飼主 さん プロフィール

  •  
飼主さん: クルシャの天地
ハンドル名飼主 さん
ブログタイトルクルシャの天地
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/uxuyat-ulta/
サイト紹介文人が大好き。シルバーでヘブンリーな丸顔猫。 名にし負うは救世主の友達。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2006/09/15 23:50

飼主 さんのブログ記事

  • 新規店舗と燻製の店
  • 長く工事していた飼主のところの一階の店舗スペースが綺麗になって商店街に面した和食店が契約して営業開始したようです。品位もあってやかましくもならないし、ちょっと飼主も利用できるし、で望む限り最高の店が入ってくれたと喜んでます。... [続きを読む]
  • 近江ちゃんぽんと巨乳猫
  • ちゃんぽんの店。店内から暖簾を撮影したので、文字が裏返しになっております。ほんの一週間前までは鍋料理の店だったのですが別の外食店になった模様。そういえば、うるたやは近所でカジュアルなフランス料理店の内装と総合デザインのサービスを提供... [続きを読む]
  • 照れ隠しして、くねくねする猫
  • この日はアリアン参り。飼主を見ると、アリアンはさっそく転がってご挨拶。いつも仲良くしてくれて、結構なことですが、それでもアリアンは距離をある程度保とうとします。ある種の礼儀とか典雅さというのは、もしかするとアリアンの行動を基本とし... [続きを読む]
  • クルシャ君にとっての、いいもの
  • 人にとっていいものが猫にとっていいものとは限らない。まあそうだな。人同士でさえ互いにいいものの集合すべてがが合致することは無いわけだし、まして猫ですからね。そんな違いを楽しもう。というお話。ここ、いいですか?おそらく、日常とはつ... [続きを読む]
  • 外猫の気配
  • とある有名料亭の店先にて、丁寧に梅が干してある。収穫から随分と経た後に干すものなんだなと思いながら通り過ぎます。猫にとって、窓から入る情報には、外で梅を干しているかもしれないなんてことも推測できるような要素もあったりするんでしょう... [続きを読む]
  • 秋の夜のアリアン
  • すっかり秋となりました。夜長のアリアンの過ごし方は、このように普通の猫と変わらず穏やかなものです。床の敷物とよく色調が合ってますね。夜になると、秋らしい綺麗な光もこれだけ素敵な環境で愛されていて、なぜそんなに怖がりな... [続きを読む]
  • 野外のひとりねこたち
  • 昨年の夏から近所の白猫とよく外で挨拶しています。触れるほど寄ってきてくれるのですが、触ったことはありません。去年はいつも同じ場所で会っていた白猫。彼(オス)の行動領域は、今年になってやや広くなりました。よく出掛ける神社で、出く... [続きを読む]
  • 今年もアリアン洗い
  • 先月、ちょうど蝉の声が日中高かった頃、いつものようにアリアンを洗ってきました。去年のこともあまり覚えていないのかもしれないが、表面の堅い毛を落として柔らかいさらさらの夏毛になってもらいたい。風呂上がりのノルむだ毛を落として... [続きを読む]
  • 残暑暑中限定、水場の猫
  • クルシャ君が何かいいたげにしています。その顔は何か思いついたときの顔だよね。イタズラとか、妨害とか、立てこもりとか、破壊工作とか。あまり眼を飼主に見続けられていると、心を読まれてしまうので目を逸らすクルシャ君です。そして... [続きを読む]
  • クルシャ君に部屋を守られる
  • 自室であれこれやっておりますと、暇を持て余したクルシャ君が必ずやってきます。もちろん、例のおもちゃつまりプレゼントを持ってやってきます。貢ぎ物であると同時に、クルシャ君の優しい気持ちが加えられ続けて歪な形になっている、飼主の部屋への... [続きを読む]
  • 有翅類の誘惑
  • 興味の無いことだと、全くその分野の諸類、諸存在者について関知しないわけで、現に面前で出会いがあっても、何らの認識どころか知覚の事実さえ確認しないという、みっともなくもさみしいことになりがちであります。飼主もムシの類いにはほぼ興味ないのです... [続きを読む]
  • 休み山というもの
  • 祇園祭の山鉾あとのまつり。基本的に地域で山鉾を仕立てる祭です。中には地域住民が減って存続が危機的になったという話がかつてあったり、以前は数多く山鉾があったけれども、減ってしまったとか、あるいはかつてあった山鉾が支援を得て復活したとか栄... [続きを読む]
  • 祇園祭 あとのまつり
  • 祇園祭の山鉾巡幸、後期日程、あとのまつり。その夜に出かける時間を作った夕方、数年前からそれはもう近所の知り合いみたいになってくれた店員さんのおられる店に寄って、一杯頂きました。湯葉のピザ。これ、どれくらい知られているのだろうか。... [続きを読む]
  • 重陽の京都タワー
  • 今回掲載の写真は、祇園祭山鉾巡行のさきのまつりが終わって、あとのまつりが始まる、丁度その間隙あたりに撮影されております。よく晴れていたので、つい京都駅の階段を登ってみた。京都駅とその周辺にピンポイントで用事が発生すること、たまにあ... [続きを読む]
  • 財布をキッカーにする猫
  • 財布を新調したのです。クルシャ君は猫だから、箱が好きなのは知っておりましたが、君が好きなのは、自分が収納できるようなサイズの箱だったのではないか?箱なら何でも良かったとは、知りませんでしたよ。中身を出してしまいました。... [続きを読む]
  • 猫ぺろぺろの意味系
  • あー、白狐さま可愛かったなあと思いながら真夜中に時間を作って、猫たちのいる公園に向かいます。ここにはいつも三匹の猫たちがいます。ここに写っている二匹は同公園で昨年の冬頃から飼主が認識して、本年八月初頭までは存在を確認していたのです... [続きを読む]
  • 露店と白狐さま
  • ほんの一週間ばかりの山鉾巡行の期間ですが、出歩く度に写真を撮っておりました。上は、呉服小物商の建物。歩昌山の近くで、祭に合わせて売り出しをしておられました。この時期、売り出しやサービスが溢れるのでありがたい。こちらは、近くの店で頂いた... [続きを読む]
  • 屏風祭、店頭展示
  • 祇園祭、山鉾巡行前後の期間中、路面の店に由緒ありそうな芸術作品が伝わっている場合など、店側の判断で作品を見えるように展示してくれている場合があります。店だけでなく、個人宅でも展示公開されている場所もあります。山鉾だけでなく、こうした... [続きを読む]