アハウ さん プロフィール

  •  
アハウさん: 詩人の血
ハンドル名アハウ さん
ブログタイトル詩人の血
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/k6816
サイト紹介文一緒に詩を考えていきましょう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供976回 / 365日(平均18.7回/週) - 参加 2006/09/04 19:56

アハウ さんのブログ記事

  • ベッドに体を横たえて
  • 風は夢見心地に過ぎて行く高曇りの空に光のエーテルが満ち満ちてこの眼から光りを浴びるように吸い込む満足げな微笑み細く長い息心を鎮め光の圧を感じながら木々が揺れる葉擦れの音に自我の眼をゆっくり溶かすと私の体は淡く消えて心が風に乗り遠く消える [続きを読む]
  • 一病息災
  • 一病息災何も病気が無く、健康で毎日過ごせればいい。しかし一病息災と言う考え方があって、病が一つぐらい有った方が日頃の健康にも気を付け、無病より結果的に長生きをすると…油断は禁物である。 [続きを読む]
  • 苦しみなど
  • 高橋巌著『千年紀末の神秘学』より霊学の観点からいいますと、物質的な意味での苦しみは、霊的な体験を深めるように作用します。何らかの意味での苦しみを通して、内面生活が強められて、霊的な世界との関係が近くなってきます。逆に物質的な生活へ誘う働きが強... [続きを読む]
  • 砂の情報砂漠作戦
  • 中心に聖書を輝かせ、情報戦は、共産ゲリラの理論を踏襲。共産ゲリラが伸びるのは、民衆が腹がへり飢えていたから…今、現代。腹は曲がりなりにも、腹がへり飢えている事は少ない。今、現代。情報のフェイクが多く。情報は飽和していても真の重要な情報に飢えてい... [続きを読む]
  • 「砂の情報砂漠作戦」
  • 中心に聖書を輝かせ、情報戦は、共産ゲリラの理論を踏襲。共産ゲリラが伸びるのは、民衆が腹がへり飢えていたから…今、現代。腹は曲がりなりにも、腹がへり飢えている事は少ない。今、現代。情報のフェイクが多く。情報は飽和していても真の重要な情報に飢えてい... [続きを読む]
  • カルマンの行方は?
  • 権力者前世ギロチン今度は首吊りする六道輪廻の業は六道輪廻(ろくどうりんね)。迷いの凡夫が六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天)に生死(しょうじ)を繰り返す事。業(ごう)カルマンの漢訳。これは「行う」「作り出す」という意味であり、そこから生まれたカル... [続きを読む]