おう、小西も早いねぇ」 「いらっしゃい。何か良い話があるって?小西がとんできたわよ」 「あのね、このレコードをかけて欲しいのよ。聴いて欲しいんだ」 「へぇ、ゲーリー・バートンっていうの?聞いた事ない名前ね。昔はこういう時は必ずビートルズ、それがストー [続きを読む]
  • 東京1968 その3
  • 「今日はもう帰るよ。さっきの『ダスター』買いに行くんだ。ホント良いレコード教えてもらったよ、ありがと...それとさ、そのセーター、すごく似合ってるよ。好きだな、俺。それじゃ...」 「......」 何か言いたげな彼女の熱い視線を背中に感じながら、僕達は階段を一気に駆け下り、すぐ隣の「紀伊国屋」へとびこんだ。 僕達はそれぞれ「ダスター/ゲーリー・バートン」を手に入れ、何か妙に高揚した気分で、 「よしっ [続きを読む]
  • 東京1968 その2
  • 「あれ?これって...」 僕とハルは思わず顔を見合わせた。 そうなんだ、そのレコードがかかったその瞬間から、これは今まで聴かされていたジャズとは全然違うぞっていうのがすぐにわかったんだ。 MJQのヴァイブとはまるで違うし、ドラムはエルヴィン・ジョーンズじゃないし、ベースに至っては今までジャズじゃ聴いた事もないようなフレーズっていうか、ユーモアたっぷりで、難解じゃなくって、コルトレーンのメンバーのジミ [続きを読む]
  • 東京 1968
  • 5月に沖縄から戻った僕は、無為な日々を過ごしていた。 「ザ・デイズ」は自然消滅したし、もう自分が何をやりたいのかがさっぱりわからなくなっていた。 学生時代の友人たちは大学の2年生。 まだ東大目指して浪人中の奴だっていたわけで、でも僕には学園闘争やってる奴等も含め連中がものすごくガキっぽく感じられて、とてもじゃないけど話をする気にもなれなかった。 沖縄でのギャラの一部は母に送金していたわけだけど、それ [続きを読む]
  • 過去の記事 …